FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

世の中はお嬢さん学校じゃない~。

33歳。夭折の詩人の詩をひとつ、読みました。


      風の詩音   伊達風人


         とても深いところで

         熱く淋しい汽笛のような音が

         鳴りひびいています

         とても深いところで

         母の鼓動のように懐かしい歌が

         聴こえてきます


この詩人は、昨年の二月に、帰宅途中、心不全で亡くなったそうです。

去年の三月に起きたことを、知らないまま亡くなったのですね。

経験していたら、どんな痛みを抱えたのかな、など、感じました。


・・・税理士さんと一時間ほど過ごして、帰るさに、書店へ寄って、買いました。

「刑務所なう」という本。

著者は、堀江貴文さん。あのホリエモン氏です。

長野刑務所に収監されているそうです。

毎日の、毎食の食事メニューも几帳面に記されている。

他人が何を食べているか、ということに、とても関心と興味があり、昔の「暮らしの手帳」の、中学生のお弁当を見せてもらった、とかの写真入りの特集など、食い入るように眺めたものでした。

家事に対しては基本的に、めんどうなので、簡単に、適当に、を、モットーとして生き抜いております。埃で人はどうにかならん。

ただ、実際に自分があれこれ料理するか否かは別として、食べ物に関する本は好きです。

きちんとした料理本でなく、魚柄ジンノスケ(文字が判らん、調べるの面倒、すんません)さんとか、年収100数十万一家のレシピ本とか、糸井シゲサトさんや、むげん堂さんやら、そっち系統の・・・あ、話がオタク方向へ走ってますか? まあご勘弁、そーゆー、ふっくらしてて、おほほ、で、お醤油をかけてあげましょう、くらいならいいが、モヤシの芽は(根?)取ってあげましょうとか、そーゆーものの言い方を、テレビなどでなさらない方々の、食い物本が好きです・・・ダカラドウダッテ言ウノヨ・・・そうですよね、まったく。

んで(ホリエモンのまね)、読んでいたら、面白くて止まらず。頭いいわ、マジメだわ、このヒト。

東電の元・社長さんとか、あのヒトとかあのヒトとか、刑務所に入ったら(なぜ入らないのか不思議よ~わたしは~)こんな本、書けないでしょうね。

ホリエモンが、いい、か、悪いか、私は、よくは知らないのです。

ただ、本が、面白い。それだけ言っております。

今日も、六人分の食べ物を作って、供して、片付けて。

九時になったら「若者のひなた」というドラマの、3話・4話を観る予定です。

あえてストーリーも調べず、白紙で臨むドラマ鑑賞。

こういう、小さな楽しみ、幸せ。


sarahさん。

知らないでいられれば、ね。ずっと、ずうっと。それで済むなら、辛いこともあえてしらないまま行く、というやり方もあると思います。

私は、西原理恵子という漫画家を、愛し、もう、そんけーみたいな感じで、対しているのです。アニメの「毎日かあさん」は、ちょい、違います、彼女の良さも毒も全部消されてしまったいる気がするので・・・あとは、すべて、好き。

名言が沢山あって。

「風にも当てず、車で送り迎えしてお嬢さんで育てる。それはいいけどさ」

こっから、西原節です。

「世の中はお嬢さん学校じゃないからね~」

もう、大好きなんですよ。

そして、自戒したい思いも、私にはあって。

できるだけ、固まりきでらないで、身のまわりに、ゆるゆるの部分を持っていたいのです。

始めはこう思ったけど、ほんとかな、今も、その時の感じのままかな、って。

違う、と感じたら(あまり・ほとんど無いですが)、もし本当にそうなら、ゆるゆるの中で、シャツを脱がないままブラを外すみたいな・なんちゅうタトエでしょう)感じで、方向転換を、できる自分でいたいな。

そうも、考えております。

いつも、ありがとうございます。





スポンサーサイト





  1. 2012.03.24 (土) 01:34
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

こんばんは!

きょう、じゃなく、もうきのうですね。
新聞の朝刊1面トップニュース(!)です。

「福島で大型地熱発電 27万キロワット・原発4分の1基分」

とありました~。

日本の地熱資源量は、アメリカ・インドネシアに次いで世界3位だそうです~~。

暗闇の中に小さな明かりが見えた思いがします、涙。


それと、
松本市長のインタビュー、ブログにお借りしてもいいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・