KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. こういうこと。
  2. tb: 0
  3. cm: 11
  4. [ edit ]

疑問がいっぱい

眞子さまの婚約者とか婚約相手とかさかんに言っていますが、皇族の結婚って、突然現れた誰かが、交際5年だの付き合い始めて一年でプロポーズしたのと、言い囃されて、それで決定、世界中に配信、と、なるものでしょうか。

小室圭さんが、何を聞かれても「ごめんなさい今は言えない」とアタマかくかくし続けた、あの会見ならぬ囲み取材。

どこの誰が設定したか、一人で彼はしゃべっていた。眞子さまとは

「今朝も話しました、行って来ます、行ってらっしゃい、とか」。

そんな話をしました、と、これだけは明言していました。

ずっと考えていましたが。

このセリフ、なかなかです。まず、眞子さまとは「ホントに」付き合ってるんです、僕。って話。

行ってらっしゃい、と仰ったという眞子さまは、その日に圭氏が記者群の前で「ぼくたちのコト」を話すと、知っている。という流れになります。

そんなカノジョの「行ってらっしゃい」を受けて、彼は、初めて、人前で、これホントだよ、と、やったわけでした。

圭氏は、一人で、この「婚約」を認めた。それで、世界中に

「プリンセス・眞子の、同級生とのロマンスと婚約」の報として拡がった。拡がってしまいました。任務完了ですか。

大変なことです。でも、打消しだってできると、私は、考えてもいます。

秋篠宮家の方からは今のところ、どんな対応もなされていません。

内親王であるご長女の、ほかならぬ結婚に関する話が、NHKから飛び出て、翌日には小室さんが記者たちの質問に応じて。

宮内庁も政府も、知らなかったという珍事。珍事ですまない、一大事と思う。メディアは勝手にわいのわいのと騒いでいる。

天皇の「退位したいよ、するよ」と同じ構造。やったもん勝ち、そんな気がします。事実だと確信していますけど、ぼやかしておきます。

女性宮家って何のことだかよくわかりませんが(わかって来たけどバカバカしくてまともに考えられない。天皇のわがまな憲法破りだって、摂政を置けば何のこと無いのに、天皇自身が=陛下にはもう、思考力も何もおありにならない、あちらには好都合な状態になっています、で、皿帽子のマリオネット遣いが、摂政なんかイヤだ、ダメ、とか言い張って、退位は成る話になるみたい。ナルを、早く早く天皇にしてしまいたいんです。そうしたい理由は山盛りある、そしてその次は、愛子さんを利用して行くこと、そのための女性宮家の創立焦り。眞子さまは、ここで、がっちりとハメられておられるのだと)そんな気がします。

小室クンとやらは、刺客だと思っています。明晰で素直で世の中の汚いことなど何もご存じなくて。そんな眞子さま、俗な言葉で申し訳ないですが・・・う、眞子さまを貶めるようなコトバ、出したくない、出せません。

へだての無い心をお持ちなのが、裏目に出たのかも、と感じています。

畏れを知らずにタカタカ、と寄って来た異性に、目くらまされたかも知れません。残念ですが、そんなことだって起きてしまうのが、人間の世界。

そんなお方の、何ですか、婚約者?。

大学を出て、メガバンクにつとめて(丸の内支店って、単なる単親家庭のお子が、普通に配される支店でない気がします)、三年とかで辞めて、今は、慶応の夜間で勉強中? 国際弁護士になりたい? 今行っている学校は、ロウ・スクールではないです。日本の司法試験には遠い。昨日?今日? 試験日でしたね? 小室氏には関係ないのですね。

昼間は「パラリーガル」してると。弁護士事務所の、いわばお手伝い・・弁護士目指す人は、それ、しながら何度も挑戦する人もいる・・・私事ながら私の甥の一人もそうでした。

姉が離婚して子ども4人引き取って懸命に育てた、末っ子の甥っ子は定時制高校を出て関西では法科の強い大学へ、浪人して二十歳過ぎて入り、パラリーガルをしながら、他のアルバイトもしながら、30歳過ぎてやっと、司法試験に合格しました。ずっと支えてくれた彼女と結婚しましたが、子どもは授かりませんでした。収入は微々たるものだったと。でも、肌に滲みて勉強になったとのことでした。

小室氏は、一時期はアナウンサー志望だったそうで。まあ、何を志望しても、眞子さまに関わりないなら自由です。

現在は「無職」。ですね。

無職の男が、何をどうして、内親王さんを妻にできると思えるのでしょう。

差別なんかではありません、この疑問は。当たり前の疑問です。

お父さんは10歳の時に亡くなっているとか。それは彼のせいではない。お父さんの死によってローンの無くなったマンションに、お祖父さんとお母さんと暮らす。お母さんは、聞くところによれば、ケーキ屋さんで働いて一人息子(なのですよね?)を育てたと。お母さん、立派と思います。インターナショナルスクールに通わせ、眞子さまと同じ大学に通わせた。私なんぞは、お金どうされたなど、つい思ってしまいます。小室さんの背景が示されていないので・・・内親王の婚約の相手だと言うのに・・・、息子さんは母親思いで仲もようて、母を幸せにしてあげたいと口に出していたと。

親孝行です。

で、本当に眞子さまが降嫁されるなら、簡単でない問題が起きるのではないかという気がします。

眞子さまは、清子さまのように、降嫁時の一時金でマンションを買って(げすな言い方ですみません)、二人でお暮らしになるのでしょうか。

小室さんは、どんな職に就いて、どんな方法で眞子さまを、俗に言う「食べさせる」のか。

おそらく眞子さまは、贅沢が身についている方では無い。お家のことだって、さまざま躾を受けておられると思う。

でも、内親王としてお育ちになったお方。

小室さん、その方と、何をどうしてやって行くつもりで、婚約相手として、堂々と出て来たか。

まさか。まさかまさか、結婚してしまえば何とでもなる。そんな考えではないでしょうね。

ひどいこと言っているなとは解っています。とはいえ、本当。

親に会うとか、認めてもらうとか、ふつう結婚するには段取りあるでしょう。

ご存じと思いますが、内親王さんが相手です。ふつうのおうちの娘さんでも、親や何や何も言っていないうちに、こんな風に喋りません。無責任。勝手の極み。まともなやり方と思えません。

眞子さま、ホントにご存じだったのですか?

お二人並べて、カップルとしてまったくイメージできないのは、私の意地悪なせい?。

五年前からお付き合い、一年前にプロポーズ。

プロポーズ? なんて言ってプロポーズされたのか? 

どうしてプロポーズ? 好きだから? それだけではダメなんですよ、小室さんのお相手は。

そんなこと、考えもしなかった? 信じられない。眞子さまの立場に立って、すべての物事を考えられないなら、難しいと思います。

大切に扱っていただきたいのです。だだくさにしないで、してはいけません、眞子さまを。

これは、きつくきつくいたいこと。

眞子さまのお立場を、この先ずっと、普遍的に考えて行動して行けないなら、結婚は無理。

恥では無い、やめていただきたい。

気になっていることはいろいろ。

眞子さまと付き合いが始まり、四年も前にはプロポーズしていると聞きます。

鼻をお直しされたのは、プロポーズ以後なのでしょうか。

世の人びとが、鼻を小さくしたり目をいじったり。そんなことは私の知ったことではない。

小室さんが、お鼻を整形しておられるのが、気になります。

皇室にも、何年も以前には想像もしなかった、信じもしなかったけれど、お顔や何や、整形しているメンバーがおられる模様です。内廷さんがたのこと。

眞子さまのご家族は、そういうことに無縁、さまざまなことが、内廷メンバーさんたちと違う。

見て居ればわかります。そんなお家の眞子さまと、いずれはケッコン、という希望だか野望だか使命だか、秘めた小室さん。

お顔、直されたのはいつ。なぜ。

・・・・・今夜も堂々巡り。

また、ジコケンオしてしまうのか、私。

1495192333268.png




スポンサーサイト


  1. 2017.05.21 (日) 07:07
  2. URL
  3. 鈴蘭
  4. [ edit ]

kuon様、今度は取り下げちゃだめですよ。自然な疑問ですから。
私は首相官邸と、安倍さんの事務所と、各省庁への意見表明、書き込みました。ひとりでも多くの方に、書き込んでいただきたい。
  1. 2017.05.21 (日) 11:07
  2. URL
  3. 白萩
  4. [ edit ]

疑問がいっぱい

お相手の小室某さんの実態が掴めないのが、眞子様を敬愛申し上げる民草の一番の不安なのですよね。
普通はこれでもかと情報収集してくるマスコミが、小室某の背景には不気味なほどの沈黙。でも、婚約決定ですらなく、「プリンセスと海の王子との5年愛!!婚約へ!!」のお祭り騒ぎ。

本当に婚約なさるとして、
・亡くなったというお父様を含め、最低5代以上は遡れる、小室某の正確な父系母系双方の家系図
・小室某の正確な現在の職業、地位
最低限、この2つの公表は譲れません。
  1. 2017.05.21 (日) 11:39
  2. URL
  3. 春日野
  4. [ edit ]

官邸メールするのみ

このヤカラ、母親も含めいかがわしいエピソード満載、嘘がバレバレで自滅するのは時間の問題ですが、アレラは極悪非道。使えないとわかれば、また何か仕掛けてくるはずです。一方秋篠宮家はお命狙われている以上静観しかできず・・・

昨夜、「眞子内親王の婚約報道について」3本官邸メールしておきました♪

その①この婚約予定について各マスコミが一斉に報道しているが、宮内庁・秋篠宮家では沈黙したまま、会見の予定すらない。しかし、決定事項として依然世論をミスリードしている。世間ではこの異常事態によって様々な憶測を呼んでおり、この交際は事実なのか?眞子様の御意志はあるのか?という疑惑まで起きている。そもそも初めに速報まで出したNHKは公共放送として、リークした関係者及びこの時期に放送した理由を公表すべきである。
万が一、眞子内親王との交際の事実がなく、両者婚約の意思もない場合は、関係者へのしかるべき処分をお願いします。

その②婚約者とされる小室氏について不明な点が多く、将来の天皇の義兄たる資格として以下最低限の調査を求める。
・本人の素行・経歴・思想・宗教・健康状態・既往歴・友人異性関係の詳細な調査
・母親と同居する祖父についても同様の調査
・家系調査と国民への結果公表 小和田雅子氏のように調査なしは断固反対
・資産調査
・父親の死因について
宮内庁が既に調査済みの場合は、必ずその結果を政府も確認するよう求めます。

その③小室氏は現在実質無職であるが、内親王との婚姻によって有利に職を得ようとしているのか?
外交、グローバル希望といった発言があるが、女性宮家推進派と何らかの関係があるのか?
また、一橋大学の国際企業戦略研究科 経営法務コースに在籍しているようだが、大学で見かけたこともないと噂されている。この人物は一体何を企んでいるのか?危険人物ではないのか?


官邸メール作戦が広がりつつあります。
しかし今までとは違い、今回は本当にこのままではまずいです!何としても御救いせねば!!!
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

  1. 2017.05.21 (日) 15:26
  2. URL
  3. われもこう
  4. [ edit ]

初コメントです

Kuonさま、はじめまして。
夏の「生前退位」から、天皇って何?学校では象徴って習ったけど象徴ってどういうこと?天皇って人権ないの?皇室典範ってどんな内容?
…と言う感じで覚醒致しました。毎日bbさまとKuonさまのサイトを拝読しています。
例えば、こんなケースは考えられませんか?
「僕たちが結婚を前提に付き合ってるってマスコミが誤解してるみたいですよ」
「それは誤解です、わたくしから宮内庁に訂正をお願いしておきます」
「そうですね。でも機会があれば僕からも一言言っておきますよ」
「(このかた、本当にちゃんと訂正してくださるかしら…ああ駄目だわ、せっかくのご厚意を疑ったりしては)」
「眞子さまは今からご出勤ですか?」
「はい、今から行ってきます」
「そう、いってらっしゃい」

…これでもコムロ氏が仰った内容には即してますからね!
嘘つきはあらゆる内容を、自分でも都合の良い仕立てにするんですよ(涙)
さらにさらに、深々とお辞儀をした今時サワヤカナ青年…とか言われてますが、90度のお辞儀は謝罪の時のお辞儀ではないですか?!
場に相応しくありませんよ。
思い出すのは「世紀の破談」と言われた貴乃花と宮沢りえの婚約破棄。会見を開き、指輪まで交換したのに破談となり、当時人気絶頂だったりえちゃんは一転、日本中から同情と好奇の目で見られました。
しかし、他人のせいにしなかった、事実を淡々と述べた、その後も仕事に取り組んだりえちゃんの姿勢は立派でした。
まして、眞子さまは日本が誇るお姫さまなんです。隠さず事実を述べ、ご自分がなさるべき事をすれば、結果はついてくる。
…ついてくると信じたい!
過日、京都博物館内の仏像の間にて、菩薩像と観音像に向かって日本と秋篠宮家をお守りください、不動像に向かってアレラに因果応報がありますようにとお祈りしてきました。
お祈りしかできない、わたくしもミジンコです(涙)
  1. 2017.05.21 (日) 20:40
  2. URL
  3. [ edit ]

普通では考えられない事

KUON様こんばんは。
普通では考えられない事が起きてしまいました。
一体どなたが、普通我が子が尊い皇族の御姫様を好きになったと聞いた時母親ならば祖父ならば止めますよね。それもしなかったこの家庭はどんな家庭なんでしょうか?皇族の御姫様と付き合って一年で結婚を申し込むとはどんな考えの方なんでしょうか。日〇人なら驚いて息子よ何という考えをしているのかと問い詰めるでしょう。でもこの方のお母さまはマスコミの沢山いる前に普段着でマスクをして出てこられたのですね。この婚約報道は可笑しなことばかりです、どうして正式に決まっていないのにマスゴミの前に出てこられたのでしょうか。生前退位の時みたいに後ろで糸を引いているお方がいるのでしょうか?
眞子様にはお幸せになって戴きたいです。変な噂だったわねで済んでほしいです。
  1. 2017.05.21 (日) 21:32
  2. URL
  3. たまき
  4. [ edit ]

胡散臭い
胡散臭い
という言葉しか浮かびません。
ピコーンピコーンと警告音が鳴りひびく

聞けば聞くほど、しれば知るほど、
胡散臭い。

誤報の発表がありますように
  1. 2017.05.21 (日) 22:56
  2. URL
  3. とんこ
  4. [ edit ]

こんばんは~
今回もNHKからの発表!
?????満載の婚約報道、二階堂ドットコムというブログにもこの件詳しくかいてあります。時間があればお読みください~~

小室何とかなんだかなぁ~~まず釣り合ってないし~~

  1. 2017.05.21 (日) 23:06
  2. URL
  3. おてもやん
  4. [ edit ]

ICU入学から仕込まれた刺客でしょうね。
それにしても、、
あのスーツ姿は無いわぁ。銀行でなくても面接で落ちるレベルですよ。
わが家の就活男子でもシャツのボタンはとめるし、上着のボタンは上だけ留めることぐらい知ってます。
ネットの時代、マスコミのリークには騙されない国民が増えているはずです。
官邸メール、がんばります!
  1. 2017.05.22 (月) 09:17
  2. URL
  3. イッサ
  4. [ edit ]

祈りと現実行動を

KUON様 おはようございます。
ちょこっと、失礼します。

朝のブログ巡回が赤口(婚約発表なんてお目出たいことをする日じゃない)NHK報道以来日課です。
祈りは大事。
また現実行動も大事。
我々は肉体をもった人間ですから。
官邸メールを行動としましょう。
官邸メールは、ミジンコであっても出来ます、はい。(自分もそうなので)
1回すれば、あとは楽々。
匿名で大丈夫です。
私め、最近、ご飯をいただくのと同じ回数しています。
陛下の「政府にご不満」についてもしています。
あり得ないし、ご不満自体が憲法に違反していると。
つまり、計6回かな。
こういうことをするの、我が人生で初めてのことです。
心に祈りを持ちつつ、出来ることを現実の行動と致しませんか。




  1. 2017.05.22 (月) 19:56
  2. URL
  3. 鬼嫁
  4. [ edit ]

心配です

kuon様

ブログの更新ありがとうございます。
読者の方々のコメントも拝読いたしました。
眞子内親王殿下のこのようなご縁談、心配で心配で(涙)
清子内親王殿下をめとられた黒田さんのお母様は『畏れ多いこと』とおっしゃっておられましたが、小室某氏のご家族はおっしゃらなかったのですね。
高2の娘も小室某氏のことを『チャレンジャーだね~』と半ば呆れておりました。
名古屋の庶民育ちの私ですが、縁談は釣り合いが大事だということを実家の母に言われて育ちました。
お相手の『お家が釣り合わない』と反対された友人も沢山見てきました。
眞子内親王殿下には是非とも旧皇族男子とのご縁談を!と願っておりましたのに…
  1. 2017.06.02 (金) 10:00
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事遅くなって申し訳ないことです


鈴蘭さん

白萩さん

春日野さん

われもこう さん

彩さん

たまき さん

とんこ さん

おてもやん さん

イッサさん

鬼嫁さん

いろんな意味で、自分がいかに世間知らずで甘ちゃんなのか、ていねいに思い直しています。

美智子さんの入内、まさこの強引なそれ、さもわかっているかのごとく、書き散らして来ましたのに。

こんなこと、やらかして来るヤカラがいると、即時に思い至らない平和ボケのKUONですね。

いまのいま、おもうはこういうことです。

ごめんなさい、本気でペコリです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・