FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ひなまつり

こんばんは。

皆様に、優しいお言葉をいただいて、本当に本当に、ブログを始めて続けていてよかった、と、そんな気持ちでいっぱいです。また返事を書かせてもらいたいです。

NHKテレビで、とにかく大変な映像を観て、今夜は何を言うこともできません。

あの日、驚いたまま、おそろしいまま、いっぱいの思いを残して亡くなられたであろうたくさんの方々。

これから一週間は、このような映像に出会うこと多いと思われます。今夜のテレビでも、NHKはやっぱり、ここのところの言い訳を強調したいのだな、と思う部分がありました。

でも、ただ、胸が詰まって、痛くて、絞られて、じっと画面を見つめていました。

私は今年、お雛様を出して飾る、ということを、せずにおりました。

防虫剤だけ取り替えて、済ましてしまいました。

・・・孫娘のために、ささやかな桃の節句の料理は作ってやりました。

ひな祭りは女の子の、健康と幸せのための行事だと教えてやりました。

この世の、約半数が、実際の、あるいはいささか以前の「女の子」のわけです。

サトーハチローさんが、18歳で、お嫁入り前に亡くなったお姉さまを偲んで作られた詩が、この歌になったと聞きます。

一緒に、耳を傾けていただけませんか。

この世の、すべての「おんなのこ」の、幸せと健康を祈って。



スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・