Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

明日はわからぬ。


再来年、2019年の年初から天皇がチェンジし、元号が変わると。決定的事項のように、それを前提に、新聞屋が何か書いたり。

テレビに出るのが嬉しい、テレビがする質問になら何でも答えますッニコニコ、のお人が、何やら聞かれて、もっともらしく、マイクを突き付けている相手の望みそうなことを、小器用に喋ったりしています。

「元号? そうですね~」

などと。聞く方も聞く方、したり顔で顎に手を当てる方も。平和やなあ。

平和という言葉。いつの間にやらマイナスイメージに落っことされてしまって。

街頭インタビュー。まず回答ありきで無作法に向かって来るマイク。

マイクを逃れたり無視したり、望まれない回答をする人々は、初めから、映し出される対象から外されているし。


天皇陛下はお気の毒、など。

天皇を「気の毒」と言う、それ自体が不敬なことと、誰も言わない。もともと「敬」など失せ果てているので、何でもいいようです。

そんなこと言わせる方が、まあ、アホなんや。毅然としてはったら、おかわいそ、なんぞ、言いませんて。


単なる職業名になら、元、も前、もあるでしょう。

今上陛下に「上皇」だの。似合わねえ~とか言ってしまう誰かがいたら。すてきやな。

ご本人は6年ほど前に、

「自分は上皇になる」

と、仰っていたとも、仄聞します。

何を言っても「天皇の言葉」になるさだめ、にしては、要らんことをこぼし過ぎておられるような。

神輿は軽い方が、など、ひどい言い方をされることもありますが、現代の神輿には、どんな音も拾ってしまう集音設備が搭載されています。

何より。代筆、代弁、代しゃべくり、のわかちゃいないお方が常に側に。


元・天皇やら前・天皇やら。そのような言い方は、存在しません。


あのあたりが、ぐだぐだと全くなっちゃいないので、どんどん悲惨な状況に墜ちて行っておられますので、勝手に愚痴れば、平尾誠二さんの訃報にショックを受けても、ミテコがどうだまさこがああだと、気になってなって、結局なんにも書けなかった(勝手な八つ当たりです、わかっています)。

観るだけですけど、野球よりサッカーより、ラグビーが好き。

ああ、あ。平尾さん、亡くなってしまいました・・。


私には、子ども世代はともかく、孫世代の生きて行く国はどうなのかなあ、という妄念が消し去れないです。

皇室という存在は、無くてもどうでもいいものと、思いきれません。

それであるのに、現実は、ご近所さんには絶対おられないような。

知人のどなたを思い描いてもあり得ないような。

ケジメもなんにも無い、みごとに下品な方々が、やんごとなき位置に坐り続けている。

ただ。

人間の浅知恵や裏の力や、陰謀だか何だか知りません、そういうものもあるらしいのですが、ものごとは、思うようにはならないもの。

この思いは変わらず持っております。

あがこうが必死で引き寄せようが、無理なものは無理。

ナルヒト氏が、天皇になるかならないか。

バカげた設問です。

あと二年あると言うなら、もう少し、しゃあないので、見ているのだろうと思います。

ナルヒト氏の、神さまの認める「実」。「徳」。実はそこだけの問題ではないかと、私は考えています。

二年後の自分、ただただ苦い虚しい思いを抱いているだけなのかも知れません。それならばそれで、その時の自分の欲することを、考えて行くだけのこと、ですか。

やれるもんならやってみろ。そういう感じです。明日、何が起きて何がどうなるか、誰にもわからない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おうたを沢山お寄せ下さり、ありがとうございました。

思いがいっぱい、おありなのがよくわかりました。

今年半ばに六十七歳になります。もう新しいことをはじめる気にはなれませんでした。

まだ、個人的に、したいことがあります。なかなか集中できません。自分の怠惰のせいではありますが、皇室の状況が変わったら即、そちらに取り掛かりたい思いでおりました。でも・・・

ごちゃごちゃ言うてんと、申し上げます。

おうたを、詠みたい方がおられるのですよ。たくさん。よくわかりました。

恒常的にお受けするのは、私には難しい事なのです、さら~っと、いいかげんには扱えないので。

ですから。

毎月十五日に、おうたを寄せて下さいと、ここに書きます。

そのタイミングで、おうたを下さい。添削、感想は、無しで。いただいたままを、今回のように出させてもらいます。それでよろしければ、数はどれだけでも。二度にわたってもかまいません。

十五日から十七日まで。毎月。私に対処の可能な限り。

で、十七日の夜か、十八日の当ブログにて、いっせいにご紹介させていただきます。

お題は無しです(笑)。技術云々でなく、あまりにひどい 内容 と、わたしKUONが判断した場合は、受けられないかもしれません。

詠み人のお名前は、お好みでどうぞ。裏コメントでなくなさって下さい。

いつまで続くか。とりあえず、来月二月の半ばに、来て来て~、と、コールさせていただきます。

 「みんなのうた」 とします。

その時以外には、おうたは、ご遠慮願います。中途半端には扱えませんので。

どおぞ、よろしく。

スポンサーサイト

4 Comments

桔梗  

平尾さん

ここで平尾さんのお名前が出てくるとは(涙)

時代が変わっていく寂しさを感じつつ、普遍的なものを大事にしたい気持ちもあります。

平尾さんは少し早過ぎた(思想と実践が)とか言われていますが、19年の看板でリードしていただきたかったです。

おかしな日本を伝統的な日本に戻したいですね。
まとまりませんが、平尾さんを悼み、日本が日本らしさを取り戻せるよう、祈ります!!

2017/01/16 (Mon) 22:10 | EDIT | REPLY |   

KUON  

・桔梗さん


平尾さんは、とにかく素敵な方でした。

あのやさしげとも見える面差しでしたが、すごい目をしておられた。

アメリカンな服装や文化が好きでなく、欧風のセンスが好きだったわたしには、もうなんとも。

もちろん、ラグビーしてる平尾さんが好きでした。少しカシコ過ぎた? のかも・・

どんどんいろんな方が亡くなってゆくなぁと、まあ、自分がトシとっていっているわけですが。


皇族の話題がけったいな服やブランドのなんたらやら、グルメ(なんちゃってグルメ)やら。情けないですね、と思うのも、年とったから。。。ではないと信じています。

2017/01/19 (Thu) 12:43 | EDIT | REPLY |   

桔梗  

KUON様から返信していただき嬉しいです。
平尾さんはずっとずっとあこがれの方だったので、何をどう言っていいのかわかりません。2月10日の感謝の集いに東京から駆け付けたい気持ちですが…そうそう休めない仕事なので(涙)行かれますか?

時代がどんどん変わっていってしまいます。皇室が心配です。若いときはどうでもいいと思っていた時もあったのに…不易と流行、考えていきたいなぁと思うこの頃です。勉強させていただきます。

2017/01/21 (Sat) 07:13 | EDIT | REPLY |   

KUON  

・桔梗さん

確かに平尾さんが気になっていましたが、私は桔梗さんよりうんと不純なのです。なぜなら。

オンリー・平尾さん。でなく。

他の分野にも、これやぁ、って方がおられて。そうなんです・・・。

感謝の集いにも、行きません、個人的なこと言えば、人の集まるところへは、なるべく行かない昨今なんです。脚が悪くなって来ていて、ゆったりしたありようでいられる所以外は、遠慮している。随分あちこと、行きましたけどね。今は今の愉しみがあって、幸せですけどね(笑)。

亡くなってから、過去の伝説的な試合をあれこれ、見ていました。沢山あるんですよね。

あんなに生き生きと、あんなにも華麗に、あんなに荒々しいスポーツをする人に見えなかった、エレガントな平尾さんでしたね。あの鍛えられた肉体、あの内省的なきれいな目が、失われてしまったって。

もったいない、無情やなあと、改めて思います。









2017/01/22 (Sun) 00:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment