KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

今の思い

1497981661938.jpg

理屈ではない。

清浄なものが欲しい。

私は国民の一人です。

「民草」ではありません。

まっすぐに立って生きていたい国民の一人です。

官庁や宮内庁やほか、そこやここや。

秋篠宮邸の住所まであきらかになっています。

〒107-0051,
東京都港区元赤坂2丁目1-4

官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

宮内庁
http://www.kunaicho.go.jp/mobile/v/info/index.html

自民党
https://ssl.jimin.jp/m/contact-m?_ga=2.14686710.1330592134.1498025958-1758752326.1496234232


メールや電話やはがきや封書や。おそらく。

おそらく受け取る側は、うっとうしく思うでしょう。

面倒くさいでしょう。いいかげんにしてくれと眉をしかめているか。

何せ、人々は「民草」なのでしょう、あちら側の感覚では。

お人よしで騙され易くて流され易くて信じやすくて。真面目に働き人の不幸に涙し人の小さな不幸を指さして笑い、神を畏れ仏に親しみ、清らかなものを見ては目を閉じ首を垂れて尊んだ。

天皇は多くの日本人にとって自然な崇敬の対象であった。


どこの役所がうとんじようと。忙し過ぎて大変な思いをされようと。

まっすぐに受けて仕事をしなさい。ご自分たちの仕事を。

国民は思いを伝えようとしていい。ただ一つ生活者である国民の品位というものを意識しながら。

今まで無かったこと、国民が自らの思いを届けようとするなど。方法を持たなかった、そんな意識も無かった、方法や意識はあっても、日本人としての面映ゆさが、そこまで至らせなかった・・・のだと思う。

遠い昔、遠い国の主婦たちは。

わが子に食べさせるパンが無い。昨日もパンが無かった、明日のパンも無いだろう。そのせつなさが怒りに変わって。

女性たちは向かった、バスティーユへ。何ができるとは思っていなかっただろう、具体的な案は無かっただろう、ただ。

子どもたちにパンを。そんな思いだけが膨らみ切っていた、そんな行進だった。

パンが無いならケーキをお食べ。そう言い放った女は、空腹の辛さを知らなかった、子を飢えさせる苦しみを知らずにいた。仕方が無い、そんな生まれ育ちだから。

・・・もう、そんなソンタクなどする余裕は無い。

バスティーユへ向かった女たちの体中が、膨れ上がっていたのだ、あの年、あの月、遠く離れた国で、あの日。


・・・わたしやあなたには今、方法がある。パソコンがある紙があるペンがある、黙ってはいられない膨れ上がった思いがある。

祭祀をしない天皇に。

天皇である夫を引きずり回す、思い上がって気のふれているその妻に。

いうまでも無い先天的後天的に不出来不遜そのものの次代に。

治外法権を決め込んで出て来もしないで特権のみを貪っている次代の妻に。

これでもかと事実証拠を積み上げてもどうにもならないその周辺の組織の悪辣さに。

日本が、壊されてしまう。

見過ごしていられない思いは、抑圧されて来た歳月に鍛えられて強靭になり、いささかの挫折にはすでに、折れたりはしない。

無力なる民草、ではない、私たちは国民です。私は国民です。

できることをします。

さあ、みんなでしましょう、とは申しません、誘いません、煽りません。でも・・・

黙っていられますか?

私は、する。私の意志で、気持ちで、メールをします、ほか、できることをします。


以前にお願いしたメールのあて先は、記事の進むに従って、後ろの方にながれてしまいました。

再びお願いします。

国民の思いを向けるための宛先を、コメント欄に貼って下さいお願いします。

NHKの犯罪だって看過できません。現在のNHKは、何をしていますか。

多くの方々が、すがるように感じたことを書いておられます、

宮内庁のHPに無いとか。情報が出されていないとか。

逆方向から考えてみれば、それは、国民の知りたい気持ちを、疎んじてのことではないのか。

知らせてやることでもない、とのやり方でないのか。

平成の天皇の(いまも)妻である女は、

「国民の声は雑音だ」と思っているのです。

あのオランダ国王の戴冠式の前に、皇太子なるひと氏の妻である女に向かって

「後のことは気にしないで行っていらっしゃい」

と背中を押して送り出した、結果は酷いものだった、その責任だってとっていない、責任など考えていないのです。後のこととは、国民の怒りです。何度繰り返されているか。自分たち、そして次代だという暗愚の夫婦がしでかして来た国辱行為。

過去に限らない、もうすぐ帰国するナルヒト氏の、デンマークでの惨状も気にしていないでしょう、そういう感性です。

あのひとだけの感性だとも考えられません。

ひろめさせたいことだけをセレクトできる力が、あちらには、ある。


国民の声は、ただ、うるさいのでしょう。

このたびの報道が、もしも、本当でなかったら。

タダでは済まないと、わかっているのでしょうか。黙ってはいられませんよ。それやこれ、考えますと。


秋篠宮家に関しては、さまざま思いもあります。

今のこの話が事実だとしたら。認めたくない云々の感情論でなく。

本人と親が認めている事実であるとするなら。実は何を言うこともできないのではないか、との思いも、強くありました。

多方面から考えました。その思いようだけでも、言葉でつづれば膨大になる気はします。

・・・・おそらく両殿下は、国民からのアプローチを、進んでお受けにはならないのではないか・・・このあたり微妙です・・・

親しい人に、カンペキにj軽蔑されたような気がすること一つ・・・辛い軽蔑をされたんだからと言い訳をして、書くことを自分に許します。

あのお嬢さんのあの日の口元に「恋するくちびる」を感じました。とてもソフトな言い方です。また軽蔑されるのかな、わたし(笑)。

恋は、するものでなく落ちるものである面もありますし、実態よりも大きくふくらませてしまう厄介な面も持っている・・・でも、

黄門さまの印籠みたいに問答無用のもので、あっていい場合、それではいけない場合、が、ありますよね、など、考え込んで堂々巡り。

眞子さまは、(ご本人には)幸か不幸か、公人でいらっしゃるので。

この、あの方(一応ていねいに言っておく)との話は、絶体に、全方向から、ダメです。

ここを起点としてなど、あれこれさまざま、思いを巡らせて後の、いま。

こちらから何か言わせてもらってもいいのではないか、と、結論しました。

受け取られる側の思いをあえてソンタクすることなく。

内親王の結婚ということに対する、国民の側からの気持ちを。

上から降ろされて納得する、といううだけの形でない、実は実際に何をどうすることもできないのである「民草・・自虐を込めて・・」たちの思いを、送ったっていいじゃないか。と。

どんな風にお受け取りになるか、どう処理なさるのか。そんなこと考えないで、だから、心をこめて、叶うならば下品になりませんように。

大切に大切に思うからこその、思いを。

いいじゃないのと、わたしKUONは、考えています。





スポンサーサイト

コメント

ありがとうございました。
私は、書きます。自分の思いを。

KUON様、いつも拝見しています。
眞子様の件、胸が締めつけられる程苦しく、おいたわしく思っていました。
嘘の情報で、いつか神風が吹くと念じてました。
ブータンから戻られてからの画像のいくつかを拝見して、私にはいつもの清々しい感覚を見出せなくなりました。
そもそも人身御供では無く、恋愛であるならばご本人からすれば大きなお世話、父母と同じく恋愛結婚に異論を挟む民草に思いを寄せられないでしょう。
愛の前には、出自.経歴.経済力など問われるものではないと純粋にお考えなのですね。
眞子様に過度の期待をしていたのでしょう。
残念です。
KUON様のお考えで励まされました。
遠慮の無い私の思いを秋篠宮様に届けたいと思います。

込みあげるもの

ずっと拝見しておりました。

皇室関係に目覚めて2年、韓国関係に目覚めたのはその数年前。

kuonさんの今回の記事に激しく心揺さぶられ初めてコメントいたします。
気品ある巫女のオーラを持つ眞子さまも恋する女の眞子さまも同じ体と心に同居しているのでしょう。
陰謀や偽者眞子さまもあり得る事。

しかし、私も恋はするのではなく堕ちるものだと思うのです。
終わってみれば「幻想と勘違い」でも、その最中はキラキラした素晴らしい真実。

苦い失望と共に「眞子さまをお守りください。(結婚してもしなくても)」と神々に祈るだけでした。
国民として声を届けねばなりませんね。

無力感、虚脱感。

kuon様
いつもお勉強させていただいております。
この度の秋篠宮家眞子様の婚約報道に脱力致しております。
何回もメールで抗議、調べて下さいとお願いしても通じているのか?いないのか?本当に嘆かわしい限りです。
それに、7月8日は金日成の命日と知りもう、秋篠宮家にも今までの様な清らかな信頼をしていた自分が虚しくなってしまいました。もう、皇室に期待も持てません。女性宮家の反対をするばかりです。日本の国もこのままかの国に乗っ取られるのでしょうか?

請願法

熱い思いが伝わる記事です。
で、また禁を破って出てきてしまいました。
お許しを。
請願法のご紹介です。
祈りと現実的な活動。
私は、今朝夕べ書いた請願書(天皇陛下と総理大臣)を投函して氏神さまへ車飛ばしてお参りに。ほぼ日参です。
::::::::::::::::
憲法16条は、国または地方公共団体の機関に対して希望を述べることができる権利として請願権を保障している。これを受けて、請願に関する一般法として請願法が制定されている。

請願法は、全6条からなる短い法律であり、請願の方式、提出先、処理等について定められている。具体的には、請願は請願者の氏名及び住所を記載した文書の形でしなければならないこと(2条)、請願書は請願の事項を所管する官公署に提出しなければならないこと(3条)、官公署は適法な請願を受理し誠実に処理しなければならないこと(5条)、請願者も請願をしたことによっていかなる差別待遇も受けないこと(6条)などが定められている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
請願法
(昭和二十二年三月十三日法律第十三号)
第一条  請願については、別に法律の定める場合を除いては、この法律の定めるところによる。
第二条  請願は、請願者の氏名(法人の場合はその名称)及び住所(住所のない場合は居所)を記載し、文書でこれをしなければならない。
第三条  請願書は、請願の事項を所管する官公署にこれを提出しなければならない。天皇に対する請願書は、内閣にこれを提出しなければならない。
○2 請願の事項を所管する官公署が明らかでないときは、請願書は、これを内閣に提出することができる。
第四条  請願書が誤つて前条に規定する官公署以外の官公署に提出されたときは、その官公署は、請願者に正当な官公署を指示し、又は正当な官公署にその請願書を送付しなければならない。
第五条  この法律に適合する請願は、官公署において、これを受理し誠実に処理しなければならない。
第六条  何人も、請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。
 附 則
 この法律は、日本国憲法施行の日から、これを施行する。


請願法

熱い思いが伝わる記事です。
で、また禁を破って出てきてしまいました。
お許しを。
請願法のご紹介です。
祈りと現実的な活動。
私は、今朝夕べ書いた請願書(天皇陛下と総理大臣)を投函して氏神さまへ車飛ばしてお参りに。ほぼ日参です。
::::::::::::::::
憲法16条は、国または地方公共団体の機関に対して希望を述べることができる権利として請願権を保障している。これを受けて、請願に関する一般法として請願法が制定されている。
///////////

請願法
(昭和二十二年三月十三日法律第十三号)
第一条  請願については、別に法律の定める場合を除いては、この法律の定めるところによる。
第二条  請願は、請願者の氏名(法人の場合はその名称)及び住所(住所のない場合は居所)を記載し、文書でこれをしなければならない。
第三条  請願書は、請願の事項を所管する官公署にこれを提出しなければならない。天皇に対する請願書は、内閣にこれを提出しなければならない。
○2 請願の事項を所管する官公署が明らかでないときは、請願書は、これを内閣に提出することができる。
第四条  請願書が誤つて前条に規定する官公署以外の官公署に提出されたときは、その官公署は、請願者に正当な官公署を指示し、又は正当な官公署にその請願書を送付しなければならない。
第五条  この法律に適合する請願は、官公署において、これを受理し誠実に処理しなければならない。
第六条  何人も、請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。
 附 則
 この法律は、日本国憲法施行の日から、これを施行する。



請願の実際 その1

             請願書

  天皇陛下                       
・請願内容

◎女性宮家の創設が「皇族の減少」を理由としていわれております。しかし、旧宮家に男系男子の血脈が複数おられます。旧宮家の復帰を、内閣等と相談、お考えいただきたいです。

◎女性を当主とする「宮家」の創設は「女系天皇」への道です。絶対に行ってはいけない事と考えます。天皇家は男系の「血筋」という権威によって支えられており、それを失えば、天皇家の存在自体の意味が喪失します。それはやがて廃止論へとつながりましょう。

◎秋篠宮家ご長女眞子様と小室圭氏の婚約と結婚に断固として反対します。理由は、身元調査がしっかりと行われていないこと、この婚儀が成立すれば、遠からず皇室の毀損につながるからです。多くの国民がそう考えて危ぶんでおります。この声をお聞き届け下さいますようにお願い申し上げます。



平成29年6月21日

請願者 住所
              氏名

請願の実際その2

            請願書

内閣総理大臣安倍晋三殿

(請願内容)
秋篠宮家ご長女眞子様と小室圭氏の婚約と結婚に断固として反対します。
旧宮家の復帰をお願いします。
女性宮家の創設に断固反対です。
東宮御所を上皇と上皇后が使用されることに反対します。東宮御所は次に即位される方(次の皇位継承権をお持ちの方)が使用されるべきです。
天皇即位前にDNA検査の義務化をお願いします。

平成29年6月21日

請願者 
           住所
           氏名

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
請願書の宛先
〒100-8914
東京都千代田区永田町1-6-1
内閣府気付
①「天皇陛下への請願書」在中→こちら天皇陛下
②「安倍総理大臣への請願書」在中

何度もすみません

2本同じものがはいったようですね。
1つは削除でお願いします。
すみません。

法律に基づいた文書が来た場合は、メールのように「承りました」ではすまないのだそうです。
それなりの数になったら、役人は動かざるを得ないらしいです。
だから請願書が数としてまとまれば一番効果があるということでした。
それでお知らせまで。
請願法を文言通りに読めば、秋篠宮家への請願も可能かな、と思うので明日試みる予定です。
こちらに「実際」としてコメントした文言のようにシンプルいいのかな、と思います。不足や、問題点があるのかも知れませんが、時間がないしとりあえず出しました。
たたき台としてお使いになってくださってかまいませんので、よろしくお願いします。

失礼しました。
あきらめません。



宛名

内閣府気付
内閣総理大臣安倍晋三閣下
請願法に基づく秋篠宮殿下への請願書在中
・・・・・・・・・・

こちら今完成。明朝投函予定。 

天皇陛下の場合は

内閣府気付
内閣総理大臣安倍晋三閣下
請願法に基づく天皇陛下への請願書在中



ミジンコ

おはようございます。

KUONさま
イッサさんの例文を真似して まだまだ頑張ります。
ミジンコとして!!

イッサさん、ありがとうございました^^


テレビの報道の仕方
お目出度い と言いますが 
こんな相手をどうして持ち上げるのでしょうね・・・

よし!!今日も元気でいる為に 頑張る!!!

KUON様
いつもお疲れ様です。
請願書のことで気になることがありますが、
はたして宛先(宛名)に間違いなく届くものでしょうか。
皇族宛のものは途中で没?考えすぎでしょうか。

ほしぞらさまへ

第三条  請願書は、請願の事項を所管する官公署にこれを提出しなければならない。天皇に対する請願書は、内閣にこれを提出しなければならない。
○2 請願の事項を所管する官公署が明らかでないときは、請願書は、これを内閣に提出することができる。
  ↑
 これを文言通りに解釈すれば、行くはずです。秋篠宮様は所轄する官公署が明らかでないと考えて(天皇陛下が総理なら準ずると私は考えました)

第四条  請願書が誤つて前条に規定する官公署以外の官公署に提出されたときは、その官公署は、請願者に正当な官公署を指示し、又は正当な官公署にその請願書を送付しなければならない。
   ↑
  適正なところに回してくれる
  その間にたくさんの人の目に触れる可能性

第五条  この法律に適合する請願は、官公署において、これを受理し誠実に処理しなければならない。
    ↑
  誠実に・・です。
第六条  何人も、請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。
 附 則
 この法律は、日本国憲法施行の日から、これを施行する。
  ↑
 国民としての権利です。
 日本国憲法基本的人権のうちの請願権です。

法治国家の国民として、できることは今やこのあたりしかないと思っています。
テレビ、新聞はお目出たいの連呼。
しかし、ネット上皇室系のブログ、不安や心配、憤りの声に満ちています。コメントが今までみたこともないほど。
この落差にため息ですが、でもリアル社会に生きる者として、リアルな対応をささやかでもさせて戴いています。

kuon様、すみません。
またしゃしゃり出てきてしまいました。
お許し下さい。

 

イッサ様
詳細なご説明ありがとうございました。
無知ゆえに余計なことまで、考えてしまいます。
本当に眞子様のこと心配ですよね。
いい方向へ向かうことを祈るのみです。

住所サインは自筆で

すみません。
パソコンで打ち出した場合は、住所氏名は自筆(肉筆)または、印鑑を、ということを付け加えさせて下さい。

お返事遅くなりました


美絵里さん

嵐山さん

長月さん

彩さん

イッサ さん×沢山

今出川さん

ほしぞら さん


お一人お一人に向けて書かせていただきたいのはやまやまですが、それとなると、自分の中のどんな思いが噴出するかわかりませんので、今はまだ抑えています。

シンプルな話ですが。

ものすごく判りにくく言えば、特別な人間などいない、ということ、人は皆それぞれに特別である、ということ。

世界でいちばん思い通りにならないのは、我が子の気持ちである、っていうのは、二人の娘を結婚させ、離婚の経緯を見せつけられた母親である私の実感だ、ということです。

ただ、みすみすそんなことを、どうして、と、手の届かないあたりに感じてのジレンマはありますね。

奥歯に段ボールがはさまっているようでごめんなさい。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/4291-9b88035a

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (78)
ゆれ・ふら・とーく (139)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (63)
今の思い (258)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (6)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (90)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (58)
おそろしいこと。 (57)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (2)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (38)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (19)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)
うたのおべんきょ。 (3)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん