FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

つれづれなるままに、行くよ。

おはようございます。

青空と強い風とで、洗濯物がしゃっきーんと乾きそうな日曜日です。

去年の今頃は、信じられないことが続々聞こえてくる、映像が届く、状況で、浮き足立つような、何をどうしたらいいかわからないような、そしてでも、何もできなくてウロウロするような感じで毎日を迎えていました。

普通に遊んだり、ものを買ったりすることが応援になる、と、変わったヘアスタイルをしたメイクの方法も独特な化粧品会社の社長さんが発言されているのを、整理できない気持ちで、そうなのかな~~、と。

水道水から膨大な量の放射性ヨウ素が出ている、と知って、どうにかならんのか、と、思い、ヨウ素はイヤだぞ、甲状腺に来るぞ、何か、何か、と、いうあたりから、活性炭をご紹介するようになり。

最上級品の、ヤシ殻原料の品であり、私は、もし自分が、該当地域の住人なら、むき出しの活性炭を、茶漉しで濾してでも使いたいだろうと、考えました。

一年前のことです。

一年たって、ここ当分、私の考えを占めていたのは、自分が、なんと甘くてお節介だったか、ということです。

書けば長くなるし苦いので、先日から、今、これを書いている14時40分くらいまでに、固まりつつある気持ちだけ、自分のこのブログに記しておきたいです。

もう既に、ネットをしておられる方々は、どんな風にでも、情報を得られるようにはなっている。

自分の望む方向の「事実」・・・これには、まったく逆の方を向くものがあって、一言で言えば、放射能を、怖いと感じるか、反対に、そんな、恐れるようなものではない、と考えるか。

今では、どんな考え方も、選べるというとおかしいが、自分の行きたい方へ行ける、自分が知りたい方の「真実」を、選択できる、そこまで、情報の量は豊かになり、選択可能になっている。

たとえば、四十余年間、原発は要らない、と訴え続けてこられた小出裕章先生の情報は、ご本人の名前を検索するだけで、出て来る。武田先生しかり、木下黄太氏のブログだって、名前だけで検索できます。

そうでない方向は、ネットで検索しなくても、毎日のテレビや新聞に、必ず、いろいろ出ています。

新聞などでは、一面にある記事の論調と、中に若い記者が書いている「追跡」などの記事と、日替わりにもろもろある鎌田実先生のページとか、最近では「放射能と癌は相関性は無い」みたいなことを、ついに言い続けられなくなったか、他の方向へ話を持って行かれることの多い医師の意見も、方向はさまざまで、内容の一定方向性はありません。本当に、自分が「信じたい」ことを、選べるようになっています。

私は、被災された地域の方を、悲しませたい、傷つけたい、とは、思ったことがありません。

無いけれど、最近、やっと解ったことの一つに、知りたくない人々がいる、ということ。

理屈では、知っていた。実際、よく判る気がする。本当のことって、痛いのですよね。

知ってどうすることも出来ないこと、しりたくない・・・よおく、わかる、気が、します。

なんで自分が、傷つける側に立つことになっているのか。

・・・だからもう、辞めておこうと思いました

私が続ける理由は、今現在無いな、と、思いました。



・・・私は、世の中の人がすんなり、こなしておられるようなことが、できないところがあって、それがコンプレックスでした。

たとえば朝、ゴミを出しに行って、近所の方に呼び止められて、何かの話をふってもらっても、ぱっぱっと返事が出来ないのです。

考えているうちに数人の中でその話題は終わってしまっていて、一生懸命、あのう、と、話の切れ目にさっきの話題の答えを言おうとすると、場の空気がビミョーに変化する。

私はきっと、近所の方に、変わったひと、みたいに思われていた時期が長いと思う。挨拶や自治会の仕事は、普通にしますよ。気取っているのではないの。

緊張する。

不思議に感じて観察してしまう。

退屈。

そういうことです。長い友達とだって、年に数回会えば十分だもの。映画もどこも、一人が気楽なんです。

一緒にしゃべりたい人は、今になって、現れて下さっていますけどね。

・・・子どもたちが学校に行っていた頃、役にあたって、ちょっとしたグループみたいな活動が始まる。

仲良くなれた方もいて、今でも、電車やバスで出会ったりすると懐かしい。ちょっと立ち話をする。それくらいは、私にもできます。お茶にも誘われる。でも、お茶を一緒したいまでの気持ちは無い。

ほんとに、よそのダンナさんのことにも、お子さんの結婚話にも(祝う気持ちはもちろんある、でも、出身校とか職場には関心が持てない)、熱中できないので、熱く語る相手に、申し訳ないフヌケタ相槌しか打てない。


・・長くなりましたが、なので、もう、今まで書いていたようなことは、いいじゃないか、お役御免だよ、と考えたとき、じゃあ、と、思ったのですね。

全部やめようかな~、と。


昨日の朝、sarahさん、どうも失礼しました。私、ものすごい勘違いをして、それを書きつけて(打って)飛び出て行ったのですね。

本当に、失礼しました。

強い風と、時々激しい吹き降りの雨の降る、山の中の工場で、夫の手伝いをして、放射能をどっっちゃり含んだ水を、あれこれしながら、んんん、ワタシ、勘違いしたんだ~、と気づいたのですが、夜まで帰れなかった。

勘違いの、そのコメントに、どなたかが拍手して下さっていた。

私、泣きたくなったのです。

読め、読んでくれ、と強制する気は皆無であり、拍手しておくれ、と、うるうる願っているのでもないが(ホントよ)、昨日、あれこれ考えていたので、なんか、ずーん、と来たのですわ。

どこのどなたか存じませんが、昨日は(も)ほんとにありがとうございました。

私、気張らないで、マイペースで、また、ブログ、つづけてまいります。

今まで避けていたような話題も、書きたいことはなんでも行きます。

動画も貼ります。

ドイツの方々が「潜入」して撮られた映像や、出て来ていなかった話のドキュメンタリーです。

はじめのところでは既に、見られなくなっています。

ドイツZDF「フクシマのうそ」ドキュメンタリーです。




一番下に、yuutaさんが呼びかけて下さっている「食べようしゃべろう」の会の、決まったことを、貼らせていただきます。

yuutaさんのお知らせ(お白洲ではないよ)ブログへ飛んでくだされば、おいしそうなはまやさんのお料理の写真も見られます。

私も、食べに、しゃべりに、行きます。


         


題名:はまや会のお知らせです  名前:yuuta 2012/03/25(日) 11:53 No.24


こんにちは

5月12日土曜日 「はまやでおしゃべりしましょ」の会

会費 一万円(一泊二食)

参加ご希望の方は一週間前の5月5日までに下記へ
(キャンセルも一週間前までにお願いします)
   
yuutamu4@hotmail.co.jp(←シーオードットジェーピー)

アクセス
電車の場合
常磐線勿来(なこそ)駅または大津港駅下車
タクシーで5分くらいですが
2時過ぎであればお迎えに行かれますのでご一報ください

車の場合
常磐自動車道 北茨城インター またはいわき勿来インターで降りてください
国道6号線の平潟港入り口を入ります
曲がったら又左へ曲がりますと「はまや」の看板がみえてきます
高速下りてから10分くらいです

新鮮な魚料理に舌鼓をうちながら 
飲み放題でいっぱい飲んで
の話で熱く盛り上がりましょ

最近の関東地方は地震が多いと不安に思われるお方
放射能の心配をされているお方
多くいらっしゃる事でしょうね
遠すぎて行けないわ そんな方
決して無理はなさらないでくださいね

当地(北茨城)の放射線量は0.12~0.13マイクロシーベルト/毎時です
当然の事ですが「はまや」では すべて食品は安全基準を合格したものをご提供させていただいています

余談ですがようこさんが炊くご飯がとても美味しいのです
新米かと思うくらい
聞きましたらきれいに丁寧にお米を磨ぐのだそうです
こんなところにも彼女の愛情が表れていると思います

私は大丈夫 ヨンジュン愛してる!同士で話したい 美味しいものが食べたいわ 無理なく参加できるわ 
そんな方 お待ちしています

不明なことはなんでも聞いてください
たぶん足りない部分があるかと思いますので

また何度か、ご紹介します。











スポンサーサイト





  1. 2012.03.25 (日) 22:43
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

こんばんは^^。

菅谷先生のインタビューですが、ブログのシステムがおかしくて、先ほどようやくアップできました。
ありがとうございました。

ドイツのZDFの番組、事実の重さに圧倒されます。
日本のマスコミなどではとうてい作ることができない番組です、泣。
(以前カワウソママのお話をご紹介したイタリアにお住まいの方のブログでも知りました。
こちらのアドレスでも見られます。
http://www.at-douga.com/?p=5052
フェイスブックの「いいね!」が422も! 増え続けています^^)

これからいったい、日本はどこへ行くのでしょう、号泣。


ブログを続けてくださるとのこと、よかった~!

はまや会のお知らせですが、yuutaさんのブログをリンクさせたらいかがでしょう。
  1. 2012.03.25 (日) 23:37
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん こんばんは

やっぱり やっぱり やっぱり そうだったのね

もうこれしか言えない

事実は小説より奇なり って昔誰かが言ってたけど
小説より恐いです
その人たち 今何考えてるんだろう

KUONさん そんな中 はまや会のこと載せてくださってありがとう
少しでも元気だすために楽しめる時は楽しみましょう

  1. 2012.03.26 (月) 10:34
  2. URL
  3. ようこ
  4. [ edit ]

kuonさん おはようございます。

この事実を知って驚く人々の気持ちは・・・
時間は戻せない
今さら何を知っても空しい

「信じたいことを選ぶ」という人はどういう人なのだろうか
現実をつきつけられたまま生活を続け
そんな余裕もない人が多いのではないだろうか
私は少なくとも信じたいことを選ぶことはしません。
「知りたくない人々がいる」ということ
せっかく日常をとりもどしつつある人々が
現実に今でもふさがれていない原発から
少なからず放射能が飛散している中で
生活を余儀なくされている私たち国民が
知りたくないというより、無意識に耳をふさぎ
自己防衛しているのではないだろうか

kuonさん 私の進歩の無い感想かもしれません
間違っていたらごめんなさいね。

これからもkuonさんのブログを読んでいきます。
  1. 2012.03.26 (月) 15:47
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

kuonさん
 

ブログ続けて下さって、本当に本当にありがとうございます。
いつも私は言葉が足りませんが、
今までどれだけ助けられたかわかりません。

目も耳も塞ごうと思えば塞げる
ようこさんの言うとおりそれは、自己防衛だと思います。
毎日不安な気持ちですごしたくない、
現実逃避です。

私もがむしゃらに仕事に没頭し現実逃避しました。
しかし、もう一人の私が、いつもストップをかけました。
訳のわからない熱が出て、考える時間を強制的に与えられるのです(笑)
仕事に逃げてばかりいないで、現実を見て、考えろってもう一人の私が(怖っ)叫んでいました。
そんなとき、kuonさんがゆっくり休んだらいいよって言ってくれました。

考える機会をいつもここは与えて下さっている事。
それは、大変な作業だろうと常々感じていました。
それなのに、時に傷つけてしまうような事を
私、kuonさんに軽々しくコメントしてしまっていたかも知れません。
どうか許して下さい。

そして、kuonさんのこの場所を待っている1人である事をお伝えしたかったのです。

この度の映像・・・
東電はバレなきゃいいと思っていたのですね。
恥ずべき大企業。
盲目的に信じてしまうのが、私達庶民です。
国が進めているからとか、CMやっている大きな企業だから、安心だとか、大丈夫なんて
簡単に思っていた、1年前まで・・・

知らせてくれて、kuonさん本当にありがとうございます。
kuonさんのこの場所をいつも待っています。
のんびり、kuonさん流で・・・

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・