FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

こんばんは。

こんばんは。

今日は大好きなお友達に会って、海を眺めながら食事をして、大塚美術館で素晴らしい陶板の絵画を沢山見て、すてきな一日でした。土、日、ほtんど仕事をしている身ですので、たまには平日にお休みを。


山イチゴさんへの返事だけ、先に書かせてもらいます。

私の、四十年にわたる親友の家族のことについて、わざわざ書く必要も無い気がしますが。ご心配おかけしているようですので。

四十年も付き合っていれば、家族の皆さんとも懇意であり、子どもたちの結婚式にもよび合ったので互いの娘同士の配偶者とも見知りがあるし、ほどよい距離を保った気持ちのいい関係を築いています。近づき過ぎないで。

私が大変な時にも支えてくれた大親友、生涯の友です。私の知らなかった世界や考え方の多様性、たくさん教えてもらいました、彼女から。

幼子が風邪をひいた、水ぼうそうだと言って、娘さんは親を呼びます。娘さんは眼科の医者で、忙しい。急には休めない。彼女は、自分も親の庇護を受けて育った人で、自分も子どもにできるだけのことをする。遠路わざわざ来てくれる親に対しては、娘さんは精いっぱいの礼を尽くしているようです。それは、彼女の一族のやり方です。他人の口出しはできません。

ついでに書けば(こういうことは個人のことなのであまり言いたくないが)娘さんの配偶者は弁護士さんです。私の甥っ子の一人と同じ時期に司法修習生をしていました。つまり甥の友達。。

「おかあさんは心配性だなあ」

飛んで行って、娘さんに了承を得て孫を(愛娘を)連れて来た、私の親友に対する娘夫婦の感想は、その一点です。奈良のおばちゃん(私)も、心配性だと。笑っていた。その通りですが。

10日ほどは我慢したが、淋しさに耐えられず、夫婦して奪還しに来ました。若くて自信に溢れたカップル、人の言うことはなかなか聞きません。仕方がないです。

そういうことです。

私の書き方がまずかったのかは知りませんが、そうだとして、山イチゴさんに、どうこう言っていただく理由は無いのではないかという気がします。

私だって、両親が連れに来て連れ帰った友人の子を、それ以上どうしようもない。

四十年付き合っていても、そこまでは立ち入れない。

・・・・・もう、これだけにしていただきたいと考えます。

世の中にはいろんな人がいて、いろんな考えで行動している。そう思うものです。

どうぞ、これきりにして下さい。

スポンサーサイト





  1. 2012.03.13 (火) 23:29
  2. URL
  3. やさい
  4. [ edit ]

KUONさん、みなさん、
「お友達」です。こんばんわ*^^*

食べるのと喋るのが忙しくて、ランチの写真を撮らなかったけど、海の写真とか美術館の写真は撮りましたから~
明日、時間があったらアップしますね~

たまに 気晴らし!

  1. 2012.03.14 (水) 00:42
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

「お友達」の「お友達」で~す。

そういえば、この1年、どこにも旅行に行きませんでした~。

平日に美しい景色とおいしい食事、最高の贅沢ですね。
お口に疲れが残りませんように^^。
  1. 2012.03.14 (水) 16:48
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

kuonさん こんにちわ

もうご存知だと思いますが、亘理いちごっこさんの支援第2弾があるようですね。

昨日は楽しい1日本当に良かったですね!
たまには、気分転換も必要です。
最近つくづくそう思います・・・







 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・