KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 0
  3. cm: 8
  4. [ edit ]

見えない。

81e9482e.jpg

先日、葉山へ静養に出かけた今上夫婦。

奥方のペースで散歩やお声かけやあれこれ、親しい方のお宅へ食事に招かれ、ずいぶん遅く、10時はとっくにまわった時刻に、御用邸に戻られたり。

お疲れになられたのでは、陛下。

陛下。お顔も手の甲も浮腫んでおられます。

シャンプーさえ今はずいぶん間遠だというおぐしが、乱れておいでです。

今日はこれ、、じゃんじゃか歩数をかせげそうな、おみ足もお丈夫そうな奥方ですね。

けっこうぞんざいに、ぐいぐい引っ張られておられますね、陛下。

陛下。

おずぼんのセンターラインは、プレス仕上げでないですね。

おうちの中でお召しの、普段着ずぼん?。

陛下。

絶句もの。

皇室の長に見えないです。


1486636039166.png


警護の方がそばについておられる。

愛子さんらしいのですが。

顎のラインが削れて見えるのは、マフラーの具合なのか、どうなのか。さすがマフラーは上等そうな。

頬っぺたに肉が無くなっている。口の形も失礼ながらお魚みたい。おいしいごはん、召し上がっていないのか。

瑞穂の国、日ノ本の内親王さんなのに。15歳なのに。

15歳に見えないです。



スポンサーサイト


  1. 2017.02.09 (木) 22:59
  2. URL
  3. ゆき
  4. [ edit ]

愛子さん、上の写真で見る限り誕生の時よりも
もっと痩せて見えますね。
その後快復してないですね。
登校してるようですが、心配ですね。

  1. 2017.02.09 (木) 23:11
  2. URL
  3. きのくに
  4. [ edit ]

しばらく見ないので心配していました。よかったとは言えないですね。
こんなに痩せても療養させない。それを許さない何かがあるのか、ただ愛子さんが痩せた事を問題にしてないのか。雅子さんは、体調の波はあっても痩せる事はなかった。
春には高校生。楽しく通えるといいですね。
  1. 2017.02.10 (金) 00:09
  2. URL
  3. [ edit ]

なんだかなぁ…
残念な人達…


愛子様?影子さん?
どちらにしても、薄幸感がハンパない。

栄養が良く無い時代の…
まさか、結核とか…そんなイメージの痩せ方。。。。。

それにしても、マタコタマは、あんなにも体調の波で長年苦しんでいらっしゃるのに、痩せないのよね 。不思議だわ。
きっと、周りに心配を掛けないように、
「宅配ピザ療法」されてるのね。

  1. 2017.02.10 (金) 14:55
  2. URL
  3. おとめ
  4. [ edit ]

ごむぱっちんさんなりふり構わずですね。

長男に位譲は何時になるか分からないので、手っ取り早く夫君を連れまわし疲れさせ風邪から肺炎になればいいなの意図のもとに焦りまくっているように見えます。

もっと明確に手に掛ければ・・ばれたら怖いから引っ張りまわすのが関の山か。

創価朝鮮取り巻きにそれ専門の部隊がいそうな気がするのですが。

認知症は重いのではないでしょうか?

判断する能力は失われはいはいと受け入れて暑さ寒さも感じないような。

愛子ちゃんが影武者ならば、あんなに醜くひん曲げられた鼻ひとつをとっても精神は壊れます。

攫ってでも療養させてあげてほしいです。

もう誰一人正しいことをする人はいないのでしょうか?

  1. 2017.02.10 (金) 18:59
  2. URL
  3. 焼酎のお湯割り
  4. [ edit ]

義母は「年寄りほど普段から身なりを整えないとみっともない」と義父の着るものには気を使っています。
陛下はどのような格好をされていても陛下なのですが、人前に出るときにくらいはワイシャツだけのノーネクタイはやめていただきたい。ウチの義母ならあんな姿で出しません。スタイリストがいてもミテコさんが承知しないのでしょうね~。
そして愛子さんとされる方…。ウチは中学生の通学路に面しているのですが、あの年代の娘さん達はいつも天真爛漫で健康美に溢れています。あの無表情で不健康な顔立ち。箸が転げても可笑しい年頃の娘さんとは思えません。痛々しいです…。


  1. 2017.02.10 (金) 21:33
  2. URL
  3. ジェリコ・デ・アルジェリマン
  4. [ edit ]

コートの下は?

KUON様、どっちも困った写真ですね。

おふたりの写真は、ふたりともみっともなくて。
正気じゃないし。
ミテコさん、腹、出てるし。

アイコ?さんのほうは、コートの袖口から見える肌色のは、何でしょう。
制服?
制服の上にカーディガン?肌色の?
それとも私服?ほんとうに登校中?

登校する姿には見えないし、髪の毛までやせてしまって。
15歳には見えないです。

文春第2弾では、床屋さんが皇太子のことをいろいろ言ってるとか。
ミテコさん的には、言ってほしくない内容のように思えます。

油断できない展開です。わくわく、ぶひひ。
  1. 2017.02.13 (月) 19:28
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事遅くなりました



・ゆき さん


そして最新(?)の写真はもう、体内に血が流れている感じがしません。

若いので押して動けるのでしょうか。陰子さんだの愛子さんだの以前に、大人が放置していていいとは思えない・・ですが。心を病んでの結果だとすれば、本人は「何ともない」ことが、ままあります。

といえども。確か内親王さんのはず。周囲に人材は、日本中のどなたより豊富にある・・・はず。

歪んでくるっている。親はあれなので、どうとしても、慈愛の、完璧な、ミテコさまが、お孫さんを「つつがなく」と仰せでした。放っておけないお子なのに。よそのお子でも。


・きのくに さん


春には高校生。楽しい時代ですよね、きっと。

でも愛子さん、進学がどうとか言う前に、体がもつかどうか、になって来る。生理も停まり、骨も脆くなりますね、この痩せ方だと。脳にも栄養が不足する、若さだけではどうにもならないと思います。

本人は気にしていない状態・・・病気ですよね。病気なら、治してさしあげないと。

あの両親のもとにいては、ダメだと思います。以前からそうだったのだと思います。

無責任で冷酷な、内廷の大人たち。


・華さん

・薄幸感・・・どうでしょう。見ている方が辛い、それはあると思うけど・・顔つきももう、変わってしまっていますね(そうですよね?)

ブランドバッグだけ持って、どきへ向かっておられるのか。学校へ? なんか違うような・・

既に「そういう」状態に見えます。ものをしこたま持って、どんどん進む。目が、そういう感じです。

結核。また盛り返して、強力な菌になっているとか。昔の療法ではどうにもならないような。

またこたまはタフであられて、娘がどうであろうと、食うだけは食う、の人生を行っておられるでしょう。そんな気がします。



  1. 2017.02.14 (火) 20:25
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

お返事遅くなりました。


・おとめ さん

陛下のお年を思えば、認知症のことは、そうなのでしょうね。

陛下の罪ではない、それを、都合がいいじゃら使えるように使っている・・言葉は悪いですが・・・周囲に問題が、大ありだと。

夫人の方も、完全に「抜けた」感じの時と、ぐいぐい天皇陛下を引っ張り回している時と。顕著です。

マダラ、といえば便利か・・。

若いお嬢ちゃんのことを、誰も本気で考えていないのか、ですね。

さらってでも。ホントにそうですが、誰がそういった献身的な没我の愛を、向けてあげられるのでしょうか。

もう、壊れておられる表情、最新の「愛子さん」。じじばばは鑑賞楽しんで。


・焼酎のお湯割り さん

昭和帝は自室でも背広姿で、と、言われます。今は時代も違うとはいえ、人前に出る時の陛下には、ノータイは妥協するとして、ジャケットはあらまほしいです。カジュアルなスタイルでお洒落に、というセンスは、奥方に無いのですし。美智子さんのずぼん姿のひどいこと。いまどき皆さまお洒落です。ひどい言い方ですが、ホントです。あんな老婦人、近所におられません。


>判断する能力は失われはいはいと受け入れて暑さ寒さも感じないような。

葉山でも、もごもご仰っておられた。数年前までは、まさこを嫌がるそぶりも見せておられたし、長男にもそうでした。

今の陛下は、操り易いお方なのでしょうね。これもひどい話ですね。


・ジェリコ・デ・アルジェリマンさん


黒犬の黒いつぶらな瞳にやられておる私です。かわいい・・・。

ね。

ミテコさん、お腹出ていますよね。

お相撲見に行った時は、あんなお腹でなく、胸もお腹もペッタンコ、と見ました。

あんなに太られたのですかしら、頬もふっくらです、あのシーン。

愛子さんの(?)最新の姿。あれ、登校中とは見えません。右手の紙バッグは空っぽのよう、左手の歯、何やらいっぱい入っていて、通学かばんでないです。あの学校は、制鞄があるのですよね。

表情もうつろです、単に、ずんずん、前進しているようです。

まさこの言うことはもう、聞かないのではないかな・・・ぷっつんと切れたら、ご本人が楽ですね。

痛ましいです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・