KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

勝手に持ち出さないでね、ミジンコの文章。

古い友人などが、一度書いておけと勧めてくれますし、私が書かなければ自分が何度でもこのブログに来て書くよ。と申します。

家族や友人にブログに出て来られるのは本意でなく(過去に一度だけありました)、わたしはもの申すべき立場でないと思っているのですが、あまりに心配してくれているので、すこしだけ書かせてもらいます。知っていること、心外と感じていることなどを。

何についてかと言うと、まず、あの掲示板にいっとき書き込まれていた「KUONさん」のことを。

私も(も、です。お気に召さないと、誰でもそう言われるようです)どなたかの勝手に仰る〇〇人でなく、普通に日本人です。何百年も前から日本人です。

これ、「わたしはちょうせんじんでない」と言うことは、言うこと自体が差別だと自分で感じているので、あまり使いたくない言葉です。でも仕方ない、今は、本当のこととして、わたしは日本人だと申します。

この〇〇人という言い方と、今はセットになっている感のある「そうか」という言葉。

わたしKUONもそうかである、と。これは明らかに違うと明言せざるを得ないです。私は自分の意識では「日本教」としかいいようの無い、樹にも虫にも月にも神を感じてしまう感性で神さまを 信じている・・というより、その自然の大きさの中で、日々を生かしていただいている人間の一人であると思い、形式としては、朝毎に神棚にお供え物を捧げ、手を合わせ、毎月婚家の墓に詣で、帰途は、ここ数十年ずっと、春日大社へお詣りして返る。そういう人間です。他の宗教である訳がないのです。

ただ。娘が手術を受けた際に、クリスチャンである女性が、彼女のために祈っていいかと申し出て下さったお気持ちは嬉しく、自分はそちらを向く意志は無いがと口に出して後、祈って下さる背後から手を合わせていたことはあります。たいへんありがたかったです。

自分と思想信条は異なっても、やみくもに違うものを攻撃するというのは私には受け入れられないことで、これは「きれいごと」ではないと思っています。

私は、過去に自分のオフ会(こう記しておきます)で、現在ひどい誹謗中傷にさらされておられる女性ブロガーさんとそのお仲間さんの二人の女性に、お会いしました。ぜひ加わらせて欲しいとのことで、あの時はお受入れしたのでした。

お二人とも仕事や家庭やブログ活動を、大事になさっている方々なのだと思います。

ブログも読ませていただいています。私よりずいぶん先輩のようです。正直、気持ちの重なりはあまり感じませんが、学ばせてもらうこともたくさんあります。実名を挙げてご迷惑をおかけするかも知りませんが、それは違う、ということが暴力的な激しさで流布されています、仕方が無い、思うこと書きます。

ふぶきさんは(意味不明のここの読者さんもおいででしょうが)、わがまま親父さんとは一切、何の関わりも無い。ブログの訪問などされているかどうかまでは、知りません。ブログ読みに行くくらい、何の問題でも無い。

ふぶきさんは、親父さんに会ったことは無いと私は断言できます。

ジュゴンさんとおっしゃる方も、無茶苦茶な目にあっておられると感じています。

ご自分のブログに、ご自分の活動や私的なあれこれを書いておられるだけ。私は熱心な読者ではありませんでしたが、お会いしたこともある方ですので、今回のあまりにもな晒され方は酷いの一言に尽きると。政治的な何ものも、あの方には無いと思う。

何より。

彼女は、一個人、私人です。その私人が、アップしている写真のことなどで笑われこきおろされ、あのサイトに於いて

「そんな写真があるのなら誰か貼ってくれ」

などとやられている。

私人です。そこまでやられていいと私には思えません。

私自身、皇室のことにもう触れたくない、と思いを定めるまでは、国民に対して不敬傲岸不遜な皇族たちの写真の、ひどいものも臆さず貼って。こんなことでいいのだろうか、認められますか、と、さんざんやって来た人間です。

とはいえ、替え歌(これは一度ある)、コラの自分で嫌悪を感じものには意識的に触れませんでした。ウソ捏造を自分でしかけた覚えもありません。

なので、そのお前が、と言われる筋合いはありません。してはいけないことが為されている、と。そう言いたい。

言ってみれば皇室のメンバーは、公人です。公人には公人としてのあらまほしい生き方がある。それがなされていない。私は、皇族を、素直に仰ぎたかった。単なる愚かなセレブだと。知りたくなかった。私感ですからどうこう言われたくないです、ここ。

・・・私人にしてはひどい誹謗中傷、あざ嗤われおちょくられ、大切な記念であろう個人のブログへのアップ写真まで引き下げなければいられないようなやられ方。されなくてはいけない理由が無いはずです。それこそ「人権」の言葉が、ここにはまって来るはず。

ふぶきさんもジュゴンさんも、前述したように私のオフ会に来られはしましたが、ぼーっとしていた主催者の私とはほとんど話すことも無いまま別れて以来そのまま。もうお会いすることも無い方々ですが、云われているような方々では無い、ごく普通に普通の日本女性だと確信していますし、カルトの一員の匂いも感じませんでした、断言します。これだけは、お節介でも申し上げたかった。どんな気持ちでおられるかと、平気ではいられませんでした。

カナダのわがまま親父さんも、ひどい目に遭っておられます。

これはどうだろう、と思う事だけ書いても。

毎週教会へ通っている、と何度も書いておられますのにね。なんでそうかなんだか。

親父さんも私人です。カナダ国籍を取得されて・・・つまり、犯罪歴があっては不可能なこと。若い頃のヤンチャぶりを、自身書いておられた、そういうことが爆発的に誇張されたのか、信じられない嘘がばらまかれ、おそらく面白半分にはやされ。写真の顔の部分にコラされ・・・どんな失礼なことかもわかっていないのでしょう、やった方は。自分自身を泥靴で踏みにじられると同じ事です。

私人である親父さんの写真を引っ張り出して勝手なことを言い散らしている。

イジメで死んでしまう子って、こういう風に追い詰められるのかな、と。本気でそう思いました。

今のたとえば親父さんに対するあれは。年齢に対する、実際に年を重ねて皺も出来ている人間に対する、身長だの体型だのに対する、無神経でおそれ知らずのイジメだなあと思っています。

男にも女にも中間の人にも偏見の無い、経験と年齢に洗われ,いぶされた魅力的な人間なのに。

言いたいことはいっぱいあります。が。このへんで辞めておこうと思う気持ちの裏側には、まともな神経と言葉の選択では太刀打ちできないだろうと言う、私自身の、ああまで人のことを無茶苦茶にできる人(たち?中枢部分は単数にも私には思えるのですが)への、本能的な恐怖と・・・恐怖以外には何かな・・・恐怖ですよ、こちら向いて来られたらイヤだなあ、こわいなあ、という、原初的な思い・・・他の言葉は、身を守るため自粛します。

少しだけ、書いてみました。

ここのところ、妙に肩に力の入ったお方から「ddさま読んで下さい」など言って来られないので、気が楽です。読みたければ自分で行って読ませてもらう。あたりまえでしょ。


私は、頑固で意地が強く、誰かにいまさら今の時点で洗脳されたり、ブログの内容をコロッと変えたりするような、素直で扱いやすい人間ではありません。残念やなあ。

喧嘩もキライ。攻撃されるのもするのもイヤ。けど、長い間生きて来て、時にそういうことに巻きこまれたりするかも、の危機管理意識くらいは備えていて。

今日のこの文章ぜんぶ。勝手に持ち出すの禁止します。

小さなへたれブログの主が何を云うかと、笑うやつは笑いなさい。わかったか、〇スども。

ですわ。おほほ。



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

暑中お見舞い申し上げます。

こんにちは KUONさま
暑中お見舞い申し上げます。

暫くぶりなので、何があったのか分かりませんが・・
KUONさまの日記・・ずっと読んでいただければ、お歌のことなど特に・・
誤解は解けるのではと思いますが、世の中広くて色んな方がいらっしゃるのでしょう。

何を書いても何か言われるのかな・・
猛暑の折、とても疲れてしまいますね。

春夏秋冬・・日本の美しい風景
今の年齢になって・・日本画の美しさ、心に沁みるお歌
1日1日丁寧に暮らしていきたいと、最近特に思います。

どうぞお身体ご自愛下さいませ。

KUON様のご意見に賛同します

眞子様のご婚約騒動以来、正統派皇室ブログが分断されてしまいました。
私もそうですが、堕落した内廷と対比して誠実に公務に励まれる秋篠宮家が皇統の唯一の希望でした。
眞子様ご婚約反対・女性宮家反対を官邸に連日メールしていました。
ですが、眞子様のご婚約を秋篠宮両殿下が快諾されたらしい事や自らの家系の否定とも取れる眞子様の卒論テーマを知るにつれて、秋篠宮両殿下や眞子様に誤解していたと思い至りました。
しかし、そうは思われない方々は、婚約陰謀説や秋篠宮家影武者説、はては、同意しない方々をZ.B.S工作員認定に至っています。
あまりに酷い罵り方に引いてしまいます。
犯罪にあたるのではないでしょうか?
かくいう私も工作員認定されるでしようが、先祖は関ヶ原の戦まで遡る純粋な日本人です。
浄らかな皇統を目指す者として、残念な昨今の皇室ブログ界の現状です。

失礼しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めてコメントさせていただきます。

あるブロガーさんの記事から、なんとなく皇室がおかしいなと感じていたことがズバリ書かれていたことから、色んな方のブログを拝見するようになりました。

皆さん、よく観察されて、そして気持ちがこもっているので、楽しみにしておりました。

そんな中での今回の件は、どうしてこんなことにならなければならないか、とても不思議でたまりません。

あの方も、どうしてあんなに罵らなければならないか、前後の記事を読みましたが、解りません。

誰も先に相手に対して攻撃していないとしか見えないんです。

あまりにも負の心を持つと、同時に自分の心も蝕んでいくと私は思います。

あまり気にせずにというのは、無理だと思いますが
どうかあまり振り回されませんように。
本当にいつも楽しみに読ませていただいている1読者として、それだけお伝えしたいと思います。

KUON様

今晩は。

KUON様の古くからの友人が怒るのは当然だと思います。
今回の件で初めて掲示板なるものを読みました。
あまりに酷い書き込み、卑怯です。

怒りを鎮めるためにKUON様の万葉集のお歌の記事を
何回も繰り返し読んでいました。

暑い日々が続いております
お身体に気をつけて下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おはようございます

昨夜の雨は怖かったです。夜中に目が覚めるのは、なんとも嫌な気分にもなりました。奈良も荒れてくるのでしょうか?祭祀してくれんやろか?と思いました。
最近の皇室ブログの荒れ様は、心から悲しく思っております。
眞子さまのご婚約から、陛下の退位からかもしれませんね。
保守は一つにまとまらないと耳にしていましたが、ここまでとは考えてませんでした。残念です。
私は、お歌のことはわからないのですが、それでも楽しみにしています。お歌と同じで色々自分なりに考えて、皇室ブログを拝見していきたいと思いました。自分の信じることを、やりすぎは引いてしまうのが日本人。何も語らず見ているものがどう判断するか、これからわかると思います。
じっとり蒸し暑い奈良ですが
どうぞお身体大切にして下さい。
応援しています。

今日も元気でいましょうね

おはようございます。

朝から蝉が元気に集っています、我が家の一本の小さな木に。

KUONさまの書かれていることを読むのが好きです。

暑い夏です、元気に過ごしたいですね。
今日も 元気にいます、 いきます

今日も元気にいましょうね^^

節度と毅然

きれいごとはきらいです。かといって汚なごともきらいです。
どちらも、人様に自分をこうみせたいという邪心があるからです。
もちろん、邪心こそは人間の証であるということも、我が身を振り返れば当然わかっている、というその上での話で。

喜んでいる、怒っている、心配している、すべてありのまま。
ありのままでありながら節度を保っている。保っていながらきっぱりとしているKUON様。

大好き。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

皆さまたくさんのコメントをありがとうございます。

きちんとお返事させていただきたいので、夜か明日まで、お待ち下さい。

初めまして初コメントさせていただきます。

KUONさまは、ふぶきさんに会ったことがあるのですね。どんな方でしたか。はじめ読んでいたのですが、態度が大きくてイヤケガさしてやめたいのですが。このスレ読んでもKUONさまはふぶきさんのことを好きでないのでは、と感じるのですがどうなのでしょう。お返事もらえたらうれしいのですが。KUONさんの考えといつも同じと思うのでお願いします。

Fの乱

暑さ一休みといった感じですね。

お師匠さまにおかれましては、場外乱闘の飛び火でしたね。
皇室保守派の名だたるブロガーのおひとりでもあるお師匠様だから。

ある事ない事、匿名性の高いネットの空間にて、まことしやかに、語られる恐ろしさ。

日記は、秘するもの。
ブログは、日記に似て、全く異なるもの。不特定多数の善悪を問わない様々な目に触れるモノだという事をキチンと認識しないと、どんなふうに悪用されるかわかりませんね。
世の中、どうも善人ばかりではなさそうです。

ふたりのFさん。
そして、その読者さんたち。

誰が真で、誰が偽か?
みんな真実を語っているのか、みんなが、嘘を言っているのか?

分からなくなりました。

直接、御本人を知らないと思われる人達迄が、あること、ないこと、口にする。
匿名性の高い空間だから、自分の発言に責任を持たなくても、よいようですね。

もっとも。
公共放送だって、真実を報道しない世の中なのですものね。
推して知るべしです。

暑さ厳しきおり、お身体に気をつけて、お過ごしください。

初心者様へ

仕切り屋のように思われてしまうかな…とも思ったのですが、書かせていただきます。
KUON様、こういうコメントがご迷惑でしたら、このコメントは公開せず削除して下さい。

初心者様がKUON様の記事を読んで、「
KUON様はふぶきさんの事を好きではない」とお感じになったのなら、それが貴方にとっての正解ではないのでしょうか。
日本人で、大人なら、相手を好きだ嫌いだとハッキリ表明することは、余程の事がない限りしないものだと思います。
それとなく、察してもらえる程度に書くのが大人の対応だと思いますし、誰かを傷つけずに済みます。

仮にKUON様がふぶきさんの事を好きではないとしても、「はい、ふぶきさんの事は嫌いですよ」とハッキリおっしゃることはないと思いますし、本心を教えてとお願いされても、KUON様もお返事に困るのではないでしょうか。
ハッキリと表明しないと気が済まないほど嫌いならば、きっと記事にそう書くでしょう。
けれど、記事にもありますが、ふぶきさんとはほとんどお話もなさらないままだったのですから、そこまで激しく嫌う理由もないはず。逆に言えば、何がなんでもふぶきさんの味方をしようと思うほど好意を抱いているのでもないのでしょう。

だからこそ、ふぶきさんの事をどう思っているかという点については敢えて明確にしなかったのだと私は解釈しております。
要するに、大人としてすべき対応をなさった。私はそう思っております。

好きだ嫌いだと白黒つけたところで、誰も得をしませんし、万が一嫌いだと表明したらKUON様がふぶきさんを一方的に傷つけることになります。
白黒つける事に、ご自分の好奇心を満たす以外に、何か意義がありますでしょうか。

私のコメントで不快な思いをされたら、申し訳ありません。
でも、今回の記事はとてもシリアスな内容で、場合によってはKUON様が次のターゲットにされる危険性も孕んでいますから、せめて非公開コメントでお尋ねになられたほうが宜しい内容かと思います。

初心者様へ

一度空間を同じくされた、
好きでも嫌いでもないけれど、
多少のご縁、同じ日本女性。
kuon様はそうお感じになられたのでは、と私は拝察しております。
特段のお気持ちはないのでは。

初心者様がお好きなものを読まれ、お好きでないものはお読みにならなければよいと思います。
kuon様は、きっぱりとした文章をお書きになるところが私は好きですが、お歌を詠まれる方ですから、はっきりとそれと書かれないことも、
あるのかも。
いや、ないかもしれません。
あなた様が行間を読みとって、感じとって、解釈されればよいようにも思いました。

お返事が少し遅れました、皆さま、真摯な思いをありがとうございます。

ぼーっと暮らしているミジンコKUONは、読者さんに恵まれて、心がボッキンボッキンに折れてしまうようなコメントをあまり頂くことも無く。とてもありがたいと感謝しています。

コメントは、基本的に、ぜんぶいただくままになっています。選別はしていません。なぜか。やり方が、ブログをはじめた時にわからなかったので、ずっとそのままで。

楽しくないコメントもまれにありますが、できるだけ返事をさせてもらって来ました。きっついKUONのナマの顔がさらされました(笑)。反論というのでなく、ただただ気分の悪いイヤだとしか言いようのない類のもには、途中から、気づいた時には消すこともありました。

今回も、あのサイトさんでいささか何やら書かれましたけど、だからこの記事書いたのですけど、私程度でない酷薄な誹謗中傷罵詈雑言、その元となっていたのであろうところでのこと。知っている限りのことを、それは違いますと、お節介ながら申し上げたようなことでした。
お返事、ヒミツのお方には書きにくいので、できる範囲でとさせていただきます。



言葉は魂をはらんでいます。そう、思っています。


。ヒミツの〇さん。

私も苦々しかったです、それ以上でした。そういう方は多くおられたでしょうね。

どなたのブログに「穢れがうつるので」近寄らないと。それは、あなた様のお気持ちですので私にはどうも言えません。そうなのですか、と思うしかないです、ごめんなさいね。

書かれている言葉を使いたくないので、自分流に返事します。私の夫は、私がどこへ行くのも「楽しんで来てね」と送り出します。駅まで送ってくれることも。ウソついて誰かに会ったことは無いのです。家のことも仕事もそれなりにしていると自負しているので、そうなのだと思います。仲のいい夫ですが、理系と文系、考えていることはお互い、まるっきり一緒でないです。私のブログも彼は読まない、しているとは知っておりますが。それで、楽です。

メールを誘導って、私のことですか?。何に付けても「私のやり方は、

「よろしければ、どうぞ」です。そういうことなんですが。


・ヒミツの〇さん

昔のHN忘れた? (笑)。かすかに記憶がある・・・あの時は私も、頭ごなしに何やかや云われました。批判のプロみたいな人に。びっくりした。でも、お役に立てたのなら嬉しいです。

。。。さんたちのために祈って下さるって。ありがたいことです、お元気でいらして下さいね、美しいものを追い求めながらね。


・ヒミツの〇さん

「やさしい言葉をありがとうございます」って。そのお言葉、そのまま、お花とリボン添えてお返しさせてもらいましょう(笑)。お伝えはできませんが、こういうことって、目に見えずとも何かの力になる。と、信じています。

星の王子さまではないが。大切なものは目に見えないって。






・結花さん


そう、いろんな方がおられますね。

いろんなことがあります。

>春夏秋冬・・日本の美しい風景
>今の年齢になって・・日本画の美しさ、心に沁みるお歌
>1日1日丁寧に暮らしていきたいと、最近特に思います。

私の思いも同じです。

  ざんざんとシャワー激しく熱く浴び

  あんなことこんなこと流してしまおう

こういう感じです(笑)。


・嵐山さん

残念なことですね・・

霧が晴れたようにあれこれ見えてしまい、でも、口に出すと大事なものを汚してしまいそうな気持ちも、まだあって。

関ヶ原ですか。懐かしい地名です。父が三河、母の里が、岐阜の養老のあたり。子どもの頃は、関ケ原関ヶ原と、なにやら寝ぼけて話を聞いていたような。

田舎の家の朝の、雨戸に丸く開いた節の穴、そこからの新鮮なキラキラの光が、今、目に浮かびました。

地名つながりで言えば、嵐山には、孫娘の十三詣りに、久しぶりで、出かけたのでした。あの辺は胸がはればれしますね。

卒論のテーマのことは、知りませんでした。どんなモノだったのかな、と、知りたいようなそうでないような。

わがままおじいちゃんもFぶきの部屋もそれなりの嵐みたいですね。KUONさんもどうやらアチラのご様子。
キムコムロ騒動は保守かエセか判別するリトマス試験紙です。
わがままおじいちゃんの現在の国籍と元々の国籍が気になる所です。訴訟をおこすと息巻いていましたがどうなんでしょ。身バレしたら出自調べられて終了です。
Fぶきも役所勤め。公務員は臨時であれ副業ダメでしたよね?講演会開催での収入のこと上司の許可をとってるのかな?
一、二度会った人の出自を断定的に書くのは無礼でそれこそ下衆の極みですね。
KUONさんのでしゃばりで下衆な所が、日本人でないとか、カルト教信者と誤解されてしまう所以だとしたら非常に残念です。

でしゃばりで下衆なのは電光影様だと私は感じました。
しかもあなたは大変失礼な方です。

続きです。


・ヒミツの〇さん


コメント三件ありがとうございます。

いろいろ書いて下さいましたが、とにかく、うたをしっかりやられたら、とのお勧め。

そのようにさせていただきます。もちろん。

どちらかでの応援、しっかりなさってさしあげて下さいね。

私も同じくらいの年齢の、一般的にはばあちゃんなんですよ。


・おもと さん

初めまして。

>あまりにも負の心を持つと、同時に自分の心も蝕んでいくと私は思います。

これは真理と思いますね。

私は残念ながら(何に?(笑))大変元気でおります、お優しいお気遣いありがとうございますね。ホントに。

自分のペースでやって行こうと思います。


・黒猫アビさん


1300年も前に生きていた人々の息吹が、そのまま残されている万葉集。いろんな思いで、みなさん、生きておられたと思います。

万葉集は日本の宝です。ずっと読み継いで行くものと思っています。

黒猫ちゃんの初盆が近づいていますね。

動物は、ひとのこころを傷つけるすべを持たない。ただただ、寄り添ってくれる、愛おしいもの。背中のあたりで見守っていてくれるのではないかな。。大好きだったご主人さんを。。。







・ヒミツの〇さん


ヒミツコメントへの返事は難しいのですが。

あのことを、そのように「了承しておられた」のですね。それはよかったなあ、と、安心な心地です。

書いておられること、大変よくわかります。イヤな国になっているなあとがっくりし、でも、まともな人たちもたくさんおられるなあ、とも気を立て直しています。

拍手を、ありがとうございました!。



・ヒミツの〇さん


お子さんに言い聞かせておられること、その通りだと思います。何が起こるかいつ自分に降りかかるかわからない世の中ではあります。

火の粉・・・おっちょこちょいが少し慣れない小走りをして、ということです。でも、気にして下さり、温かいお言葉を下さり、嬉しかったです。

ありがとうございました。


・ヒミツの〇さん


お節介を受け入れて下さり、ありがとうございました。


・カムバックさん

奈良も暑いですね。明日は高校野球奈良大会の決勝選です。とてもとてもスタンドまでは行けませんが(孫息子の学校はもう敗退していますし・シュン)、どこの子たちが甲子園への夢を叶えるのか、と。

マジメな話をしますと。

祭祀と言うものは、その時の形を「こな」せばいいというものでなく。

日々新たな敬虔な気持ちを神さまに向け続けてこそ、成るものでないかと。昨日おあそび今日静養、しゃあないから帰って祭祀しよか、というものではないと思っています。

今の天皇に、祭祀王の資格は無いと考えています。被災され続けているあちこちの国民に対して、どの顔向けてお励ましの言葉、かけるつもりか。出来ないでしょうと言いたい。


・今出川さん


>朝から蝉が元気に集っています、我が家の一本の小さな木に。


そうして元気に鳴いていた蝉が、庭の隅っこに、コロンと転がっている。お腹を天に向けて死んでいます。

生まれて、渾身の力で鳴きつづけて、与えられた蝉の一生を終えて。あまり沢山コロンの蝉が要るので、場所を決めて埋めて、蝉塚に。頑張ったね、えらかったねと、さすが口には出しませんが。

言外のお優しい気持ち、しっかりいただきました。ありがとうございます。夏の本番はこれからじゃ・・トホホ。


・ROMさん

うひょ、大好きって、言ってもらった、わあい。

とか浮かれていますが。ちょっとよく見過ぎ、わたしのこと、でも降って来た美味しいチョコは、全力で味わうべし。

わあい、ありがとうございます。


・ヒミツの〇さん

大丈夫。大丈夫。大丈夫。大丈夫大丈夫大丈夫!。


・初心者さん


初めまして。

ううむ。こういう質問を想定したことが無く。自身、人さまにしたことも無く。


お気持ちのままになされませ、と、いま、思いつきましたが。これでよろしいでしょうか。


・よみびとしらず さん


初めに「ちゃいます」と言わせて下さい。

>皇室保守派の名だたるブロガーのおひとりでもあるお師匠様だから。

これ、違います。わたし名だたっていません。これだけ申し上げて、ホッ、アイスティーぐびぐび。


>誰が真で、誰が偽か?
>みんな真実を語っているのか、みんなが、嘘を言っているのか?

ううん。自分の感覚では、人は、みんな、自分自身の「ウソ」と「真」を持っているような。

芥川の「藪の中」でないですか。でも、日本人って、そうではあっても、もう少し自我を引いて、ウソを恥じる気持ちを持っていて、な気がします。

オトナであることを求められ、自身に課した気がします。

自分の胸に確かめることがあった気がします。

幻想でしょうか。そうではないと、信じたいし、信じます。

そちらもお暑いでしょうか。


・乃花さん

初めから終わりまで、首をコクコクしながら。で、自身、あらま、私はこういう気分だったのかしら、など気づかされ。

代弁していただいたようで、ありがとうございました。


・美絵里さん

いつもしゅるしゅる~と現れて、そうなんですよ~、と気持ちを分かって下さって。

ありがとうございます。

そうなんですよ~。


・電光影さん


>わがままおじいちゃんもFぶきの部屋もそれなりの嵐みた>いですね。KUONさんもどうやらアチラのご様子。
(中略)あの男は私の中では存在しない人。
>わがままおじいちゃんの現在の国籍と元々の国籍が気にな>る所です。訴訟をおこすと息巻いていましたがどうなんで>しょ。身バレしたら出自調べられて終了です。
>Fぶきも役所勤め。公務員は臨時であれ副業ダメでしたよ>ね?講演会開催での収入のこと上司の許可をとってるのか>な?
>一、二度会った人の出自を断定的に書くのは無礼でそれこ>そ下衆の極みですね。
>KUONさんのでしゃばりで下衆な所が、日本人でないと
>か、カルト教信者と誤解されてしまう所以だとしたら非常>に残念です。

・・削除しないでおいておきます。


・関東育ち さん

>でしゃばりで下衆なのは電光影様だと私は感じました。
>しかもあなたは大変失礼な方です。

KUONのためにイヤな役目を負って下さり、感謝します。

ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

穢れ多く不浄なため更に強く結界を張らせていただきました

老婆心ながら…
レミッキ様のように上品にはふるまえなかった…
静観できず、仕返ししたかったのですね…
日本女性は奥ゆかしく思慮深く上品です。
くおん様の出自、ひいては思想信条が、何処にあるか…
ではないのでしょう。おそらく。
立ち居振る舞いがそのように誤解された。
ただそれだけ。
確かにピットクルーなる組織的活動団体もあり混沌としておりますが
こちらはお金で繋がり、指示を受けて書いている、いわゆる工作員。
人の口に戸は立てられません。
悲しみ深いでしょうが、更なる厚みを増し
美(うるわ)しいくおん様を心待ちにしております。

一連のこと
静観がよろしいでしょう。
ご自愛ください。





・ヒミツの〇さん


温かいコメントをありがとうございました。

直球のコメントでしたので、うなずきつつ、ヒミツでよかったなあと、安堵もしたりして(笑)。これ以上どなたかに迷惑が広がるの避けたいので。

でも、ありがとうございました。もうひと月・・ともう少し・・・頑張って乗り切りましょう、お互いに。ファイト!。


・老婆心ながら のお方さま


はあ。私は他の方のようにはなれません。

あのr主様は本当に上品で知的な方と思っています、それはそうですが。私はミジンコですわ、誇りを持ってそう言います。

よくわかんないままに、おそらくもしかして励まして下さったのかもと思いますが。

私のブログに、何の結界をお張りになられた? なんか釈然としません。

近々、長いことお世話になっている禰宜さんにお会いしますので、どうしたらいいか訊ねてみることにします。

貴い老婆心を以ておいで下さり、ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この記事へのコメントは、ここにて終了とさせていただきます。



書いてくださってありがとうございます

KUONさま、以前にもコメントはさせていただいことのある者です。
普段は拝読しているだけですが、例の一連のこと、様々のブログを、
かなしく見ておりました。
なにがほんとうか、わからない今日この頃。
ひとの痛みのわからぬ人間の多くなったこと。
KUONさまは、まことのお気持ちを書かれていらっしゃると思っております。
これからも、ブログ、たのしみにしております。
猛暑続く折です、お身体どうぞご自愛を。

kuonさま

今回のブログ管理人の騒動と
申しましょうか、
分からぬコメント人には
とちらがどうなのか?と
理解が及びません。
疑心暗鬼になって参ります。

kuonさまには『秘すれば花』で
いらして頂きたかったです。
安倍さんのモリカケ問題も何でも
ないことが、鐘や太鼓で大騒ぎ。
真実が隠されてしまいます。
渦の中にある時は見守り、
口を出さぬが。。。かと。
kuonさまよりちっとばかり
歳上の私は思います。

・夢花火さん

仰って下さるように、わたしは、本当のことを書いたのでした。引き気味に書いた部分もあり(どなたかを中傷するような匂いは避けたくて)実際よりいささか大きく書いた部分もありました。感謝の気持ち、わかってさしあげていただきたい気持ち。などで。

きちんと読まれなければ、たとえば何をどう書いても、メディアのよくやるやり方ではありますが、先に定められた方向に持って行かれるだけなんだな、ということを、感じています。

これ以上言及することは無いと思いますが、自分が、それは違う、の気持ちで書いたことは、後悔みじんも無いですし、なんで今のようなことになっているのか、呆然たる思いでもありますが、間違っていたとも思いません。

コメントを下さってありがとうございます。

ブログは、自分流で続けて行きます。どうぞ、よろしければ、今後もお付き合いくださいね。


・ちりぬるを さん


ご心配をおかけしたようで、いたみいります。

自分が全く知らなければ黙っていたのでしょうし、わざわざハアイと手を上げて「これこれこうで」とはしなかったのかもしれません。

でも、そうではなかったのでお節介をして、結果、私自身どうしてこうなる、の火の粉をかぶることになったようです。

黙ってはいられませんでした。今も、それは違う、との思いを抱えています。自分のことでなく。お節介をすればその動きで火の粉をかぶってしまうのは仕方のないことだったと判っています。

ご心配をおかけし、「また、ご忠告をいただき。

ありがとうございます。黙ってはいられませんでした。(笑)。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/4338-f95169a6

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (254)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (56)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (17)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん