FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

花の首飾り

こんばんは。

カスミソウにフリージア、何色かのガーベラにピンクのチューリップ、赤い小さな薔薇も加えてもらい、とっても艶やかな赤い実を持った真緑の葉っぱ(名前知らず・・・)などもアクセントに、作ってもらった花束を胸に、孫娘のダンスの発表会に行って来ました。

昔、この、奈良県文化会館の国際ホールに、初めてのバレエの発表会を迎える次女を連れて行った日からもう、三十年近い歳月が流れました。

先生が教えて下さる通り、一生懸命に真面目に踊っている姿が、うれしかった。かつての私の思いを、今日は、母親になった娘が、味わったのだと思います。

家族四人で食事をして帰るように言い置いて、夫と二人、先に出て、簡単な夕食を外で二人でとりました。

やさいさんのブログで、やさいさんが、コメを下さった方に答えておられた「震災以後、人と別れるのがとみに淋しい、また会いましょうね、ということが、実は大変なことの気がして」のような意味のことを書いておられた・・・どうということのないようなツブヤキですが、私も、強く同感したのです。

なにもかも、当たり前でないんだなぁ、と思いました。

今朝、目覚めたことも、目が見えることも、いつもと同じメンバーが周囲にいることも。

私の父は、庭で薪を割っていて、お腹が痛いとお腹を抑えて家に入って来て、起きていられなくなって、その三日後に、亡くなってしまいました。脾臓という臓器が、破裂したのだったとか。

私が、若いころにとても強い思いを向けたひとは、私の目の前で車にはねられて、ぽーんと飛ばされて、車道に落ちて、そのまま死んでしまいました。私に向かって走っていたのでした。

さようならも言えない別れ。

いつ、どんなことがあるかわからないのだし、人様との縁を、大切にしたいと思います。

同時に、付き合いをしたくないと、どうしてもそうとしか思えない人と、遠くなってしまうのは、申し訳ないけれど、自分には仕方のないことだ、とも、思います。

めったに服飾品も買わないのだけれど、春らしい浅いブルーの薄手のストールを、つけてでかけたら、その新しいものが、嬉しかったのでした。いい気分になれたのです。

若いころは、恋と、自分自身を表現したい気持ちでいっぱいで、自意識に凝り固まっていて、自由なのに不自由だったかもしれません。

今の方が、小さなもの、細かいものが、目について、楽しめることも多くて、ばあちゃんになるのは、恐ろしいことではなかった。

・・・・・相変わらず、原発の事故をめぐる話は、たくさんあって、どんどん出て来て、どれもがゲンナリせざるを得ないような、お猿の電車だ(意味不明・・・なんとなく、そう感じた)。

怒りに震えて書きまくりたいようなこともたくさん、だけど。

怒ることが、こわいです。

怒ってどうなるんだ、という無力感スポットに、ぽ~んと、落ちてしまっている気分。

また、よっこらしょと這い上がって、多分、と、思うのですが。

怒る気力が、噴出して来る量に達して来てくれない・・・。

やたら、悲しくて。

淋しくて。

悔しい。

そう、悔しいのです。


ディランさん。

そうですね。

除染、とか。移染だものね。わかってもらえなくて、悔しいです、個人的に。

少しだけ、理解が進んでいるかなぁ。

遅いのね、どんなことも。

それに、江戸川の問題も。

分かりきっていること、初めから。

水も、水の底の方の粘土みたいな物質も、放射性物質も、みんな、どれも何もかも、高きから低きへ、流れる。

こんなに汚染されてる、と、調べて発表するところはあって、では、だから、それをどうしてくれますか、という問いへの答えは、無い。

へびのなまごろしみたい。

近大・・・近畿大学って、身近な感じのする大学で、秋の学祭には、農学部が作った大根やサトイモ、買いに行ったりするのです。

そこが、江戸川のことを、調べて、データ出されているのですね。

どうしたらいいのか、それを教えてくれるといいのにね。

今日、出た本で、かつてチェルノブイリの子どもたちを沢山診察されたドクターであり、現在、長野県の松本市長であられる、菅谷さんという方の本を、入手しました。

こうしてみたら、ということが、書かれているようです。

ディランさん、熱心にあちこち見ておられるようですが、めぼしい情報がありましたら、ここへ書かせてもらうつもりでいます。





はまや会 皆様のご参加をお待ち申し上げます
今一度 貼らせてくださいませ
↓  ↓
http://bbs4.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=meitamu2

詳しいいことはちょっとずつ出てくるようです。ずっと、追いかけてヨンで知っていただければ幸せです(関係者一同)。



スポンサーサイト





  1. 2012.03.18 (日) 01:13
  2. URL
  3. やさい
  4. [ edit ]

KUONさん、もう寝よう~と思いながら来てみたら、

  ♬♪♫ 花の首飾り ♬♪♫ 

ありがとう~~~♥♥♥♥



トッポは今 どうしているかしら?
還暦は過ぎたはず・・
  1. 2012.03.18 (日) 08:12
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん やさいさん みなさん おはようございます

「花の首飾り」タイガースの歌の中で一番すきでした

人との別れはこの年まで生きていると何度か経験しているけれど

KUONさん ショックだったでしょう
今 これしかいえません





 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・