KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 0
  3. cm: 9
  4. [ edit ]

雑談です。


ノブリス・オブリージュ。

いまこの言葉を出すのは気恥かしいようなものですが、わたし、秋篠宮ご一家に、勝手にそれを重ねていたのかもしれません。

間違いなくおつとめしておられるようなお姿に、安心していた。

もともと、特別わぁわぁ言うほどの「皇室ファン」ではない。ご皇族に対しては、そのお立場らしい見え方でいて下さるといいな、と感じていました。


このたびのことで気持ちが落ち込みました。気持ちがザラザラしました。なんでだかと自問するのも面倒で、しばらく離れていればええんちゃうか、と。

いま思うには。

あの、一人で婚約(してるしてる)会見してしまった小室氏に関して、違う、異議ある、本意でない、ということだったなら、即時にそれを表明なさればよかったのではないか、と。

小室氏は、想定済みだったのかどうなのかは判りませんが、身内の過去や死因なども掘り出されている、でも、5年も前に知り合って、両親にも了承済みで、婚約の前段階状態で、のはずの肝心のことが、まったく見えて来ていません。

正式発表前だから。ブータンへ親善ご公務の前だから、というなら、なんであのタイミングで記者を集めてしまったのか、という疑問だけ残ります。現在の小室氏の何か情報も、聞こえて来ません。

ものすごくイヤな何かの、悪意でしかけて来たことがあるのか、あったのか。今の皇室になら、驚くようなことがあっても不思議では無い・・・など、書くのもおぞましいですが、そういう説もあるやに聞きます。


それならなおさら、否定するなりそれなり何かが、あっていいのでは・・・内親王の噂に関わることです。

小室氏だってボコボコ、恥晒した状態、平気なのかしら。

彼が眞子さまに関係の無い人物で、勝手な妄想、捏造などでのあの日(囲み取材の日)のことなら。

放っておけば尾ひれがつき、ホントのこととされてしまう恐れはあると思うのですが。


でなくて、事実が先走って出てしまったのなら。・・・そういう風に宮内庁からは出ていましたが。

小室氏と内親王は、否定が出ないという、事実そういうことであるのなら。

おめでたい気はしません。

めでたくないです私には。

もう多くは言いたくないですが、あまりにもバランスを欠いたものごとが、うまく行くのは難しい。

一般の家でも、結婚となればなるべくたくさんの相手方の情報を得ようとするもの。昔なら、釣り書きをかわしておおよそを把握しようとする。近所に聞き合わせということをして、雰囲気や暮らしぶりの癖や生活程度や何やら、知ろうとする。それは、差別をするためでなく、結婚という人生の仕切り時にあたって、そこそこ違和感なくスタートできるようにとの、好きなようにはいられなかった先人たちの知恵でした。わたし個人的にはしたくないようなことですが。とはいえ。

お家もいわゆる立派で、学歴なんぞもフムフムで、きょうだいの結婚相手や何やかや、調べたあげくが、なんと夕食に大きな鍋で煮ものを作って、その鍋ごと食卓に載せて、家族で囲んで鍋に箸を突っ込んで食べて・・・という習慣のあることがわかって、結婚やめたような話もありますし。(笑)。

眞子さまに、お付き合いしている男性のおられることは、多くが掴んでいたとのこと。

週刊新潮には、陛下が

「今年は眞子にいいことがある」

と仰せだったとも書かれています。

「あの目立ちたがり(の圭)が、黙ってるわけがない」

など、ご友人に言われたりもしている小室氏は、本当に眞子さまとのことを大切にし、ひっそりと口を閉ざしていたということか。

まこといじらしい話です、事実ならば。

いじらしくても何でも。眞子さまが小室氏と、ホントにお付き合いしていらしたにしてもどうでも。

無理な話と思います。この結婚は成りません。

ここで考えるのです。

秋篠宮殿下は、まこと、お許しになられたのか。了承されたのか。妃殿下も共に? 。

紀子さまはご実家で、テレビを見ない暮らしをされていたと。当時、美談として喧伝されました。

今はどうなのか、それに近い状態かもしれません。週刊誌や新聞のたぐいは隈なくチェックし、これは、と思えば人を呼びつけて意に添わない旨を通達する美智子さん。ネットの反応を気にしている美智子さん。

とは違って。紀子さまは、ネットなどにも寄りつかれておられない気がします。週刊誌も目にされないでしょう。そして。

もしかして、娘のよしとする男性を、一般的なモノサシで判断することは、なさらない?。

眞子さまが「よし」とするなら、見守ろう、寄り添ってさしあげよう。そんな風な家の中の色なのか。

忖度はできません。

一般の家庭なら、そういうのもあり、なのかもしれません。結局は本人同士のこと、結婚は。しかし。

でも。

眞子さまは内親王でいらっしゃいます。

ふつうの方ではありません。

内親王の結婚に関して、ご本人とご両親とがそれでよしなら、つまり、それでよし。

そうなのでしょうか。

ノブリス・オブリージュ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

nobility obliges。

高貴な生まれの者は、果たすべき義務がある、との考え方。

特権には責務が伴う、とも。

大いなる力には、大いなる責任が伴う、とも。


眞子さまは、定めの通り降嫁されても、秋篠宮両殿下のお嬢さま。

その伴侶として、小室氏は、認められるでしょうか。やって行けるのでしょうか。そんなことは、国民の気持ちなどは、と思わないでいられません。

案じた通り、ぽしゃったはずの女性宮家の問題が、息を吹き返して来ています。引っ込むはずがないと思っていました。

私は、女性宮家には反対です。論外です。女性天皇など考えるまでもない。

皇室のメンバーが少なくなって云々と言いますが、今の、平成の二人が無駄に贅肉つけて来ただけの「公務」にしろ、被災地訪問にせよ。

天皇は、天皇の場所で、公平に皆のために、一心に祈って下さればいい。皆のために。

皇室の先のことは、別の問題。

眞子さまのこの話は、充分、ものを考えさせてくれました。

白けさせても下さいました。

読者の皆さま、コメントを下さっている皆さま、もう少し落ち込んでいます。

皇室に関することではない、新しい形のブログもいいなあ、など、夢見ています。

今している以上にガッカリしたくないなあ、と、へらへろ状態です。

結婚は、祝福されるものがいいと、ごく普通に思います。

どうしても好き、で誰の反対も受け付けたくない結婚もあります。

それもありですね、でも、自分たちの力で、生ききってゆかないとね。意地でもそうしないとね、その気持ちでないとね。

いいとこ取りはなりません。


スポンサーサイト


  1. 2017.05.30 (火) 17:00
  2. URL
  3. イッサ
  4. [ edit ]

恋、恋?

以下全く同感です。

nobility obliges。

高貴な生まれの者は、果たすべき義務がある、との考え方。

特権には責務が伴う、とも。

大いなる力には、大いなる責任が伴う、とも。
。。。
眞子様も、多分、ですが、分かっておいでになったと思います。しかし、言い寄られてついつい・・だったのでしょうかね。若い方ですから。しかし、お父上の時のようなご運がなかった。はめられた、という結果になったのだと思います。
何かしらの「火と煙」はあったと私は見ています。
今上 事もあろうに「結婚式には天皇として出たい」とか言う仰天発言があったと報じられています。
まあ、最近の今上のご様子だとミテコ様のお言葉が記事になったと思います。
まあ・・そういうことでしょう。
女性宮家の話もまた出ていますしね。
ミテコ、うはうは ですね。
今回の件で秋篠宮様はミテコと血縁はないときっちりとわかりました。
いくら人でなしでも自分の孫にこれはないわ。

私 本日 今のところ3本をメール。
自民党、官邸2本。
がんばりまっせ!

  1. 2017.05.30 (火) 20:56
  2. URL
  3. よしの
  4. [ edit ]

KUON様

ブログ更新、ありがとうございます。

眞子さまが小室某と付き合ってなどいないと日々確信を深めているのですが、KNON様はご悲観なさる情報を何かお持ちなのでしょうか?

園遊会での秋篠宮殿下の憂い顔を思えば、この縁談を喜んでなどいらっしゃらないと思うのです。

貴賎結婚を押し付けられようとしている、マスコミの使い方からして、言わずと知れたお方から。

その様に考えておりますが、違うのでしょうか?
  1. 2017.05.30 (火) 22:51
  2. URL
  3. きのくに
  4. [ edit ]

その声が聞きたい。

世界のプリンス、プリンセスの番組を観ました。ノブリス〜まさにそれ。リヒテンシュタインしかり、ベルギー、モロッコ。国民の尊敬と誇りを受け、品位のある暮らしぶり、テーマを持つ活動。羨ましい限り。
沢山の車を並べてお手振りするだけとは違う世界。皇族の声を聞く事が珍しいのに、開かれた皇室とは如何に?考えさせられますね。
  1. 2017.05.31 (水) 00:45
  2. URL
  3. [ edit ]

あのビッチつぐちゃんでさえ
「立場上結婚と恋愛は違う」と言ったのにねぇ!
  1. 2017.05.31 (水) 07:18
  2. URL
  3. ふく
  4. [ edit ]

昨日、「雅子様大好き」のキテレツドレスの過去を打ち消すための写真集『美智子さまこ洋装の耀き』が出てるのみました。全部香淳皇后さま風ワンピース写真のみでしたから。
美智子さまは、ネット、よく見られてるんでしょう。
何故、そっちへ行く!?何故、誤魔化す方へ行く?済んだ服の事はもうどうでもいいです。
ただ、肘を掴むのを止め、手を真っ直ぐ横に下ろされるだけで、「美智子さまわかって下さった」と嬉しく思う人、たくさんいたでしょう。過去形

清子様が秋篠宮殿下のご友人と結婚なさったくらいだから、交遊範囲が限られていて、娘の結婚を頼める人はおられなかったのではと思います。ご自分もお相手の家よりまず、紀子さまをお好きになられて、だから眞子さまも信用なさった。
もしかして、私達が思っているよりはるかにどうしていいかわからず、相談できる人がいないのかもしれないと、最近思うようになりました。祖父母、親戚、役人に全く頼れない感じがしますから。
  1. 2017.05.31 (水) 08:51
  2. URL
  3. 白樺ギライ
  4. [ edit ]

実現させてはいけない!

KUONさま、おはようございます。

私もよしのさんと同じ気持ちです。
この騒動には、眞子さまは一枚も噛んでいらっしゃらない、と感じています。

出会いが、渋谷の飲食店で行われた留学意見交換会、と聞いて違和感を覚えました。最初はICUの催しではなく、他大学との合同かと思ったくらいでした。
そのくらいICUと渋谷は離れています。

話題になってから、実際にこの会に参加されたICU卒業生(朝井麻由美さん、広瀬大介さん)がツイートしていますが、学内で行われる真面目な会と言ってます。

では、なぜ渋谷が出てきたか?
眞子さまから直接聞いていないのはもちろんのこと、人の意見を受け付けない体質の人が、若者が集うのなら渋谷よねー、とでっち上げた?
もちろん、学外で行われる会もあるのかもしれませんが。眞子さまが参加なさるとしたら、学内のほうでは?
秋篠宮家のなさり方を見ていて、そう感じます。渋谷の飲食店で、皇族を警備するのは大変ですから。

怖いのは、変な放送局が発信するテンノー関係ニュースが、どれも実現の方向へ向かってしまうことです。
  1. 2017.05.31 (水) 10:41
  2. URL
  3. ネコスキー
  4. [ edit ]

よしの様と同意見

久遠さま、お気を確かに。
誰ぞ、kuon様に気つけ薬を持てぃ

5年前から交際とか秋篠のご両親公認ってのは全くのデタラメだと あたすは思っておりますビシッ!
「行ってきます」「行ってらっしゃい」の会話も小室某氏の
用意したデタラメなのではないかと。

アチラの味方ばかりする報道機関ですから嘘こくのは朝飯前
だと思います。
  1. 2017.05.31 (水) 21:19
  2. URL
  3. 紅型
  4. [ edit ]

もし、天皇夫妻が、眞子ちゃんに相応しい人がマスコミから発表されたけど、勿論結婚するよね的な事を言われたら、身位絶対の皇室では、受け入れなくてはいけない気が・・・また、悲しそうな両殿下や眞子様の表情見ると、家に関する事で両陛下から色々言われ、断る事が出来ないんだなぁ、とも感じました。何だか、この婚約するかも騒動が原因で、昭和・今上系ではなく、大正・明治・明治以前の帝系ラインに移る気が・・・。今上夫妻が徳仁・愛子ラインにと必死になればなるほど、排除される動きが活発化する気がしてなりません。勿論、秋篠宮・悠仁様に繋がる事は、切に祈っています!!
  1. 2017.06.02 (金) 12:53
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事遅くなりました


イッサさん

よしの さん

きのくに さん

瞳さん

ふく さん

白樺ギライさん

ネコスキーさん

紅型さん


(笑)。気つけクスリとは。まあ、気にしちゃおりません、笑っています、また読み返して。

私も、あり得ない話として、また、あってはならない話として、嫌悪はしております。

んが。もしも、もしももしも「ホント」で、もしも「なる」話だったら。

の思いも隠し玉みたいに持っていて。

きっと轟轟たる非難批判が湧きあがるであろう眞子さんを、へえ、そうなんですかぁ、くらいに思える隙間を、残しておきたいなあ、とか。

この仮定をす時は、「眞子さん」としか、お呼びできませんけどね。

けっこう本気なのですが。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・