FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

懐かしい・・・。

温かい一日でした。

いろんなことを、少しずつ、考えていました。

考えていたら夜になり、そうだ私は眠いのだ、ということに気づき、書きたいことのメモを見ながら、聞きたい歌を探し始めました。







スポンサーサイト





  1. 2012.02.25 (土) 11:18
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

雨の週末になりました。

ディランさん、「知っている」ということは武器です。


「ローマの休日」よりは「甘い生活」が好きです。
ハリウッド映画よりはヨーロッパ映画が好きです^^。
  1. 2012.02.25 (土) 20:40
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

KUONさん、こんばんは。
数日PC次男や娘に独占されやっと今日、小出先生の声やアランドロンを見れました。
数字凄すぎて???ですが、ラジオの声は聞き易くわかり易かった。
KUONさんが書いてくれた文章を読みながら聞きました。
うーんと考えて、やはり自分の国が無いと言う(隠した)事よその国は膨大な記録してるとか、その状況をよそから知る事すごく嫌な気分、政府に怒りを感じます。
情報開示も国民に対する責任、特に健康被害がある事は絶対最優先させないのは無責任過ぎる。
いろんな事起きる度に国民を犠牲にした教訓を活かせないのは何故でしょうかね。
でも、今年も夏になればまた国の代表は広島・長崎で「唯一の被爆国」と言うんだろう。
アメリカがそこまでする事はそれなりの理由や問題を抱える国であろうとも思うから単純にアメリカが良い国と考えてはダメだと思ってますが。

アランドロン「怪傑ゾロ」?を大人になって見た時はかっこいいと思うた
どうも、今だにほとんど西洋の人と接する事がないので、たまに見かけても皆さん同じに見えてしまう私です
  1. 2012.02.25 (土) 22:06
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん こんばんは

上の姉達が夢中になっていたのを思い出しました
映画の中の女性が素敵といって洋服を似せて作って着たりしてたようでした
丁度今の朝ドラの世界と同じ 私も夏服を作ってもらったことがあります
今写真を見るとなんとなくお洒落っぽいのよね
今の時代にあってるのかもしれません
20~30年前に見たときはとっても古ぼけてみえたのに

黒いオルフェ なぜかとても懐かしい気持ちが甦ってきます
「死ぬほど愛して」は「刑事」という映画の主題曲なのですね
この方の声 なんとも言えずいいですね
DVD借りてきて観てみよう
  1. 2012.02.26 (日) 01:11
  2. URL
  3. ディラン
  4. [ edit ]

KUONさん、こんばんは。。。

う~ん。。。懐かしいとは云えないでする^^;

聞いたことはアルかなぁ…くらいで。。。

ちょいとオマセな友人がアラン・ドロンのファンだったので「太陽がいっぱい」のタイトルくらいは知ってます。

映画って、あまり観る方でもないので。
どちらかと云えば舞台を観る派です。

yuutaさん
sarahさん

ありがとうございます。

武器は持っていても
上手に使えなければ、宝の持ち腐れかなぁ><

でも、ありがとう。。。
愚痴愚痴を聞いてくださるだけでも
どれだけ有難いかわかりませんm(__)m

24日。。。私、○回目の誕生日でした。

家族のバースデーや正月・クリスマスetc…
何かの記念日が来るたびに
次はありかな。。。そんな思いが頭をよぎります。

仕事から帰宅して、家で子供たちの顔を見ると
「ああ、まだ生きとるわ」

夜、床につくと
「このまま目覚めないかも」

朝、起きて寝ぼすけどもの寝顔を見ると
「また無事に朝がきたわ」

1番先に家を出発するマスク嫌いの末娘を
送り出すと
「今日はどんだけ悪いものを吸い込むンだか」

時間に追われてる生活なので
チラチラ考えるだけですけどね^^;

どうせ死ぬンだもん、楽しく生きなきゃ!
結構、そういう思考回路だったンですけど。。

私がこんなじゃイカンですね。
笑ってなきゃね。。。

被災地の皆さんに申し訳ないです。。。
本当に情けない。。。

やっぱり今日も愚痴愚痴になってしまった><
ごめんなさい(T T)

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・