FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ノンタイトル、かな~。

雷雨が過ぎて行きました。

NUさん、名古屋で、活性炭とゼオライトをお勧めされた!。
シチェーションはわかりませんけど、お仕事に、さわり無いですか?。
人様に、本当にわかってもらえるように何かをお勧めするの、難しいですね。
NUさんが、傷つかないように、なさって下さいね。
美味しい水って言っていただけて、まずは嬉しいですね。わたしがその場にいたら、そうです、それでね、それだけぢゃあない、カラダを守ってくれるんです!ってマシンガントーク炸裂。結果的に邪魔になったりして~。
言わずにいられないんで、お口チャック、マウスキーピング。それ必要かな。
口チャックなんて、当分、無理だわ~。

原発事故の現場で作業しておられた30~40代の男性お二人、被ばく量が678ミリシーベルトとか、643ミリシーベルトだったとか。尋常な数値ではありません。
パソの前で一人怒っていたら、うちのぢいさんが、大したことないよ、と言います。
まず若い部類の男性だし、すぐにヨウ素剤をきちんとのむとか(ヨウ素剤は、まえもって、でなくても、後でも早く早く飲めばけっこういいそう)1,2年くらいなんとかしてたら、なんとかなるだろう。三年くらいで、人体は、全部入れ替わるから。あくまで多分、だけどね。など言います。でも、それは、外からかぶった話。

体の中へ入ってしまうとややこしい。

シーベルト、なんて、聞きなれた言葉になっております。
しかし。
体にキカイ近づけて、なにやら計っておりますが、切ないことに、内部被爆・・体の中に入ってしまった量、入ってしまっている量は、計ることが出来ないのだそうです。
内部の被爆量は測れない。
とにかく中へ入れない。これしか無い。
しつこいと思われてるの承知ですから、簡単に、ワンポイント・お勧め。

水の中からヨウ素を除けてくれる活性炭。2~3リットルに一つ、一日一個、20円。倍の量のもの30円。一ヶ月で600円から900円です。ヨウ素は半減期八日ほど、と言われますが、現場が収束していない以上、ヨウ素、さらば、とは、まだまだ言えない。くやしいけど。
水の中からセシウムを除けてくれるゼオライト一キログラム600円。これで半月から一か月分です

無理なお勧めはできませんが、自己防衛の足しにしていただければ嬉しいです。
体の中に積もらせてなるものか、の迫力で、使っていただけたらなと、切に思っております。

ガラにもない話を少し。
関電さんが、突然、15パーセントの節電を「お願い」されて。
大阪知事さんは、これに協力しない、と。
橋下さんは、常づね強引なところもおありと感じるが、この問題については、よくわかる。データを出してくれとの再三の申し入れは関係なく、の、上意下達であったとか。

今まで、原発も運転してきて安泰だったのに、利益上がっていたのに。風向きがどんと変わって。
関電さんも、東電さんと同じことを。
原発、ノー、ノー、言うなら、えらいことになるよ、電気あげないよ、いいのか、いいのか、と、威嚇節電案。
節電なんて主婦なら、上からやーやー言われんでも、自分の知恵でしてますわ。
それだけです。
ようわかっていないのです。
新しいエネルギーって・・・。
誰が、何を、どう考えて、どこがして、どれくらいの期間で出来て、それで、それには、影の、ナイショのお金が、動くわけないなんて、信じられるのかぁ?。

やさいさん。やっさいっさん。
いつか会えたら、いつの日か会えたら、アカペラで、「青い空を~」唄ってくださるって。
絶対会いたいな~。

なんか、もっと言いたいことあるのですけど、言葉で出て来ません。
黙っててもいいなあ、と思う。
すぐに会えなくてもいいな、と思う。
わかっててくれるから、いいなあ、と、思います。
そう思えて、しあわせだな。















スポンサーサイト






 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・