FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

除染じゃない。

こんばんは。

いいお天気で温かく、遠い海もきっと、きらきら光っているだろうな~と、ほにょほにょ考えておりました。

今日は、重くて重くて時々意味不明な飛び方や消え方をして、どうなってしまうのかしらと不安だったパソコンを、思い切って新しくして、頼りになるお兄さんにセットしに来ていただいて、午後の時間の大部分を費やしました。

私の「素朴な=あほうな」質問に笑いもせず向き合って下さったKズ電気のお兄さん、ありがとうございました。

分かったつもりがそうでなくて、それから一人で孤軍奮闘、やっと、このように、自分の部屋に来るシアワセにまでたどり着きました。

・・・書きます。

つまり、南相馬市の、あるところの、除染の仕事の入札。近い知人の話。

・・・うまく書きにくいです。

「こうすれば、除染後の放射性汚染水の大部分を、ほとんど汚染の無い状態に戻せる、川や海へ流せますよ」ということを、する予定だったようです。

水処理をしてから、川や海へ水を返す。汚染水から放射能を除かなければ、道路を洗おうと屋根をこすろうと、出て来た水を放置するなら、まったく意味が無い。汚染を移すだけ。最近言われるようになった「移染」でしかありません。

放射能の汚れを、凝縮して、小さくして、密封して、地下深くに埋める。

それ以外にいま、人間の住むあたりから放射能を遠ざける方法は無いのです。

それがそうでなくて。

細かい話は省きます。

水から汚れを取ることなんかは要らない。

ものすごく安く「除染」を出来る。

というところが、南相馬の、あるところの除染を行う。

どうするか。

土をはぎ取る。

高圧洗浄をする。

水は、そのまま、川へ流す。


以上。

除染ではありません。

土やコンクリートの汚れを、移すだけ、川も海も、汚れ放題にする。

はぎ取った土は、セシウム含みのまま、運んで、どこかへ持ち去る。多分(と、一応、記します)事故現場から近いあたりへ。人のいないところへ。現実に、そういうものが、見渡す限り、積み上げられている。処理しないまま、人目の無いところへ捨てに行くのですね。多分。

水も、放射能まみれのものを、そのまま川へ流す。

そのやり方が、あるところでは「除染」である。そう称する。

誰かがただすと、川は・・・省の管轄で、自分たちの仕事に関係ないと。

何かやっているなあと思わせて(実際に土をはいだり水で洗ったりはするのですが)実は、いちばん大切な「汚染を除く」ことはしない。

・・・自分の仕事の方面のことだから、KUONが悔しくて怒っている、と、思われるむきもおありかも知れない。

私が怒っている、いえ、悲しんでいるのは、自分の仕事がどうだからではない・・・少なくとも、それがすべてでは無いと、自分では考えています。

・・・そういうことを、していて、どうなるのだろう。

そう思う。

そういう業者がいて、そこに「見積額がものすごく安いから」あるいは「ほかにもあるがあえて書かない」ような理由があって、役人が仕事を投げる。

南相馬市は、大変、線量の高いあたりだと(勝手に)心配していて、そのへんの村長さんなどが「除染をしっかりしてもらって、村民を帰したい」など発言されたりもしておられ、私は、村へ帰れるかどうかはわからないと考えるものですが、そのお気持ちは真摯なものであろうと、感じてきていました。

自分が世間にうとい、甘ちゃんだと思い知ることが、このトシになっても未だに多々ありまして、後で自分を嗤うことも多い日々ですが、

これはいったいなんだろう、と、呆然となります。

除染。するのでないのか。

されたいのではないのか。

水を、そのまま流してしまってはいけないのに。


政府も東京電力も、責任とらないし。

地方の自治体も、いろんなこと、わからないまま、まじめな方はまじめに、そうでない方は自分のことだけ考えたりして、大きな利権、小さな利権、ちゃちな利権、国の将来も幼いものたちの未来も知ったことではない、とにかく、政府も東電も、もう、こっち向いてないんだから、と・・・なったら、怖いな。

嫌だな。

確かに正視できないものだって、ありますね。

見なければ、無いと同じこと。それもある種の事実。

それで済めばいいと思う、そう願いたい、そうあって欲しい。

今回の事故は、それで許してくれないと、考えてしまうので。

自分に関係ない、で、済めば、いいなあ。

・・・なんでもゆっくりのお考えで、この春ごろには、そういうやり方は「よろしくない」くらいの決まりが、できて来るそうではありますが。

既に汚してしまったもの、流されてしまった水は、元に戻れない。

先に騒がれた汚染コンクリートも同じ。

絶望するとか腹が立つとか、そういう感じでもなく。絶望などしたくない、しません。

悲しいな~、と、思っています。すっごく悲しい。

・・・放っておいたら、千年前の文化的遺産でも希少生物の巣でも、埋めてしまえ、見て見ぬふりしろ、だもの、なあ。そうだものなあ。

でも、この国が私も、好きなのです。

大切な、自分の国で。

片思いなのでせうか。









スポンサーサイト





  1. 2012.03.02 (金) 08:03
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん おはようございます

まったくね そのとおりだね

今日本を牛耳ってる人たちって学校の勉強がよくできた人たちでしょうな

物覚えが悪くて何度も何度も コツコツ学習した経験はない人か、、
自分がそうだから、、いうわけじゃないけど><;

あまりにもトントン拍子で人生走ってきて
置き去りにしてきたものがいっぱいあるのでは
日本全体がそういう流れだったものね

こんなこと言ってる私も人まかせで嘆くばかり
すぐに他で気を紛らわせるしね、、、

この間はまやさんの部屋で少し話してくださった事
水をきれいにして流す
放射能を分解するんだったかな もうすでにうろ覚えですが
少しでもKUONご夫妻の研究開発を取り入れる会社があるなら
それだけでも嬉しいです
希望が持てますもの

 
  1. 2012.03.02 (金) 23:26
  2. URL
  3. ディラン
  4. [ edit ]

出口なんか皆無なトンネルですね(−_−;)

こんばんは、KUONさん。

バイトに来ている、南相馬市のお嬢さんは
「春には帰れる。」そう言われて
千葉県に一時避難して来たそうです。

いったい何年先の春?
いや、何年経っても春は来ない⁇

「まだ若いんだから、新しい土地で
スタートするのもイイんじゃない?」
おずおずと聞いてみたら…

「知らない土地でストレスをためて暮らすのは、嫌じゃないですか?」
…そんな返事が返って来ました。

それ以上、会話を続けられなかったです私(−_−;)

新しい土地でのストレス…
そんなレベルじゃないんだよ!

本当はそう言いたかった( i _ i )


職場で彼女に逢うのが辛いです。

決断するのは自分だけど

もっとみんなに正しい情報が
キチンと伝わらなけりゃ(−_−;)


千葉県は今日も一日
嫌な嫌な雨でした。

ビニール傘を使いました。




 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・