FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

増えてます。

読んでおられる方もおありでしょうが、久しぶりに、中部大学の武田邦彦先生のブログから拝借します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マンションを経営する人が、「家賃はいただきますが、非常階段もありませんし、トイレは使用できません」という条件で5階建てのマンションの入居者を募集したら、マンションに入る人がいるだろうか? おかしなことを言う経営者だと思うか、「この人、大人?」といぶかるだろう。

大人があることをする時には、それが始まってから発生することはおおよそ予定し、覚悟し、準備をしてからする。結婚したら普通は子供ができるので、「子育てできるだけの力と覚悟」がなければ、結婚しないというのが責任ある大人というものだ。

その点では原子力発電が安全であろうと、危険だろうと、日本人はもともと原発をやる資格はないし、原発が安全とか危険ということを議論する年齢にも達していないような気がする.

原発を動かせば、電気はそれだけ使うことができる。今でも経団連は「経済活動のために原発が必要だ」と言っているし、経団連の本部は東京にある.

東京は原発の電気を受け取っている(マンション経営の人が家賃をもらうのと一緒)。それにもかかわらず原発の危険は福島県と新潟県の人に委ねる.東京にも多摩川や荒川、そして東京湾があるのに、「そんなところに作ったら危険だ」と言う.まして多摩川の水道取水口の上流に作ろうものなら、すごい反対運動が起こるだろう.

でも、福島の阿武隈川、福島の海、新潟の海は汚れても問題は無いのだろうか? 東京の水道と福島や新潟の海となぜ違うのだろうか?

さらに東京は原発の廃棄物を引き取らない(マンションの入居人にトイレに行くなと言う)。人間は生きていればトイレが必要であり、原発は運転すれば廃棄物がでる。そんなことは最初から判っているが、廃棄物はその中間処理を青森に委ねている.

「電気は欲しい。必要だ! でも危険もイヤだし、廃棄物も引き取らない」という東京の人は大人ではない.自分勝手であること、恥ずかしい限りだ。でも、日本にはまだ原発廃棄物の最終処分場すらない。なぜ無いのに原発が必要だというのだろうか? 原発は安全でなければならない、そして原発の廃棄物は原発の電気を受け取る以上は必ず「最初から」作っておく必要がある。

残念ながら、アメリカもヨーロッパも原発を進めている国は原発立地と廃棄物でこんなに惨めな状態ではない。日本民族はしっかりしていると錯覚していたが、がっかりすることが連続してる。

今の日本人のスタンスは「運転は危険だから貧乏なところに建設して、お金を渡せばよいだろう.廃棄物は貯めるだけ貯めて、子供たちが処理してくれるだろう」とまるでわがまま一杯の駄々っ子である。

原発の再開問題は安全第一だが、それには、多摩川上流、木曽川上流、そして琵琶湖を第一候補としてまずそこに建て、廃棄物貯蔵所を東京、名古屋、大阪に付近に作るのがまずは前提である.

今回の原発事故にかかわる軽水炉の安全基準を審査していた私にとってみれば、事故のもっとも重要で本質的な原因は「電気だけもらってお金を払うお金持ちの日本人」と「危険だけをもらってお金をもらう貧乏な日本人」という二つの階級を作ったことにあると思う.



「絆」という言葉は実に白々しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここにある「東京」を、非難する気ではないことは、ひとこと、申し上げさせていただきます。

いま、私のヘチマ・タワシ頭は思考停止状態に近いのでありまして、積極的にごんごん、書けないです。

すこ~し書きます、事故炉に比較的近いあたりでは、容器に入れた放射性物質を含んだ液体=水、の、正確な線量を測ることは不可能です。

容器の中の液体自体は、すぐにそんなに内容が変化することは無い。すぐに気化しないし、凍りもしない。

それが、どんどん、みるみる、すごい値になって行くわけは、空気中に、それが、あるからです。

容器の中の水に、空気中の目に見えないものが降り注ぐ。

で、どんどん線量が高くなる。

そういう空気が、存在している。

・・・すこ~しだけ書きました。

去年はどんどん下がって行っていたセシウムの降下量が、今年になって再び、多くなっています。

よのなかでは、いま、あまりそういう話をしていないようだし、でも、今日の時点のこととして。

美しい日本の村、飯館村で、土壌1キログラムあたり、15万4000ベクレルの放射性セシウムが計測されている。

環境省の調査で、出しています、この数字を。

んで、同じ今日のニュースの一つに、平野復興相の、

「安心して帰せる環境づくり」

とかいう談話が出ている。高線量の地区を、除染とかして、だそうだ。

なにがなんだかわからない。

ので、もう今夜は、辞めます。

皆様。信じてはいけません。・・・なんて、えらそうーですね、言いなおします。

絶対に、政府の何も知らないヒトたちが言うことを、絶対に、信じないでください。

去年、四月の記事を引用します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2011年4月5日 20時50分

 文部科学省は5日、先月(3月)28日に福島県飯舘村内の40カ所で採取した土や草から1キログラム当たりで、
放射性ヨウ素131が1万3200~15万8000ベクレル、放射性セシウム134は3670~5万4700ベクレル、放射性セシウム137は3800~5万8500ベクレル検出されたと発表した。
小中高校の砂などからも放射性物質が検出された。文科省は「ただちに健康に影響を与える数値ではないが、舞い上がった砂などが口に入らないように注意したほうがいい」と説明した。

ただちに健康に影響を与える数値ではない、と、言っていたのです。

yuutaさん。

瓦礫のことは、私には私なりの考えることがあるのです。でも、書けない。だったら昨日、黙っていればよかった、と、微量の後悔。出したものは仕方ないです・・・。

昨日、言葉を選んで回避して、わかりにくい表現になるのですが、私が言いたかったことはね。

被災地で、処理し切れる量であるのが本当なのに(放射性物質汚染のものは別問題)、そこで雇用も生まれるはずなのに、わざわざ、他へ運んで、受け入れるところには、お金を払う、と。

なんでそんな無駄で馬鹿げたことをしますか、と。

陰で、どんな力が動いて、どこからでも、どうしてでも、お金を集めたい何かどこかが、うまいこと立ち回れば、動かさなくていいものを動かして、燃料を使い人手を使い、処理しました、の事実を作り上げて、そうすれば、合法的に、お金を得られるでしょう。

それを、東京電力の関連会社が、しゃらっとした顔でやる、と。他にもいっぱい、自分たちで壊したものを自分たちで積みなおして商売する、ということが、いっぱいあるの。

もう、うんざりするような話だよ、と、言いたかった(では、そう書けばいいのにね、わかりにくくてゴメン)。

ほんとにごめんなさいね。悪い汚いものが、私やyuutaさんの愛するこの国に、いるんだよ。あるんだよ!。

それでね。話は一変。

トッポは、タイガースの話はしないのですよ。

ある時期、トッポは、ティーンルックという雑誌に「イブ」という連作のイラストを描いていて。

話題になっていました。不肖・KUONは、その雑誌の小説新人賞、と言うものもいただいていて、編集室にも出入りしていて・・・ジュリーやトッポを、お見かけすることもありました。

よくわかんないけど、ジュリーは、還暦コンサートでもいみじくも話していましたが、GSのスター、という自分の姿を「仕事についた」と考えていたようで。すごく地味な人でもあるのです。

トッポは、芸術家肌、という感じだったと思う。ロマンティストで。

ジュリーは、せっかくなった歌手という仕事で、なんとか生きて行こうと考えていたと思う。

リード・ボーカルであって、楽器は持っていなかったから(タローちゃんのギターなんぞも、今聞くとスゴイですが)ジュリーには、歌をうたう座を無くすことが怖かったと思います。

人の気持ちは人にはわからないが、おりしもヒッピー・ムーブメントの花盛り。「らぶ・ぴーす・ふりーだむ」が座右の銘と述べるトッポは、自分の属する商業主義の音楽業界がイヤだったのは事実だろうし、よくわかんないけど、トッポの脱退には、仕組まれたものがあったとは、事実だと思う。私などの前では、沢田、とか加橋、とか、大スターである彼らを呼び捨てしていた編集者が、二人の仲はよくないと教えてくれた。

二人のことが、なんだか可哀そうで、泣きたくなったことを覚えています。大脱線。

・・・最近の、シローまでが出て来たという、ピー君が数十年ぶりに参加したという、タイガースの同窓会みたいなコンサート、トッポは「誘われた」とは発言しています。

でも、僕は行かないでしょうと。

道は、大きく離れた。そーゆーこと、人の世にはきっと、沢山ありますね。

お。力説しておりましたね~。

      

え~。今夜もザ・タイガース週間(そんなこと、いつ決まった?いま、決めた)の一環として、動画を。タイガース、でなく、沢田研二の歌を。好きなんです、これ。





スポンサーサイト





  1. 2012.03.20 (火) 07:22
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん ありがとう

お金である程度のことは片付けられる
そういう歩みをしてきてしまったんですね
ニッポンのリーダー達が
それに乗っかってきたのねわたし(あくまでも私個人の感想です)
使い捨てが奨励されていたような時もありましたね
なんか話がそれてきてるね><;

トッポとジュリーにはそんな事があったのね
タイガース時代 あの頃聞こうとしなくても自然に耳に入ってきましたね
彼らの歌声が
タイガースというグループが唄ってるんだ
彼らが一番聴かせるわ、、、とは感じていたけど
夢中にはならなかった
そんな時 この歌は、、誰が唄ってるの、、
とテレビで確かめたくなったのが「花の首飾り」でした
この人ももっと唄えばいいのに~ってずっと思ってたの

「銀婚式」という小説を読みました 一気読み
「蜩の記」のほうが好きだわ 「共喰い」の感覚も私にあってますわ

KUONさん 書かれる作品が読める日を楽しみにしています
モチロン 今も読ませていただいているのですが
いつか創作を

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・