Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

本歌取りおーけー

1481787128608.gif


1481959806436.jpg


1462455858456_201612211327043ab.jpg

お若いころから一番下の笑顔まで。

この画像の主のこの口元は、一部に於いて「ショベル口」((ショベルカー口?}と称されているようです。


24d54db0209ef422f33e792cec80b35a_20161221205449abb.jpg


こういうバージョンの横顔もお持ち。


1460613175810.jpg

奥行きのある横顔の、お美しい美智子さまも。


1471409966299_20161221133525b42.jpg

昭和の皇太子妃として、平成の女帝として。六十年近い皇室暮らしのなかに、あれこれいろいろ、おやらかしあそばされて。

受け口で バカ 爆笑いされていたお方、都合悪しきことにお口をつぐんでおられるうちに(か)、時に「ショベル」ではなくなっておられます。

眉毛も一本化されておられるようです。

上二枚のミテコさまには、お口はもとより、お目の具合に不安を感じまする。


・・・七です。


平成十五年、年初のおうた二首。

前年に今上陛下は大病によって難しい手術を受けられ、無事、癒えられて、御所へお帰りになられました。


    癒えましし君が片へに若菜つむ幸おほけなく春を迎ふる


       いえましし きみがかたへに わかなつむ さちおほけなく はるをむかふる


この「若菜つむ」は、古今集に入っている、百人一首にもある、


     君がため春の野にいでて若菜摘むわが衣手に雪は降りつつ

を念頭に詠まれたうたとわかります。こういうことをして、愉しむのです。本歌取り。


もう一首。平成十五年、病癒えられた今上に向けて詠まれた一首。


     かたかりし去年の年の瀬思ひ出でて師走の苑をみともしてゆく


       かたかりし こぞのとしのせ おもひいでて しはすのそのを みともしてゆく



難かりし、というのは、ご病状のこと、周囲の思いの保ちよう、など、さまざまな心模様を云われていると思います。

あんなこんな大変で心配だったことを思い出しながら、師走の苑・・・お庭を「みともして」ゆく=お供をしてまいります、お供しています、と。

お元気になられた陛下と、現実に父子で広い広いお庭を歩まれたのかどうかは、わかりません。そんなこともおありだったのなら、陛下には嬉しい事でしょう。

こうごうさん以外のお身内と共に歩かれている今上を、もう長い間、拝見していないし、思い描きにくいです。



この ↑ うたは、一首ずつ、美智子さんの歌集からと紀宮さまの本からと、とりました。

初めの、平安朝のうたを意識しつつ詠まれているのが、美智子さんのうた。

もう心配云々は抜けて、このうたに関して言えば、本歌取りしてそれがうまくいって、ご自身、ご満足のうたのようです。

ご夫君の大病は、うたの材の一部。

おみごと、さすがこーごーさま、と、もてはやし易いうたになっています。うたの中心にいるのは、当然ながら「わたくし」です。


二首目の作者は、紀宮さまです。

たぶん、紀宮さまのおうたと思います。紀宮さまの本の中にありますから。

詠まれる対象に(ここでは陛下。お父上)対して、体温を感じさせる雰囲気があると思います。

術後の陛下の、脚をさすって差し上げたり小さくした果物を口に運んで差し上げたりは、奥方でなく、降嫁された後も実家へ通ってあれこれされて、の清子さまではなかったかと、私は、感じています。

医療従事者や女官さんではない部分、ご家族としての看取りは主に、紀宮さまがなさっていたのではないかと。

あくまで私感です。

当たっているんじゃないか、とは、思っています、だからこうして書いています。

美智子さんは、何かしてる風な感じを作るのは、とってもお上手。でも。じっさいには何もしないヒトだと思う。


大病の際にも、フリばっかり上手くて使えないツマと、地味に控えめに実行される娘さんと。

そんな感じなのだろうなあ、と。

もしかしてもしかすると、二首目もミテコさんのうたかな???の疑念も、持ちました。

「みともしてゆく」

ここが、父親であろうとも「天皇」として対するべき娘さんに許される言葉の選びようとして・・・お母さんが・・・など、少しだけ考えました。

美智子さんにとって、天皇に対して平等(もしくはそれ以上)なのは「わたくし」だけなのだ。ということくらいは、明白なのですから。

それにしては、結婚そうそう天皇に口答えした長男のよめさんは野放しですけれど。


娘さんは、控えていなさい、なのでしょうね。ご次男さまのご一家の方々も。



大辞林 第三版の解説


ほんかどり【本歌取り】



和歌で、古歌の語句・発想・趣向などを取り入れて新しく作歌する手法。新古今時代に盛んに行われた。「月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身一つはもとの身にして」を本歌として、「面影のかすめる月ぞやどりける春やむかしの袖の涙に」と詠む類。



連歌・俳諧の付合方法の一。和歌の本歌取りの手法を付け合いに用いたもの。



スポンサーサイト

3 Comments

葉山  

こんなに気取っていたのに

和歌の記事ありがとうございます。

>かたかりし こぞのとしのせ おもひいでて しはすのそのを みともしてゆく

仰るとおり清子さまにしては飾りが多いように感じます。
おもいいでて、とか みともして、とか

清子さまなら他の表現を選ばれるのでは
まったくの無知な私が言うのもなんですが、そんな私でも感じてしまう。

39年9月原宿駅での写真、吉永小百合かっ
こんなにポーズつけちゃって、(見るこちらのほうが気恥ずかしくなるような)
それなのにその下の写真
老いて無残な有様に
かっこつけてもむだでしたね。
老境に入ってそれまでの集大成が外見にも表れるいいサンプルになりました。

2016/12/22 (Thu) 06:53 | EDIT | REPLY |   

結花  

和歌と笑顔

さすが、造詣深くいらっしゃいますね。
小説であれば、あぁこの方らしいという感想を少しは持てるのですが・・

ただ清子さま、ご家族でのスナップや服装は、非常に控えめで 華やかに目立つ(目立たねばならない?)方を輝かせつつ品よく寄り添うご様子なのですが・・
和歌は、心の温かさと素直な気持ちを感じつつ・・スナップに比して、もっと生き生きと活発な印象を受けました。

西洋貴族のお姫様は、文章の日記を記すと盗まれた場合、ゆすりの道具にもなりかねない為、スクラップ??を貼って、知る人が見れば心情が分かる様になっている為、日記代わりにしているというのを TVで見ました。
古来からの和歌も、同じ様なのでしょうか。
そういえば・・以前に山上憶良のいろはにほへとを読み解く特集が、面白かったのを思い出しました。

KUONさまの解釈、楽しく日記を読ませて頂いています。
私には中々難しく、コメントを都度入れることが出来ず、読むだけになりごめんなさいね。

海外では和歌・俳句の文化が無く、最近ブームだそうですね。
海外で人気のある日本の本は、村上春樹と並んで、俳句だとか。
この年になると、中々おうたに触れない生活をしていますが、日本人として大切にしたいと改めて思いました。

美智子さまの若い頃のお写真には、びっくり。初めて見ました。
美智子さまは、結婚当初の自然で上品な笑顔の紀子さまを 歯を見せて笑うのは宮家として品が無いとお叱りになったのでしたよね?
・・上の様な美智子さまを 当時(の皇后陛下?が)観るに見かねて、歯を・・と言ってたしなめられた(のかな?)を 同じ様に(必要が無くても)おっしゃったのかしらと、思いました。

2016/12/22 (Thu) 14:23 | EDIT | REPLY |   

KUON  

お返事が遅くなりました。


今夜は冷えが厳しいです。

テレビでは茨城県方面の地震の映像が映し出されています。何か感想を口に出すのもはばかられる思い。こんなに寒いのに・・・お正月近いのに・・・

お返事書かせていただきますね。


・葉山さん


>清子さまなら他の表現を選ばれるのでは
>まったくの無知な私が言うのもなんですが、そんな私でも感じてしまう。

飾りが多い・・・私も同じ感想を持ちます。いきつになっても花やリボンに固執されるあの方の「クセ」、出てしまいそうな気がします。

うたを読むには、まっすぐな(時にはウマいこと傾いている(笑))目と気持ちがあれば十分、と、思います。無知な、とは当然、美智子さまはご存じないご謙遜と思いますが、まことミテコさんは毒親。甚だしいですね。

昭和39年原宿駅、ですか、もの思いにふけるポーズのおきさきさん。お詳しくていらっしゃいますね。美人の美智子さん、ですね、いわゆる。

「こんなに気取っていたのに」このひとことが秀逸で、ひとり笑わせていただきました。

気取ったって、お里は知れてるんだよ~~~(笑)。


・結花さん


いまテクスト(笑)のようにしている紀宮さまの本には、うたの他に、折々に語られたもの、書き残されたもの、豊富にあるのです。それらを読ませていただくと、思慮深い、お母さまよりはよほど「人間ができている・・by小和田雅子・皇太子殿下を評して・(笑)」お方と感じるのです。

その人のうたは、その人から出て来るものなので、いま疑っているように「これ匂う」という感じが、浮かび上がってくると言いますか。添削はあっていいものの、まるで代作というのは。

人としてルール違反の気がします。当たり前になっていて、きっと、わかっちゃいられないのでしょう。

紀子さまには、ほんと、一つ一つ五月蠅かったと思います。

自分が、本当にされてイヤだったことなら、しないでしょう。イジメと感じていただけで、実は違っていたと言うことだと考えるのですが。それと。

ミテコさんは、あったま悪い。


2016/12/28 (Wed) 22:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment