KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

贈る言葉。

 皇太子妃雅子さまは9日、53歳の誕生日を迎えられた。宮内庁を通じて感想を発表し、天皇陛下が8月8日に公表された退位の意向がにじむおことばについて「テレビ放送を厳粛な思いで拝見し、陛下のお気持ちを重く受け止めております」とつづった。

 天皇、皇后両陛下の活動に「一つ一つのお仕事を大切になさりながらお務めを果たしてこられているお姿を拝見し、深い感慨の念を新たにしております」と敬意を示し、「ご公務に大変お忙しい毎日をお過ごしでいらっしゃいますので、くれぐれもお身体(からだ)を大切になさり、永くお健やかにお過ごしになりますよう、心よりお祈り申し上げます」と述べた。

 皇太子ご一家は今年8月、長野・上高地で開かれた第1回「山の日」記念全国大会の式典に出席した。15歳になられた愛子さまの最近の様子について雅子さまは、こうした行事などの経験を通じて「皇族としての自覚と役割を学びつつあるようにも感じます」と述べた。

 愛子さまが秋に体調を崩したことにも触れ、「皆様にはご心配をおかけ致しました」としたうえで「国民の皆様からお寄せいただいている温かいお気持ちに対しても、御礼を申し上げます」と述べた。

 2003年12月から療養生活に入った雅子さまは、適応障害と診断されている。ご自身の体調については「快復(かいふく)に向けての努力を続けていきたい」と記した。

 東宮職医師団は毎年、誕生日に合わせて雅子さまの体調に関する見解を公表している。今回は「着実に快復してこられている」とする一方、「まだ体調に波がおありです。周囲の理解と支援を受けながら、治療を続けていただくことが大切です」とし、昨年とほぼ同様の表現となっている。【山田奈緒】




1481233410799.jpg

東宮御所の談話室ですとか。宮内庁提供の写真。

絵もない。花も無い。

どうしてこの娘さんが、この場に一緒にいるのでしょうか。

今年は犬も猫も参加せずの写真撮影。愛子さまもここにはいない、という訳なのでしょうか。

買う気になれなかったので表紙だけ眺めた女性週刊誌の、どれだったか、

「皇后さま、檄やせの愛子さまを励ましの抱擁」

とありました。

アタマおかしいんだわ。ムカムカしながら立ちさって来ました。

書く方も書かれる方も書かせる力も。まともじゃない。ろくなもんじゃねえ。美智子さんもそのご夫君も「愛子さんじゃない、けど愛子さん」について、知らないはずが無いのですが。

励ましたり抱擁したりで済むレベルでは無い。

あのお子さんを抱きしめちゃったというミテコさん、さぞ、痩せこけて浮き出た骨の感触が「愛おしかった」でしょうね。

共犯どころか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

祝う気持ちは一切無い。

最高学歴バリキャリ華麗なる美しき語学堪能者。そのはずだった「雅子さま」の、集めてあった素敵画像の一部、少しだけ貼って、今日のシルシといたしましょう。来年は無い気が、気のせいか。

早く出て行って下さいね。決められたことも守らない病欠中の身で診断書も抜けぬけと提出しない、何が「厳粛な思い」か。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1474965445124.jpg


あぐらかいてお寿司を召し上がる外交官のお嬢さん。十代の貴重なるご尊顔です。

あ、写真が並べられている男性は、外交官ではありません、言うまでもないですけど。


1474211735687.jpg


結婚前には墓参りもしました。

疑惑のお墓。セパレーツしかも墓石の歪んでいる珍品の墓、読経するはサングラスすがたの有髪のオボウサンだった、赤いローソク三本立てた、丈のありすぎる洋花(推定、一対で2000円?)ブッ挿したお墓に、念珠も無しで個性的な手の合わせ方をなさる、皇太子の婚約者。

この日ここには、両親も一緒でした。両親も同じレベル。いやもっと。どちらでせう。


1474530225432.jpg


お墓、リフォームされたようですが。おわださん。

この墓碑名。「匡利」さん、フー、イズ、ヒー。

私も調べてみたはみたのでしたが、わかっている以上のことは、わかりませんでした。当たり前か・・・三代前が、やはり不明と、わかりました。


1474430451598_20161209095313adf.jpg

祝福(・・・)されてのご結婚(・・・・・)。


1364820249631_201612090935283c4.jpg


風俗習慣まったく違うところへ来て。という、結婚当初のまさこさんです。

奈良の人間は、こういう言い方をする時、微妙な笑みを含んだ表情でいることが多かったのです。

何も知らない頃は、なんでかな、なんか感じ悪いわ、と思っていました。

昔のひとたちは、今のように直截な言葉遣いをしなかったし、できませんでした。


6de4882e_20161209093025fc6.jpg


旧い家には、意地悪だったり五月蠅かったりの周囲がセットでついているもの。

「今度来たヨメさん」が、屈しないで頑張り抜いて、何十年の後には「アタシが大将」みたいになって、という話も、よくあることではありいます。

来た家に適応できなくて二十年ももっともサボっていることは、温かくは見てもらえないよね・・なかなか。

結婚草々、招かれている壇上で、居眠りしちゃった。

初めの一回くらいは、ご愛嬌で済む・・・なら、苦労は無いように、思ひます。一生言われる。

あ、この方も、今でも言われているか。


1474199940144.jpg


身辺からモノが消える。

由々しいことでないですか?

お姑さんも同じパターンのようです。

宝冠が無い、ダイヤの首飾りも無い、このヒデンカが買いまくっている海外のブランド品。

ハヤシマリコはかつて、皇太子妃がブランド品を買ってなぜ文句を言われる。物書きである自分さえが、シャやらビトやら、買っている。妃殿下は、遠慮なさらずいいモノをお持ちになって下さい。

と、エールを送っていた。大作家の林真理子さんが、自分の心身を削って得られたお金で、何を買おうが、誰に何を言われる筋合いもありません。

まさこさんは違います。違うのです。そこを一緒に語るハヤシマリコ。(笑)。

加えて。まさこが買って身に付けた高価な品の行く先に大いなる疑問がもたれています。

どろぼー疑惑をかけられている内廷皇族。警察は動かないですから平気なのでしょうか。

あれこれ何やかや。この写真のフルート、プラチナ製で700万円くらいと推定されていました。

これも、どこさ行ったべや? まだあるにしても、まさこにフルート、状態。新格言できた。もったいない。


1367326913862_20161209093030d0d.jpg



数回、行きたい行きたい外国へ行きましたが。

恥さらして・・・自覚の無いのがなんとも・・・来ただけ。

このフェリペ・スペイン国王の顔。

左端のタイの新国王は、同類だとお思いか? 笑顔っぽいです。



de88d740bef768bcc27a9dfd6ce53dfe.png


夫は後部シート。安定の後部シート。いちおう、彼女の夫さんは「皇太子」です。


1465787059396.jpg


内親王がお生まれで、天皇が賜った「御地赤」。

それを、違う子に着せて参内したのは何年前のことからか。


1474531645727_20161209095315877.jpg


これはすべて、またこたま。

まだまだだ。


1459249244388_20161209093529aa2.jpg


見る者を瞬時にして不安に落としいれる、まさこさんのハイ・パワー爆裂ばか笑い。


1459174923884_20161209093028473.jpg


「被災地訪問」。

1460940987775.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


1474896714789_20161209100058ca5.jpg


愛子さんは怯えていましたよ、あなたに。母親に。まさこさん。


9f6ee6a1.jpg


自分の子でない娘を連れ歩いて。

皇室に二十何年いて、どんどんどんどん薄汚くなって。


1459249138365_20161209093530adc.jpg


こんなにも暗い表情のお子さんを、驚愕して見ました。

愛子さん。

この愛子さんをどうなさった。

どこにおられる。


1481246479498.jpg


この娘さんを。もうこのお子しか出して来られなくなっていて。

こころを病むとか。カラダを傷めてしまうとか。

想定外のことだったでしょうね。

まさこの恐ろしい目。

この娘さんを、どうするつもり。

どうするつもり。

誕生日だというから、この言葉を捧げましょう。

鬼畜。

こんなんは「コマ」でしょうけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ◇皇太子妃雅子さまが誕生日にあわせて公表された感想

 この1年も、国の内外で様々なことがありました。4月の熊本地震や夏の台風第10号による洪水、海外でも多くの自然災害が発生するなど、今年も心の痛む災害の多い年でした。不幸にして亡くなられた方々とそのご遺族に心からの哀悼の意を表します。また、被災された方々のご苦労もいかばかりかとお見舞いを申し上げますとともに、1日も早く安心できる生活に戻ることができますよう、心からお祈りしております。熊本県での震度7の地震の発生は、思いもよらないことで、被害の大きさに心が痛みました。また、大きな余震も随分と長い期間続きましたので、多くの方が大変な思いをされたのではないかと思っております。

 東日本大震災も、これまで常に私の心に懸かってきていることです。6月に、復興状況視察のため皇太子殿下とご一緒に岩手県を訪れました折には、災害公営住宅や団地の造成が進むなど、復興が着実に進んでいることを実感致しました。一方で、今なお仮設住宅にお住まいの方々などから、ご苦労が続いていることのお話を伺い、心が痛みました。さらに、そのような中、台風第10号が岩手県岩泉町や北海道に大きな被害をもたらしたと知り、被災された方々の受けた衝撃の大きさを思いました。また、近年、規模の大きい災害が多くなっているように感じられ、災害への日頃からの備えの大切さを改めて感じます。被災された方々が1日も早く安心して暮らせるよう願うとともに、今後とも、皇太子殿下とご一緒に、被災地の復興に永く心を寄せていきたいと思います。

 今年の明るい話題としては、夏のリオ・オリンピック、パラリンピックで日本選手団がすばらしい活躍をしたこと、また、大隅良典博士がオートファジーの研究でノーベル生理学・医学賞を受賞されたことなどがあげられます。そして、アジアのノーベル賞と言われるマグサイサイ賞に、1965年に発足した青年海外協力隊が選ばれたことは、日本の若者たちによる国際貢献が世界から高く評価されていることの証しであり、これらのことをとても嬉しく思います。

 ただ、国内では、障害を持った方々や、子供、お年寄りといった社会的に弱い立場にある人々が犠牲になる事が目につくようになっており、気にかかっております。世界に目を向けても、貧困や、難民の増大、テロによる多くの犠牲者の発生など、課題は山積しています。人々が、広い心を持ってお互いの違いを乗り越え、共に手を携えて英知を結集し、様々な問題の解決に向け一致して取り組むことが、今の世の中で大切になっていると感じます。

 天皇皇后両陛下には、1月のフィリピン国ご訪問を始め、この1年も、一つ一つのお仕事を大切になさりながらお務めを果たしてこられているお姿を拝見し、深い感慨の念を新たにしております。そして、今年8月の天皇陛下のおことばは、テレビ放送を厳粛な思いで拝見し、陛下のお気持ちを重く受け止めております。両陛下には、ご公務に大変お忙しい毎日をお過ごしでいらっしゃいますので、くれぐれもお身体を大切になさり、永くお健やかにお過ごしになりますよう、心よりお祈り申し上げます。

 10月には、三笠宮崇仁親王殿下が薨去されました。三笠宮様には、皇太子殿下を始め、私や愛子もお世話になり、良くしていただいておりましたので、寂しく感じております。この機会に改めまして、これ迄の感謝の気持ちと、ご長寿を全うされたことへの敬意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。また、海外でも、タイ国のプミポン国王陛下が崩御されました。長年にわたりタイ国のために尽力され、国民から慕われてきた方でいらっしゃいましたので、タイの国民の悲しみも深く、とても残念なことでした。二十年余り前、私にとりまして結婚後初めての外国訪問となった中東諸国への途次に立ち寄らせていただいたバンコクで、離宮にお招きいただき、深く思い出に残る、心温まる夕食会を催していただいた時のことを懐かしく思い出します。心からご冥福をお祈り申し上げます。

 私自身につきましては、今年も体調に気をつけながら、4月の神武天皇二千六百年式年祭の儀を始め、東宮御所内外での公務について、できる限りの務めを果たそうと努力して参りました。その中で、6月に千葉県と岩手県、7月に奈良県と京都府、8月に長野県、そして11月に岐阜県を訪れました折に、多くの方々に笑顔で温かく迎えていただいたことは、私にとりまして大きな励みになりました。今後とも、皆様方からのお力添えをいただきながら、快復に向けての努力を続けていきたいと思います。

 愛子は、多くのお友達に囲まれ、充実した中学校生活を送るとともに、今年に入り、皇太子殿下や私とともに、神武天皇山陵や「山の日」制定記念式典を始め、様々な行事や場所に出かけることも多くなりました。そうしたことを通じて、皇族としての自覚と役割を学びつつあるようにも感じます。秋に入り、体調を崩し、皆様には大変ご心配をおかけ致しました。お陰様で、現在は体調もかなり回復し、残り少ない中学校生活の日々を大切に送りながら、勉強に取り組んでいるように思います。これからも色々な経験を積みながら、より大きく成長していってもらえるよう願っております。両陛下には、日頃より温かいお心遣いをいただきながら、私や愛子をお見守りいただいておりますことに、この機会に改めまして心から御礼を申し上げます。また、国民の皆様からお寄せいただいている温かいお気持ちに対しても、重ねて御礼を申し上げます。

 東北地方や熊本を始めとする被災地も厳しい冬の寒さを迎えていることと案じております。被災された方々が、多くの人からの温かい支援に支えられて、少しでも心穏やかな日々を過ごすことができますよう心から願っております。


こころあるのね? ふううん。
スポンサーサイト

コメント

KUON様
記事更新有難うございます。
愛子様と言われる方、やはり別人ですね。
ご指摘の通り、耳の位置、形状、頭の形、全く違いました。

この子を本当の愛子様として皇位を継がせたいと?
この娘が、大人になったて女性天皇になったら?
なる、まさ同時にお払い箱では?本当の両親に乗っ取られるのでは?
この子以前も、愛子様として登場してましたよね。その子をみて痩せた愛子だと思ってました。
こんな嘘つき、しかも子供を利用するなど許せません。


こんにちは~

どう贔屓目にみてもこの3人,普通じゃないでしょ!
多くの国民は何とも思わないのかしら?揚げ足取りの名人たち、重箱の隅をつついて難癖つけるマスゴミ連中!この異常な3人については感覚が麻痺してるのか?


おかしいでしょ!変でしょ!どう見ても!

毎年毎年おなじような文言で、国民を愚弄し続ける盗宮一味!いいかげん止めてほしいのですけど!

ほんと気持ち悪いです!




雅子様、
お誕生日おめでたくございません。

禍々しい写真の数々に唖然。

愛子様??

影子さん、ごっついマタコタマの横だから、痩せ細り方が、際立って痛々しい 。

それでも、週刊誌、ネットのニュースでは、一家を讃えている。アホか…

またやらかしましたわ、マタコタン

三笠宮にご冥福をお祈りする?
冥福をお祈りする は使わない方が
いいとされてます。

『浄土真宗やキリスト教、神道など、
世の中には様々な宗教や教義がありますから、
少しでも失礼にあたる(・・・かもしれない)
「ご冥福をお祈りします」
というフレーズは、避けるのがベストな選択でしょう。』

神道の方にいいのですか?
やっぱり何にも分からない
汚ワダニ家の人ね。
そんなのが何でこうゴーになれる?
日本人の頭がおかしくなったと
誤解されますよ。
やめて下さい!

こんばんは

お久しぶりです。
愛子さまのお誕生日の会見の影子と雅子さんの隣にいた子
どう見ても中3の子ではないですよね。物腰や仕草高校生のような気がします。
そして、橿原駅で私が見た影子さんも中3には見えませんでした。中1ぐらいの子供に見えました。
でも顔は似ています。私の妄想ですがこの二人は姉妹ではないでしょうか?姉妹だと考えるとスッキリします。数ヶ月で激やせよりか元々別人、姉妹だと思ったのです。
本物の愛子さま元気なのでしょうか?ホント心配です。

愛子さんの御誕生日のご挨拶、私はロケだけかなと思っていたのですが・・・
本当に両陛下にご挨拶したのかわかりませんが、「皇后さま、激やせの愛子さまを励ましの法要」って小和田がかかせたのかしら・・・
眞子様、佳子様、悠仁様、毎年お誕生日にご挨拶されるけど、何かお言葉を賜ったとか一切、出ませんよね。
美智子さんは違うことは、宮内庁を使って否定しますよね。
でもこの夏、散々影子を連れてお出まししちゃって今まで何も言わないできたから、今更言えないですよね。
グルといわれても仕方がないです。
本当の愛子さんがどうしているのか・・・
この影子にも親がいるわけで、自分の子供を差し出すということは、見返りがある訳ですが思春期の子がこんな恐ろしい役目を背負い、
精神的に追い詰められて。
この子の親はどんな気持ちで過ごしているのでしょう。

消されました

雅子さん、誕生日の最初の動画つきコメントが5時間でそっくり消されてしまいました。
ただの、悪口ではなくみなさんしっかりと意見しておられましたが。
どこからの圧力でしょうか。

次代になったら、何も言わせないぞというすごみを感じました。

時にワイドショー気分で、東宮家を眺めて来ましたが……今はお痩せになった愛子さん? が、痛々しくてたまりません。
本当に、いったいどうしたらいいのでしょうか。
日本の片隅で焦ってしまいます。

本当の愛子さん、どうしてるかとも思いますが、
そもそもナルさんが托卵だったら、
愛子さんは皇族ではないのですよね。

・misakiさん


いろんな意見もあるようですが。どうしても「これは愛子さま」でないといけない方面もあるのでしょうが。

私は、誕生日(本人と母親)の愛子さんとやらは、違う。愛子さんではないと考えています。

これは、重大な犯罪だと思っています。並の犯罪ではありません。昔のあの社会ではあり得たこと。すり替えなど歴史的には無かったことではない。が、この娘さんは、愛子さんでない。

決着をどうつけるのか、見ていなくてはなりません。

犯罪です。



・とんこ さん。


正直、どんな風に操っているとか、そんなことは私にはわかりません。でも、この娘さんは愛子さんではない。

ナルもまさも、どんどん人間度も思考能力も下降の一途。アホみたいに笑っています、重大なことの自覚ないので。

このままでは、現代では済まないと思うし、押し通せるのなら私はもう、皇室の存在意義を見いだせない者として生きて行きます。子孫にも、そう、自分として、言い聞かせます。


・華さん


>それでも、週刊誌、ネットのニュースでは、一家を讃えている。アホか…

アホはわかっているつもりでしたが、想像を超える酷さです。渡辺みどりなど。

今までで一番美しい愛子さまですと。人間の目、持っていないヤカラですね。

もう少ししたら、どんでん返しで「実は当社は真実をつかんでいた」合戦、おっぱじめるか、内廷には一切何の期待もしていませんので、高みの見物。

当然、他の宮家もしらない訳もないですが、だからこちらも、そこは踏み込まないで、様子見。

このままで済むと思えない、済むのなら、終わりですね。私は余命せいぜい〇でしょうからいいが、これからの人びとは・・・


・カムバックさん


橿原でご覧になったのですね。「愛子さん」私は京都で。

ホントの愛子さんを見たことは無いですが、夏のあの子は愛子さんではない。少なくとも駅の周辺の子は。

あの子が今の痩せこけた子か、それは、言いきれません、が。どっちにしろ、あの夫婦もどきは、次代どころかヒトでさえないですよ。あれが即位だと。バカも休み休みにしないとね・・・

怒っています。




・まりりん さん


仰ることぜんぶ、私も思うことです。

貧しくて娘を売った時代がありました。今もよその国にはあります。でも、これはまたどうなんでしょう。

今の痩せこけた娘さんは、笑顔を作っていますが、ちょっと足元の何かが動いたら、どちらへ向くかわからない。

世の中の痩せこけた娘さんたちには、何かどこか行く道、行ける方向があるみたいですが(生きてさえいれば)、この娘さんはもう、出て来てしまっているので・・この子の親はどうなのか。わからない。

判らないけど、内廷皆が、犯罪を犯しているとだけは、思います。

ミテコさんは他のメンバーよりいささか気が回るので、逃げたい一心でないですか。

陛下には今は何も解らない。わからないけど、ここまで来てしまわれて。・・だから降りたい? そうではないと思うが。

犯罪ですね。


・さと子さん


ごめんなさい、書いて下さったこと、どういう何のことか、わからないのです。

よろしければ、」もう少し教えて欲しいなど、思っています。

何が消された? いま、あちこちでいろいろ、やっているようですが。


・はるせん さん


>今はお痩せになった愛子さん? が、痛々しくてたまりません。

そうですね。もう、真相はどっちかもだけど、のワイドショー的な次元でなくなっていますね。

痩せ子さんを出してしまった。マスゴミがどう持ち上げようと、異様には変わりない。

さっそくフジの小倉氏なんか、自分はこうやるぞ、の保険かけた発言してましたし。オセロゲームみたいに展開するかもしれない。しないかも知れない。

でも、あの娘さんが、一生残る傷を抱えてしまった事実は、事実ですよね。同居の孫息子が同い年。気になりますが、やはり、何も出来ないです。悲しいです。


・まめはな さん


ナルさんのことは・・・まだ結論が自分の中では出ていないです。出していないというか。おかしいことは感じています、十分。

愛子さんが、皇族でないにしても、皇太子夫婦が連れ歩いて、内親王として扱っているし扱わせています。子のことだけで、重大な犯罪だと思います。大罪。

どう責任とるんだ。本物とコピーと。生身の人間を、これから、どうする・・・いりろ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3728-c8e77cb4

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん