今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

なんでもどうでも、ね。

1473747727672.jpg

もう少し、園遊会を逃亡する皇太子妃にこだわってみます。

紫芋スーツと云われたこの時も、これ、幕の外の車で逃げ帰る寸前のまさこさん。

周囲の視線がツンドラのよう、それを気にしていたら「まさこさま」はつとまらない。有り余る特権を享受するためには、これくらいニタニタしておかねば。ということか。

天皇夫婦も同じく。なにごともあらざるがごとし、です。


向かって左端の、身を固くうつむいている男性に私は、「お気の毒よね~」みたいな感情を、抱いておりました。

目の前で何が起ころうと、どうにもできないんだろうな、すまじきものは宮仕えか、と。アタマウ〇でない、花が湧いているって、こういうこと。わたしのバカバカ。

まさacf8aa9d8fd62b87954435e91c98d8e1

去年、白いスーツのまさこさんが幕の切れ目から逃げ出して行った・・・20メートルだか歩いたと報じられて・・・その時も、この男性は天皇の背後にいた。

そして真ん中あたり、幕の前に、まさこさんを無事、逃走させた青いスーツの女性がいます。左肩だけ見えています。

任務、無事、完了、か。

天皇がお招きした方々をもてなすための園遊会から、皇太子妃を逃すのが、任務。.


54c3190a.jpg

スペイン国王ご夫妻をお招きしての晩餐会の、ここにもいました。


1491542275388.jpg

この場にも。陛下の向こう側にいます。

微妙に視線を逃しながら、動画で見ると、あれこれ指図をしています。


実は今年の園遊会の、まさこさんが消える場面でも、無言で大きく体を動かして、指図しているのがわかります。

ド花畑のわたしKUONに、あれこれ教えて下さった「垂れこみ屋」さんが、書いておられたように。

ざっぱり言い切れば、つまり。

この男性こそが、まさこ園遊会ブッチ逃亡の大元締め。現場総監督、逃がす使命を帯びたヒト。

式部官長の、秋元義孝氏なのだそうで。

ご存じの方も多くおられたでしょうが、私はこの方面からは知りませんでしたので、ぜひ、垂れこみ屋さんのお気持ちをいただきたいと、書きます。

元・外務省におられた方。オーストラリア大使もしていた。

今はそして、もう一度書きます、式部官長。

天皇や夫人やその周囲の誰彼の、遠慮も斟酌も無いはだかの姿を、よく知っているのですよね。

こういう人が、仕事終わって家へ帰って・・家なのかどこなのか、相手がご夫人なのかまた違うヒトなのか、存じませんが、どうだこうだと口のチャック外して喋る時の凄まじさ、形は違うけど、いささか知っている気がします。

このたび知ったこと、もう一つ。個人の醜聞に関するものになりますか。

この、外務省から宮内庁に入っておられる秋元氏の、娘さんが、フジテレビにおつとめで。

フリンだのなんだのと、いっとき、かまびすしかった方らしい、は、今はおいておいて・・秋元さん、でしたっけ。

あの東北の大惨事の時、当時の管首相が話している背後での「放送事故」。

大変な事態に首相が触れている時に、入ってしまった声。

「笑えてくるわ~」

と。

この声の主が、天皇の傍らに常にいる式部官長・秋元氏の、娘さんだったのですね。

声のことは知っていたけど、このたび線がつながりました。


 まさこさんを逃がす ことが、どんな大きな大切なことで。

国民を招いての園遊会、などというものが、まさこを「出席させて」写真を撮らせて後「一刻も早く立ち去らせてやるか」の前には、どんなに軽んじられているか。

その背景を考えます。

1489072039022.jpg

小和田氏と長女。

この方、小和田氏として現役なのか。

書き忘れるところでした。

秋元氏の娘さんは、例のオランダの戴冠式に体育館マットと称された、首回りファンデーションのこびりついたドレス姿のまさこさんを、

「ため息の出るような美しさ」

と、お述べになった方でもあります。

1476959351107.jpg

どす黒~いため息が出るってもんだ。しかも笑ってるし。

震災時の「あ~笑えてきた」の声は、 40秒あたりです。




でも・・・なんでもどうでも、退位、即位まで、持って行くつもりのようです。

私はイヤです。





スポンサーサイト

コメント

拍手が安全でない可能性があるので接続できないそうです

傀儡

おはようございます

京都の山々は新緑が眩しく
新しい季節へ向かって元気を出しているようです。


今更ながら
まさこさんのドレス アイロンもかけて頂けなかったのですね。誰も気が付かなかったはずもなく、本人は気にも留めなった。
こういう彼女を利用している人々が皇室を跋扈している。
まさこさんという方は 常識という言葉さえ知らなくても
よい世界に生きて 言いなりになることが幸せだと感じて
いる未だ若い娘のようなおばさんです。


天皇陛下に頭を下げさせることが嬉しい様な退席の数々。
きっとそれを喜んでいる人がいるのではないでしょうか!!

まさこさんは操り人形なのでしょう・・・

初めまして
私、この方気になってたんです!
秋元さんっておっしゃるんですね、あのアナウンサーのお父上?@@
スペイン国王来日のとき、
皇后が陛下のほうに周ったとき、
しーしーさがれ、みたいな手の動きが犬でも追い出すみたいで、なにこの人ーーーってもやもやしてたんです。
もしかして皇后が目配せしたのか?ってなんども動画みたんです。

教えてくださりありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます!!!

知らなかった方はもちろん、既知の方の復習にもなりますので、非常に助かります!

そうです!もはや園遊会は招待客ではなく、マタコヒのリハビリ・公務アリバイの為に存在するイベントに成り下がったのです(怒)
それも、式部官長という宮内庁の幹部によって指揮されるまでに(怒)

例の青服女は式部職は確定ですが、外務出身でマタコヒと同じ信仰という書き込みの真偽のほどはわかりません。
ただ、立場をわきまえない振舞い、品の無い所作は宮内庁の在籍期間が短いであろうと推測させます。
どこからか異動してきたヒトって感じ。
国を代表する式典で皇族より上司の顔色伺う動きは、それまで携わってきた業務で身に付けた行動そのままでしょうね。


お返事、月が変わってしまいました~


・桃さん

驚かれたでしょうね、ごめんなさい・・・っておかしいですかしら、時々、わけのわからないことが起こっています。とにかくごめんなさいね、懲りないで拍手下さいね(笑)。


・今出川さん


京都、美しいでしょうね。京都は本当に、どの季節も美しく風情があって。最近はあまり脚を運べませんが、バス料金もとってもお安いので、普通に市営バスに乗っているだけで楽しめるなあ、と、ふと、思いを馳せてしまいました。

まさこさんのドレス。初めてテレビに映った時、びっくりしました。御用評論するヒトが、苦心惨憺ほめていました。ひどいなんてレベルでないですよね。

紀宮さまのご結婚の時、花嫁にぶつけて着た、そsらく上質なシルクの、光沢のあったドレス。放り投げてあったのでしょうか。あり得ない劣化、シルクが泣きます・・

この記事の、ナルさんのずぼんの、だらしない長さにもうんざりです。ヒミツ靴を使用していないからか、この長さに合ったヒトでない者がはいているからか、長すぎる。

こんな事ばっかり。ホントにうんざり、いいかげんにしていただきたいです。

>まさこさんは操り人形なのでしょう・・・

そういう事実もある、でも、お可哀想とは思えません…実害が有り過ぎるので・・・


・ひとつつみ さん

私も気になっていた人なのです。典型的な「外務省から宮内庁」の人なのか。あれこれ動画を見比べていると、けっこう動作の大きな人物です。

美智子さんといえば、例の、まさこが国王ご夫妻のいずれにも醜態さらしていたあの場、あの方、後方に下がったりして、列から外れておられた。何がなにやらわかりませんが、せめて公の場のおふるまいは、それらしくあっていただけないかと・・望んでも無駄なのでしょうね。

誰も、あの後、突っ込んでいないみたいですし。

日本の皇室は堕ちてしまっています。

もう少し見ていたいけど・・・


・ヒミツの〇さん

しっかりとこころに刻みました。すてきなご褒美、ありがとうございます。


・春日野さん


お礼は私の方から。ありがとうござりまする。

あの青服は、以前、がいむしょー方面の、とか読んだ覚えが、かすかに。

>国を代表する式典で皇族より上司の顔色伺う動きは、それ>まで携わってきた業務で身に付けた行動そのままでしょう>ね。

仕事をする人間の基本どおりなのか、反対なのか。

ぐじゃぐじゃの内廷さんがたを見せられていると、規範とか常識とか(ただでさえ野性の生き物のくおんで、わかっていないのに)訳が分からなくなって来ます。

天皇の客が、あの日の主役。ここ無茶にしているあれらって、何。無茶苦茶です。

・・・と、感じている方は、増えていると思いますが、されど・・・。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/4146-5681c7c8

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん