KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

飛天

きのう6月16日(金)は香淳皇后さまが平成12年6月16日に亡くなられた日でした。

霊祭の儀が皇居皇霊殿で行われ、眞子さまがご参列、他には高円宮久子さま、承子さま、絢子さまが参列されました。常陸宮家、三笠宮家は参列せず。

c3874020.jpg


同日、同時に秋篠宮両殿下は八王子武蔵野東陵をご参拝。

皇太子はいま、単身でデンマークに行っています。一応カップルとして存在するのに、カップルで行動できない現状です。

1497623300315.jpg

かの地でのナルさん。

まさこさんは何もかも欠席です。相撲見物に出て来て以来、どこにも現れていません。



以下 の二人は、その16日、二時間のテニスをお楽しみでした。

夫君の方は、公務にはノージャケットでも、思い出の地でのテニスには、上着をお召し。

暑いやろうに。

夫人の方は、八十歳過ぎてテニス2時間の体力気力。




奈良県の知事が、退位後は奈良に離宮をつくってごゆっくり・・・とか、意味不明のことを口走っておられましたが。

まこと意味不明。来ないでいtだきたい。道路の渋滞もひどいので、来ないで欲しいのが、奈良県民の一、KUONの断固たる拒否の気持ちです。

あそび倒すつもりですかしら。

不動産売買は、最後の契約のハンコを実際につくまでは、安心できないといいます、や~めた、となれば、それで、パー。

あの夫人も、いまどんな気持ちかどうか、ほんとにその時が来なければ一転、奈落かもしれませんね。

天皇と皇后は、皇族の霊祭には参加しないとはいえ。

昭和天皇の皇后様の命日に、テニスはせんやろ、ふつーは。

フツーでないヒトですし、その日だからこそ、今ではいちばんの権力者であるワタクシは、遊んであげるのよ、ざまー、ごらんあそばせ、の気持ちなのかしらん。

おそろしいこと。もう、何もこわいものはない? いや。そこからですよきっと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

15日に西ノ京の薬師寺に行啓なさった秋篠宮殿下と妃殿下。

仰々しい警備も無く、ひとびとの背後からそっと、法話をお聞きになられて。

来合わせた修学旅行のお子さんたちと、にこやかにお話して下さいました。

1db47b1d.jpg

1497577501464.jpg


秋篠宮ご夫妻は、奈良市の薬師寺を訪れ、先月完成した「食堂」と呼ばれる建物などを参拝されました。
薬師寺の「食堂」は、奈良時代に、僧侶の食事や仏教儀礼に使われた建物で、中世の戦火などで失われていましたが、当時の伽藍を復興させようと、およそ500年ぶりに先月、再建されました。
15日午後、薬師寺を訪れた秋篠宮さまと紀子さまは、村上太胤管主らの案内で「食堂」を参拝されました。
「食堂」の中には、日本画家の田渕俊夫さんが描いた6メートル四方の「阿弥陀三尊浄土図」が本尊として据えられ、周囲の壁にも仏教伝来などをテーマにした壁画が描かれています。
秋篠宮さまと紀子さまは、「食堂」の完成を祝う落慶法要の写真を見たり、説明を受けたりしながら、仏画をじっくりとご覧になっていました。
秋篠宮ご夫妻は、およそ110年ぶりとなる解体修理が進められている東塔の現場なども視察されたということで、村上管主は、「薬師寺の姿を通して日本の歴史や文化の礎を体感していただくことができたと心から喜んでいます」とコメントしています。


天平2年(730)に建立されたと伝えられる国宝の薬師寺東塔は、約110年ぶりの解体修理が平成21年から進められているのです。解体修理では、瓦、木部、基壇などを全て解体し、地下の発掘調査を実施した後に、傷んだ部分の修繕を行いながら再び組み上げ、平成31年の春に修理が完了する予定。

いまは「覆屋」に覆われて、いっさい見ることのできない東塔。

そのてっぺん、水煙、と呼ばれる部分には、飛天のお姿があるのです。

飛天。飛ぶ、天女。

平成31年の春に修理は完成の予定。となれば、私はもう、薬師寺の水煙の飛天を拝することはできません。んにゃ、まだガッツリ、生きているかなぁ、わかりませんねそれは。

拝せなくなる前に、見せてもらいに行った、行っておいてよかった、と、今も思っています。


凍れる音楽、と、フェノロサの形容した、東塔の水煙。飛天。

でも。

薬師寺での紀子さまの微笑は天女のようだな、と、思います。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

驚きました

荒井さん、なにゆうてますの?
と私も声が出てしまいました。
迷惑極まりないです。奈良市民として断固拒絶します。
京都市長に続き、もうアホかと…
秋篠宮両殿下は、秋篠寺においでくださったのでしょうか?
是非一度来て頂きたいです。
若かりしころ、秋篠宮さまは、山陵町によくお見えになったおられました。鳥の絵で有名な方がおられますので珍しい鳥もいたのだと聞いています。警護の方を見かけたら
いらしているんやと思ったものです。ひっそりと警護して住民も微笑ましく見守っておりました。
あの頃が懐かしいです。
皇室に対してこんな感情を抱くようになるとは…悲しいですね。

薬師寺での両殿下、美しいですね。清らかです。
薬師三尊像、とりわけ日光月光の両菩薩像が好きで、薬師寺を訪れました際は飽かず眺めたのを思い出しました。

さて両陛下。よりによって先の皇后陛下の命日にテニスですか。そこまでしてやるんならプレスを呼ばず、ひっそりとおやりなさい!!わざわざ報道させるところに、お皿様の底意地の悪さを感じます。
「皇太后」の称号を難癖つけて「上皇后」としたのも、「アテクシは特別♡今までの后とは別なのよ♡」感がプンプン。
単独・貧相海外訪問のナルさんと、万年おサボリのマタコさんも合わせ、まとめて粗大ゴミの日にでも出したいです。

KUON様、お体どうかなさいましたか?
気がかりです。

お師匠
平成31年の春
ひと目、いえガッツリと飛天にお会いしに
薬師寺に一緒に参りましょう

秋篠宮家をお守りくださいと、神さま仏さまに祈っています

皇居のあるじとなった天女にお会いしに
皇居にも一緒に参りましょう

薬師寺よりも皇居訪問が先、かな?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私ではもちぐされ?

KUON 様今晩は。
1953年のサンデー毎日 宮内庁にもの申す
1963年の毎日グラフ 香淳皇后様60歳記念の臨時増刊
1967年の毎日グラフ 皇室の100年
1969年の別冊女性自身 皇室大写真集
古本屋さんで二束三文で売ってたのでつい買ってしまいました。全部で800円
なんかみんな仲よさそうな写真ばかりでした。
⚫皇后様と美智子さまがお揃いの毛皮のショールしてる
⚫お子様が浩宮様まだ一人の時の写真、昭和天皇陛下以下、皆さん浩宮様取り囲んで楽しそう。天皇陛下が浩宮様を可愛がっておられる写真多数
⚫列車座席の写真、礼宮様が皇太子様の膝、隣が美智子さま、向かいに一人で浩宮様「お兄様らしく行儀よく席に」と書いてあります。礼宮様と美智子さま二人の写真は、とにかく「目が離せない」のが見てとれます。
⚫美智子さまの服も全部香淳皇后様風。皿もおかしな服もありません。
⚫華子様が学生時代ウクレレを弾かれる写真
⚫宮内庁の事務所内部の写真
⚫明治天皇の血筋の方々、菊栄親睦会の写真
⚫女性自身には「愛の一瞬」という美智子さまに手を差しのべる皇太子様のスナップ特集がありました。別にわざとらしくもなく、自然な写真しかなかった。
⚫ただーし!出産間近の写真はやはりお腹出てないにも程がありました...

なんでこうなったーー??お腹出てない写真以外は、不自然さが皆無。皆さん仲よさそうなんですよ。考えの行き違いはあっても、昭和40年代は繋がりがあったのでしょうか。50年代以降、そして平成になってから暴走、方向のあやまりが....?
KUON さん、こんな感想不愉快だったらごめんなさい。でも画質が悪かったり白黒でも、皆さん表情が明るいのです。
ふたたび、何でこうなった...まさかあの方が、全身灰色になるなんて...
つい興奮して長々すみません。

言葉も出ない

ふっるい雑誌みて興奮してる場合じゃなかったですネ
ブータンでの輝きは、婚約が調う前の女性の輝きでもあったんですね。紀子様も昔、目が離せないくらい可愛かった。
でももう、サヨナラです。
ふっるい雑誌、三笠宮やす子内親王が結婚式で「赤紫の小袿」
「濃紫の切袴」を着て玄関を出られています。
眞子様はウエディングドレスにしてほしい絶対。小袿おすべらかしなんて「アッチ」が手を叩いて大喜びするでしょう。悔しい。

先月、女性宮家反対と葉書出したんですが、出しながら
葉書出す行動力はもっと喫緊の問題に使った方がいい
と思ったです。
あの人たちは命の危険はない、と
あの人たちが命の危険にさらされる頃はもう葉書一枚買えんだろうな、と

お返事が遅くなりました

・。ヒミツのKさん。

もしかしてあなた様へのお返事、前記事コメントの最後になってしまったかも・・・もしそうでしたらお許しください。

・カムバックさん

荒井知事さん、感性も荒い。離宮たててあげるなんて気は、一切ありませんね。どこかが出して来るお金を当て込んでの発言なら脱力。自由意思を通して引退するお方は、昔の隠居さん方式でどうぞと思う。新しいもの不要、そのたあれこれ不要。東宮御所は東宮の御所。吹上で暮らされれば。大切な皇太后さんを置いておいた御所でしょ。

とか、ひとことで、いろんな「ふざけるな」が飛び出しました。


・白萩さん

>まとめて粗大ゴミの日にでも出したいです。

出したいですよね~。処理費用が生じると言うなら、わたし一口、たて替えてもいいです。あれらの不用品もゴミに換算すれば、いくばくかは返って来るかな。

ほんとにきちゃない。こんなことを、人さまに向かって感じたことは無かったです。国益に反する、なんてコトバを、自分が思うようになるとも、想像だにしませんでした・・・


・ひらりんこさん

ご心配おかけしましたか。

持病の具合がちょっと、で、検査したりしていまして、以前から引き際についてなど考えていたのもあり、つい、弱音がポロンと出てしまい、ごめんなさいでした。

検査はまあまあ、もうしばらく、憎まれっ子はばかるKUONでいられる模様です。ありがとうございます。


・sarahさん


お久しぶり、そしてありがとうございます。


なんかモノを言いにくい・・・わたしの気持ちの問題ですが・・・でも、sarahさんのお気持ちとお誘いは、と手も「嬉しかったです。感謝です。


・ヒミツの〇さん


仰っておられるこちょ、他でも読みました。おそらく正論なのでしょう。ヒミツコメントにまともに返事をするのは難しいですが。

申し訳ないですが、ラスト数行、私に何を言いたいのかわからない。わかっても、こういう決めつけ方は不愉快です。

と、こういう風に書くと、私がすっごくきついみたいになる。ヒミツでこれを書いて来るのは卑怯ですよ。勝手にあなたの価値観を押しつけないでいただきたいです。


・ふく さん


いっぱい教えて下さり、ありがとうございます。

私もけっこう、いただいたりして持っています。

仰る通り、皇室写真、なごやかそうで。仲良さそうで。笑顔で。

それは、そうおいう風に、皇族と言うものは、撮る。写る。という暗黙のルールがあったからでないかなあ・・・

今は、カメラがどこにあるかわからなくて。

昔の「あの」写真の、違う一面の写真、などもどんどん出て来ますね。

一番違って来たのは、皇族は「聖なる特別の人びとでない」ってことでしょうか。

考えてみればちっとも不思議でない・・・かつての日本人が知っていた「恥」「慎み」、それが、今どうなのか、考えてしまいますよね・・・

私も見せていただきたいようなコレクションお持ちで。ずるっ。

ヨダレ垂れた音・・・(笑)。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/4280-86d7f339

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん