今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

アホぬかせ。あ。

週刊文春の記事「天皇の理髪師 告白第2弾」

告白って何ですか~。緊急提言、とも言ってるが~。

この理髪師氏を、その職業ゆえに貶める意図は無いが。が、なんで「天皇の理髪師さん」に、こんなことそんなこと、皇室の男性たちがどんな大変か。聞きなさいよあなたたち、とか。

聞けよ察しろよ、民ども。とか。押しつけられなあかんのか、訳が分かりません。

「天皇陛下のビデオメッセージ公表から半年が経ちます。 『象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ』と陛下はおっしゃいました。この皇位の安定継承を願われる陛下のお気持ちを、どこまで忖度した議論が行われているのでしょうか」

天皇さんがおかしな動きをなさっている。そこを飛ばして、何か不服そうな上から目線、と感じるのは、私だけか。


・皇太子「滲み出るご心労と白髪」

・・・目立つほどの白髪、ナルさんのおつむに見かけません。公人が「心労によって髪が云々」と。バカなことを。小さな小さな会社のオヤッさんでも。うちうちでは何やかや言うことはあっても。

顧客に向かって愚痴こぼしません、こんなに俺さま大変といいません、国民に向かって何を恩着せがましい。

当の本人が言えないから、イタコを使って?。

ご亭主や愛息君が「こんなに大変なのよ、わかりなさいよ」キーキー。

と言いたくなって。

だけど、組み立てがまず過ぎるので、まっとうな文章には、残念ながら遠い感じ。



・「殿下には我々のような選択肢や自由がなく」

・・・言うまでも無いことです。比較するのが陳腐。

皇太子の調髪を始めたのは、「人格否定発言」から三年後、

>皇太子ご一家がもっとも苦境に立たれていた時期と重なる

とあるのですが、これも何だか。

「人格否定発言」は、皇太子が、驚いて真意を問うたらしい今上に対して説明・釈明することさえできなかった、どうしようもないタワゴト(もち、ナルさんの発想、語彙の範疇では無かった)ことを発しただけのこと、自分で自分の首を絞めただけのこと(自覚も無いでしょうが)、それを「苦境」と被害者めいて云われると、民は白けます。誰も頼んでないことを、やっただけです。

皇太子は、人を疑う必要の無いまま育って、いわれるがままの素直・・ん、素直なお方、といえなくもない、で、あれを、堂々と。

オランダへの私的な訪問を決行し(結果的にバカにされに行ったです)、天皇は誕生日の会見で、

「残念なことは愛子と会う機会が少ないこと」などと発言されたりして。

ちなみに、これに対して皇太子は、なるべく御所にあがるようにします」と言いはしたけれど、事態は変わらず、相変わらず会いに出かけはしなかったのでした。言っただけ。

とか、そんな頃に大場氏は調髪を始められた。

デンカの肩や腰がものすごく張って凝った状態だったと。

・マッサージをさせていただく私の手にも殿下のご心労が伝わってきました。

・「皇太子の孤独」は、痛みや辛さを一人で抱え込まれるところにある

とか言ってる。天皇は

「天皇は孤独なものだが、(美智子が)それを共に背負ってなんちゃら、とか言うておられたが。

皇太子の孤独を、共に担ってくれる妃はいてへんのやな。

あー、かわいそ。自分を甘やかすのがお好きな父子でいらっしゃる。そういうことを、軽々しく言うな。すべて、周囲を責める言葉になるんじゃよ。ホントにしつけの悪い人たちです。

忘れたのか。そうか。

[あー、しんどいよお]。それを言えないのが「王者の孤独」の由縁でもあるのに。


理髪師は皇太子に、マッサージを受けたことはあるかと問い、でんかは「ありませんね」と答えた。

・国民は体が辛ければマッサージや整体にかかるが、デンカにとってマッサージは贅沢で、依頼する発想すらないようだ、と。

・・・ミテコさんは、一回たしか五万円とかの造顔マッサージ(?)を受けておられた。施術者名もわかっている。急死された、あの方でした。御所へあがって施術されていた。着るものにも、マッサージ代など問題にならない費用を投じているのは言うまでも無い。

またこたまは、結婚してからも何度も、鼻のてっぺんや二重瞼や、お直ししておられるとお見受けします。顔に何か入れたりぬいたり、けっこうお忙しそう、皇族だから健康保険にも入っていないし(笑)(美容整形にはもともと適用できないしね)、あのお顔に、なかなか多くのオカネを注入しておられる。

お金の投入は、他の方面へも。

マッサージにかかることをしない、など書かれても、質素なのね、と思わないです、何を思考誘導しようとなさっているのか。

「庶民なら凝ったら受けるマッサージ、皇太子デンカには贅沢」なんて、物言いは止めてたもれ、と言いたいです。

そして

ナルさんの髪質は陛下と違って柔らかい、ともあります。ここ、どなたかならギクリ、とされるとこではないか。

では、誰の髪の質に似てるの? とか、突っ込みたくなる方も、おられるであろう。

昭和帝も今上も、おぐしはフサフサ。髪が途絶えて行かれるのでなく、白くなって行かれるタイプ。ナルさんは、おそらく頭頂部、ほとんど、無くなってしまわれた? ひいお祖父さんの久邇宮王のごとく。

ハゲは悪くない。ハゲは当人の責任ではない。ハゲは、人によってセクシーでもある。

と、前もって書いておいて。本当のことですから。


この理容師さんのこの「第二弾」。ナル氏の「ウィッグ」に関しては、全く触れられていません。

心遣いなのか何なのか。触れられていないので、実はこんな・・と、お知らせしたくなってしまいます。

も一度言う、ハゲは悪くない、カツラも仕方が無い、だけど、ナルは日本の皇太子、というのが自称でないのなら。

こんな風にあからさまに、仕事中の立場のヨワい方を戸惑わせるような、モノを、使っていられては、どうなのよ。

私はそう思います。

1478304848052.jpg

あざける意図は無いのです。ホントです。ホントです。でも、これはひどいよなあと思います。

「どうせ私をダマすならダマし続けて欲しかった」こういう心理もありますよね。

杜撰なんです。姑息かつ杜撰。隠すべきことなら、隠すに徹していただかないと。

でも、やり方があれこれとおバカなので、わかって来てしまっていて、それは、大変、よいことです。

マッサージに関してはかなり書かれています、脾臓のあたりのシコリ、にも触れておられる。脾臓はこわい気がします。あ、心配しているわけではないです。

「頻繁に検査を受けられるので特に問題はない」

とのことですが。

ここは、もろ、プロパガンダの部分ですね。皇太子は、頻繁に体のチェックを受けていると、大声で言っている。

それであるならポリープももっと小さなうちに発見できたはずと、手術の後で言われていたことはどうだったのか。

現在のずぼんの中の「尿袋?」についても、現代的な医学的な対処がなされていたのではなかろうか。


なんで体がそんなに凝るのか。あの方の仕事って何だったかな、まだ五十代。

「行啓先のお車の中から、沿道の両側で奉迎する国民に対して右に左にお手振りをされると、腰が重心となって負担がかかり、腰がとてもお辛いようです」

これ。

ケンカ売っておられるんですよね、きっと。

これで腰が辛いと。ぢゃあ、どこへも行かなくていい、お手振りしなくていいよ、もうこれから。

ふざけたことを。振ってくれなくていいです、手。あのツマももちろん。

ツマといえば。

 東宮大夫の記者会見によれば、

 冬季アジア札幌大会(19日ー26日)の開会式に、雅子は行かない。

 医師団(団だと?)によれば

「寒い時期であり、2泊3日の日程の負担などを踏まえ、訪問を見送った」

なんだそうだ。

 皇太子は19日の開会式に出て26日の閉会式も出る。

そうです。寒いと溶けるのか、またこたま。

この話がするりと通る、日本の皇室。


硬室。肝硬変、の「硬」ですか。


・皇太子の表情が明るく輝き出したのは、東宮御所の改修工事のため、平成二十年八月から十一ヶ月間、東京・赤坂見附の「OHBA」サロンに足を運ばれるようになってからだと。

以下の部分はBBさんのところから頂いてまいりました。

>あら? マッサージ代を節約なさるお方が、護衛群に費用をかけてわざわざ遠征?

ところで、ヤフオク事件って御所の改修工事の時期とかぶり気味ではなかったっけ?

改修となると、あちこちから色んなお道具が引き出されて来たのでしょうねぇ。


記事:平成二十一年秋から、東宮御所の新しいご理髪室でご調髪を行うようになった。

「『この部屋(サロンの個室)が気に入ったので同じようにしてもらいたい』と、サロン同様のレイアウトで、収納式のシャンプー台も設えられました」

あら? マッサージ料金を節約なさるほど、慎ましいという設定ではなかったでしたっけ?

「殿下は『陛下も大変ですね。(名代としての国事行為の)署名捺印は本当に大変で、とても肩が懲ります」

ん、まぁ!! 署名と捺印で、肩が凝って大変なんだそうですわ、奥様!!
普通に働いているサラリーマンなんか毎日、拷問ですわねっ。

記事:11月16日には、ブータン国王夫妻を迎え、歓迎行事やご会見、宮中晩餐が行われた。雅子さまは愛子さまのお付き添いで学習院初等科にいらしたため欠席され皇太子お一人で臨まれた。

ざけんじゃ、ございませんわよ。床屋、これを皇太子が公務に対して真摯と褒め讃えるのだけど、どこの亭主が賓客が訪れるのに、自分の娘の毎日の通学のほうを優先させる女房を許します?

はっ倒せ、こんなクソ女房。

雅子妃は公人です。団地住まいの、そこら辺の主婦ではないし。
一国の礼儀と品格とがかかることを、皇太子もだらしのないこと。
これで次代の天皇と皇后が務まりますか?

この10年は、雅子さまにとっては適応障害の治療と、愛子さまの子育てに全力を傾注された年月だったと言える。

知ったことか。適応障害なんてのは、適切な治療が施されれば、10年なんてかからず1年完治が常識。何の病気かも国民は知らされず、治療方針も出されず、その場しのぎのドタキャン、ドタ出。それほど治療と子育てに専念したければ、皇室を出ていけばよかっただけのこと。

何かあるたび「病気療養中」で「医師の助言」で、出ない、行かない。
スキーとレストランは別。

「『白髪というのは、一体どうしたらいいのでしょうかね』とご相談があったのです。スティックタイプの洗って落とせる白髪ぼかしをお使いいただくようにしました」

・・・・・ってw 波平さんの、あの頭頂部の禿げた部分ではなく、周辺に残った白髪のことね。

いえ、ハゲを馬鹿にしてるわけでも、白髪を嗤ってるわけでもありません。
隠した上に、床屋を使っていかにも禿げてないふりををするのが
姑息です。人の口を通して、摂政制度も知らない無知な国民を味方につけ政府に文句を言う父親と姑息ぶりがそっくり!

記事:生前退位の法案が可決されれば、再来年にも皇太子が天皇として即位する。病気療養中の雅子さまが。皇后としてどのようなお務めをなさるかは未知数の中、新たな時代を迎えることになる。

雅子さまは今の延長ですわよ。皇太子もそのまんま。祭祀は出来ず。祭祀無き皇室の寒々しい始まり。せいぜい、廃太子廃妃メールを送りましょう。

「『人間・徳仁親王』が思い孤独を一身に背負われながら、生身の人間として長き戦いを歩まねばならない人生に、もっと寄り添い、深く思いを致すべきだと思うのです」

それ、皇后のお役目です。失格皇太子妃はとっとと追い出して新しいのを、迎えるべきだったので、それは国民の知ったこっちゃありません。

人間とか、人格とか言い始めたら皇族止めたほうがいいです。

天皇としての孤独とやらは今上も口にされたけど、そのお覚悟がつかないのなら皇太子時代に、理由を設けて皇位継承権を手放すべきでした。
しっかり継ぐ気だけは満々で、自分が天皇になったら午後5時には仕事を止めて、それ以降は家庭生活を大事にする、と口走ってらしたと当時のご学友の証言がございます。

「本来皇室内のことは明らかにすべきではないと思いますが、私が拝見した陛下や殿下のお姿をお伝えすることで、我々国民は御簾の奥のことだと遠巻きにせず、皇室と国民の垣根が取り払われることを願っています」

明らかにすべきでないなら、黙ってなさい、っての。
垣根が嫌なら、政府専用機やお召し列車は止めるのね。
垣根が必要だから、莫大な経費でものものしい警護もついてる。

本来必要な秋篠宮家には手薄で、愛子さんなんか降下して普通の人になるのに、10人もの警護。

しかしまあ、理容師がハゲカツラの皇太子を語るなど、突っ込まれるに決まってることを、バカ? 喋るほうも、喋らせるほうも。

イギリスの女王陛下は90歳におなりですが、生前退位などとおっしゃいません。


BBさん本当にありがとうございました。


1465947591635_20170211202730991.jpg

見るたびにフクザツな思いの湧く画像。

この男性が、こうして頭を低うして迎えるにふさわしいデンカヒデンカなのなら、こんなにも物悲しい気分にはならないのでは~、という気分です。

ウィッグも、白髪混じりのものや、それが目立ってくれていないモノが、ある気がするのですが、臭わないように複数お持ち、が、正解なのでしょうか?。

この人に何の仕事が出来るのでしょうか。

あの妻が何をするって。


アホぬかせ。あ。






スポンサーサイト

コメント

アホらしい(関西弁)

突っ込みどころ満載 過ぎて…

安っぽい ロイヤル・コントかな (´・_・`)


この人はかわいそうな人なんです。
次期天皇なのに、ずっと車の後部座席に座っているのですよ。

雅子さん>愛子さん>犬>皇太子の序列はかわりません。

一度、宮内庁に電話で聞いてみたことあります。

あの序列は、おかしくないですか?

宮内庁職員曰く
「ご家族での話し合いで決まりましたので、何も申し上げることはございません。」

ご家族での話し合いで決まったのネ。
こういうことって、東宮擁護派には
なんか決まった言い訳があるんだろうか?
皇室にはいって心を病んでしまわれた雅子様にせめて外の景色がよく見えるように、と皇太子が案じてとか?
右に左にお手振りすると、腰を痛めるからわざと後部座席にしておられるとか?

毎日、今日こそ早く寝よう、と思うのに…
毎日、あやつらのことがニュースになり、腹が立って眠れません。

期待を裏切らない雅子様。
北海道は寒いから行きませんっ!キリッ!

もう二度と出てくんなやっ
ってひとりごと言ってましたわ。

マタコタマ

でも、春スキーは行くのでしょう?!

静養だと、
好きな時間に食べて、飲んで、昼寝して、

でも、
公務だと、時間が決まってるから。

普段は、もう、グダグダな生活なんだろうなぁ。。。





家政婦は見たの男版か

初めてお邪魔します。

サロンの名前を「OHBA-kA」に改名すべし。一介のお抱え理容師の分際で陛下や皇太子の問題点を侍従に訴えるのに取り上げてくれないと不満に思うなんてこの男何様?よく注意されなくて済んでるのが不可解。ついに一介の使用人をイタコに使うよになったんじゃ終わり。

それにしてもこの御仁マッサージ師の資格も持ってるの? 普通の頭皮や両肩はおろか腰やあちこち触りまくっている感じ。
陛下に対するような畏れおおさがまるでなくやたら馴れ馴れしい。
脾臓にしこりがあるようだとか調髪する箇所がないからその時間を熱心にマッサージ に当ててるのか全身全霊で揉んでいるようで何だか気色悪い。

記事では雅子の話題は全く出ず一度眉のガットを話題にした時に「雅子が」と言ったきりハッとしたように口をつぐんだとあった。家庭内の序列がハッキリと分かる場面でこれはGJだ。やはり妻に怯えているんだ。なんと言う情けなさ。
この惨状も地位のために冷徹に見て見ぬふりを続けてきたのが女帝の姿だ。
母親の情愛などかけらもない慈愛の人。

皇太子が気に入ったと言って金に糸目を付けずにそれこそ湯水の如く使わせて個室サロンと同じものを東宮御所に作らせたとか自慢が暴露になっている。
料理がひとりでにテーブルの上に並ぶと思っていた
幼児の頃からほとんど成長してない子供皇太子。資質も能力もないからお手ふりや署名捺印だけの仕事でも大変だの疲れただの言うんだろう。
そんな能無しヘタレの子供天皇を国民に押し付けるな!

「寒いので」って。

「まとめ安倍速報」というまとめサイトに、
マタコさまの北海道に行かない理由に関するスレッドがまとめられていました。

寒いから行かない、って、ひどい話です。

「それなら、熊本に行ってこい!」と言う人もいて。

2チャンを見る人も多いけど、
いろいろ探したくない人は、
まとめサイトをざっと見ます。

保守系のまとめサイトに、出ちゃったねぇ、マタコさん、
みんな怒っていますよ。

・華さん


アホらしい。いやさ、アホ。本物の。

この理髪師さんもa・ho。サロンに、コウタイシと写っている写真を飾ってるの(笑)。手形張って行けばいいのに。どなたかが写して帰って、手相判断してくれるのに。

一般人なら気軽に受けられるマッサージ、コウタイシにはぜいたくだと。よく言うわ。

一般人は(わたしなどは、ですね)、自分ちのマッサージいすにかけて目を細めて肩や腰をいたわっておりますの。ほんとアホや、この理髪師。陛下とは髪の質が違うと。

びっくりしましたやんか。

春スキ―に行ったら。今まで何度もそーぐーして、どいてくれと制する警護の方に(警護に罪はないが)なんで納税者の自分がどかなあかんのや、と文句言うて来た知人。

ぱっきりもの言うオジサマが、今年は言うよ。黙ってへんって。

話題が出はじめたら、ネジ巻に行きます。私はスキー場に行けないけど。けっこう、言ってる人はいるんですよ。警護の方々気の毒なことあるって。ナルマサはバカだからわからんやろって。


・たまき さん

>宮内庁職員曰く
>「ご家族での話し合いで決まりましたので、何も申し上げることはございません。」

絶句ですね。

私も、他のことも書きたいですが、あれやこれや出て来て、はああああああああ?な日々で、勝手に気にして勝手に疲れてる・・・これも、アホですね(笑)。

どんどんきちゃない言葉も使いたくなる。

>もう二度と出てくんなやっ

あああ、これ、あの、ぬちゃくちゃの顔に向かって、叩きつけてやりたいセリフです。


・ジェリコ・デ、アルジェリマンさん


ホントのはなし、そこ知らなかったので行って来ました。

紀子さまの雪まみれの画像、自分で秘蔵していたのと違うものが見つかり、さっそく記事にさせていただきました。

ありがとうございました。

でれでれ草さんのとこに、なぜか人形を抱っこして列車の窓の内部にいるミテコさんがいて。

あれはいったい、何なのだろう? むかしに見て、これも記憶に残っていまして。

・ラピスラズリさん


私の不注意で、お返事を飛ばしてしまったようです。

ごめんなさい、許して下さると嬉しいです。

怒っておられることほとんど同意同感です。

妙に恩着せえがましく「質素」アピールしながら(誰の指令?)

>皇太子が気に入ったと言って金に糸目を付けずにそれこそ湯水の如く使わせて個室サロンと同じものを東宮御所に作らせたとか自慢が暴露になっている。

>料理がひとりでにテーブルの上に並ぶと思っていた

これね。矛盾なんです。東宮御所に最新式キッチンを作らせて、夫や子に料理つくっていた、というのも、美智子伝説の一つ。なのに、食卓に料理が並ぶと思い込んでたナルさんを、大膳に伴って。

って。アホですよ、どっちも自分でひろめたのでした。


>そんな能無しヘタレの子供天皇を国民に押し付けるな!

私は、あれが天皇になるのなら、もう皇室など見向きもしない日本人になる所存です。

失礼しました、またいらして下さいね。

KUONさまお返事ありがとうございます

わざわざ追記して下さってありがとうございます。
印象に残らない文章だったかなと思っただけで許さないなんてあり得ませんよ。
「OHBA-kA」に改名すべしは我ながら密かに座布団進呈してたんですけどね。

陛下がシャンプーしないとかナル盆がたいしてやってもないくせに自分の無能を棚に上げて公務を大変だと愚痴りまくっているとか案の定雅ドンに怯えてるとか脾臓にしこりとか本当は隠しておきたい暴露のてんこ盛りをよくあの女帝が許可したなと益々意図が分からなくなってきましたよ。
悪知恵の巡らせ過ぎでもしかしたら陛下以上に進んできてるのかなとも。

公務に意義を見出だせず陰では不平不満だらけだったと分かって有り難がる国民なんているんでしょうか?
こんな暴露記事が出ても批判しなかったら
日本人の根っこが既に中から崩壊してるってことで世界中からバカにされてサンドバッグ状態になってもへらへら笑ってるナル盆天皇と同じレベルってことでしょうね。
見事に皇室内部から食い荒らされてしまいましたね。
獅子身中の虫の正体は皇后だったのですね。ここまで権力を許した陛下の責任は重いですが最近の無邪気過ぎる笑顔と嬉々として腕組んで歩いている姿を見るともう苦悩も反省もない世界に行ってしまっているような思いに沈みます。

精神的支柱になれない皇室はただの金食い虫で国家に何も益をもたらさないなら存在意義なし。朽ち果てていく他なし。
雌鳥が鳴く家は傾くの通りになりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3894-e0d4054a

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん