FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

蓄えることを知ると。

東大寺の二月堂修二会・・・お水取りが終わりました。

お水取りが終わると、奈良には春が来ると謂われます。

最近は観光客も増え、夜の二月堂周辺ははけっこう足元が危ういし、、出かけないでニュースだけ観ています。

詳しいことは灯台もと暗し、知りませんが、今年で1261回目。始まってから、一度も休むことなく続けられている行事だそうです。

戦争中は、明るい場所を作って敵機に狙われないよう、皆様が炎を黒布で囲んで隠し、しかしできるだけ忠実なやり方を崩さず、伝統を守りぬかれたとか。

準備を初めて三か月かける大規模なこの法要では、十一面観世音菩薩様に、

天下泰平。五穀豊穣。万民快楽(ばんみんけらく)。

をお祈り申し上げ、人々に代わって懺悔をされるのだそうです。

人々に代わって懺悔。

そう聞くと、おととい、徳島の大塚国際美術館で見た、さまざまのキリスト受難の図を、思います。

沢山の画家たちは、たくさんの十字架上のジーザズ・クライストを描いた。

執拗に描かれている。

惨いありさま。

茨の冠をかぶされ、手と足は釘で打ちつけられ、やせ細ったキリストは、みせしめのような十字架上の死刑を受けた。

痛そうで、辛そうで、無残なその姿を、仰いで祈る人々の心は、私にとって長い間、不思議な感じのものでありました。

   磔刑(たっけい)のキリストを目に仰ぎつつ善きひとら皆なにを祈れる

書いていると長くなりそうです。

「人々の代わりに懺悔する」

のが、奈良の東大寺の修二会の一つの目的だと言う。

人々の罪を一身に負って、磔刑を受けたのが、キリストなら。

感謝と畏敬と、私はキリスト教に詳しくないので間違ったことを言うかもしれないけど、自分たちの罪のために十字架にいるその人のために、人々は祈るのでしょうか。感謝するのか。

よくはわからない。

知らないことが多い。

(知らないが、布教を受ける気は今は無いので、親切心を起こさないで下さいませね)。

ある時期まで、祈るなど、厚かましいことのような気がありました。私は基本的に傲慢な人です。

身に起こって来ることは、できる限り、受け入れて行くしかない。

祈ることなど無い。神仏は、感謝をささげる対象だと思っていました。

母親の頼った宗教のことで、自分なりのしんどさもあった。どんな集団にも属したくない。

・・・今は、けれど、しきりに祈りたい気持ちがあります。

祈らずにいられない。

祈ってどうなる。そういう人に対して、言うことも思うことも無い。

自分が祈りたいだけです。

・・・。

人との関わりは、なるべく薄く、少なく。そうやって、中年の長い時期を来ました。

関わりが薄ければ、傷つけることも少ない、自分も傷を負いにくい。そんな考えがありました。

今は、今も、人と触れ合うに、びくびくする部分を残している私です。

友人と呼ぶ人は片手に余り、知人も少ない。

いま、誰かのことを考えて「祈り」の心になるとき、自分の中に浮かぶ顔、存在は、多くない。

ここ数年の間に知りえた方々。ほとんどがそれ。

・・・今日が、そんなに辛くなかったなら、よかったですね、と思う。

明日も、そんなに辛い日でありませんように。

祈りと言っても、私の思うことはそんなこと。

毎日、知りうる限りの方々のことを、祈りたいです。

それが何になるか。いいことあるのか。

そんなの知らない。

ただ、こういう風に、感じているだけなのです。


お水取りの期間中には、過去帳の読み上げがあります。

聖武天皇から始まって、いろんな、二月堂にゆかりのある人名が読まれて行く。

尼さんや大工さんも。

今朝の新聞で、このことに触れて、国立博物館の学芸部長さんの言を読みました。

<亡くなった人々の名前を読み上げて行くのは、思い出すため。歴史を学ぶのは、忘れないため。亡くなった人たちと一緒に生きるため。

時々であっても思い出せばいい。

思い出すと、亡くなった人は目を覚ます。誰もが思い出さなくなったとき、その人は本当の死を迎える>。

乱暴な引用になりましたが、私は、亡くなった人ばかりでなく、消えた風景、失われた町、村、ある日ごっそりと喪失してしまった様々なものを思いました。

思い出して痛む、多くの心たちが、できるだけ辛くないといいな、と、思うのでした。


yuutaさん。

学芸員などとんでもない、キリスト様のパンを、頂戴、と、手を出しておる図ですぞ。

パンはキリスト様のからだ、ぶどう酒は血、なのだそうです。そのパンを。KUONはやっぱりばかだな。

今、おられたら、パンを分かち合えるか・・・ううむ。

とっても貧しい暮らしをしている、東南アジアの子どもさんに、お菓子を半分もらったことがあります。

残っていた花を全部買ったら(いやらしい金持ちの日本人のきまぐれ、の図だな~)コップンカーと言って、ポケットの中で角の崩れたお菓子を半分くれた。食べながら、なんだか、恥ずかしかった・・・なんて言うのも、偽善者だな~。難しいです、こういう話は・・・むむむ。単に、花が残りそうで、それを買うくらいのお金を持っていただけ、なんだけど・・・。ほんとに難しい。気にし過ぎなのよね。わかってるんだが。ぶつぶつ。

・・・カンボジアのスモーキー・マウンテン=ごみ、生ごみの積み上げ場所。有毒ガスや煙に包まれているところで、子どもたちが素手裸足で、使えそうなごみを探している、拾っている。

そういう子たちは、今日の稼ぎで、今日帰る分の食料を買い、隣の子が今日は食べられなさそうだと、分け合って食べるのです。

明日を想像できないような、ぎりっぎりの子たちは、当たり前に、分け合う。

少しでも、半分のパンでも「蓄える」ことを覚えると、それができなくなると、聞いています。

私は、いつも思う。

イギリスの故・ダイアナ妃と、マザー・テレサが、手をつないで写っていた写真。

溢れるほど所有していて、おそらくいつもひもじかったのであろう皇太子妃と、着替え数枚とバケツ一つが私有財産のすべてで、無限大に「豊か」だったと思われるマザー・テレサ。並んで写っていた。

不思議な写真で、心に残っている写真です。

ダイアナさんが、お風呂上がりの赤ん坊のようなさっぱりした表情で写っていたのも、記憶に残っています。

はまや会、お待ちしていますわ~。


ようこさん。

五月ですかね~。他に参加される方がおありだと、もっと楽しみですかね~。

にこにこ。

・・・今日は、分裂気味、あんど抹香臭い気味のKUONでした~。




お詫び。気がついたからお許し下せいね。

=スモーキーマウンテンは、フィリピンでした。お詫びして言い訳させていただきました。






スポンサーサイト





  1. 2012.03.16 (金) 10:58
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

kuonさん おはようございま~す!


祈りは誰のためでもなく
自分のためにするのだと思います。
懺悔だったり感謝だったり願いだったり
必死に祈るうち無心になったり
アイディアが浮かんだり
違った方向から物事が見えたり
人の気持ちが想像できたり
自分の本心が解かったり
祈りは不思議な事が起こるのですよね。

はまや会、行きたいなあ。
行けたらいいな。
  1. 2012.03.16 (金) 14:01
  2. URL
  3. ディラン
  4. [ edit ]

私も、今日また萎えるものを見つけました。

こんにちは…

そして、いつもありがとうございます
KUONさんm(_ _)m

見つけた萎えるものです。

江戸川…ウチのマンションの目の前を流れてる川です。

セシウム濃度、江戸川下流ほど高く 近大、川底の泥調査

2012年3月15日16時24分

東京湾に注ぐ江戸川の底では、泥中の放射性セシウムの濃度が下流ほど高くなっていることが近畿大の調査でわかった。セシウムがよくつく粘土は流されやすいことや、下流ほど土壌の汚染濃度が高い地域からの支流が合流するため。今後1年ほどで東京湾への流入量がピークになるとみられ、監視が必要という。

近畿大の山崎秀夫教授(環境解析学)らは昨年8~12月、江戸川の8地点と東京湾の36地点で底の深さ0~5センチの泥を採って乾燥させ、放射性セシウムの濃度を測った。

利根川からの分岐点では乾燥重量1キロあたり137ベクレルだったが、千葉県柏市の方からの坂川が合流する直前では431ベクレル、合流直後に740ベクレルに上がった。さらに下流の市川橋付近で834ベクレル、荒川に注ぐ旧江戸川の今井橋付近では940ベクレルだった。

http://www.asahi.com/special/10005/OSK201203140259.html
  1. 2012.03.16 (金) 16:33
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん こんにちは

奈良のお水取りって1200年以上 そんなに長く続いているんですね
映像みせていただきました 画面のこちらでもワーッて思わず声をあげてしまいますね
とても美しい火でした

キリスト様からパンをいただいてるって、、、
そうだったの~、、、ってわかってましたよ~(失礼)


はまや会の日にちは5月の何時がいいでしょうか

えまさん 都合がつくようでしたら是非参加してくださいませね
KUONさんのお話には あっという間に引き込まれますよ

ディランさん 大変な中頑張ってらっしゃる様子
伝わってきます
江戸川べりは 昔よくよもぎ摘みにいったり
夏は花火を土手に寝そべってみたりした川です
大人の男の人たちは泳いで川を渡る競技みたいなのが確かあったと思ったわ
昔の事言ってもしかたないね
時々ゆるゆるしてくださいね

KUONさん
掲示板をなんとか借りてはみたけれど
どこにあるかって どのように説明すればいいのかしら
題名は「ゆうたくんの寝言」です
連絡用にホットメールも作りました
http://bbs4.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=meitamu2
↑これでいいのかな

ホットメールアドレスは
yuutamu4@hotmail.co.jp

自分でもまだ使いこなせてないですわ

どうぞよろしくお願いします

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・