KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 今の思い
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

高須センセのオコトバ。




私が思うノブリス・オブリージュ。

nobility obliges。

高貴な生まれの者は、果たすべき義務がある、との考え方。

特権には責務が伴う、とも。

大いなる力には、大いなる責任が伴う、とも。


かつて東宮夫婦が愛子さんの親であることを盾にして行った、皇族らしからぬことの中から、一つだけ。

・・・「愛子は学校でいじめられた、乱暴な男子がいて恐ろしくて学校へ行けなくなった。」

あの立場の人から、公の場で堂々と言い放たれて、どなたも反論なさらなかった。

学校も「いじめ男子」と名指しされた生徒を(多分)守らなかった。

内親王さまを「いじめた」男子は、学習院から去られました。東宮クソクラエ、と心中吐き捨てられたか、バカだから仕方ないわ、と嗤い捨てられたか。ご皇室を尊敬していないのは明らかでしょう。

この一事をとってみても、東宮夫婦とノブリス・オブリージュは、結び付くものではない。

他に無数にある、現・内廷さんがたの愚かな振る舞い。目を覆わんばかりの惨事、醜状。それでもメディアは、もぐらたたきのモグラの様相で、ちょっと出ては叩かれない内に引っ込む、そういった報道をくり返して来ました。

どういう経緯でか、とつぜん現れて一人で喋った彼。

無理やり記者を集めたのでも引き止めたのでもない、何かの力を持つ者が設定した場だったと思われます。

そこで小室某は、言葉尻をとられないように、言質を渡さないように、すべてのことを

「いずれ時が来たら、話す時が来たら」

お話します。で切り抜けた。一つだけ、朝、

「行ってらっしゃい」「行って来ます」

と、言葉を交わし合ったと印象付けて。相手が眞子さまであったと、思わせたが、実際の名前は出していません。

幾つか前の記事に書きましたが、これは強烈に効きました。

本当に眞子さまと交際中であり、その日に記者に囲まれることを知っていての会話だと印象が残りました。

罠ならば巧妙。本当だったのなら、本当だったのでしょう。

私の持論、恋は予定調和でない、どこにどうして降って来るかわからない。

「ひとは欠損に恋をする」

というのは、高須センセの名言ですが、周囲の思うように娘の気持ちが動いてくれるなら、世の親の嘆きは・・・と脱線はしません、とにかく、なんでよりによってあのオトコなの、という事態は、起こり得るのです。

不意の恋は恋としては本当でも、実らないものであると自分で見極めた王女さまも、過去にはおられました。

「ローマの休日」の、アン王女。

自分は国家のもの、国の王女である。の自覚から。一生胸に残るローマの休日だったでしょうね、これは映画の話。王女さまはお若いが、大人でいらした。

もしも、小室某氏が、何かをしかけてのあのことだったなら。

全く事実でないことだったのなら。

即、事実でない、と表明されるべきだったと、私は、頑固に考えます。

一番傷の少ない方法だったのでは、と。

時間が経たないうちに。相手を、今のようにふっちゃふちゃに貶めてしまう前に。

たとえ嘘つき野郎でも、あえて、しいて傷つけてはいけません。うまいこと、それはぁ、事実とぉ、違いますよぉ、と。どうすればよかったか。それくらい考えて下さい、何のためにいっぱい公務員がいるんですか。

こういう時にものが言えるご親族って、おられない・・・。

小室某が、もしも〇〇でも、深い強い恨みが残るやり方はダメ、それこそ眞子さまのお為になりません。

皇族である秋篠宮殿下は、どんな腹立つ野郎でも、好き放題ボコボコにされる彼にしない方がよかった。

皆が醒めたり気付いたりする前に、微妙な時間が流れてしまいました。違うことは即、ただしてゆく。

眞子さまは大切、でも、勝手に出て来た小室くんにだって、最低限の気を配る。税金払っているどうか知りませんが、国民の一人です、彼(ということにしておきましょう!。

それも、私が思うノブリス・オブリージュ。 貴人の心遣いでは、と。


笑う方は笑って下さい、いい時ばかりでない、良くない時にどう身を処するか、が大切と、わたしKUONは考えるので。

で。

眞子さまははめられただけだ、おいたわしい、と、圭くんを擁護(していませんって。)しそうな私に、懸命に訴えて来られるお方。

わからないではない、ないけど、自分の子もよそ様のお子さんも、すべて自分。ワタシ。の、思うようにはなるとは限りません。

どんなに気立てのいいよく躾けられたエトセテラ、お子さまでも、別のものにんる場合がある。と、私は考えています。

これだけは親の言うことは聞けません、と、なることだってあります。

言っても仕方のないことですが。悪いヤツが悪いコト考えたら、手だてのしようの無いおおらかなお育ちでいらっしゃいます。

どうしてもこの結婚を認めたくない、認めないココロは、私も同様です。ぜったい、あの相手ではダメです。互いも周囲もすべて含めて、よくない。

・・・誰かが、どうしても、あのボクと結婚させようとしている?

そんな風に言って来られるお方があり、もしかして、今の皇室の、今のあの、どうしようもない妖怪が、それを、強いようとしている?

無理やりな結婚をさせようとしている?

ご本人も、ご両親も、そんなことは イヤ なのに、ミテコさんがそんな風に脅して来る? 策をめぐらせて来る?

すさまじい話です。否定はしません。現在のあのあたりでえは、何が企まれ、何が指令として飛んでいても不思議では無い。それはそう、思います。

それで、殿下は、本当は認めていないのに「了承」と流され、本当はイヤなのに「眞子さまの婚約者」を、認めざるを得ないでおられる?

はあ。大変ことです。ご心労いかばかりかと、お察し申し上げます。

ですが。

殿下が、このままそのまま、行かれるなら、眞子さまはおイヤなのに、ばばあさんの云う通りにするよう、されるのなら。

そういうお家なのですから、仕方が無いのでは。どうしようもないでしょ。

ミジンコには何もできません。黙るだけ、そして、自分の向きたい方を向いて行くだけ。

私が、不遜ながら五分間だけ知人になれる、とかなら、お勧めします。


そんなことを(もしも不服なのに従うしかないなら)してはあきません。

できません、とお言いあそばせ。

はっきり仰られませ。

ご自分の口から仰れば、大騒ぎにはなっても・・どんな大騒ぎになるかは想像つきません、しかし無責任ですが、わかる人にはわかります。

眞子さまを女性宮家云々の対象にするお気持ちも無く。

ご自身、すっきりしないj皇太子呼ばわりされたいおつもりもなく。

あえて申し上げれば、無体非道暴虐極まる産児制限かけた母親のコマにされるなか授かられて、内廷さんがたと懸命に距離を置いてお育てになっておられる親王さまを、なんだかだと勝手な企みの中に置くおつもりも、おありかどうか。・・・・・・・



もしも本心ならず眞子さまを勝手に転がされるような事態を、受け入れたいと思わずおられるなら。

意志表示なさる。というテもあるよなあ。

大騒ぎになっても。私の寝言です。

これは私の思う事なので、全力で否定されても「自分はそうは思わん」と仰られても、困ります。

書き足りない部分もありますが、月末なので仕事して来ます。

欲しいものは取りに行く。

守りたいものは守る。

私はミジンコですので。

・・・殿下だろうが親王だろうが大切な娘、守るのに、ぶっちゃになってもいいではないの。

それができない殿下ならば、そういう具合におられるのでしょう。



スポンサーサイト


  1. 2017.05.31 (水) 15:13
  2. URL
  3. イッサ
  4. [ edit ]

皇室写真掲示板に

こんにちは
KUON様と同じようなことを書いておられる方、ありましたよ。
「誤報」と一言、あればよいと。
その下に、それが言えない状況なんだろう、みたいなこともありましたわ。
秋篠宮様はミジンコではありませんし、確かになあ・・・
それぞれにうなずいてみていました。

虐待された子が、保護されてもまた虐待の親の元に返って殺されてしまうって、ありますよね。
幼い頃からの虐待や暴力的コントロールが子どもを無力化しているんですよ。
子の愛と、親の愛。
親よりも子の方が熱いんじゃないかと、思ったりもして。
秋篠宮様の青年期のお顔は暗いなあ、と思ったことがあります。
前も書きましたが、ミテコ様に虐待されていたんじゃないかと。
今まだ、その虐待の影響下にあるとすれば、そのトラウマがあるとすれば、何か発することはできないかも。
しかしそれを乗り越えないと本当の意味で今の立場を生きられないだろう、と思ったりもします。
今日は官邸メールに,誤報なら官邸発表でお願いします。
と入れました。

皮肉ですが。
マスゴミは眞子様の追っかけ。両殿下の公務紹介。
今まで無視に近かったのに・・・
眞子様、ブータン出発の写真、おやせになったような。
彼をわきに並べてイメージしようと思ったのですが、何かできません。
あまりに何かが違いすぎて・・・
それと,小室氏についてツイッターで検索すると、10分ごとに消去されていて、あまり検索できないらしいです。
何か裏でやっぱり動いているらしいと、remmiki(これで良かった?)さんのブログコメントに書かれた方があります。
ネットの検索でも「小室」といれると「あやしい」とか「身元」とかでると思うのですが。初めの頃は、ぞろりと出てきていましたけどね。今は出てきませんね。
とにかくうさんくさい。






  1. 2017.05.31 (水) 15:38
  2. URL
  3. イッサ
  4. [ edit ]

びっくり!!

昨日は、確かに「怪しい」とかが出てこない・・・と思っていたんですが、今試しにググったら・・
「祝・眞子さまご婚約!お相手の小室圭さんは「推定年収500万円」
共働きになられる可能性も?」
ですって。
週刊現代。
これがトップ。
嘘っばっかりだ。

でれでれさんのコメント欄で、実際法律事務所事務補助で働いていた方が数字を上げて検証されていた。
手取り年収300万円ちょいだろうと。

すみません、下品でした。

私も月末で忙しいのです、はい。
こんなことググってないで仕事に戻ります。



  1. 2017.05.31 (水) 23:17
  2. URL
  3. よしの
  4. [ edit ]

KUON様

ブログ更新ありがとうございます。

お忙しい中に言葉を尽くしていただいて、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

どうぞお身体大切にお過ごしくださいませ。
  1. 2017.06.01 (木) 21:46
  2. URL
  3. へなちょこ一年生
  4. [ edit ]

正直と清潔が日本国民です。

大切なものを守るためには、大きな勇気がいりますが、優秀なこの国民はちゃんと清く正しいことは直感で解ります。

清くて正直な、この国民こそ力です。
国民はいつも冷静ですが、無能ではありません。

秋篠宮殿下は、眞子様を勇気を持って守っていただきたいです。
我が子を守るときは、どんな誰にも遠慮をすることはないです。
一生懸命に知恵を出し発信し、守ってあげてほしいです。
  1. 2017.06.02 (金) 13:05
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

イッサさん

イッサさん

よしの さん

へなちょこ一年生さん


まず よしのさん、お気持ちに添うようなことを書けずにすみませんでした。それは、本当に思っていることです。

イッサさん

どなたと同じだろうが違っていようが、私は私です。

自分で読みたいものは読みますし、知らなかったことを教えていただいて、お礼を言うべきものならお礼を述べます。比べられるのは嫌いです。

団体旅行もコーラスもできにくい難しくてめんどくさい人間、トシとって拍車がかかって来ています。

私のブログを何かにお使いなさるのはけっこうですが、私自身の中に踏みこんで来られると、私の中のわがままムシが、ちく、と、胸を刺します。

勝手なことを申しますが、そんな風にいま、思っています。


眞子さまのこと。どっちがどうなのか判りませんでモヤモヤしますが。

もしも皆の思いと違う方に傾いてことが事実であるなら。

親御さんが庇ったり守ったりしかねるものを、他の誰が、どう、できるでしょう。

醒めたわたしが、そう、考えています。

  1. 2017.06.02 (金) 14:51
  2. URL
  3. イッサ
  4. [ edit ]

また

>私のブログを何かにお使いなさるのはけっこうですが、

 びっくりしました。
 何に使うんですか・・・
 そう おとりになるようなことをコメントしたようで失礼しました。
 それにしても、そんなこと、全く発想にないので。
 少し傷つきましたが・・・まあ、生きている証拠。

>私自身の中に踏みこんで来られると、私の中のわがままムシが、ちく、と、胸を刺します。
 ↑
 踏み込んだ、つもりはなかったし,今もないし。
 ネット上は所詮仮想です。
 申し訳ありませんでした。
 
みんなで歌おうが好きなので、その頃にまたお邪魔します。
あれこれ考えさせられる一文をいただきました。
ありがとうございました。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・