KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ことばのたのしみ
  2. tb: 0
  3. cm: 9
  4. [ edit ]

夢みたものは

 夢みたものは… 
  
                                     立原道造                                                           


夢みたものは ひとつの幸福(しあはせ))

ねがつたものは ひとつの愛

山なみのあちらにも しづかな村がある

明るい日曜日の 青い空がある



日傘をさした 田舎の娘らが

着かざつて 唄をうたつてゐる

大きなまるい輪をかいて

田舎の娘らが 踊りををどつてゐる



告げて うたつてゐるのは

青い翼の一羽の 小鳥

低い枝で うたつてゐる



夢みたものは ひとつの愛

ねがつたものは ひとつの幸福

それらはすべてここに ある と


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・b020900020110213120251.jpg



なんやかやと経験して来て、いつしかに汚れっちまった悲しみに、ふともエエンと泣きたい時だってありまする昭和仕様の二人でした。

今日、ぴいちくぱあちくと午後いっぱい、喋っておりましたのは。

上に掲げましたのは、話題の一つであった詩人、立原道造のソネット。

ソネットとは、そうですね、十四行詩のことです。

この詩の場合、上から4行、4行、3行、3行。合わせて14行です。

立原は大正3年生まれ。13歳の頃に北原白秋の教えを受けることになり、東京帝国大学を卒業して、建築技師として仕事に就いた。

洋々たる前途に恵まれた青年だったはずなのでしたが。

肺尖カタルを患い、入院生活を余儀なくされるなかでも、献身的な恋人の看取りを受けられたのでしたが。

あの時代に詩集「優しき歌Ⅱ」だって出版されたのでしたが。

当時、肺の病は、多くの若い人々の命も未来も容赦なく奪って行ったものでした。

この詩人も、病に勝てず、夭折してしまいました。

この「夢みたものは」は、安静にしているしか無い病身を横たえる病院の窓から見た、健康的な牧歌的な光景だったのです。

たった24歳で、立原道造の一生は、終わってしまったのでした。






スポンサーサイト


  1. 2017.07.31 (月) 02:46
  2. URL
  3. よみびとしらず
  4. [ edit ]

言葉の翼

「5月の風をゼリーにして持ってきて下さい。」
病床の立原道造が、看護婦さんに言ったというエピソード。
新緑色のメロン味のゼリーかな?さわやかなペパーミントゼリーかなぁ?
やわらかで優しい詩人だったのでしょうね。立原道造は。
リルケも、薔薇の棘で、破傷風が原因で亡くなりましたね?

西脇順三郎も好きでした。

和歌に小説、そして詩。
心を一杯遊ばせて。
言葉を心の翼に乗せて

遊びましょうね。

そうそう忘れちゃいけない。
蘇軾も好き。
  1. 2017.07.31 (月) 06:28
  2. URL
  3. [ edit ]

おはようございます。

白無垢で嫁に行くねん!と言っていたのが
ひとつ、ふたつ 染みができ
今やもう喪服です(爆笑)
汚れちまったかなしみのNちゃんです

帰ってから昔
書き出した詩集ノートを見て
私も一葉…と酎ハイ飲み出したら
小倉山荘片手に居眠ってしまいました。
  1. 2017.07.31 (月) 10:19
  2. URL
  3. 恵風
  4. [ edit ]

さながら風が木の葉をそよがすように

さながら風が木の葉をそよがすように
世界が私の心を波立たせる
時に悲しみと言い時に喜びと言いながらも
私の心は正しく名づけられない

休みなく動きながら世界はひろがっている
わたしはいつも世界に追いつけず
夕暮れや雨や巻雲の中に
自らの心を探し続ける

だが時折私も世界に叶う
風に陽差に四季のめぐりに
私は身をゆだねる__
__私は世界になる
そして愛のために歌を失う
だが 私は悔いない

(世界が私を愛してくれるので)
世界が私を愛してくれるので

(むごい仕方でまた時にやさしい仕方で)
私はいつまでも孤りでいられる
  
私に始めてひとりのひとが与えられた時にも
私はただ世界の物音ばかりを聴いていた
私には単純な悲しみと喜びだけが明らかだ
私はいつも世界のものだから

空に樹にひとに
私は自らを投げかける
やがて世界の豊かさそのものとなるために

....私はひとを呼ぶ
すると世界がふり向く
そして私がいなくなる

*****

KUONさま、おはようございます。
詠ませていただいて、ふと頭に浮かんで書き込みにきちゃいました。
私は不規則な仕事なので、今日までお休み。(土曜日に働いただけですが(^^;)

一日、言の葉に溺れてみるのも幸せですね。ありがとうございます。
  1. 2017.07.31 (月) 20:55
  2. URL
  3. たまき
  4. [ edit ]

あゝ大好きです

夢みたものはひとつの愛
願ったものはひとつの幸福

また

夏は青い空に白い雲を浮かばせ
わが嘆きをうたう
わが嘆きわがかなしみよ
頭をあげよ

また

日が暮れて鐘がなる
月日は流れ私は残る

どうしても、こういううたに惹かれてしまうわたしです。
  1. 2017.07.31 (月) 21:13
  2. URL
  3. たまき
  4. [ edit ]

連投すみません

夢みたものはひとつの幸福でした。
失礼つかまつりました。
  1. 2017.07.31 (月) 22:46
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017.07.31 (月) 23:25
  2. URL
  3. はしびろこう・ウナ
  4. [ edit ]

遥か彼方は太平洋

おみあしのお加減は如何ですか
こんばんは
想いは届かないものと・・・
諦めてはおりません

幾久しく
小皿でも叩いてちゃんちきおけさでも謡います
明日?
晴れればいいですね・・・
あはは。
  1. 2017.08.01 (火) 01:37
  2. URL
  3. mewmew
  4. [ edit ]

kuon様、初めまして。

立原道造すごーく好きでした。高校の時に。
突然思い出して、今まで忘れてたけど。
サンリオの雑誌に特集されていて、文庫本を買って何度も何度も
読み返していました。夢見たものは。。。いい詩ですよね。
全ての言葉が揺るぎなく、この言葉の集まりしか考えられない。
私の心に残っています。
思い出すきっかけを、ありがとうございました。
  1. 2017.08.01 (火) 16:40
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

こんにちは。

西側の窓の外に植えた朝顔ふたもと。

条件のよくないその場所で、無心に花を咲かせてくれています。ありがとうね、と、思わず声をかけたりしています。撫で撫ではしてやれませんけれど(笑)。


・よみびとしらず さん


どのみち、この繊細過ぎる神経では、立原道造の生も苦しいこと多かったと思われます。ゼリーはペパーミントの方かなあ・・。

薔薇の棘が原因で死んでしまったリルケの話を、ほんの数人とのみ分かち合った、文芸部の部室の隅っこのうす暗がり。その一人、よしこは、上京して劇団に入って消息不明に。随分たってから、精神を病んで死んだと聞かされて、なんとも言えない思いでした。若い頃の話は尽きません。

蘇軾の文字が私には読めなくて(恥)探してやっと見つけ(そしょく)、どんなお方かと調べようとして・・漢字ばっかりだったそのページを即座に閉じた、この夏の、記憶に残るでしょうか?(笑)(恥)。なるほど。


・Nたん さん

いつもとても寂しかった二十歳を幾つか超えた頃。

根津神社の近くを通りがかって、しもたやの玄関先から白無垢姿の花嫁さんが、近所の人びとの和やかな視線のなか、まぶしく出立してゆく場面に遭遇しました。

いきなり涙が噴出して来て困りました。

それだけのことなのですが。Nたんさん、うつむきがちでの白無垢姿、とてもとてもお似合いだったと思います。凛々しい眉で(笑)。あかん、なんか涙が出かかって来ました。


・恵風さん

すてきな詩ですね。

>わたしはいつも世界に追いつけず

文芸ってきっと、こういう気持ちを抱えてしまうひとびとのためにあるのでしょうね。

毎月、月半ばに「みんなのうた」として、よろしければどうぞ、と、短歌のご参加を呼び掛けています。

そこは短歌のみにしていまして(私には短歌以外のものをきちんと語るちからがありませんので)今後もそのつもりです。

が。ブログの内容が変化しているいま、そんなにしゃっちょこばらなくてもいいな、と自分のタガの外れる音を聞いてゐまして(長いな~この話(笑))。本来、自由詩も、大好きなのですよ。

コメント欄にこうして頂くと、つまりすううっと流れて行ってしまうことになりますが。

よろしければ、また、お寄せ下さいね。、

>空に樹にひとに
>私は自らを投げかける
>やがて世界の豊かさそのものとなるために

すてきですよね。

女は大地。豊穣な大地でありたいものです。独り言です(笑)。


・たまき さん

継続したご活動、アタマが下がります。

さて。いいですね、詩。

中原中也も「夢はいつも帰っていった」の、あの、あの・・名前が出て来ません・・後で調べます。ほんと。

ボードレールを知ったのは、鍵っ子だった小学生の時。ヴェルレーヌも。今はほとんど知られていないみたいでもある、グゥルモンも。いいんですよ、ルミ・ド・グゥルモンの
「シモォン、枯葉の散っている森へ行こう」とか。

「ミラボー橋の下を」暗記して酔っ払っていた、頬っぺた丸い小学生。オソロシイのは、歳月が雪のように(ホコリのように)降り積もっても、中身に変化の無い事か。

いいじゃないの幸せならば。ね(笑)。

失礼はござりませんよ、立原は、

「夢みたものはひとつの幸福」と、リフレインの初めではこの通り、うたっていますから。大丈夫ですよん。


・ヒミツの〇さん


そうですか。睦まじくしておられるのですね。何よりですね。

あれこれあっても、着地点はやはり、そこ、のような。

ヒミツですし、もの言いにくいのですが。変わりなく思いを向けているしかないと考えます。それは、大切だと思います。また・・・


・はしびろこう・ウナさん


ワタシのあんよは日替わりでご機嫌がかわりますが。だましだまし、なんとか、です。お気遣いありがとうございます。

小皿叩いてちゃんちきおけさ、の歌は、小学生だった記憶のなか。いま思えば輝くような明るい美声だったのですね。そして、哀愁も秘められていた? 

普通の市井の暮らしの中に、普通に生きている人々の、ほどのいい自制や気配りが、当たり前に存在していた頃の歌、のような気がします。

ウナさんも、お体おいとい下さいね。


・mewmewさん


初めまして。こんにちは。

私も、こういった詩をよく読んでいたのは、高校生の頃でした。もう少し前でしたか。でも、たはは、サンリオは、娘を持ってから見かけたもの・・・(笑)。


>全ての言葉が揺るぎなく、この言葉の集まりしか考えられない。

本当にそうですね。その通りと思います。

万葉集の和歌について書こうと始めたのですが、興ののるままに、時代やジャンルを跳び越えて、言葉の美しさに魅せられています。

日本語は美しい。どの国の方々にも母国語は美しいのだとは思いますが、私たちの日本語は、本当に美しいです。

現実はさまざま雑多なものに満ちてもいますが。

言の葉の美しさ、奥ゆかしさ、奥深さに、溺れていられることを、幸せと感じています。

むかし学校で習った「最後の授業」。「フランス、アルザス」と繰り返したその日を最後に、母国語を失うことになった少年の、ものがたり。忘れられないのです。


コメントのお返事は、書いてしまうと間違いに気づいても直せない(私だけ?)ので。誤字脱字エトセテラ、あった時には、仕方がないなあ、おっちょこちょいだなあと、大きく許していただきたいと。厚かましくお願い申し上げます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・