FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. たのしいこと。
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

きれいだった、涙。


この夏のわたしの「すてきだ! ナンバーワン」は、このおのこです。

c09f23ef.jpg

わたしの住まう県の、今年の甲子園野球大会出場校の、応援団長。固有名詞は避けさせてもらいます。

勝ちあがってベスト4にまで進出。その試合の、9回裏、けっこうな差のある展開。おそらくほとんど勝ち目は無い・・・。

この学校の野球部の応援団長は、伝統的に羽織、袴姿で、腕を組んで、試合中はいっさい口を開かず、微動だにせず。

立ち続けて見守り続ける。この団長も、それまでは無言を貫き、仁王立ちのままだった。

それが。テレビカメラは捉えた、この団長の閉じたまなこから、つつーっと、涙が流れ落ちたのを。

日焼けした男子高校生・男・加藤 虎之亮(書いてしまった・・・)の落涙。アナウンサーは「涙か汗か」と、思い遣っていましたが、涙停まらず。

頬を流れつづけ、顔はくしゃくしゃになって。懸命にこらえても、涙、とまらず。

この回でもはやおしまいという9回裏。12対6、点差は6点。それを、繋いで、繋いで3点差まで、ものすごい追い上げでした。

9回の応援はすごかった、で、12対8までに試合はヒートアップ、応援団長の顔筋がうごめき始めてもいました。

高校に入ってから故障続きで、この大会でもベンチ入りできなかったとか。そんな虎之亮くんを、中学から一緒だった数少ない部員である橋本くんが、ふざけたり直球だったり、いつも傍にいて、気持ちに添った支え方をしてくれていた。

その友もこの大会、ヒットを放っています。猛烈なヘッドスライディングを決めてもいました。


・・・耐えきれずに涙が。できることで何か野球部の役に立ちたいと団長に立候補した虎之亮(呼び捨て!)の涙、とてもきれいでした。

いろんな思いの、みっしりつまった涙が、不動の応援団長の双の目から、溢れだしてしまった、ということだったらしいのでした。

わたしもテレビ見ながら、涙だらだらになっていました。

試合は負けましたが(広陵高校さんおめでとうございました)、胸の熱い思いをさせていただきました。


DHzf4XMV0AA7voN.jpg

0c8305de.jpg

よろしければ、動画もどうぞ。








スポンサーサイト





  1. 2017.08.27 (日) 15:10
  2. URL
  3. tibineko
  4. [ edit ]

青春ですね

我が家はテレビがありません。
・・・・テレビは有るのですが、受像できません(^^;)

理由は色々なのですが、それはおいて

kuon様の実況中継に、思わず胸が詰まって
私のほっぺにも涙がつつ~~~~
「ああ、本物の熱湯甲子園だ~」と思わずポツリ
うだる暑さの中での、つきぬけるような青い空を思わせる
とても素晴らしいシーンを教えてくださって有難う御座います。
  1. 2017.08.28 (月) 15:56
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

・tibinekoさん

野球部員の孫がいるゆえに、今年は特に熱心に観戦している面もあります。見ていると夢中になっています。

みんな、ホントに、力いっぱい、精いっぱい。ばあちゃんには眩しいです。自分は集団行動できにくい体質でしたので、なんでこんなにもみんなで一途になれるんだろか、と。

気持ちのいい涙を、沢山流させてもらいました。

テレビは今や、スポーツか「プレバト」か、ポアロのシリーズか、そんな感じで見ています。知らない人たちがきゃあきゃあ笑って、予定調和に驚いて見せたり笑う顔つくったりしているものは、素直に見られなくなって。

ドラマもかつてはよく見たのでしたが。

つつー、の涙にお付き合い下さり、ありがとうございました!。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・