今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

だまされたくない

まだ四日、まだお正月気分、の頃かもしれませんが、私の仕事は始まっていて、FAXもピーピー鳴っています。

もう、毒吐いていいですか。

4befcd84.jpg

今年平成29年の天皇家の集合写真だとのこと。

あの痩せこけた若い女性は、愛子内親王として、この一員として納まっているのか。

酉年が明けて申年は終わったはずなのに、盛大な猛烈な猿芝居。

書きたいことだけ書いて行きます。

この「愛子さん」は、やせ方、雰囲気が、天皇誕生日の時より少しマシかと感じたのでした。

眞子さまと親しげに対応しているし。悠仁さまに、ここには写っていませんが、卓上に並べられたボンボニエールの一つを、渡して(渡そうとして)いたし。

ボンボニエール。ヤフオク事件を知っているひとなら、自分のことでなくてもゾゾゾ、とすると思う、何の皮肉、アテコスリ、と、勘ぐるのではないかと。思いました。

ナル(と思しき茄子ヘタアタマ、カメラの構え方の写りこんでいる)例の写真、皇族がヤフーオークションに膨大な数の品々を出して売り払おうとした、あの疑惑を象徴するがごとき一枚が、ボンボニエールだったのですから。

このヤフオクのこと。問い合わせられた複数人が書いておられました。

「返したから問題は無い」

と、宮内庁の誰かさんが言うたとか。万引きしても引き返して返せば罪にならないのだと、そういうことと解釈します。

ま。この写真にはボンボニエールは写っていません。

でも。皇族でない女性が、堂々と正面向いて加わっています。



障碍を揶揄する気はありません。が。

動画で見られるように、左手の指を揃えて何かをどうかする、という動作が、できるお子さんだったでしょうか、愛子さん。

動画のように、左手、使えていたかしら、愛子さん。

動画で見ると、私の受けた感じでは、佳子さまは気づいておられて(当然ですが)表情も微妙。

あと、笑って写っておられる天皇家の皆さまは、まだ小学生の殿下を除いて、大人の対応、ということですか。

仕方のないこともあるのでしょう。本当に、おいたわしい、と、感じもする。

ただ、この写真が通ってしまっているのですから、ここは「認められた」ということですね。

変化は望めません。

少なくとも、外側から大きな何かが働きかけない限り、皇室ご一統は、このまま、行くのです。

猿芝居。最低ゲスの主犯が、三人、いや、四人。


で。

上の写真は実は、十一月に撮影されたものだとか。

愛子さんだといyあの黄色い衣装のツルを持たされていた写真と、ほぼ同時期のものだそうです、この新年用の皇室写真は。

実際に今年のお正月の愛子さんは、以下の状態のようです。


1483360562992.jpg

この赤い着物の「愛子さん」が、三日前の「愛子さん」です。

もっとひどい痩せ方になっているような。

天皇も皇后も、このお孫さんに会っておられる。

食事も共にしておられる。

ということですよね。

1483373051054.png

1481643794306.jpg

↑ 12月1日の「愛子さん」。

a6ad3228.jpg


ティアラも勲章のタスキ(タスキでいい、この〇の着けるものなら)も無しで、新年の公式の場に出ている。

天皇の手を患わらせている。こんな姿を恥と思わないなら、転げ落ちればいいのだと思う。

ティアラも勲章もつけていないのは、実態に添っているだけのことでしょう。

この図太い厚かましいわざとらしい人でなしの〇は、皇后などでないのです。そういうことなのだと思います。


私はもう、だまされたくない。


1483240624951.jpg

もちろんこちらの女も厚かましい恥知らず。

ティアラをつけて出ては来たが、肝心の場所へは出ていません。このかっこうをして撮らせれば、

「まさこさまも出た出た」

に、なるってことで写真を撮らせていますが、このかっこうで出るべき場所(上の写真)に、この者の姿は無いのです。

他の写真ではわかりやすいですが、ここでのナルは、酔っ払っているかのごとき顔。口元が笑顔っぽいのは、単なる条件反射でしょう。

まさこの目は、まっとうな目ではありません。

真ん中にはさまれている若い女性の目は、これはどうと申しますか。

まさこの実家では、飼っていた犬を人間の都合で留守になった家に置き去りにして。

犬は、餓えて渇いて死に至ったそうな。

そんなことをできるヒトモドキ。

コマにして使うつもりだった誰かが、びっくりすることに意志を持った人間だった、ということで。

例えば精神を病んで・・・あるいは薬を盛られ過ぎて・・・断言はしませんよ・・・かえって足手まといになったりしたら・・・

そりゃ、どうなるでしょうね。

まさこに、人を思う気持ちなどありはしません。勝手に私的に断言します。


人でなしです。

話は変わりますが、このティアラ。オランダ国王の晩餐会の時の。次も非常に怪しかったベルギー国王の時の、でもなく。

あのサイトにもご意見散逸していましたが、モノが違うように見えます。

いささか繊細なモノになっているような。宝冠みたいに(笑)光っていますし。これもどうなんでしょう。大きく騒がれましたものね。


新年に発表されたおうたで、美智子さんはまた、日本の国の英霊さまがたを踏みつけにするようなことを仰っている。





スポンサーサイト

コメント

明けましておめでとうございます。
今年もKUON様の記事を楽しみにしております。

激痩せの影子、今更本物を出せないでしょう。
付き合わされる秋篠宮ご一家がお気の毒です。

皇族のトップが大嘘つき・・・
騙し通せるとお思いか・・・

神の采配を待ちたいと思います。

KUON様

明けましておめでとうございます。

本日、東京大神宮と靖国神社に新年のお参りに行って来ました。
東京大神宮の会館ロビーには、見事な新年の生け花がいけてあり暫し見とれていました。
靖国神社参拝時には、毎月各流派の生け花を鑑賞するのも楽しみの一つです。

50数億円とも言われる御殿に住みながら毎年、寒々とした殺風景なお部屋での集合写真
には唖然といたします。
それこそ、新年に相応しい豪華な生け花でもと思いますが・・・
ミテ子さん生け花できない興味がないお方ですから~
無理ですね~!

1日でも早く、清らかな皇室になりますように
秋篠宮家の弥栄を祈っております

明けましておめでとうございます。

KUONさま 今年もよろしくお願いします。

年末年始は、日本の天辺の本来清浄であるべき方々の禍々しい写真を沢山目に致しました。
私は「ほらこれ心霊写真だよ」と見せられてさえ、よくわからない人間だったはずですが、
年末に急に霊視能力が発現したらしく(笑、いえ、笑い事ではないんですけど)。
何枚もの皇室の写真に、怖いものを沢山見つけました。
私自身の研鑽で見えるようになったわけではないので、あからさま になったのかもしれません。
祓うことも隠すこともできないのかも。

ブログのタイトルに「強烈心霊写真」という文言を入れてアップしましたら、PVが増えました。
お好きな方が見て、どう思われるんでしょうか。コメントは入りませんでしたから分かりませんが。

赤い着物の、愛子さんと言い張ってる子のただならぬ妖気。
両脇の 悪霊憑き が霞んで見えるほどです。
悪魔は汚い所を好むと言われていますが、全体に汚い写真。
まさに汚写真。
大掃除、そろそろ始まるのではないでしょうか。

写真を見たときに、思わず「ひぇええ」と声が出ました。

怖い、怖すぎる。
痩せほそってキツネにも見える愛子様の妖気。
その両隣りで満面の笑みの両親。

愛子様、ただならぬものを感じます。この方があの中学入学の時の人と同じとは到底思えません。

しかし、それは皇室内では「暗黙の了解」というか…
グルになるのでしょうね。

「何か」「重大な事件」が起きそうな気がしてなりません。皇室内で。

「真実は小説より奇なり」
怖しくてたまりません。
結局、神様を信じていないからできる所業ですね。一番の大元が神様を信じてなかったという……

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

新年早々の禍々しい写真に、
もはや、もう、なんとも感が、、、

あの写真部屋?
皇后が、「仮設住宅に住まう人もいるのですから、、、
宮殿の中で最も質素な部屋で〜」
とか、言い出したのかしら。。。
国民は、その様なパフォーマンスを望んでいませんから!

あの写真を見る度に、不自然さを感じます。
部屋も不自然、集った人も不自然で、

負の(オーラ)の渦に巻き込まれた秋篠宮家の眞子様、佳子様の表情も微妙です。

影子さん?不気味です。
拒食症と言うよりは、憑き物がついたような。。。

東宮家は、男子を授からなかった。
そして、内親王様も利発さがないお子様
(もし、もっと、利発さ、利口さの目立つお子様だったら、国民の中で感情的に、女性天皇論が上がったかもしれません)

そして、現在の愛子様?影子さん?
隠し切れない異様な雰囲気を漂わせ始めました。
皇室に関心の薄かった人まで、異様さを口にする様になりました。

やはり、天は見ている のかしら、と信じたいです。


再度、失礼致します。

ミテコの段差を上る時のあの姿
早く退位させて!のパフォーマンス?!

ヤフオク事件〜
「早く、ナルちゃんを天皇にしなければ!
天皇になってしまえば、
もし、バレても逮捕されないでしょう」
みたいな焦りがあるのかしら。。。

両陛下のベトナム旅行が計画されているみたいですが、、、
血税、政府役人の手間、ヒマがかかります。
未来に繋がる秋篠宮両殿下にお願いしたいです。

KUONさま

昨日は昭和天皇の命日でしたね。
よく晴れたいいお天気で、龍が昇っているような雲を見ました。
先月武蔵陵に参拝しましたが、静かな御陵の内に秘められた御力が、機が熟すのを待っているような感じがしました。
だから楽観はしないけれど、悲観もしない。できることをする。

長男は徳の字からは逃げられない、必ずそうなる。だって昭和帝の命名だもの。
もう一人の正体不明の偽物も、守り刀を落として踏みつけられた運命を引き継いだ以上、時間の問題。
偽物を倒せるのは本物だけ。偽物の周りに愛子さんが見えるというのはそういうことなのでしょう。
政府も皇族も手を出せないが、本物ならできる。
愛子さんがんばれと応援します。

祓へ給へ 浄め給へ

お返事が遅く、タイミング的にも間の抜けた感じが否めず、申し訳ないことです。



・まりりん さん

今更他の子を出して来られないですね。そう来られますか、の、何かの(おられるなら神さまの)采配、ということでしょうか。

禍禍しい。負のオーラ。しかし、見えていても見ていないと、わからないのも事実のようで。

と言いつつ。

汚い譬でごめんなさい、腫物は、極まればどうなるか。

無傷ではいられない、外へ出なければ、内部で一層の惨状を呈して・・・皆が思うこと、近づいている、と。

新しい元号などと。今のままで。笑止千万、ぜんぜん気になりません。

「静養」「邪悪」「暗愚」なんて元号に定まるなら、使いません。

宗旨替えして、静養歴いっぽんで暮らします私は。

キーッとなっていました、お許しを(笑)。



・黒猫アビさん

靖国神社の新年の豪華なお花。素晴らしいでしょうね。

私も、旧い知人に招いてもらって、初釜に混ぜてもらいました。お華もそこでは、脚の痛い人が座って活けられるようにしてあります。お薄も私は、椅子に座っていただきました。

あれこれ言われたようですが、だんだん、それを喜ぶ人も増えて。

もちろん、旧来の茶室でも続けておられます。

知人がゆっくりたててくれたいっぷくのお茶が、私の今年のお正月を、豊かなものにしてくれました。

お花に関心の無い皇后さん、また、へんてこりんな服を作って、どんどん酷くなりますね。

私の初詣は、春日さんです。横手の原生林の方から、オゾンたっぷりの空気の中、これもゆったりと参拝させていただきました。

今年は、穢れが取り除かれますように。


・laviniaさん

私もいわゆる「見えたりしない人」ですが。

あの一家の写真には、ただならぬものを、フツーに感じるようになっています。

見える、でない、感じる・・・そういう方、増えておられるのでは。

laviniaさん、ご自分のブログの、あのなんと言いますか、あなたの記事や写真が「見える」ように、貼ってみて下さい。

よろしければ。

>あからさまになった

そうなのでしょう、とフツーに思います。


・たまき さん


ホントに「ひえぇぇぇ」です。

なんでこれ、このままにされているのでしょう。

日本国民として迷惑ですし、人の孫のばあちゃんとして、何とも。

どんなことも、多くは、後から「わかる」。

虐待されて命おとしてしまったお子さんだって、後で

「わかっていれば」とかコメントが入っています。後でどうこう悔やんでも嘆いても、遅い。

親があやめて、逮捕されてやっと、ばあちゃんなどが、何かかにか、言っておられることも多いようです、テレビなど見ていると。

私は、そういうのがたまらないので、別居中の娘が婚家先に取り上げられていた赤ん坊だった孫を、ずいぶん待ったあげく・・・弁護士は何もしてくれない・・・もう待てない、と、とにかく娘が腕の中に取り戻して、はだしで横抱きに逃げて、車に飛び乗って逃げて、三人で家へも帰れないで数日過ごした、という経験をしています。そこまでやれば、弁護士が動いてくれるのでした。

子どもは親を選べないのはもちろん、居場所も選べません。あの、普通でない状態のわかい女性が、どこのどなたか何かは知りませんが。あのナルヒト、まさこが、まともな扱いをできる人間と思えない二人が、表面だけ取り繕って連れて出て出歩いて、結果、あの女性がああなっているのは、居心地がいいはずがないのは明白。

あれを放置している皇室、私の中では終わっています。

何をどう言おうが。

宮家の皆さま方も、何も言えずづすることも出来ず。

どうしてこのままでいられるのか、本当に、わかりません。





お返事がどんどん遅れていて。ごめんなしゃい、です。


・華さん

>あの写真部屋?
>皇后が、「仮設住宅に住まう人もいるのですから、、、
>宮殿の中で最も質素な部屋で〜」
>とか、言い出したのかしら。。。
>国民は、その様なパフォーマンスを望んでいませんから!

あの方の「気遣い」って、そうそう、こういう感じで。指の組み方と同じ、堂々としていなくて、ちまちま。

周囲に生息しているだけのお方なら、まあ、ごきげんよろしゅう~とか言って、通り過ぎればいいだけ・・・ごきげんよう、なんて、私の生活の中の言語ではありませんが(笑)。


で。

ベトナム行き。今まで行ったないし~。かな(笑)。みっともない様子をさらして頂きたくないです。でも、まだ行ってないし~、か。

帰りに、プミポン前国王の弔問にと、タイへも寄って来ると決定。お元気です~。

国民に向けるお言葉を発するさえ、ご負担なようですのにね。

でっかい飛行機占領して行きます。燃料には血税を惜しまず使います。

本当に迷惑な存在になっておられます。

弔問もよろしいでしょうが、お孫さんを病院へお連れになって下さい。毎日泣いておられますよ、十代の日々を。


・春日野さん


年末の墓詣で、新年の墓参り、初詣はずっと春日大社。常に視界に入る春日野、飛火野にはイノちゃんたちの走り回った後の土の黒さも新鮮で。



>静かな御陵の内に秘められた御力が、機が熟すのを待っているような感じがしました。
>だから楽観はしないけれど、悲観もしない。できることをする。

ホントに、できることをする。これだけですよね。

正面の鳥居から入るより、横手の脇道から参道へ続く春日原生林、太古の巨木の根がむき出しになっている自然道、そこの空気の清澄に浄められながらの月ごとの春日詣でです。

人間のスパンとは違う、それは明日なのかずっと先なのか、わからない、でも。

俗塵に覆い尽くされた今の内廷さんがたの上に、どんなものが降るのか。

わからないし要らざる期待もしません、このまま推移して、あれらの天下みたいになるなら、それを受け入れられないなら、自分は去るのみ。多くの人が騒いだって、見ないままに来た結果に過ぎない、仕方が無い。

春を待つ花のつぼみが、人知れず膨らんでいるように。

花でないあやかしのものが、時を得て、どんな風にどんな形で開くのか。

あの気取った方の目が、どんな風に見なければならないのか、少しは思いを致します(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3778-28fc279b

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

  けふまでの日はけふ捨てて初桜

            千代女



やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

  けふまでの日はけふ捨てて初桜

            千代女



やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん