KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 美しいこと
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

眞子さま

1485349093621_20170127212136fd8.jpg

1485317607148.jpg


画像のご紹介がうまく行かず申し訳ないです。

上の小さいのは、三陸鉄道の、線路の向こうで日の丸を振られる方々に、ときどき会釈をされながら手をお振りになる眞子さま。

下の、なんとか見ていただけるものは、ホームで、その土地の方に声をおかけになって、その後、何ごとか聞いておられる眞子さまです。


皇室全般画像掲示板から画像をいただくことも多いです。

ありがとうございます。

うら若いご皇族の、さりげなくも真摯なお姿、いい写真だなあ、と。



スポンサーサイト


  1. 2017.01.27 (金) 22:22
  2. URL
  3. きのくに
  4. [ edit ]

何も考えずにスグにありがたいと。
眞子内親王殿下とお呼びするのに迷いはなく、有難い事だと感じました。自然とそうなる不思議な方。
できることなら、いつまでも国民に光を放って頂きたいものです。
  1. 2017.01.27 (金) 23:48
  2. URL
  3. はるせん
  4. [ edit ]

さりげなくも真摯なお姿……本当にその通りだなぁと感じ入りました。
このお姿に目を留められたKUON様のブログやっぱり好きです。
  1. 2017.01.28 (土) 00:32
  2. URL
  3. [ edit ]

久しぶりに、ありがたいなぁ、そして、ほっとする画像です。

記事をありがとうございました。
  1. 2017.01.28 (土) 10:26
  2. URL
  3. さと子
  4. [ edit ]

小さい写真を拡大して見ました。
綺麗に写っています。旗を振られる現地の方も7人。
眞子様のオーバーでない慈しみ目、佇まい。敬愛される所以です。
  1. 2017.01.28 (土) 12:32
  2. URL
  3. ひなぎく
  4. [ edit ]

眞子さまの画像の紹介、ありがとうございます。
クリックすれば、ちゃんと見られるので大丈夫ですよ。
とても温かい気持ちになれました。
  1. 2017.01.29 (日) 00:16
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

こんばんは。


・きのくに さん

私も、この眞子さまの写真を拝見して「ありがたいなあ」という気分になったのです。

振袖やロングドレスのお姿も気品に満ちて美しい、それも本当、でも、この眞子さまに打たれたのです。

国民と「触れ合う」って、こういう感じ。

言葉にすると、嘘くさくなるような。きっと同じ気持ちですね。


・はるせん さん

どうもずっと、意地悪だったり皮肉っぽかったり、自分のブログながらちょっと切ない、みたいな気が、しないでもないのですが。

あまりにもひど過ぎることが、過去にあるのみでなく、ますます積もって行っているようで。

今のこういう目で、お若い内親王さまを見ていられたら、いいなあ、と、思うのです。

好きと書いて下さってありがとうございます。

とっても嬉しかったです。


・華さん


>久しぶりに、ありがたいなぁ、そして、ほっとする画像です。


もう、その通りなのですね。嘘の無いことは美しいですね、ほんとに。


・さと子さん


ありがとうございます、私にも見えました(笑)。

おおげさでない、取り繕わない、そうですね。

日の丸振っておられる方々も、きっと、いい思い出になったでしょうね。

あの眞子さまが、やさし~く微笑んで、こたえて下さったんだよ~、と。

そういう風に皇族を語れるってきっと、しあわせなことですよね。


・ひなぎく さん

>大丈夫ですよ

と書いて下さったのが嬉しくて。

嘘みたいですが、知らなかったんです。そういうこといっぱいで(笑)。


わたしも、あたたかい気持ちになれたのです、この眞子さまに。

そういう感情にして下さったこと、数限りなくありました。



秋篠宮さまの御一家に、神さまの光が、あまねく注ぎますように。

ご一家を、お守り下さい。お願いします。お護り下さい。


と、心から。


・・・あの震災で北リアス線が不通になってしまって。

2014年に三陸鉄道は復旧したけれど、大船渡線は鉄道復旧を断念したのだとか。

画像に読める「いわいずみおもと」の駅名は、1年少し前に駅名が変更された、のだとか。

>三陸鉄道の駅や車内では

「ダイヤ改正して接続もよくなったから、どうか鉄道に乗ってください!」

という感じのポスターもみつけてしまって(略)

・・・自然の風が涼しくてとても気持ちいい。トンネルは多いけど、橋を通るときは絶景を見せるためにゆっくり走ってくれるし、車内観光アナウンスもあるし(トンネル内ではほとんど聞こえないけど・・・)、本当にのどかでいいところです<

と、最近わたしがはまっている作家「能町みね子」さんが書いている。

ウニ丼が文句なくおいしい、とも。

ここは「龍泉洞」への入り口でもあるのですね。

つい、あれこれ、書いてしまいました。












 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・