Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

こうじょうせん が。

1480599462197.jpg

1480544995700.jpg

15歳の愛子さん。

( 11月時点の映像)

膝の上の猫は、いただいて来てどれだけだかの「セブン」ちゃんだそうです。

初めの猫の名は「にんげん」もしくは「ニンゲン」であると流布されました。

どこかのおめでたい人間の一人は、そのネーミングに

「愛子さまの日本語へのセンスを感じた」

とか、言うてました。そのおめでたい人間は、何年か前の自分だった気も、しないではありません。

しかし愛子さんは作文に「わたしの飼っている猫の名は」

「みー」だと、書いていました。

東宮家の一人娘さんですから、猫の一匹、ペットが増えても不思議はありません。

ただ、犬の「ゆり」にしろ猫の「みー」にしろ、このところ姿が見えていません。死んでしまったなら、可愛がっていたのなら、仰々しい話題の一つにもなりそうな・・・愛〇の死に打ちひしがれられた愛子さま。涙をぬぐって、次の愛〇への一層深い愛を、

とか。書かせることもおできになるのに。

犬も猫も。ハムスターだってヒヨコだって。いったん飼い初めて家族の一員になってくれた動物は、使い捨てのおもちゃでないと。

とーぐーさんもひでんかも、お教えにならなかったのでしょうか。生物学者であられるおじじさまも、慈愛のひと(笑)おばばさまも。

犬や猫やハムちゃんばかりでない、人も。

1480588689399.jpg

                      (12月1日の「愛子さま」。じじばばに会いに行く、とか。

「幽鬼」ではないですか。まわりの大人、鬼です。

左、私が思うには「愛子さんでは無い」のです。

去年からこちら、よく見かけた方とは思います、が。

髪の質がご本人とは違うようですし。髪が細いのです。

それはともかく。

向かって右の写真が、本当に、愛子さんなのなら。・・・愛子さんとして出てきているお子ではある、でも違いますよね?

痩せて肉が薄くなりすぎて、15歳の女の子に見えない。

今回のどの写真も、気になるのは、のどです。

首。のどの、甲状腺のあるあたりが、膨らんでいます。

私は医師ではありませんが、かつて自分も、甲状腺を患ったことがあります。そして、

かつてはめったに無かった病気である、子どもの甲状腺機能障害が、多く出ているあたりに、仕事の都合で何度となく訪れていますし、のどが腫れたお子さんを心配するお母さん方に、かなりの数、お会いしてもいます。

愛子さん(だという、この若い女性)が、甲状腺にどうとか、とは、医師でない私には言えません。

甲状腺の「病気」には、機能が昂進するものもあり、逆に低下するものもある、またそして、こんなこと言う要も無いでしょうか、

私はミジンコ、立派な、専属のドクターのついておられる(はずの)この方の「身内」でないのですし。


甲状腺になんらかの病変が起きると、こうしてこの辺が膨らむことも多々、あるようです。

特徴の一つとして、劇的に痩せて来る、という変化も。

世界に名だたる旧家、名家である、日本の皇室。その、皇太子(仕方ないので漢字でこう書いたです)を父親に持つ、内親王(らしい)この方。

まさか、こうなるまで周囲のどなたも気付かないで、放置してあってのこととは、思いたくても思い得ません。

私が笑われるでしょう。

でも、実は、思っています。

オリジナルの愛子さんでない(と私の確信する)この、名前も存じ上げない若い女性。

何にせよ、おばばさんであられる、こーごーさんの仰る「つつがない身内」だというこの、何とかさん。

のど、フツーでないようです。

と、思っています。

目も。視点が。


1480577467288.jpg

向かって左は、オリジナルの愛子さんですね。

両親と並ぶときにモタついて、お母さんにこずかれたりしていましたが。

こうして見ると、なんとも言えない気分です。


ここまでしてしまった。

どうなさるおつもりでしょう。

元には戻れないのに。誰も。

まだ、力で、押しますか。

押せますか。







スポンサーサイト

9 Comments

naっぱ  

言われてみれば・・

くおんさん、こんにちは。

言われてみれば、この子の喉、膨れてますね!
実は、私も甲状腺機能低下症を患ってまして。
子供の頃から、この子の喉にそっくりでした。
具体的には、いわゆる喉仏のあたりがふっくらと山形になっており、
その中央に横一文字の線(シワのようなもの)があるんです。
膨れ方もそっくり。
男性の喉仏のような尖った形じゃないんですよね。
なだらかな感じで・・・

亢進症でも、咽喉もとは膨れるでしょうし、この痩せ方・・
とにかく、精神的なものにせよ、体の異常にせよ、
しかるべき医師に診させて、しかるべき治療をしてあげて欲しいなと思います。
この子が、愛子さまだろうと、影子さんであろうと、それ以外の誰かであろうと。

(この子、愛子さんでも影子さんでもない気がしてます。
目の位置や虹彩の大きさ、眉頭の位置などが違う気がするんです。
素人なので、確かではありませんが。写真を見比べて感じただけですし)

2016/12/02 (Fri) 09:59 | EDIT | REPLY |   

たまき  

驚愕しました。
神をも怖れぬやりかた…
この方たちは、怖くはないのでしょうか?

想像をはるかに超えている発想です

これが愛子様だと…

言葉がありません。

2016/12/02 (Fri) 10:31 | EDIT | REPLY |   

misaki  

甲状腺

こんばんは。
甲状腺が大きいですね。言われて気づきました。
美智子様も甲状腺の病気で別府の病院に来ていたと思います。
よく祖父が今別府におしのびで来ていると話してました。

2016/12/02 (Fri) 19:19 | EDIT | REPLY |   

misaki  

aikosama

連投失礼します。
私も実は影子と思ってました。

でも今は、愛子様本人じゃないかと思い始めました。
甲状腺の病気からくる痩せ。美智子様遺伝
目が大きく見える。甲状腺疾患の為。
鼻は成長期で伸びる、高くなる。(鼻は成長するし伸びると書いてあったし雅子様の鼻にそっくり)
耳の位置は鼻が伸びて高い位置に見える。(顎も成長し長くなった)
私の子供は、歯列矯正中。歯の成長がすごくゆっくりと医者より。で乳歯を今年何本か抜いた。来年中学生。
矯正も2年以上になりました。数か月前、愛子様のように八重歯みたいに生え始め急いで下の乳歯を抜き矯正し良くなりました。それと、アレルギー鼻炎のため4ミリ前に歯が出ている状態だった。(歯科医より)
これだけでも結構顔が変わります。(親から見ても)

愛子様も、中一になったばかりでまだ、八重歯になってなかったのでは?その後今のような歯並びになったのでは?
歯の成長も個人差が大きい。
まあ、よくわかりませんが。
愛子様の顔は、病気、成長も加わり激変したと考えるとどうでしょう。





2016/12/02 (Fri) 20:52 | EDIT | REPLY |   

美絵理  

aikosama 様、
別人だと思います。
耳たぶが中学入学時のセーラー服の愛子さまと
全然違います。耳は画像を貼り付ければ変えられるし、
耳の形は整形できるそうですが。

2016/12/03 (Sat) 09:54 | EDIT | REPLY |   

misaki  

なるほど。
耳の形が違うのですね。
あまりの変わりように、逆に本物か?と思いました。
だって、似てない子を出す意味がないと考えたのですが。
それは、それで恐ろしいですね。

物事や文章の分析力、読解力は私には無かったので。
KUON様のブログ好きです。感銘しております。

2016/12/03 (Sat) 11:14 | EDIT | REPLY |   

華  

本当に、、、顔だけでなく喉にも
違和感。

今の時代は、甲状腺機能とか、検査をすれば直ぐにわかるのに、、、

宮内庁も、グダグダな説明。

影子ならば、病院で検査もできないですよね。バレちゃうから、、、

影の子を使ったり、医師にも診せられない子、江戸時代か?!

本物愛子様は、何処に行ったのかしら。。。。。雅子様の第一ティアラの様に、二度と見れないのかしら。。。

慈愛に満ち溢れた美智子様は、平気なのかな??

愛子様は、陛下の御種でできたお子様では?なんて噂も以前はありました。
美智子様も、比較的早く、「話の笑いどころなど、私と、感性が似ています」みたいな言葉で噂を払われましたが、

現在の愛子様への対応、

天皇家が小和田家に遠慮しているような、まるで、弱味を握られているかのような対応をみていると、

もしかしたら、美智子様と愛子様は、元々血が繋がっていなかったのでは?と勘ぐってしまいます。

2016/12/04 (Sun) 13:43 | EDIT | REPLY |   

白樺ギライ  

まさか、でも......

こんばんは。声まで暗くなりそうです。
21世紀の日本で、こんなことを見ることになるなんて夢にも思いませんでした。
内親王ではないひとが内親王として手を振り、ガリガリに痩せた15歳の少女を「つつがない」とのたまうコーゴーヘーカ。
もうなにがあっても不思議ではない段階にきてしまったような気がします。
ネパール王室の悲劇が頭をよぎりますが、それだけはないように祈るような気持ちです。
(秋篠宮さまご夫妻の聡明さと強さが、なんとか日本をもたせてくださっていると思っています)

2016/12/04 (Sun) 21:00 | EDIT | REPLY |   

KUON  

お返事遅くなりました


・naっぱ さん


あれこれと丹念に検証しておられる方もおられ、そのご努力、大変なことと考えています。

愛子さんがすべてホンモノなのかどうでないのか、では、どうしたら取り替えたりできるのかもわからないし、明確には断じられないのだけが明確なことですね・・。

甲状腺の病気は、しんどいですね。私の場合は眼球が前に出て来て、生まれつきの美貌が(笑)いささか、変化しました。今は大丈夫なのです。

どっちにしてもこの「愛子さん」。適切な治療が必要なのは確かでしょう。コピーだと、まともに医者にかかれない??

この愛子さんには酷ですが、やっぱりわかって来るのですね。解って来るのはいいが(何言ってるんだか)、こんな残酷な仕打ちをしていて、あの人たち、どうするつもりでしょう。

気持ち真っ暗になります。


・たまき さん

仰る通りです。

自分の中で「そういうことだ」と改めて認識した時、本当に肌に粟が生じました。

おそろしいことを。

どうするつもりdしょう。

隠せません。この「愛子さん」がこのままでも消えても、素には戻れません。

毎日どんな生活しているかと。まさこが、自分を窮地に追い込むだけになったら、その対象に対してどんな接し方をするか、想像に難くないです。

命に係わることですよね!。


・misakiさん

気になりますよね。あれこれ思ってしまいます。でも私は、ずううっと見て来て、この「愛子さん」は別人と思ってしまうのです。

misakiさんの、優しさからのお気持ちは、よくわかります。

この子を出して来る意味がない・・・それも、そんな気もします。

あの人たちは、とことん愚かなのか、目論見が外れ続けてジタバタなのか、私は

「やるんならもっとバレんように悪いことやれ~」

と、一人で心中で吼えまくっていました・・・こっち、うじゃむじゃ考えさせられて、大迷惑ですよ。

ホント、雑。ずさん。国民をなめている、その場かぎりのデタラメ、やっつけ仕事。

人一人の・・複数の、命や心や未来や、がかかっているのですが。

バカだから見通しを立てられない。どんどんドタバタやって来て、さて、最後のオトシマエ、どうつけるのでしょうか。

・・美智子さんの「別府の病院」。

つまり、体の病もですが、その他にあれこれ、あったようですね。

知っている方は知っていた。時に成人女性の身長や何やが、ころっと変えられてしまうことも・・・

また、正直なおきもちのコメント下さいね。


・美絵里さん


耳が違う、とさんざん言われて、何かしたのでしょうか。耳たぶ小さいお子ですね。

ナルさんと二人の日の、鼻筋の真ん中が膨らんでいる。わたし、そこまでのことは、この期に及んでも懐疑的でな部分もあったのですが。

鼻筋変えて、下唇にも、何か入れた? 数日後の挨拶に行く車中の画像の下唇と、違っています。狂気の沙汰を見せられました。

あわれ・・・人に対して使う言葉ではないが、あのお子さん、憐れ。

ナルはロリコン親父其のままの目つき。まさこが面白いわけは無い。だんなをアイしてなんかいなくても、嫉妬だけは深いタイプです、あのまさこは。

結論は「おそろしい」。

今日、いま、あのお子はどうしているか、今度は出て来られるか、どうなるか・・・まさこは、役に立たない人間には、どんな態度か。

おわだ家は「愛犬」を、干ころしに出来る外道です。


・華さん


>影子ならば、病院で検査もできないですよね。バレちゃうから、、、

> 影の子を使ったり、医師にも診せられない子、江戸時代か?!

ごく普通に考えれば、そうですよね。

闇の医者も暗躍か、などとも深読み試みてみましたが。いま、あの連中に加担するメリットとデメリット。皇室に関わっての自分自身の将来性。など考えてみれば、ごく普通にはもう、

難破船からいち早く逃げ出すネズミ。それが、当たっているのでは、と。今までえは、美味しいものにありつける可能性も現実もあったにせよ。

内廷もまさこのお父さまとやらも。現役の悪人としては、今はもう、死に体かと。

何人の未来を無茶苦茶にしたか。

皇室自体を、覆い隠せないスキャンダルに。

とか、考えつつ、あの子はどんな扱いを受けているかと。

拒食症にしても。

のどのあたりに何か病変が起きているにしても。

病的な事態は同じ。放置するのは大問題。でも、庇いだてしたいのは、自分たちのことだけ。

最低な外道たちです。


・白樺ギライさん


>21世紀の日本で、こんなことを見ることになるなんて夢にも思いませんでした。
>内親王ではないひとが内親王として手を振り、ガリガリに痩せた15歳の少女を「つつがない」とのたまうコーゴーヘーカ。

仰る通り。想像の範囲を越えられる快挙(じゃない、違います!)。

アタマの悪い(最高学府を出たと吹いていても)精神なんてものには無縁の。皇室に関わっていながら、紙にも魂にも異次元、異世界の魑魅魍魎ども。

もうすぐまさこの誕生日。23日には今上の。

まさこは出てこない、病名の公表も無い、温かく見守れとそれだけ。

今上は、ええと今上は、何を仰せかな。何を言われてももう、こちらの耳は、陛下のお言葉を、ありがたくは受けられない。

早いことすっきりするといいな~、と、そればかりです(笑)。

あれだけやつれて髪も抜けて。何をふっと思いつくか、わかりませんのに・・・



2016/12/06 (Tue) 12:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment