今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

光あれかし・追記・追画像あります。

8f97e5a4_20161201092558681.jpg

ご一家の大切な「末っ子のゆうゆう」殿下。

4095e237.jpg

背後の絵画の大きな樹は、バオバブ?。

「星の王子さま」に出て来る樹ですね。

サハラ砂漠に消えたサン・テクジュベリは、王子さまに言わせていた。

「ほんとうに大切なものは目に見えないんだよ」。


916d7f0b.jpg

1480487553992.jpg


難しいお立場、ひとこともおろそかにできない会見の場を、聡明そのものにのりきっておられた。

会見で「長男は」「長男が」とお呼びでした。

秋篠宮家の末っ子「ゆうゆう」殿下は、秋篠宮家のご長男。

秋篠宮殿下と妃殿下の、確かにご長男。でも、それだけではない。

皇位継承順位第三位の、かけがえのないお方。

それを一番わかっていなければならないあたりが、わかろうとしていない、わかりたくない、故意に小さく、軽い存在としている。

もっと大切にしなければならないお方を、皇位をつないで行く立場の一人あるいは複数人のヤカラどもが。必死のあがきで振り払おうとしている。認めさせまい、認めまいと、見苦しい限り。

ますますはっきりと見えてくる。

殿下と妃殿下は、すべてを吞みこんで判っておられて。

人事を尽くして天命を待つ。そういうことでしょうか。体現しておられると見えます。

できること、することを、一心につとめる。と。


786ce8e1.jpg


    端然とやはらかくまた真摯なるご一家に久遠の光あれかし

       たんぜんと やはらかくまた しんしなる ごいっかにくをんの ひかりあれかし


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とうぐうけの愚挙については、後に吼えさせていただくことにします。

ナルさんが本当に酷かった。見られてはいけないぐへへへの顔を、機嫌よく晒していた。脳内は完全に、乾燥しきったヘチマ状態でしょう。

動画だけ、貼っておきたくなりました。




ナルを、この若い女性からもう少し、遠ざけてあげる配慮が・・・んなもの、ありませんね、あったらここまで来ていません。

1480539332727.jpg


私は犯罪だと確信しています。

愛子さんはどんな感じ・・・そこにおられない方について、どう言いようも無いです。

出されて来ていた若い女性、そのうちせいしんを病むんでないかと、違う意味ですが気にかかります。



追記です。

少し前までの愛子さんは失礼ながら、幼児期に歯磨きの習慣をうまく身に付けられなくて、歯科の用語でなんといったか、歯の表面が溶けてしまうみたいな状態になっておられたと思います。

今回出ているお子(そう書いておきます)は、今まで歯は磨いて来たでしょう、そして、八重歯が見えます。前の歯二本は差し歯かな。

ホクロの色が薄く、頭蓋骨の奥行きが短い。耳は、さんざん検証されているようですが、昔の愛子さんと異なるとしか、KUONには見えません。

左手で、なぜか折りヅルを、自分の傍にいられて嬉しいのか、えっちなおじさんみたいにうひょうひょ笑っているヒトと一緒に、なにやら動かしている、手の、こわばりの形が・・拘縮の具合が・・昔の愛子さんと、明らかに違う。

1472610712432.jpg

まさこひでんかの、御手にてあらせられます。

どんな重労働の女性の手、かと思われる。箸かフォークくらいしか持っておられないはずのひでんかの、この手、指。指の関節の胼胝。タコ。

諸説ありました。いわく壁を殴っている、ダンナをボコボコにしている、エトセテラ。

でなくて、と、書かれたのは、今はブログお休み中の「やまのこやま」さんでした。

ヤフオクの件についても、細かく緻密に調べておられました、今はお休み中・・・

「吐きダコ」

ではないかと、喝破されたのでした。

食べる、のどに手を突っ込んで吐く、をくり返していると、このような状態になるらしい。

どれだけ繰り返しての結果か、と、ぞぞげの立ったKUONでした。

・・・きょう、愛子さんだとてメディアに取り上げさせている、若い女性。

この方にも、その兆しを感じたのですが、いかがなものでしょう。

痩せて細い、まことの父親なら胸のつぶれる思い、心配で、なんぼ公人の公的な撮影現場だとて、こんなにもニタニタと笑い緩んではいられないのではないか・・庶民とは、このへんも違っちゃうのか・・・よお、わかりません。




  
スポンサーサイト

コメント

既に精神を病んでいる痩せ方です

KUONさん、こんにちは。
昨日の秋篠宮殿下のお誕生日はとても温かな気持ちになりました。悠仁殿下もしっかりした少年らしい風貌になられて。
妃殿下が話された小さな田んぼのエピソード、いい話でしっかりコピーして保存しました。

対して、今日の愛子さんの誕生日ニュースは朝食時で子供たちと見たのですが、驚愕しました。
影子か本物かわかりませんが、この子の異常な痩せ方。
骨と皮ばかりではありませんか。
以前の報道で摂食障害みたいなことが言われてたように思いますが、まさに拒食症の痩せ方で、痛々しさに息苦しくなりました。
こういう状態になっているのは、既に精神を病んでいると思われます。私は摂食障害の経験もあり、その治りにくさも知ってます。
回りに大人はたくさんいるのに、誰もこの子のことを真剣に考えては来なかったのだなと思いました。

あーー情けなし

いや、アイさんではありませんね。
口の形、歯までは整形が行き届かなかったのでしょう。
このムスメさん、試験管ベビーだと
してもこの世に生を受けたなら、
人間ですよね。清らかな十代を
ゴミで固めてしまった人生をおくるのですね。ミッチーオマサの生贄に
なってね。何という残酷な人生を歩むムスメなんでしょうか。
そのうち発狂して男や血を求めて
彷徨い歩く夜叉になりますね。
国民は注意致しましょう。
どうぞ、信者の中でしてくださいまし。
一般人が望んだことではありませんからね。
ミッチーオマサの首謀ですからね。
壊れて行くムスメさん、一人の人生をなんて惨いことを。
言葉になりません。万が一アイさんだとしても、、、ね。
国民をそうしても平気なんでしょうね。狂ったこー質は。

一つの記事にまとめられたのですね (^^;;

後半がなんとも、、、

愛子さん???
((((;゚Д゚))))))) :(;゙゚'ω゚'):

雅子さんの手、
まさか、愛子さんの口にまで突っ込んでいたのではないでしょうか。。。

それと、よく似たこと、してきたのではないでしょうか。。。

今は、そこまで、勘ぐってしまいます。

以前、愛子さんが妙にふっくらしていた頃、雅子さんの夜食や間食、
雅子さんの好きな宅配ピザに愛子さんを
付き合わせている、とか聞いたことありますが、
今度は、学校の長期休みを正当化?とりあえずの口実作りの為に、
急激、ダイエットをさせたのかしら。。。


前半の和やかな写真、
素晴らしい雲の写真をありがとうございました。

日本の未来を信じたい、そう思わせてくれる写真です。

秋篠宮両殿下はたいへん賢い方ですね。
殿下が「生前退位」を肯定したという人がいますが、お立場上、否定出来ないのでああいう言い方をされたと思います。
悠ちゃん殿下が身長が伸びて、凛々しくおなりでした。
陛下に言われた事が「きちんと社会生活が出来るように。それが第一だと」ですって。
皇位継承者の育て方についてのお言葉がこれですか・・・
降嫁する愛子さんについていう言葉でしょう。

今日の愛子さんの映像は衝撃でした。
夏休みに出てた子?
それにしては短期間の激やせです。カーデガンの袖がブカブカです。
表情や猫をだいている時の目や手が落ち着きが無い様にみえました。
ナルがばかみたいにへらへらして、もうなんともいえないプロモーションでした。

そうそう、シンガポール大統領の宮中晩さん会は「両陛下主催」と報道されたようです。
普通は「天皇陛下主催」ですよね。
美智子さんは陛下と同列らしいです。

秋篠宮家のお写真。

翼の雲。

ともに心が洗われます。ありがとうございます。

皇室の様々な問題。
心がささくれだって、もう皇室なんか知らないっと
投げ出してしまいたくなりますが、それはダメと
自分に言い聞かせています。

ネットで書き込みされたことは世界中を一瞬にして
巡ります。海外で暮らしている日本人にも日本語が
分かる外国の方にも読んでいただけます。

機能不全のマスゴミばかりの中、それが救いです。


でれでれ草さまのブログで、ナルが検証されていました。
今日のナルと十五才のナルでは、耳の形が全く違って
いるのをはっきりと確認しました。 

いるようです。別のナル。

オサラ、影子。ナル。影武者揃い踏み。
戦国時代か?と突っ込みたくなります。

皇室の乗っ取り完了まではどんな手でも使う積もりのようです。
人権や人命などどうでもいいと思っている輩です。

小説より奇なり、です。
まだ知らない方々に、知ってほしいです。











光と陰と

お邪魔致します。

奇しくも1日違いでお生まれの秋篠宮殿下と愛子さん。
年々光いや増す秋篠宮ご一家と、毎年「誰?これ?」影子に乗っ取られる愛子さん@東宮家、まさに光と陰の対比かと思われます。

BB様のブログで拝見致しましたが、遂にミテコさんにもお憑きが現れるようになったとか。悪霊憑きの皇后陛下なぞ、前代未聞ではないでしょうか…。

日本が光で包まれるか、闇に覆われるかは、今後どなたが登極されるかにかかってまいりましょう。
祭祀を大切になさり、民草を慈しんで下さる方にこそ、ふさわしい地位をと願ってやみません。

秋篠宮殿下のお誕生日を、しみじみお祝い申し上げたかった、会見もすべて、ご紹介したかった。しかし。

必ず訪れるその日以降、ゆうっくりそんなことも出来るでしょう。

愛子さんの誕生日に関わるでたらめのあまりの凄まじさに、傾いてしまいました。


・ひなぎく さん

孫の朝食に付き合っていた時に、あの「愛子さま」が流れて。

食卓離れてテレビに近づいてしまいました。

あの顎長、顎我さんが、悲惨な姿に。下唇に、」ボトックス? なして? アンジ―とか可能恭子サンとか。あれを目指して?

で。じっさいの当日の、車で挨拶に行ったという動画、画像では、下唇、ふくらんでいません。

ボトックスでなく、くちびるいじった後遺症だった?

歯も、磨かれていない感じで。


>こういう状態になっているのは、既に精神を病んでいると思われます。私は摂食障害の経験もあり、その治りにくさも知ってます。
>回りに大人はたくさんいるのに、誰もこの子のことを真剣に考えては来なかったのだなと思いました。

ここですね。

恐ろしい皇室です。恐ろしいなんて甘いもんじゃないです・・・


・ちりぬるを さん


>壊れて行くムスメさん、一人の人生をなんて惨いことを。
>言葉になりません。万が一アイさんだとしても、、、ね。
>国民をそうしても平気なんでしょうね。狂ったこー質は。

おもわず本気で。

うろたえてしまうモノを、見せられてしまいました。

しかも動画で見るとあの娘さん、笑いながら手を振っています。

異様です。狂っている。

朝の番組のオグラとか言う知ったかぶりのキャスターは、

「僕は知ってる、気が付いているよ」

ってな顔で、あれこれ言うスタッフにさえバカにした様子、まあ、あの方もねえ、と言う感じ、傲岸不遜。

もちろん「愛子さんの事」走っていて。今は仕方ないから黙っているだけのボク、と言う感じが、いやらしかったです。

明るみに出たら、「いやボクは早くに気づいていたよ、でも、言う訳にもゆかなくて、ねえ」

など、吹きまくるんだろうなあ。と、眺めておりました。下賤の者が多い、と、言ってしまいます。


・華さん


いろいろありまして、ああいう形になりました。

あの勇壮な気高い雲を、トップに持って来たかったです。

いずれの日のために、青空にはためく日の丸、などの写真もキープしてあります。雪に囲まれた富士山、も。殿下のために。

愛子さんは、本物うそっ子、いずれにしても、大人のエゴに蹂躙され尽くしておられます。

重大な犯罪だと思う、ナルなど、この件だけでも皇位継承順位など剥奪されるレベル。全世界に糾弾される畜生道の。

私の夫・・・ぢいさんと呼んでいますが・・・私がしていることに口を出さないのが通常、そのぢいさんが

「替え玉なんてのは、天皇家ではあったりまえにあったこと、だからあの人たち、平気なんでしょう」

とか言うので。愛子さんをどう思います? と、ホラー愛子さん、見せました。しばし沈黙の後、

「どっちへどうなっても、不幸なお子さんやな」

と。埋められてるかも、と押す私に

「それも楽かも知れない、生きていることがいつもすべていいとは言えないですよ」

と。妙に醒めたヒトなのでした。いつも。




おはようございます

・まりりん さん

秋篠宮殿下も紀子妃殿下も、ホントに聡明でいらっしゃる。

あの立場の方にあんな気を遣わせる、信じられない愚行です。

>殿下が「生前退位」を肯定したという人がいますが、お立場上、否定出来ないのでああいう言い方をされたと思います。
>悠ちゃん殿下が身長が伸びて、凛々しくおなりでした。
>陛下に言われた事が「きちんと社会生活が出来るように。それが第一だと」ですって。
>皇位継承者の育て方についてのお言葉がこれですか・・・
>降嫁する愛子さんについていう言葉でしょう。

陛下ももう、何をおっしゃっても、素直に拝せません。ぐえ? と、のどの奥がぐにゅぐにゅするだけ。醜状をさらしておられます。

「両陛下主催」・・・わたし、これは、初めてでない気がしています。まだ調べていませんが。

騒がれている通りなら、真正のアホウですね。へーかもこーごーも役所も。

ひどい報道が相次いで、追いつけないでいます苦笑。


・雪深し さん

>皇室の乗っ取り完了まではどんな手でも使う積もりのようです。
>人権や人命などどうでもいいと思っている輩です。

これは本当にそう思いますね。

そのための戦後の皇室状況ですね。

古今東西、権力者というものは、「人権」も「人命」も、何とも思っていない。今もそうだ、と考えています。

流されていたら。上から降って来るものを疑わないだけでいたら。・・・そういう目に遭います。コマにされた者だって、状況変われば同じです・・・

・白萩さん

今日はもう見られないと思いますが、月はじめに詣でる婚家の墓、近くに百毫寺、というお寺があります。五色の椿が有名ですけど、季節により裏口の、萩の花の枝垂れようが、風情があってすばらしいのです。

今年も愉しんで来ました。日本は美しい国です。あまり外国は知りませんが(笑)。


>日本が光で包まれるか、闇に覆われるかは、今後どなたが登極されるかにかかってまいりましょう。
>祭祀を大切になさり、民草を慈しんで下さる方にこそ、ふさわしい地位をと願ってやみません。

同じ思いです。

花は季を待たねば見られませんし、実も、花のときを過ぎてのちでないと結びません。

いまはじっと待ちたいと思います。

本当に、光と闇。

闇にも、しっとりと心なぎさめてくれるような闇だって、あるのですが。

ぐちゃぐちゃと汚濁のも、の何やらが陽の下にあるのを、見せられているのはたまりませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3678-eed62cf2

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん