FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

申し訳ないです。

昨日はテレビの無いところにいました。。

夜、平清盛のドラマを観ていて、思いました。

画面の中の砂ほこりが汚いとか、衣装がどうとか海の色がきれいでないとか、クレームがついたと聞いています。私は、けっこうリアルで、これもいいではないかと(雅なるはずの御仁らの、いやらしさや根性の汚さは笑える)
久しぶりに大河ドラマを観ています。  

映像が「リアル」だとか「臨場感がある」という風にでなく「汚い」という方向にとらえられるのは、今、だからなのか、と思いました。

嘘でもいいから、綺麗な、美麗な、薫り立つような、見ていて胸がせいせいするような、ものを、人が、求めているのかな、と。

・・・
「あの日から一年」報道に隠れて、斑目春樹氏の「辞めたい」発言が、ほぼスルーされていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

原子力安全委員会の班目春樹委員長(63)は9日、新たな原子力規制組織「原子力規制庁」が発足しなくても、3月末に退任したいとの考えを示した。共同通信のインタビューに答えた。

政府が目指す4月1日発足は困難な情勢で、経済産業省原子力安全・保安院と安全委による規制態勢が続く見通し。停止中の原発の再稼働手続きには安全委による確認が含まれており、安全委の運営次第では影響が及ぶ可能性もある。

班目委員長は「精神的に相当疲れている。ぜひ3月31日に解任していただきたい」と話す一方、「(辞任は)私の一存では決められないことも承知している」と述べた。

・・・・・・・・・・・・・・

疲れたので、辞めたい

だそうです。

疲れた、辞める、と言えていいですね。

被災された方は、そんなこと、言えないですね。


辞めれば、悠々自適の余生が待っている(のかな?)。

東電の元・社長氏もそうです、まったく、何の罪にも問われません。

今後、ちんけな罪を犯してつかまって、その人が「清水や斑目のやったことと比べたら俺がやったことくらい、どうやっちゅうねん」など、わめいたら、と、ふと考えてしまいました。社会規範がめちゃくちゃになってしまった気がする。

もう一つ、あります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ざまぁみやがれい」というブログからです。

「大震災から丸1年経った昨日、2012年3月11日、久しぶりに東電会長勝俣恒久氏がメディアによって報じられた。

場所は、勝俣邸前。東電会長勝俣恒久氏の責任を追求したメディアは殆ど無かった。いやゼロだったと言っていい。
▼東電会長、原発事故の収束と賠償に全力  MBSニュース - MBS毎日放送の動画ニュースサイト -
http://www.mbs.jp/news/jnn_4974564_zen.shtml

▼FNNニュース: 福島第1原発事故から...
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00218989.html

▼「東電会長、原発事故の収束と賠償に全力」 News i - TBSの動画ニュースサイト
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4974564.html

リンク先では、ぶら下がり会見の映像が見られるサイトもある。かならずチェックして、目に焼き付けていただきたいと思う。

どれも、警察が厳重に警備する、勝俣邸の前のぶら下がり会見の中で、勝俣氏自らが都合の良いように発言したものを垂れ流しただけだ。

記者の質問はゼロ。逃げるように背を向けた勝俣氏に、記者立ちの質問も飛ばなかった。

それもそのはず、勝俣氏とメディアの関係は、依然として、権力対ジャーナリズムという構図からは程遠い。

毎晩7時ごろ、勝俣氏は、自分につごうのよいようにぶら下がり会見を行い、記者たちを手懐けてきたのだ。

だが、それが幸いしてか、勝俣氏は、知らず知らずのうちに、不遜な人間性を自ら明らかにした。

▼イラッ! 勝俣・東電会長の謝罪の言葉 マスコミが文字に起こさなかった、ある1文字
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65794530.html

「福島県の皆さまはじめ、広く社会に大変なご心配、ご迷惑をおかけして申し訳なく思っております。」

「ま!」

「とにかく原子炉の収束と賠償に全力を尽くしてということを、この1年を機に改めて誓いたいと思います」

ゴニョゴニョと謝罪を述べた後に、ここ一番の大声で「ま!」と続けた。

この「ま!」を僕は死ぬまで忘れないだろう。

原発事故によって、人々を強制的に避難させ、その結果、津波に襲われ避難を待つ人達を餓死させた疑いまである。バスによる急な避難が混乱の中うまくいかずに、病院をたらい回しにされた結果、死亡した患者たちもいた。

それらの責任を進んで負うべきであろう勝俣氏が、1年を振り返って、最も強調した言葉が、「ま!」だったことは、恐るべき事実だ。このような人間性を私たちは許すことができるのだろうか。

ここまで勝俣氏が増長してしまったのは一体誰のせいなのか。原発村の人々、そして、マスコミのせいではないのか。なぜ、わずか数十秒の謝罪のあと、質問の時間を与えずに踵を返した勝俣氏に対して、質問をしないのか。

志のあるメディアの方々もいるはずだ。ぜひとも全精力を傾けて、この「ま!」を取り上げていただきたいと願わずにはいられない。

どうか皆様の手で、この「ま!」を怒りを持って広めていただきたい」。

・・・・・・・・・・・・・・・

私(KUON)は、ここにあがっているhttp;~のすべて、見ようと試みましたが、みごとにすべて、見ることができませんでした。

見せたくない力が、見られないようにしたのでしょう。

こういうことを、しながら、テレビは今朝、どの番組も、昨日のことを取り上げ、フジテレビでは、小倉様が(沢尻エリカ様、のごとき「様」、だと思って下さい)20キロ圏内の内部に入って行った映像を、流しておいででした。「この俺が、行ったんだよ」という感じに思えたのは、私が、氏を、信用できない「うまいこと言い
=自称)だと見くびっているからか。

とにかく小倉氏は、行ったのだわさ。細野大臣にも、なんやかや、言っていた。画面に並んでいた時に、不思議なことに細野さんが、誠実なヒトみたいに見えました。威張ってないだけ、そういう感じがした。

そして、朝の一連が終わったら、いっせいに、離れた。

やることやったし~、って感じ・・・と感じるのは、多分、私がひねくれた人間だから。視聴者が、いつまでこれやるんだ~って、言う人がいたのかな。あたま、くだらんバラエティでヘチマのタワシみたいになってても、視聴者様、だからな。

本当に、今回のことは、マス・メディアの正体、根性、しっかり見た。

無くても困らん。そう思った。

そう思いました。

津波の映像流したら、ひねくれ者の私だって、涙、出るじゃないか。何度見ても、泣くしかない。



・・・病み上がりの天皇陛下と、寄り添う皇后陛下のお姿に、私は、涙がこみ上げた、と、言ってしまいます。しかし。



 更に、この震災のため原子力発電所の事故が発生したことにより
危険な区域に住む人々は住み慣れた、そして生活の場としていた
地域から離れざるを得なくなりました。
再び、そこに安全に住むためには放射能の問題を克服しなければ
ならないという困難な問題が起こっています。

お言葉の中のこの部分を、NHKは勝手にいじった。

オリジナルは、
「再びそこに安全に住むためには放射能の問題を克服しなければならない
という困難な問題が起こっています」
だったが、放送では、
「放射能の問題を克服しなければならないという」
という部分をカットしたのだ。

なお…、
報道ステーションも、天皇陛下の御言葉を、NHKと同じようにカットした。

・・・・・・・・・・・・・・・

天皇制がどうこう、という問題はさておき、、その家に生まれて、その立場を守り抜かれつつあって、病身を押して、その場に立とうとされ、実際に立たれた一人の人間(であると、陛下を規定して)の、制約がある中での精一杯の声を、文面を、勝手にカットした、意味を変えた。NHKは。

それが、このことの語るNHKのやり方で、ほかのことは、押して知るべし、でしょう。


ようこさん、やさいさん、ジュンさん、ディランさん、sarahさん、yuutaさん、ソナチネさん、えまさん、コメントをありがとうございました。

お返事、今日、書けなくて申し訳ないです。

また、ゆっくり書かせていただきます。

追記

見たらコメント下さっているので。

山イチゴさん、私のことはご心配下さらなくてもけっこうですよ。黙って子ども連れて来るわけがないし。

では。
スポンサーサイト





  1. 2012.03.12 (月) 22:58
  2. URL
  3. やさい
  4. [ edit ]

KUONさん、こんばんわ

あのね~ 
「平清盛」の、コメントになりますが~
(そんなトコに食いつくな~ です?)

画面が汚いという指摘、私は、それに同感!です。
(KUONさんと初めて意見が違ったので、わざわざ言いに来た~^^)

他はともかく、海。 海ですよ、問題は。

瀬戸内海はエメラルドグリーンなんです。
晴れた日には、必ず エメラルドグリーンなんです。


明日、晴れたら いいね~ (^^)/
  1. 2012.03.13 (火) 01:42
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん こんばんは

平清盛は 私も珍しく続けてみています 今の所

やさいさん そうかぁ瀬戸内の海はエメラルドブルーですか~
清盛に出てくる海、、、どんなだったかしら、、
確かに30数年前宇高連絡船から見た景色は
海も空も真っ青だった
今でもあるのかな連絡船
今は飛行機でブーンと飛んじゃうからネ~

それより 斑目さんて63歳ですか、ここに反応(スマン)老けてるネ


えっと それから 今朝勝手にお部屋を借りて
はまやさんで会いたいなんて書いてしまったたけど
山イチゴさん 気分害したのかしら?
もしかして参加できる方がいらっしゃるかと思ったんです
他に方法を知らなくて、、、

では おやすみなさい
 
  1. 2012.03.13 (火) 10:40
  2. URL
  3. ようこ
  4. [ edit ]

kuonさん こんにちは

何から書いていいか・・・
そんな気持ちでPCの前にいます。
11日のテレビ放送で唯一きちんと見たのは
古館さんと長淵剛さんが東北の被災地を歩いた番組でした。白い防護服を着て原発の近く浪江町を歩き、住民たちの話を聞き、原発が見える海岸まで行き・・・私は感動しました。
長淵さんはとがった人という印象があるので嫌いな人も多いけど私は本物の心を持った人だと思いました。
人間の体は治癒力が備わっていますから
自然と体自身が治そう治そうとガンバリます。
人間の生活だって元の生活に、元の生活に戻したいと思うのも自然です。大きな壁が立ちはだかっている被災した人の「現実の生活」
スヒョン君の台詞に「壁を倒して道にすればいい」というのがありました。その壁を倒す力を支援してくれる人が一人でも多くいてくれますようにと思っています。

山イチゴさん
茨城は東北3県に比べたら被害も少なく、死者も少なかったけど平潟は津波で沿岸部ほとんどの家が流されました。はまやは大丈夫でした。
そんな中、kuonさんが奈良から来てくれた時は本当に嬉しかったのです。沈んでいた気持ちが前向きになったのもkuonさんたちの来店がきっかけでした。福島の被災地をyuutaさんの車で3人で回った時、kuonさんは静かに涙を流し「ごめんね、ごめんね」と言いながらカメラを向けていました。
私はkuonさんが帰る時「また来てくださいね」と言って見送りました。ブログからも人柄がわかりますように人を思いやる、思いやりすぎてしまうほどの人だと思います。それで今回またyuutaさんが呼びかけてくれたのを私は素直に嬉しいと思いました。被災地に住んでいるから甘えてると言われてもしょうがありませんが会いたいと言ったのも正直な気持ちです。
yuutaさんは同じ茨城に住んでいますし、本当に心から心配してくれて電話をくれる時もあります。
山イチゴさん、はまやは設備が整っていなくてご不便をかけるかもしれませんが来てください。
ひばりの記念碑にも一緒に行きましょう。

kuonさん、長くなってしまいました。
来月から食品のセシウム量が一kg中100ベクレルになりますね。魚も同じですからいっそう厳しくなります。漁業の方も心配ですが観光業はどうなのか・・・
でも、負けない気持でやっていきます。
  1. 2012.03.13 (火) 11:25
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

KUONさん、勘違いしてませんか?
私が心配はお友達家族のその後です。。
結果的要らぬお金・波風が生じた。
「放射能に対する感じ方の違いを知った」で済まないこと。
強引な説得しただけというけど、それでお友達家族になにかあったらKUONさん責任取れますか?。
お友達が娘に言ってもダメだったのだから仕方ないです。
逆にそこまで友達の孫が心配なら、KUONさんが直接娘夫婦さんを説得すれば結果はどうでも、責任ある対応であったと私は言いたかった。
それは、全てにかかることですが…。
ようこさん大変な状況を抱えて踏ん張っます。私も客がないと知れば心配。はまやさんに直接連絡、そちらもも無理せずにね…と言ってもらって嬉しかった。
母の供養兼ねていつか家族で行きますと。
私は帰る家が無くなった。
最近祖母宅が無くなった事を知り覚悟してたが寂しい。
叔父と荷物は不明です。
ようこさんと、イベントがあれば会場でね…と約束。
それも叶うかわからないけど。
相手と自分で直接連絡出来るならその方がいいし、行ける方は行くのがいいです。
どこへ使われるかわからない募金するより確実、美味しい料理食べ楽しい会話する事が一番…。
yuutaさん、気分害してるではない事読んで理解してください。yuutaさん連絡先知らないからここに書きました

全く、話題変わります。
瀬戸内海はキレイに撮ってください!は同感。大河ドラマスタッフに言うべきでしょうけどね
平清盛も源氏も瀬戸内海とは切れない存在。私も遠い先祖は水軍だと父親から聞いた…同じ苗字だというだけかもですが
瀬戸内海の景色大好きです
守りたい景色です!
公害からやっと戻したキレイな海ですから。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・