KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

海行かば

「海ゆかば」のもとは、万葉集にあります。作は大伴家持(おおとものやかもち)。

聖武天皇、内乱の危機をはらむ時代を憂いたまいての宣明。その一部。

―大伴佐伯の宿禰(すくね)は常もいふごとく天皇朝守り仕へ奉ること顧みなき人どもにあれば汝たちの祖どもいひ来らく、海行かば水浸(みづ)く屍(かばね)山行かば草生(む)す屍王の辺にこそ死なめのどには死なじ、といひ来る人どもとなも聞召す、ここをもて遠天皇の御世を始めて今朕が御世に当りても内の兵と心の中のことはなも遣はす(続日本紀)

このとき家持は越中にありしかど使者を通し宣命を知り贈位を賜り奮いたつ思いのままに一遍の長歌を編み天皇の期待に応えぬ。

・・・・・・・・・・・・

―陸奥国より金を出だせる詔書を賀く歌一首、また短歌

長歌

  葦原の 瑞穂の国を 天下り 知らしめしける
  すめろきの 神の命の 御代重ね 天の日継と
  知らし来る 君の御代御代 敷きませる 四方(よも)の国には
  山河を 広み厚みと たてまつる 御調(みつき)宝は
  数へ得ず 尽くしもかねつ 然れども 我が大王の
  諸人(もろひと)を 誘ひ賜ひ 善きことを 始め賜ひて
  金(くがね)かも たのしけくあらむ と思ほして 下悩ますに
  鶏が鳴く 東の国の 陸奥の 小田なる山に
  金ありと 奏(まう)し賜へれ 御心を 明らめ賜ひ
  天地の 神相うづなひ 皇御祖(すめろき)の 御霊助けて
  遠き代に かかりしことを 朕(あ)が御代に 顕はしてあれば
  食(を)す国は 栄えむものと 神ながら 思ほしめして
  もののふの 八十伴の雄を まつろへの むけのまにまに
  老人(おいひと)も 女童児(めのわらはこ)も しが願ふ 心足(だ)らひに
  撫で賜ひ 治(をさ)め賜へば ここをしも あやに貴(たふと)み
  嬉しけく いよよ思ひて 大伴の 遠つ神祖(かむおや)の
  その名をば 大来目主(おほくめぬし)と 負ひ持ちて 仕へし職(つかさ)
  海行かば 水漬(みづ)く屍(かばね) 山行かば 草生(む)す屍
  大王の 辺(へ)にこそ死なめ かへり見は せじと異立(ことだ)て
  大夫の 清きその名を 古よ 今の現(をつつ)に
  流さへる 祖(おや)の子どもそ 大伴と 佐伯の氏は
  人の祖(おや)の 立つる異立て 人の子は 祖の名絶たず
  大君に まつろふものと 言ひ継げる 言の官(つかさ)そ
  梓弓 手に取り持ちて 剣大刀 腰に取り佩き
  朝守り 夕の守りに 大王の 御門の守り
  我をおきて また人はあらじ といや立て 思ひし増さる
  大王の 御言の幸(さき)の 聞けば貴み(4094)

反歌三首

  大夫の心思ほゆ大王の御言の幸(さき)の聞けば貴み(4095)

  大伴の遠つ神祖の奥つ城は著(しる)く標(しめ)立て人の知るべく(4096)

  すめろきの御代栄えむと東なる陸奥山に金(くがね)花咲く(4097)

・・・・・・・・

漢字が苦手だったりすると、見てひるんでしまいそうでもありますが、この長歌とは、五、七、五、七、五、七の、基本的には繰り返し。コトバ自体も昔のコトバですから、わかんない感じもあると思いますが、

  葦原の 瑞穂の国を 天下り 知らしめしける

     あしはらの みずほのくにを あまくだり しらしめしける

  すめろきの 神の命の 御代重ね 天の日継と

     すめろき(天皇)の かみのいのちの みよかさね あまのひつぎと


こういう感じで読んで行くと、日本語の定型のリズムの快さに、むにゅむにゅと嬉しさがこみあげて来る・・・と思うのです。

まず「音」があったのです。その音に、文字が添えられていった、添って行った。

音のもとは、気持ち。ですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

i以下は「万葉集を読む」から拝借してまいりました。

大伴家持の生きた時代は、人麻呂の時代とは異なって、常に内乱の危機をはらんだ政治的動揺の時代であった。737年に流行した大疫によって、藤原武智麻呂はじめ、藤原氏の実力者が次々と死に、政治的な空白ができたのがその原因である。藤原氏にとってかわって、橘諸兄が一時的に権力を握ったが、安定したものとはいいがたかった。740年には、藤原博継による大規模な内乱がおきている。

聖武天皇は、こうした事態を憂え、救いを仏教に求めた。そして、仏教布教のシンボルとして東大寺大仏の建立を始める。そのさなかに、奥州で金が発見され、大仏建立のために寄進されるということがおきた。

喜んだ聖武天皇は、東大寺に赴いて、宣命を発した。その中で、黄金の発見が皇祖の恵であることを述べ、人民にその恵を分かち与えるとともに、臣下の労をねぎらった。その際に、大伴、佐伯の二氏に対して、天皇への忠誠をあらためて訴えた。

大伴、佐伯の両氏は、古くから皇室の「内の兵」として、特別な家柄であった。物部氏が国軍を統括するものであるのに対し、この両氏は天皇の近衛兵のような役柄を勤めてきたのである。天皇は、この内乱の危機をはらんだ時代を憂えて、あらためてことさらに、両氏へ忠誠を求めたのである。

この歌の中には、大伴氏の伝統を背負った家持の、伴造意識が鮮やかに表れている。我々はそれを読むことによって、古代における氏族の意識の一端に触れることができる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

家持は、付き合っていた女性から

「あんたなんかを(甲斐なく)思っているのは、どうでもいいような餓鬼の像を後ろから拝んでるみたいなもの、いえいっそ、その方がマシだわ」

とタンカきられるような面を持った男性でもありました、そして、もうすぐ来る本物の秋になれば、ぜったいにこの一首をご紹介したい。と息の弾むようなうたを残した大歌人でもありました。

激しい武家のプライドを秘めたひとでした。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

靖國・遊就館に

こんばんは

14日に靖國参拝した際に、資料館である「遊就館」を拝観してきました

まさに大伴家持の「海行かば」が大きく展示されておりました

これをkuonさんに教えてあげようと思っていたら・・・

先手を打たれてしまいました(笑)

日本人で良かった・・・日本人として生まれて良かった

つくづく実感した靖國参拝でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

・ヒミツのコメント主さん


お気持ちよくわかりました。

これからも同志です。同志。簡単にはへたれません(あれ、わたし、へたれブログの主ですが(笑)。


・長屋の爺さん

せっかく教えてあげよう、と思って下さったのに、先に出して(笑)ごめんなさいでした。この時期に書こうと意気込んでおりました。

爺さまはウソやその場かぎりを仰る方でないので、お気持ちありがたかったです。ありがとうございます。

遊就館へは、何年か前に赴きました。拝見して回り、映画も見、一緒におられた神官様の奥さまと、ソファに座って目があったとたん、涙があふれ出してとまらなくなり、もはやこれまでと気合入れて、当分の間、泣くことに身をゆだねておりました。

爺さまが「よかった」と思われたこと、共にお喜び申し上げます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/4375-6f16c76e

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (254)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (56)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (17)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん