KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

何といいましょう。



お尋ねがありましたので、自分ももう一度読んでみたかったし、探してみました。


>実話ナックルズ 2004年7月号

群馬県T部落   文・上原 善広

同 和 地 区 指 定 さ れ て い な い 理 由 あ り の T 部 落

 群馬県T駅に降り立ったのは午後3時くらいだろうか。私は駅を出ると横を通り
駅舎の裏側に出た。
 部落は必ずしも一律全てが悪条件な場所にあるのではない、ということを以前
に書いたが、ここはそれとは正反対。いわゆる今までの偏見どおりの、条件が悪
悪い部落に入るか。 以前の地名は「××町」といい、道端の案内板によると、
昔は湿地帯の中を曲がりくねった道が続いていたので、それで××とつけられた
と、道端の案内板は解説している。
ここは非常に説明しにくい部落だが、非常に貴重な部落でもある。なぜなら
、ここから女性が一人、皇族に嫁いでいるからである。そもそもこの土地につ
いては、ある研究者の方に紹介していただいて知ったのだが、最初は私も半信
半疑であった。しかし今回実地に歩いててみて、それを確信するに至った。
 まず、日本有数の企業N社がここから誕生しているのだが、女性はその社長
の娘だった。地元では「粉屋の娘」と呼ばれていたという。何代にもわたって
記録的な成長を続けてきたこのN社だが、それはやはり「差別からの脱却」が
まず根本に、怨念のようにあったからであろうと思う。江戸期から商いに奮闘
してきたその歴史は、彼の地にあるN記念館でも辿ることができる。老舗の醤油
屋も現在彼の地にあるが、その醤油屋から分家してできたのがN社である。「こ
な屋」と「醤油屋」はいずれも女性の一族の経営で、 故に彼の地ではうどんが
名物となっているが、これは不味いのであまり有名でない。醤油もそう良質な
醤油でなかったと聞いている。

駅の裏にはそれらの工場群が散在する。日本を代表する大企業であるから、
本社はずいぶん前に東京に移してあるが、工場は小規模ながらまだこの発祥の
残っている。いずれも古い施設だ。その工場の一つをぐるりと回ると、その裏
にひっそりと、これもまた古ぼけた白山神社が祭られている。白山神社の周囲
には廃屋と呼んでもよさそうな、朽ちかけた家々が並ぶ。ここは女性が皇族へ
嫁いだため、行政から同和地区指定されなかった。 指定を受けると部落とわ
かってしまうからである。家々の横を泥川が流れる。
「貴 あ れ ば 賎 あ り」か ら 真 に 貴 も 賎 も な い 時 代へ・・・
 私はこのような事実をことさらスキャンダラスに書いて、読者や部落民の劣
情に訴えたいのではない。休刊した「噂の真相」三月号でも書いたが、この事
実を考えると、私たち「平民」よりも皇族の方が先進的ではないかと思うのだ。
なぜなら皇族は過去の身分上、最高位にいる。その彼らが過去の身分上最底辺
の部落民と結婚するなどということは、身分社会の崩壊を意味しているからだ。
ただ「平民」と「部落民」の結婚差別どころの騒ぎじゃない。無論、皇族や宮
内庁内には数々の激しい抵抗があったと予想できるが、私たちにそのことをう
かがい知ることはできない。
 私はこの事実を知ったとき「さすがは象徴天皇である」と、心の中で喝采し
た。私たちも税金を払っている身である。しかし、この事実は、公表されて初
めて意味を成すことである。公表すればそのまま、差別に対して皇族の先進性
がアピールできるではないか。これをもって「部落解放」を宣言しても良いく
らいの、画期的な「事件」なのだから。

 しかし、それはされなかった。そうした事実がまことしやかに広まることも
ほとんどなかった。一部の研究者や関係者だけの心に留め置かれたのである、
なぜか。
 女性が結婚したその当時は、残念ながら差別はまだまだ悲惨なものだったか
らである。
 しかし、これは快挙事であることは間違いない。現天皇が自らの祖先につい
て朝鮮半島を持ち出して一騒動になったことはまだ記憶に新しいが、今思えば
彼らしい自由な発言であるといえる。そして今回の皇太子による「雅子のキャ
リアや人格を否定する動きがあった」という発言は、この父にしてこの子あり
、真に勇気ある堂々とした発言だ。周囲の関係者や宮内庁職員の方が、天皇家
よりも閉鎖的で前近代的なのだろう。正に皇室の新時代の幕開けと見て良い。
私は今まで松本冶一郎の「貴あれば賎あり」を信じてきたが、これからはそん
な古臭い言葉なんか放棄したい。真に、貴も賎もないのだとしたい。
 こうした事実を、この稿で堂々と具体的に公表できたらいいのに。そして地
名も堂々と公表することができたとき、部落解放は成されたと見ても良いと私
は思う。
 彼の地を歩いたその夜、たいしてうまくない田舎町の飯と酒と女だったが、
それはたいそう私のはらわたに沁みた。彼らの「歴史的な結婚」の四十年に乾杯 <
しようではないか。


以上です。

この上原さんと仰るルポ・ライター氏、検索するとすぐにあれこれ出て来ます。著書も多いようです。

この記事は今から13年前のもの。今より受け入れられにくい状況下だったように思います。当時の私なら、アタマから信じなかったと思います。

まさこさんが皇太子と結婚するとなった時に、当時の官房長官だった後藤田氏が、皇居の前にむしろ旗が立つ、と反対された。

まさこさんについて、皇太子妃を迎える当然の調査をしようとしたら、解同から強いクレームが入った。で結局、身元の調査はなされなかった。

とは、知られたこと。

その一世代前の美智子さんの身辺は、調べられなかったのでしょうか。鳴り物入りの入内ではあったのでしたが。


何度も尋ねて下さったYさん。

館林・皇后とは、上記に由来する呼び名と思うのですが。いかがでしょう。

・・・このルポに、宮内庁その他からの「ものいい」がついたとは報じられていません。

私の知る限り、ではありますが。


皇后さんが、雑誌媒体やテレビ・ラジオなどの報道についてどんな態度であらせられるか、私は前回の記事に、

「事実でない報道には、
 大きな悲しみと戸惑いを覚えます」といった要望を宮内庁職員や記者クラブにしている。
 事実と違う場合は徹底して争う、という明確な意思表示、自己主張をする(p137)。

皇后は女性誌であれ一般週刊誌であれ、テレビの皇室番組であれ、
 「ここは事実と違う。どうしてこういうことが正されないのか」と頻繁に言う。


と、引用させていただいています。今でも時々、宮内庁からのクレームは発せられる。

新聞、雑誌、テレビ番組へのチェックは厳しくあらせられるようで。今上夫婦のことのみに関わらず。

東宮家についても、あれやこれ。

一例を挙げれば・・・いま目についたことで・・・以下のようです。

宮内庁:小学館に抗議文 女性セブンの雅子さま記事めぐり 
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101225k0000m040037000c.html
http://megalodon.jp/2010-1224-2019-51/mainichi.jp/select/jiken/news/20101225k0000m040037000c.html

1 名前:そーきそばφ ★[] 投稿日:2010/12/24(金) 19:15:27 ID:???0
宮内庁の野村一成・東宮大夫は24日、女性セブン12月31日・1月1日号の
「皇太子妃雅子さま 皇宮警察も大混乱 かまぼこ工場見学事件」の記事で、
事実と違う記述があるとして、出版元の小学館に抗議文を送ったと発表した。

記事では、愛子さまが校外研修で神奈川県小田原市のかまぼこ工場を訪れるにあたり、
雅子さまの同行が直前になって決まり、
宮内庁と皇宮警察が大混乱したことなどが記述されている。

野村東宮大夫は「雅子さまが同行する計画は1週間前から決まっており、
関係者と十分打ち合わせをしている」などと述べた。

小学館は「誤解を与える表現があったら遺憾」などとコメントした。【真鍋光之】

「女性セブン」(平成22年12月31日・平成23年1月1日号)に
「皇太子妃雅子さま 皇宮警察も大混乱 「かまぼこ工場見学事件」」の
見出しで書かれた記事に関する事実関係及び宮内庁東宮職としての対応は
下記のとおりです。

1. 「女性セブン」(平成22年12月31日・平成23年1月1日号)の
  「皇太子妃雅子さま 皇宮警察も大混乱 「かまぼこ工場見学事件」」と題する記事には,
  東宮ご一家に関するいくつかの事実無根の内容が含まれております。

  とりわけ,妃殿下が前日になりお付き添いを決定されたため,皇宮警察をはじめ
  関係者に迷惑をかけた旨の記述は,全くの誤報であり,今回のご視察への妃殿下の
  お付き添いは,既に一週間前には決定され,関係者との十分な打ち合わせを経て
  行われたものです。

  また,敬宮殿下が付き添いの上現地参加されたことについては,学習院初等科と
  事前に十分相談の上,学校の計画に沿う形で実施したものです。

  この他にもこの記事には多くの事実誤認があります。

2. 宮内庁東宮職においては,「女性セブン」編集部に対して,
  事実関係の誤りを指摘し,抗議しました。


例えば ↑ のごとくすったもんだ、するのですね。

一週間前に決めたり決まっていたり。決まったことを決められたように動くお方だったり。

そうなのなら、これは、書いた週刊誌がイケナイ。

週刊誌の「雅子さまいじめ」になるであろ。← 当時は、こんな論調も多かったのでした。

天皇よりお強い美智子さん。

美智子さんに何も言わせないマッハの強さのまたこたま。

どこのどなたが雅子さんを苛めるなんて 快挙 暴挙を成し遂げえたか。


おそらく、ここ数年の日本史の中の事実が、あばいたりする。


のではないでしょうか。

美智子さんのことも。

まさこさんのことも。

そう、考えています。


事実でない報道には、
 大きな悲しみと戸惑いを覚えます」
 

とおっしゃる皇后さん。

事実でないことばかりで目くらまされてきた、民。

嘘ばっかりついて来た内廷さんたち。どん詰りまで来て、いま、どうなんでしょうか。

悲しみや戸惑い、なんてきれいごとではないですよ。

愛子さんどうしておられますか。


1485062468791.jpg


1478870782911.jpg


1474896714789.jpg


1483367893630.jpg




スポンサーサイト

コメント

海上自衛隊の船を改造させて、
船を実質 何ヶ月も使えなくしたり、

一度しか着ないドレスを作りまくったり、

妙に成金的、かつ、日本国に不利、負担な金の使い方が

下品だなぁ。

どんな出自よ?!と思ってたわ!!

KUON様
また、凄い文章を発掘されましたね。
素晴らしいです。
あいつらは当時は紙文体はいつか消えると思っていたのでしょう。
やり過ごせば、忘れさられる・・
でもネットは掘り起し可能です。

kuonさま
初めてこの話を聞いた時は、私の中で、ほとんど何の反応もありませんでした。
あまりに突拍子もないことすぎて、まさか?という感じでしょうか。
そのあと館林皇后、出自はBとかいう話は何度か見て、「日本の路地を歩く」の引用も読みました。
一度、西日本で起きたいじめ事件に関連しての生々しいルポを読んで、
自分の認識の甘さを知りました。
公安をやめた方の講演・ヤ●ザの構成についてとか、
某巨大宗教団体を浸食しているその人たちのこととか、
引退した政治家の野〇某氏が自分の率いる何とかをどうとかすると
奇妙な発言をしていたこととか、
奈良・京都とかの地方公務員の問題とか、とか、とか・・・
ネットを通じて、少しずつ何かが蓄積してきて、
ああ、すごいことなのだな、と初めて実感がわきました。
東京生まれなのでそういうことには疎いのです。
いえ、それ以前に日本人的な性善説?で、考えが甘いのです。
今の世の中だと、差別はいけないというのが絶対律としてあるので、
そこで思考停止になってしまいがちですが、
それにごまかされないようにする必要がありますね。

皇室は換骨奪胎、全く別物に置き換えようと、
そういうことでしょうか?
(換骨奪胎・・何気なくキーボードを叩いたけれど、恐ろしい言葉ですね)
ミテコが愛子天皇にこだわるのは当然のことで、
そうでなければ、彼女のミッションは完遂しません。

わすれんぼさんのコメントを拝見して、
私も認識が甘かったです(反省)

B地区は、結構、利権絡みが多いのは確かですね。

日本から、B地区、同和問題が、解決してしまうと、
彼らが一番困る。

だから、適当な周期、機会を狙って話を蒸し返す。

今は、B地区、D地区、かなり、交通の便、環境が良いですよ。
利権で引っ張ってくるから。

新しい高層の団地が建っていたり、公園、公共施設、路線バスとか。整備の行き届いた地域だなぁと思ったら、同和地区だったり。

記事、これらを読んでいても、沖縄、北海道、一部の東北の人は ???な話かもしれません。

本州、(本土)の人が、アイヌ人差別問題などに疎い、実感無いのと同じです。

記事を拝見していて、
地区に認定されなかったからこそ、
そういう、町並みが残ってしまったのか?
と思ってしまったほどです。

B、D地区に掛ける、直接、間接予算、知ったら、びっくりですよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

.華さん


何より。皇后という身位でありながら、皇統を継承するための皇子さまのご誕生を阻止した。

秋篠宮家に対しての産児制限により、皇位を継承する可能性のある皇子さまの誕生を邪魔した。

秋篠宮家にも、継承する男児は要されたのに。

どんな罪より、美智子さんのこの罪は重いです。そう考えています。


・まりりん さん

実はこれ、二度目なのです、以前にも紹介させてもらったのですが、なかなか反応していただけなかった記憶があります。

わたしは関西人なので問題への触れにくさは判る気がします。
子ども時代は私にもアンタッチャブルな話題でもありました。いまは緩くなっているな~の実感あります。それでいいんだろうと思います。

小学校時代、名古屋にいたころは全く知らなかったのでした。知らないのは罪、と云われて、そんなこと言われても、と、とまどいました。知ったことは覚えていようと思いました。


・わすれんぼ さん

仰ってること全部、わかります。

何とか踏みこんで言いたいのですが、だらしなくためらう自分がいます。

高校の先生の中に、問題がこじれて自殺された方もおられた。差別される痛みが、想像できないわけではない、人は、小さなこと大きなこと、差別しなければ安心できないものの面もあるようです。でも、正直、わかりきることは無いのだし、あれやこれや、自分として思うこともある・・・ここから先、書いたことを消しました。ごめんなさい。

皇室を毀損する目的での入内。おそろしいことで荒唐無稽、でも本当で、二代にわたって実行され、しかし。

思い通りになるには、大きな問題があり。

今は、そういうことでしょうか。ひとでなしが寄って、何やら企んだようですが。不幸な人を何人か、作りだした。損壊寸前の「もの」まだ、なんとか、持ちこたえるか・・・


・華さん


そうですね。利権。すべてそれですね。

これに限らず。基地の地にはそれの。他の所にはまた別の。

すっきりきっぱり、仰って下さいました、感謝。



・ヒミツの〇さんズ。


何件も、なんとも。

自分のブログです、逃げる気は無いが、どう気持ちを尽くしても理解し合えないであろう相手と、言いあうことはしないのです。

何とでも思っていらっしゃい。かまいません。ただ、ただただ鬱陶しいから構いたくないのです、汚いもの嫌いです、どうでも思って下さい、かまいません。

こういうコメントの仕方が卑怯でイヤだ。

言いたい事あるなら、表からいかがですか。来てくれとは申しませんが。あ、来ないでね。

小さなへたれブログですが、これ私、たいせつなんです。

さようなら。













コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3879-5c58e50d

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (72)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (243)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (14)
くおんの万葉集 (10)
くおんの万葉集・番外もあり。 (2)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん