Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

何でも出来るでしょ、あのひとたち。

考えてもどうにもならないとも思うのですが。

891e7ec0.jpg

15歳の娘さんと、お父さん。

鶴折って、見せ合って。

両人とも、生まれて初めて、こんなことしているんだろうな。そして、

これがおしまい、なのでしょうね。


14b8aa9f.jpg

お年頃で。ストレスで。お疲れで。

いまどきの女子が痩せてしまうことは、あることとと思います。

頭蓋骨の形まで変わってしまうとは、これは、よくあることと思えません。

内廷マジック。

驚愕。

ナルのわざとらしいアホ面は不変。


d21c7af8.jpg

時事通信 12/1(木) 17:59配信

「皇太子ご夫妻の長女愛子さま(15)は誕生日の1日、皇居・御所を訪れ、天皇、皇后両陛下にあいさつされた。
愛子さまは午後5時ごろ、半蔵門から車で皇居内へ。集まった人々から「おめでとうございます」と声が上がると、笑顔で手を振って応えた。宮内庁によると、御所には約30分滞在し、両陛下と言葉を交わしたという。 」


ぱぱと、カメラの前で「鶴」折って遊んだ…鶴を、クローズアップさせる業務を、完遂したのは、

あれは、11月の20日過ぎだったような。

覚えてません、そんな過去のこと。

明日って未来も、わかんないのに。

とか何とか。ね。



ナルさんと写真撮ったあの日から、もしかして髪を洗っていない???

愛子さん。髪、脱落が始まっているように見えなくもない、自分で引っ張りむしるケースだってあります、が、ともかく、

この「老人様顔貌」・・・こういうコトバがあるのです、いま思い出しただけです、この愛子だと名乗って挨拶したであろう娘さんと、天皇と夫人はお会いになったそうでした。

30分間も。

「天国と地獄」のあのメロディが、鳴り響く中・・・は、在りえませんね、高貴な方々ですから。

びっくりしたかなしなかったかな、心配したかな、東宮家のことは東宮家に任せて、と、口出ししない方針のままでおられたかな。

そこが、実は、知りたいですが、知りようも無いわけで。

この子も、親とされているひとたちも、

「社会人としてきちんと」

とは、思えない。

・・・民には関わりの無いこと、か。



民も、あんなひとたちとは、関わり断ちたいのが、希望でございます。


この若い女性が愛だか影だか。どこのどなたにしても、今の状態に対処してあげないとあかんのと違うか。

と、思うのは、そこです。

皇室に出来ないこと、無いでしょ。なんでもできるし、するでしょ。

たくさん「消して」来ているあたりが、こうして表へ出ている子を、どうされるのか。と。




スポンサーサイト

5 Comments

硬質憂子  

この二人

とても微笑ましくは見えませんね。
二人とも疑惑がありますよ。
何か違うんですよね。
天皇家の血筋をひく方として。
生まれながらの遺伝子とやらが
何か違うような気がします。
日本人が直感で解るものが疑義を
生んでいるのでしょうね。
ホント!何でもやってしまう
こー質ですから。この頃出てくる
見て子さんはガッチリしてて
背も高いし、くびは太いし
とてもティアラが被れない人には
見えません。鍛錬を積んだ頑丈な
コーサクインさんみたいです。
逃げ足も一番に速そうです。

2016/12/04 (Sun) 09:21 | EDIT | REPLY |   

花橘  

哀れです。

本物愛子さんでも、幾人かいるとかいう愛子さんでもこの少女は可哀相です。
大人の邪悪な企みに、どんな甘言に惑わされてこの役目を担っているのでしょう。
こんなに痩せて。ネットで騒がれて。それでもお役目と割り切れるのでしょうか。
どなたかが、有吉佐和子先生の著書『和宮様御留』のように愛子さんはなるのではないかと危惧していました。
江戸に降嫁したくない和宮の影武者が最低二人はいて、本物は江戸東下前に逃げだし有栖川宮家ゆかりの尼寺に。最初の影武者は実母観行院が捜した京の孤児。彼女はあまりのストレスでガリガリに痩せて遂には気がふれて、江戸東下中にその任を解かれてある武士階級の娘と入れ替わり、その娘の屋敷の土蔵で首を吊ってしまう。
次の和宮の影武者はその武士階級の娘が勤めます。京風作法を叩き込まれたり苦労しながら最期まで真実の自分を封印し、偽りの人生を生きたと物語は終わります。
公武合体という朝廷と幕府の企みに巻き込まれた少女たち。
明治維新の前後の話ですから、そう遠くない過去に真の和宮が本人も嫌がり、周りも賛同したために少女たちが犠牲になった。
小説ですが、私は真実だと思ってます。少なくとも一人は必ず影武者になっています。そうまでしても公武合体など為らなかったから何のための莫大な金額を費やしての東下だったのか?愛子さんを天皇にという謀略は和宮東下と同じ壮大な計画に見えて、実は何の意味もなかったことに似ています。
少女たちの犠牲にして国民を騙しても事は為らない。偽物を神が認めることはありません。ミテコたまは時代錯誤も甚だしい。今は明治維新ではない、あらゆる情報を国民は知ることが出来る時代です。隠しても無駄。
茶番劇は終わりにして、皇統は世界が認める悠仁様に。これが神の定めた理だと信じます。誰かの犠牲の上の成功は長続きしない。それはミテコさんたち自身が証明していると思います。

2016/12/04 (Sun) 09:29 | EDIT | REPLY |   

葉山  

アホ面は相変わらずのナルさんですが

車中のアイコさん、かなりの間洗髪していないですね。
天頂の分け目が禿げています、これはこの子の場合いつもですが

ミテ子さん、シンガポールからのお客様夫人の肘を折々の場面でずーっとつかんでいました。
もうわざとやっているんだと思います。
日本貶めになるならなんでもやる、破れかぶれにも見えます。

2016/12/04 (Sun) 13:38 | EDIT | REPLY |   

黒猫アビ  

KUON様

こんにちは。
ブログの更新ありがとうございます。

何でもありの皇室だけど
別人のアイコさんとやらを堂々と公開する・・・。
とても恐ろしい皇室になり果てました!
娘と共に写真を見比べました。
S52年生まれの娘が一言
「昭和天皇両陛下の優しいまなざしが恋しい・・・」

子や孫たちのために
清らかな皇室を願うばかりです。

2016/12/04 (Sun) 14:06 | EDIT | REPLY |   

KUON  

お返事遅くなりました



・硬質憂子さん


ナルは(呼び捨て)人の上に立てる人間ではありません。改めて思い知りました。

この娘さんとゐるのが、嬉しいのです、この男は。ウヒウヒと嬉しい。

目の前の、どこのどなたか若い娘さんが、気になるだけのナル。手が近寄りたがっている、ココロが弾んでいます。

精神的なものかホルモン方面の異常か、この子は普通でない、生き物として弱っている状態です。誰かが何とかしてやらねば、の状態。ただ痩せているのではない状態では。

そんなことわからない大馬鹿者。うすらどころでない、大うつけです。

なんだかイライラするツマの気持ちも、どうなっているやらの一人娘の気持ちもどうでもいい。ツマはイライラするとバイオレンスに走るとわかっているはず、と、思うのは、こちらだけ。

なんにもわかっちゃいないクソ野郎です。

己や己の直観を過信しちゃならないと思います。でも、ナルが皇室の子なら、そうなのなら、何か禍禍しいものの塊として出て来た、それを背負ってどうかなる。とか。それしか存在する意味がわかりません。

下らないヒヒ親父の顔満開で。恥ずかしいわ!。間違っていたからですよ!。


・花橘さん

和宮さま。私も小説読みました。ドラマでしたか、も見ました。和宮を演じた女優さんは覚えていませんが、身代わりに駆り出された娘の役が大竹しのぶだったのは覚えています。

わけもわからず連れて来られて。女官たちにバカにされて。記憶にあるのは、宮は小食。食べ残した者が娘にあてがわれる。娘は必死で食べる。で。おまるの中身が沢山で、そのことを、女官の一人が、心底イヤそうに、だからこんな低い身分の、みたいなことを言い、娘は言い返せずひたすら肩をすぼめているしかない。そんな場面でした。

なんと酷いことをしたのでしょう。

こういうこともあったと、私は考えています。上辺をつくろうために、公家だって武家だって、相当なことをしたと思っています。今のように情報が溢れる時代でも無く。

愛子さんだとされているこの娘さんも。まさこはカメラの前では微笑みかけていますが、相当、と察します。ご亭主が着のあるそぶりを見せているのだから、自分の不出来は棚に上げて、この娘さんに当たっていると思われます。

どこのお子で、幾つで、何で笑わされているかはしりませんが。

こころもからだも、追い詰められた状態だと思います。虐待です。皇室が虐待している、と。

お正月にはどんな画像を出して来るつもりでしょう。

女性誌も、アゲアゲで見苦しい極みです。呆れるばかり酷いです。


・葉山さん


洗われていなさそうなアタマの、皮膚が疲れて、髪を落として行っている気がします。

笑顔様の表情を作っていますが、ゆとりは感じられない。最悪の結果さえ思わせる、いっぱいいっぱいの姿としか思えません。

受験も考えないでいい。楽しいばっかりのトシゴロかも知れないのに。

計画が狂ったのですね、きっと。周囲のヤカラたちにとっては「チェ、使えないな、この娘」なのだと思ってしまいます。

障害者さんの施設へ二人でお出かけだったミテコさん、魂の抜けた顔でした。

呆けることで救われることはある、本人は。逃がしてなるか、と、激しい気持ちになるくおんです。

無責任です。面と向かって罵倒してさしあげたいです。・・・今はもう、ある意味ヤブレカブレ。

どうなるでしょう、どうされますでしょうね。腕組んで見物させていただきます。


・黒猫アビさん


娘さんと一緒に比較検討された。私も同じ、54年生まれの次女と。

あれこれ知っていて(独自に)、しかし、これはひどいわ、と、さすが驚いていました。

中学生の孫息子も「ホクロの場所が違うんだって?」と聞いてきます。学校で話題になっているらしい。私は変なばあさんで、思想を誘導したくなく、あるあたりまではおもわせておき、あのね、とは言わないことにしています。でも今回は、はっきり言いました。

「ばあちゃんは、この(誕生日の)アイコさんは、本物ではないと思うわ。でも、証拠はないから言いきれない。こういうことは普通のことではない」

で、お前はどう思うの。と尋ねてみました。

「よくわからないけど、なんか、無理やり笑ってるから可哀そうだなと思う。どうして誰も助けてあげないの」

って答えです。この子は、勉強はさっぱり出来なくて、今まさに困りまくっている中三生ですが、家族を当たり前に信じて育っている。学校や塾で、こんな話題も出ているらしいです。

情けない話です。そして悲しい。








2016/12/10 (Sat) 20:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment