今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

宮内庁は責任を。

平成29年3月27日。

長野駅にて手を振る皇太子の一家。

お幸せそうで何より、ということか。

疑問を少し、あらわしてみます。

自らの、へたれではあれど、がむしゃらに綴るブログの、今日のページをコピーして、宮内庁さまとやらへ、送ってみたい。


d6be4dff.jpg


皇太子と呼ばれているこの男性は、この日、一気にお太りになられている様子。顎の周囲の盛り上がりを隠すための、とっくりセーター?。袖丈が妙に長くて、皇太子の身なりとしてお見苦しいかと。

ごく最近のヘアスタイルはこれ、ヒトラー、となど呼ぶヤカラがいるのは、東宮職さまご存じか。似合う似合わないの話は、ここでは省略します。

皇太子のウィッグ(あえて)の下、おつむの地肌は、どの画像の方もすべて、同じですか。と、お訊ねしたいです。つまり、カツラだって変装の一要素となるわけで。有効ですよね、これ・・・デリケートな問題ですから、お答えは乞いませんが、皇太子さまも複数おられるという説が、ちかごろ急激に現実化して来ております。袖丈の異様もこの疑問に添う・・・皇太子は、お身丈のわりに腕の長いお方、と考えれば。

この写真の皇太子さんの指は。

右手の小指の下に先日見えていた黒い点・・・ほくろ? あったかな、もしやメラノーマか? など心配されたあの、黒い「点」は、見まちがえか、もしくは、汚れが張りついていたのか。この日は「ありません」のですね。まあ、大きなことではありませんでしょうが。

髭の濃さも日替わり、生え具合も微妙に異なる、手のことをもっと言えば、指の長さ曲がり具合、細さ形。あれこれ疑問が呈されていること、東宮職さまでは把握しておいでなのかと。

耳朶も、どうなのか。

これもデリケートな問題でためらわれますが。いっとき公然と皇太子の股間に見られた尿のシミ。漏れを防ぐための仕掛けの作り出す「かたち」が、さまざまな折りに見かけられました。ご不自由かとお察しは申し上げます。お病気ならば基本的には揶揄の対象とはしません。が。

祭祀王をお継ぎになられるお立場、そのあたりの現状は、いかがなものかと。

祭祀を執り行われるに際して「潔斎」などは可能なのかと。

民にとりましては大いなる疑問、不安、大事なこと。現在の禁裏にとっては、いかがなものか存じませんが。

あ、そうですか。民は黙れと。なるほど。で。

祭祀はともかく。

スキーは、お出来になられるやと。これを申し上げるなら、まさこのことにも言い及ばねば。

この女性を、ヒデンカとも「様」とも呼びえない現状、心情、先んじてお伝え申し上げます。

まさこさん(一応、さん、と付けておきます)は、公務にお出ましになるにも決意を要する。長いご療養中とのこと。

申し上げたいことは山のように積み上がっておりますが、ここは単刀直入に申し上げる。

あのお方、スキー場へ、何しに行く?。

国がお迎えの外国の王族に挨拶するに、以下の惨状。

1476177780090_20170328141629a60.jpg

1476436561597_20170328141627eeb.jpg

腰も脚も、まともに機能していないと拝察する以外にないのでございます。

何なのですかこの・・・と言いかけると止まらずなる、この足腰で、スキーをお楽しみになれるや、否や。

まさこが行きたくて行く。それ以外に無いと推測します、例年の春スキー。

あの方、したくないことはなさらないのだから。医者もそういって甘やかして、ここまで来た。そうですよね。

滑りも出来な(さそう)、何しにホテル貸切で遠足する。数千万単位の税金つかって。長野県にしろ、来られてしまったら、県として、警護にかかる費用を、自腹切らなければならない。一千万円はかかるとか。

何しに行かれるか。

で。去年まではまだ、内親王が表に出されていた。滑る姿を撮影されるのは別人でも、ともかく、長野駅のあの階段をおりてくるのは、皇太子とそのツマの子どもであった。     でしたよね?。

今年は何がありましたか。

多くは申しますまい、腹が立って来ました。最後まで書きたいから急ぎましょう、あの、気持ち悪く父親(・・・)と顔見合わせて笑っている15歳は、どこの、どなた。


宮内庁さま。

先月2月。

家族写真、親子写真をあらわしましたね。

1487813935761.jpg

2月23日の「ご一家の写真」です。そう、報じられました。宮内庁提供の写真。

メディアが「激やせ」と報じた写真です。信じられないくらい痩せこけた誰かが、歯の色も変色した、髪も薄くなってしまった姿で撮影され、その写真は、海外へも「ぷりんせす・あいこ」として発信された。

わたしも個人的に、こんなに痩せてしまわれた、と、何も知らない友人に、見せました。平気ではいられませんでした、私も友人も、ふつうに「人」ではある気がしますので。

宮内庁さま。

あの、痩せこけて命さえ危ういと民(たとえばわたくし)に思わしめた、あの皇太子の誕生日2月23日に発表させた「愛子さま」が、3月22日から昨日27日までに大変身を遂げている、その、確かな言い訳を、なさって下さいませんか。

この茶番の責任を、とって下さい。今はこの点。

本気で願いあげます。

1490587559034.jpg

靴には拘りのおありだった愛子さん、ブーツをはいて。他の写真では、おみあし、とても「細い」。

髪の長さも、先月パパのお誕生日からずいぶん伸びて、増えて。東宮家の奇跡。宮内庁東宮職さま。

奇跡の起こった理由、さすが東宮家の誉れ、ですか。



こんなこともありました。4年前。この愛子さま、どうしていらっしゃるか。






スポンサーサイト

コメント

卒業式からずっと宮内庁にメールしています。
夜中でも、朝でも、昼でも。

あの人は愛子様ではないですよね?
と。

先ほど宮内庁に電話しました。
10コールほど鳴らしても出ないので、これは電話出ない作戦か?と思いましたが切ろうと思ったら女性の方が出ました。

私「あの、お尋ねしたいんですが先日の卒業式の愛子様は別人ですよね?」
女性「いえ、愛子様です。」
私「どこから見ても愛子様に見えないのですが…」
女性「成長の過程ですので、、」
私「先日の愛子様は、髪がサラサラとなびいてましたよね?ほんとの愛子様は髪が太いからなびいたりしないと思うんですよね。」
女性「……」
何秒かの無言のあと
「ご本人としか申し上げようがありません」と言って電話切られてしまいました。

かなりの動揺がみてとれました。

たくさん別人ではないか?との問い合わせが来ていると思っていたのですが、私の電話でかなり動揺したので問い合わせは少ないのかな?と思いました。


あり得ません

職業柄、思春期の拒食症の女の子に接していますが一月の間にここまでふくよかになる子は
いませんけど・・・

髪の毛の量と長さも激変しています。

中学入学の時と卒業式の声紋を調べれば確固たる事実が判明すると思いますが・・・
声紋鑑定をしている方のご意見を是非聞きたいものです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

KUON様こんばんは。
ブログ拝読しています。

東宮一家のスキー静養のコメントではありませんがコメントさせていただきます。

今日、両陛下が武蔵野陵と武蔵野東陵参拝をされました。昨年は、参拝後に酒蔵見学(桜の花見も)に驚きましたが、今年は桜もまだまだこれからで、まさかと思えば昼過ぎは昭島市に立ち寄られました。(鑑賞公務?)

たまたま、妹が車で昭島市内を通った際に交通規制で足止めになりました。いきなりの渋滞で両陛下が通過するため車を停めるように警察官から言われそうです。車外に出て待っていたら、通過する際に、窓から勢いよろしく手を振る皇后を見たものの天皇陛下は見えなかった、と話してくれました。

話を聴いた時点では参拝後と知らず、昭島市に行くなら御陵に行けよ(ベトナム・タイ訪問前に参拝行ってないだろう)と呆れていました。

元気に出歩くなら祭祀を(国民のために)お願いしたいものです。
交通規制で身動きとれない話を聴いてコメントさせていただきました。
長々とすみませんでした。

「お天道様は見ているからね」
「神様は見ているからね」
日本人なら、小さい頃に必ずおじいちゃん、おばあちゃんに言われた言葉。
総本山の方たちですよ。あの方たち

誰に見られてなくても、自分は見ているんですよ。

卒業式映像からのショーゲキからの
無力感からの持ち直し。

やつら(敬称略)本気ですよ。
こちらも、ふんどし引き締めてかかりましょう。

四年前罵声を浴びた時の真贋

とても比較しやすい写真を有難うございます。
罵声時の愛子さんは間違いなく本人ですね。周りの人並みに当惑してきょとんとして視線が宙にさ迷っているみたいで何も見てない独特の視線です。
何も理解していない不安げな表情で手も宙に浮いています。

今愛子を偽って出て来るニセ者たちの掬い上げるような媚びた上目遣いや相手に目を合わせて愛想よく手を振ったり笑顔を振り撒いたりする芸当が如何に本当の愛子さんとかけ離れた不自然というよりはあり得ないとしか言いようがないことはいくら言葉を尽くしても写真の迫力にはとうてい及びません。
この時の愛子さんは今どこにいるのか宮内庁は責任を持って説明してもらいたい。

この罵声時の皇太子の指は既にゴツくて短いですね。ニセ者です。
今回スキー旅行のナルがニセ者なのは確定ですがなんで浮浪者みたいなブカブカコートをわざわざ着ているのか?

偽ナルの見分け方としてゆびの長さを言われだしたから指を半分隠してたら誤魔化せるとでも思ったか?と。

コーゴーの白髪の下の黒い地毛を隠そうともしないことといいお粗末で愚かな限りです。
こういう誤魔化しを堂々と止めないのは徹底的に国民を馬鹿にして舐めている証拠なのにまだ国民は怒りを感じないのか?


怒・怒・怒

お邪魔致します。

御用邸のある那須で起こった悲しい事故にはそっぽを向き、月曜に出発、金曜に帰京という国民に1番迷惑のかかるスケジュールとは。秋篠宮家や常陸宮家ならば「ああ、ここしかお休みになれなかったのね、どうぞお身体をお労わり下さい」と思えますが、トーグー一家ですと呆れ・怒りしか湧いて来ません。
今回の駅前ロケも影子さんのようですし、最近はナルさんにも影武者説がございますね。譲位の条件としてナルさんとアイコさんの陛下とのDNA鑑定を必須としたいものです。

さて、神話の里である我が郷は桜の開花が例年にないほど遅れており、未だ蕾は固く閉じております。普通ならば既に3分咲き程にはなっている時期なのですが…。
桜は木花咲耶姫神と縁深い花でございますし、皇室の乱れに対しての、天照大神はじめ皇祖神達の怒りの現れかと個人的には思っております。

またまたたまきです。

昨日、報道された退位後の陛下と皇后の呼び方についてのヤフーコメントを見ましたか?

現皇太子とその妻にではなく、秋篠宮に天皇になっていただきたいというコメントであふれかえっています。

これは、皇室オタクの私達の声ではなく、普通の40代50代の平均的なオヤジさん達からのコメントです。

やっぱり、どう考えてもそうなるんだと納得と安堵でいっぱいの私がいます。

人はきちんと見ています。

時に、帝王教育を受けていない鯰とかありえない、というコメントもありますが、そもそも帝王教育って何?帝王教育受けてあのザマでは…

帝王教育って言葉は、一人歩きしてるだけで、実質何もなかったのでは?

国民は、ちゃんと見ているのです。
嬉しくてたまりません。

皇室は密室

だからDNA検査もニセのサンプルを使えばニセの結果しか出て来ません。
オリンピックのメダリストたちでさえ他人の尿を差し出したりの実態が暴かれていました。
彼らは一般人だから不正が明るみになったのです。

日本の皇室がここまで国民を欺きやりたい放題の限りを尽くしているのに最も怖れる検査だけ手を加えないなんて考えられません。
例えばこんなこともあろうかと本モノのDNAサンプルを保存していてそれを使われたとしてもそのことを暴けなかったらニセ者たちに堂々とお墨付きを与えるだけです。

複数の立ち会い人の前で採血してその場で氏名を公表した機関の専門家がみんなの目の前で厳重に封印して持ち帰るなどしないと信用はなりません。
採尿では採取現場の目視が難しいので不正が行われやすいから採血です。
それでもそのサンプルが最後まで正しく保管され検査されるかは誰にも確定は出来ません。

任意検査ではだめで強制検査しか真実の結果は出てこないとすると犯罪性が疑われる場合しかありません。
だから女狐ドロボー一派はヤフオクやナルの謎の手提げカバンの中身や消えた宝飾品の行方などを必死に隠しているのではないでしょうか?

国家ぐるみの犯罪だとしたらその巨大な闇はブラックホールのようなものでだれも吸い込まれるのを恐れて近づこうともしないのではないでしょうか?
宮内庁やマスコミや政治家たちの沈黙が防護壁となって真実が暴かれる見込みはないと思います。
なにか人知を超えた奇跡でも起こらないと。神頼みです。

お返事遅くなりました

・たまき さん

宮内庁に、実際に電話かける方は、そんなに多くないのではないかと考えています。私は一度だけかけてみました。

言い訳ですが、基本的に電話は苦手です。でもかけた、そして、言い出せば相手を追い詰めて泣かせるくらいのことは、ワタシできるかも、と内心で思っていますが、電話に出るような方を泣かせても後味が悪いだけだろうと、逃げてしまいました。

皇后さんは国民の声を「雑音」だと。まさこさんを庇うために、そんなことを。そこにひれ伏している宮内庁の、末端職員さんですよね。相手はヘドモドして来られたから、引きました。

すまじきものは宮仕え。上を「是」としないと、年金もらえるように生きて行けません。

今の私は、官邸へのメールだけです。でも、たまきさん、勇気を奮って、現状を何とかしたい一心で。

先日、例のフジテレビの番組、一部だけ見ました。ちょうど皇居や皇宮警察について語られていました。おつとめの方々は、どう腐っていようと嘘ばかりであろうと、ああ、なのよねと再確認。

色んな意味で立派な公務員さんには申し訳ない言いようします。

公務員は、逃げるプロ。逃げる姿勢の公務員をどうこうできる人間はいないと。責任とらない、とにかく逃げるのが公務員。このセリフは、とある税理士のもの。

まだ書きたいけど、今日はここまでとさせていただきます。

わたくしとて

わたくしとて、電話は大嫌いでございます。
しかも、別人ですよね?とか

どれほど逡巡しましたことか。

だけど、ネットの片隅で溜飲下げてても何も変わらないと、つくづく思ったのです。

何か行動しなきゃ、、、
黙ってたら、イエスに換算されてしまうと。

今日は、皇室問題indexに殴り込みをかけましたよ。
まー、まー、ひとりでは無理でござった。

悠仁さんはいないのですと…
そう言われました。
私たちが敬うことが出来るのは愛子様以外にいないと。

ま、その愛子様は別人なんですけどね。

恐ろしいことです。

私は今、何を信じればいいのか?
もはや何も信じられません。

恐ろしいことです。
乗っ取られつつあります。

知らない間に、日本が日本でなくなっていた…

あとは、祈るだけです。
あとは、祈るだけです。

・さと子さん

わたしも、できる限りは専門的な方に、聞けるだけのことはお聞きしています。友達はごく少数ですが、知人はおかげで多い(笑)。写真を見せて問うと、やはり「有り得ない」との反応で、激しいショックを受ける方も。あり得ないこと、だそうです。ふつうにみても別人、同じお子と考えられない、ただ、皇室でまさか、の反応がほとんどです。
中でごく稀に疑問を持って下さる方も、あるかなあ・・ただ、他のことでなく、愛子さんの変貌は、わかりやすく「変」と思われるきっかけになったかと。

虐待やいじめ、と同じく、なかなか、見えていても見えない、のが、ヘイワにっぽんの病ではないか・・平和は大切なものですが・・

愛子さんの現状がどうか、と想像してもらうには、まだ道は遠い気がします。一番近い身内が犯している犯罪なので。

・桜前線さん

>話を聴いた時点では参拝後と知らず、昭島市に行くなら御陵に行けよ(ベトナム・タイ訪問>前に参拝行ってないだろう)と呆れていました。

ほんと、呆れますね。田部井さんの何かに行かれたとか。じっとしていられないのですね。

しかも。参拝の前に、帰国後の静養をなさってた。行く前にも行ってないし。

順序があれこれ、違うようで。(笑)。

・ヒミツのNさん

お知らせありがとうございました。

本当に嬉しかったです。

・たまき さん

>卒業式映像からのショーゲキからの
>無力感からの持ち直し。

でも、あれらがあまりにも〇カで、あんな見え透いた、あり得ないくらいマズい映像を出してきやがったおかげで(いらざるオカゲですが)、無関心の層の、いっそ好奇心からでも喚起される関心も、少しは。少しは、見えて来そうな。

わたしはまだ、この問題の数年生です。数年前は花畑にいました。いま思っているのは、諦めんとこぉ。これだけです。

うっとおしくてどうでもいいような気になりますが、あまり関心の無い子はともかく、孫の生きる世を思うと、ばあちゃん、何も出来なくても、こんなのおかしいと画像や紹介文書くしかできませんが、これだけはもう少し、と。勝手に思ってるだけですけど。

ホントは、海の見える小さい部屋にこもって、ろまんちっくな妄想をひろげたい、とかの妄想も持っておりますが。

一人ではどもこもいならんことに、猛進しておられる。頑張れとは申しません、あれらが潰れる前に、疲れないで下さいと、それだけ。持久戦です。って。泣く。

・ラピスラズリさん

>今愛子を偽って出て来るニセ者たちの掬い上げるような媚びた上目遣いや相手に目を合わせ>て愛想よく手を振ったり笑顔を振り撒いたりする芸当が如何に本当の愛子さんとかけ離れた>不自然というよりはあり得ないとしか言いようがないことはいくら言葉を尽くしても写真の>迫力にはとうてい及びません。

で。写真に露わになっている{はずの}愛子さんを見ても、感じない方が。

長野のナルさんの無様さは、異様でした。で。娘さんと顔見合わせてニタニタと。あの年頃の女の子は、あんなことしません。

わたしは、東宮家は、あのニセ愛子さんに乗っ取られたと感じています。あの大人二人くらい、どうともできつ才能のきらめく、車内のニセ子さんでいらっしゃいました。

言うまでも無い、ぜんぶ、想像のつくこと。まさこさんの恫喝も何も、あの子には効きません、もう。

国民は迷惑です。呼び名がどうのどこに住むの。どうでもいいことばかりウツツを抜かしていると見えるのは、もう、うんざりです。
もっと画像探します、お借りして来ます。

品だけはかろうじて「あった」ナルヒト氏でしたが。

・白萩さん。

怒。怒。怒。同じです。怒。

皇族らしく、とは望みえません、せめてフツーに人らしく、と思っても無理なような。

ただ見ぐるしい一家。あのような激変の娘(という)連れまわして、平気な風に(実に平気でしょう・・)手を振っている〇カ三人組。自分の子をどうした。

今年は桜が遅いです。当方の、佐保川の淵の桜並木もまだまだ青々しています。遠くへ行かずとも、この河畔での花見を楽しみにしているのですが。

怒。怒。が積んで、性格悪くなり優り(以前から、悪いのは悪い(笑))血液は酸性に傾き、内廷嫌悪症候群と申しましょうか、悪化の一途をたどっておりますが。

遅れても花は咲いてくれるでしょう。

あれらの人たちが、内部から腐って崩れて、最終的に目に見えるまでどうにかなるまで。

待つ。です。わあわあ、へたれブログで騒ぎながら。

・たまき さん

帝王教育。

どんな人間か、が、最終だと思います。当たり前に帝王らしくある人が、帝王ではないか。

確かにかつて、ナルさんは、叩き込んでいただいた所作だけは、皇太子らしかった。

今は崩れた。みごとに潰されておしまいになった。で、おしまい。


・ラピスラズリさん

仰る通り、人間のいま、すtること出来ることでは、どうしようもないと考えます。

皇室の人間が、DNA検査を受け入れるはずもなく。

ヤフオク、愛子さん、ティアラのゆくえ。あの人たちは、なんでもやりたい放題。

いま私の信じている普通のことは。

物事には、何らかの終わりがある、ということ・・。今までは来れた、出来たことが、そうでなくなる日が来ること。

冷静に見ながら、わあわあブログで、ミジンコながら騒ぎます。

・白萩さん

すみません、大ミスです。

桜が青々して来るのは、花の終った後です。

お詫びして訂正します。

今日の佐保河畔の桜は七分咲きでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/4024-a88d4466

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (360)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (131)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (61)
今の思い (231)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (87)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (68)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (14)
美しいこと (28)
厚かましい話 (56)
おそろしいこと。 (52)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (25)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (10)
みんなのうた (6)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

  けふまでの日はけふ捨てて初桜

            千代女



やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

  けふまでの日はけふ捨てて初桜

            千代女



やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん