Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

今朝の思い

.
天皇陛下
.
年頭所感を取りやめ 高齢に伴い負担軽減 

毎日新聞2016年12月26日 21時38分(最終更新 12月26日 21時38分)



 宮内庁は26日、天皇陛下が毎年元日に公表してこられた、新年にあたっての「ご感想」(年頭所感)を取りやめると発表した。83歳と高齢になった陛下の負担軽減が目的という。


 年頭所感は、前年を振り返り、人々の幸せを祈ることば。元日に公表することが1990年から公務として続いていた。だが、年末年始は祝賀行事や宮中祭祀(さいし)などで多忙になるため、この時期の公務の軽減が検討課題だった。

 陛下は例年、12月23日の誕生日にあわせて記者会見を行い、その年にあった出来事の感想などを語る。また1月2日の新年一般参賀でも、おことばを述べる。年頭所感はこれらと日程が近接し、内容が類似する。このため宮内庁は、年頭所感の取りやめは比較的影響が小さいと判断した。

 新年にあわせた天皇、皇后両陛下の歌や、天皇ご一家の写真や映像は、これまで通り元日に公表される予定。一般参賀や歌会始も例年通り行われる。

 宮内庁の西村泰彦次長は26日の定例記者会見で「ご年齢を考えた結果。ご理解をお願いしたい」と話した。【山田奈緒、高島博之】

天皇陛下の公務の削減、段階的に

 宮内庁は、天皇陛下が70歳を過ぎたころから年齢や健康状態を踏まえた負担の軽減を図ってきた。恒例だった各界功労者らとの面会や、式典でのおことばを廃止するなど、公務の削減を段階的に進めている。

 前立腺がんの手術を受けた翌年の2004年、陛下は面会5件を取りやめ、2件を皇太子ご夫妻に譲った。胃腸炎などを患った翌年の09年には国体開会式などの式典で述べる「おことば」を原則廃止した。今年も面会8件を取りやめ、4件を皇太子ご夫妻に譲っている。

 ただ陛下は「象徴としての地位と活動は一体不離」との考えがあり、退位の意向がにじむおことばを公表した後も、公務に対する考えに変わりはないという。宮内庁幹部は「公務の大幅削減は検討していない」と繰り返し述べており、今回の年頭所感の取りやめも「陛下の考えの枠内の調整」との位置づけだ。 陛下は12年の誕生日にあわせた記者会見で「負担の軽減は、公的行事の場合、公平の原則を踏まえてしなければならないので、十分に考えてしなくてはいけません。今のところしばらくはこのままでいきたいと考えています」と語った。翌年も「今のところしばらくはこのままで」と述べている。【山田奈緒、高島博之】



時事通信 12/26(月) 14:38配信

宮内庁の西村泰彦次長は26日の定例記者会見で、23日に83歳の誕生日を迎えられた天皇陛下の負担軽減のため、新年に当たっての感想の発表を、来年から取りやめると発表した。

 陛下は即位以降毎年、年頭に当たっての感想を宮内庁を通じて文書で発表していた。西村次長によると、年末年始は天皇誕生日や新年の祝賀など恒例の行事が多く、新年の感想以外に記者会見や一般参賀のあいさつの原稿なども準備する必要があるため、高齢の陛下には負担が大きいと判断。陛下の了解を得た上で取りやめを決めたという。

 天皇、皇后両陛下が昨年詠んだ和歌の発表や、1月2日の一般参賀など恒例の行事は例年通り行う。西村次長は「宮内庁としては陛下のご年齢に応じた公務のあり方を常に検討しており、今回もその一環」としている。 

>陛下の了解を得た上で取りやめを決めたという。

時事通信には ↑ の一行がありました。


陛下が口を封じられたか。

ミテコさんのペンが封じられたか。

宮内庁は、押し寄せる非難・批判メールや電話にアタマ抱えて、要らんこと言い(関西弁でのものの言い方。しょーもないこと言い、とも言います。黙ってやんなあきません、というヒトに向けるコトバです)の陛下を、

高齢によるナンタラ。つまり老害認定してしまおう、の「苦慮熟慮の末の判断」か。

政府が、なんとか少しくらいは、なんとかあれを、そうしてそうした、のか(日本語・遠まわし言語法)


ご高齢を配慮するなら、鑑賞、私的旅行の方面を、と、誰しも考えることでしょう。

少しくらいなら目をそらしている、静かに目立たずお遊びになれば、民の方でも「外野はうるさい」なんて、皇后に言われたくなどない。のですから「鑑賞は公務では無い!」なんて、書きません。

遊んでばっかりに見えるから。それで「疲れる」って何の冗談よ、と、なるだけのこと。

ツマがねちゃくちゃ書いたモン読まされていないで。

天皇は、

「世界の平和と国家の安泰と国民の幸せを願います」

と。それのみを、仰って下されば十分と。

今朝の思いでした。


新年の皇室ご一家の画像が楽しみです。

1482681810063.jpg

こーゆーの、撮られるのも、とりやめて下せえまし。



スポンサーサイト

4 Comments

きのくに  

誕生日も無事にすぎ、愛子さんの体調が不安な年末。今朝は最後の写真に呆然。高齢高齢と叫ぶなら、それなりになさったら宜しいんです。
象徴としての務めなど有りません。
今年もこちらで沢山の方々の言葉を拝見できました。
来年もよろしくお願い致します。

2016/12/27 (Tue) 10:12 | EDIT | REPLY |   

華  

なんだかなぁ。。。な、ニュース、

なんだ、そりゃ??な写真

kuonさん、いつも記事をありがとうございます。

いつから、陛下は、天皇陛下らしくない…
天皇陛下らしからくない…になってきたのかなぁ。。。

和歌も御言葉も、、、あのミテコの歌と言葉と気付いて(こちらのブログで教えて頂いた)からは、有りがたくなくなった。

最後の写真、、、
フルオーダーのドレスで、そりゃないわ!!

2016/12/27 (Tue) 13:07 | EDIT | REPLY |   

まりりん  

宮内庁がお口にチャックをしたなら、いいんですけどね。

最後の写真はいつ、どこで撮られたものでしょうか。
お皿を付けているので、公式な場ですね。
何でこんな乱れてるのでしょう。
緊張感なさ過ぎ。

2016/12/27 (Tue) 16:15 | EDIT | REPLY |   

KUON  

・きのくに さん


言葉少なに泰然となさっておられればいいと思うのです。

泰然と。

チマチマと、手の組み方もアタマの動かし方もしゃきっとしていない、よく思われたい、あれはそれは誤解なのよ、わかって下さらないと困るのよ、など。

そうでなく、落ち着いて、しっくりと、本物の軽い笑みを浮かべて。

実際はどうでも、やんごとないお方とは、あれこれジタバタしないで、よきにはからえ、の態度で、いらっしゃればいい。

それが、さっぱりそうでないので、見苦しい美智子さんです。

今年のあと一日もジタバタと過ごしそうです。

来る年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


・けっこう今では知られていないようですが(私も本気にはしていませんでした、挙げアゲもすごかったし)、今上は、昭和の陛下のご在命中は「○○」「むほむほ」なお方だと評価されておられたのでした・・・

今はまともに見えてしまうので、明確になったということなのかも、です。

夫婦ともモフモフだったのでした、、実は。でも今上はある時期までは、マジメに神さまのことなどもしておられて・・・それで、何とかなっていたような。

ちょっとストレートにいわないでおこうとすると、モフモフします。

なんだかな~の写真が、たっくさんあるのですよね・・ごまかせない・・・


・まりりん さん


宮内庁は、責任取らないでおきたいばかりと思う。あのへんは、保身ばかりでしょう。沈む舟と察しがつけばいち早く逃げるネズミばっかり。

本当に陛下や皇后を思って進言する人がいないのか、言われているように、ミテコさんが、気に入らないヒトぜーんぶ、ぶったぎったか。

まさこの話と見事にかぶります。

バカに権力もたせると、ロクでも無いことにナル、反面教師なんだ~~~。

皇室にあるのは「権威」だったはずなのに、そんなもの無いし。強権を発揮されるのは、フツーのこと。

だらしないこーごーを、誰もどうにもできないまま、来たのですね・・・




2016/12/30 (Fri) 21:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment