Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

衝撃。痛み。・・・hahaha


こんばんは。

やっといくらか落ち着いて、パソコンの前に座ることができました。たいへん違和感を覚えた天皇家の美智子夫人の、誕生日によせたとやらの「全文」に向かえます。

美智子さんはいわば、公人中の公人でいらっしゃいますので、仰られたことへの突っ込みを、いきなり書いて行ってもいいよね、と、自分に許すことにしました。この色の文字がKUONの「ケ、何を仰って、」の気持ちです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皇后さまは、20日に82歳の誕生日を迎えられました。誕生日にあたり、記者の質問に対して、皇后さまが寄せられた回答の全文です。(NHK)

(問)この1年も自然災害や五輪・パラリンピックなど様々な出来事がありました。8月には、天皇陛下が「象徴としての務め」についてのお気持ちを表明されました。この1年を振り返って感じられたことをお聞かせください。

皇后さま)
昨年の誕生日以降、この1年も熊本の地震を始め各地における大雨、洪水等、自然災害は後を絶たず、これを記している今朝も、早朝のニュースで阿蘇山の噴火が報じられており、被害の規模を心配しています。
8月末には、台風10号がこれまでにない進路をとり、東北と北海道を襲いました。この地方を始め、これから降灰の続くであろう阿蘇周辺の人々―とりわけ今収穫期を迎えている農家の人々の悲しみを深く察しています。

さすがウリは「慈愛」のお方。

悲しみを深く察する。か。


自然の歴史の中には、ある周期で平穏期と活性期が交互に来るといわれますが、今私どもは疑いもなくその活性期に生きており、誰もが災害に遭遇する可能性を持って生活していると思われます。
皆が防災の意識を共有すると共に、皆してその時々に被災した人々を支え、決して孤独の中に取り残したり、置き去りにすることのない社会を作っていかなければならないと感じています。

まるでヒトゴト、感覚は慈善活動に余暇の一部を割いてさしあげている、慈悲深い(オットはエライのよ)ワタクシ、その域を越えていない。

地球が何かする時期に来ているんですもの、仕方ないわね・・・って。

祭祀王の奥さんは、こんなにも冷静、天皇の「つとめ」の第一である「祭祀」「神事」に、何の意味も感じておられないことが、すがすがしいくらいに露見してしまっているご発言。

「~社会を作っていかなければならない」とか、こういう言い方、皇后のものとしていかがなものか、と、ええと、どういったメンバーと日ごろ触れ合っておられると、こういう言い方が身につかれるのか。

誰に向かってモノ言うてはるのか。


今年1月にはフィリピンの公式訪問がありました。アキノ大統領の手厚いおもてなしを受け、この機会に先の大戦におけるフィリピン、日本両国の戦没者の慰霊が出来たことを、心から感謝しています。

公式訪問にあなた様。日本の天皇が公式に訪問する場に、上衣も着せずネクタイもさせず。

ご自分は必要以上のフル・アクセサリー。政府専用機を勝手に使い、今回も国を守るために存在する大きな舩を、自分たち用に引き連れて行った。

思うことはあるかもしれないと譲って。

「マニラ湾の夕陽を楽しみにしていました」とか仰いましたこと、私は忘れていません。

あの時の御歌も。海の上を飛ぶ鳥を、帰れない兵たちの魂かと、しゃあしゃあとお詠みあそばした。

出征して行かれる方々は、当時

「靖国で会おう」

と約してゆかれた。御魂は、肉体から離れれば即、懐かしい祖国へ、靖国へ、人々の待つ故郷へ、瞬時に飛ばれたであろう。

靖国のことなど、いっさい気にしていない美智子さんらしい言いぶり。

数日前に話をした女性も、

「私の伯父の死は犬死だったですかね」

と、涙ぐんでおられた。

それに、フィリピンの当時の大統領閣下は、天皇に対してこそ礼を尽くして接しておられたが、あからさまに、出よう出ようと出しゃばってくる夫人を排除しようの意志、強固でいらしたと、見ています。国と国の付き合いのありさまとしては「普通」を越えたなさり方だったと感じます。

感じられなかったですか。美智子さんご本人は。

天皇は「公式な訪問」として「公式な天皇の署名」をなさる時、はっきりと「混乱」しておられました。混乱とは、認知の歪みが表に出たときに現れる「状態」です。そして、自分でなく「あなたが署名なさいよ」の様子で、しきりにツマを招いておられました。

あの時のことだけでも、随分、国家としてはどうなのか、と思われる要素が沢山ありました。


戦時、小学生であった私にも、モンテンルパという言葉は強く印象に残るものでしたが、この度の訪問を機に、戦後キリノ大統領が、筆舌に尽くし難い戦時中の自身の経験にもかかわらず、憎しみの連鎖を断ち切るためにと、当時モンテンルパに収容されていた日本人戦犯105名を釈放し、家族のもとに帰した行為に、改めて思いを致しました。

こういうう風に堂々と行ってしまうあなたさまに、言葉を失います。

事実として間違っているし、ここでまた「日本人戦犯」の言葉を使うにひるまれない感性。


夏にはリオで、ブラジルらしい明るさと楽しさをもってオリンピック、パラリンピックが開催され、大勢の日本選手が、強い心で戦い、スポーツのもつ好ましい面を様々に見せてくれました。
競技中の選手を写した写真が折々に新聞の紙面を飾りましたが、健常者、障害者を問わず、優れた運動選手が会心の瞬間に見せる姿の美しさには胸を打つものがあり、そうした写真の幾つもを切り抜いて持っています。

新聞記事の切り抜きなども、なさるのですね。

新聞には、週刊誌の記事中の写真なども、粗い画像ではありますが見られる、その中に、お孫さんでないどこぞの女の子の、鼻の長い写真なども散見される、そういったものは、

切り抜いたりは、なさらないのでしょうか。

目にも、留まらない? 不思議な方ですね、とっても不思議。


前回の東京オリンピックに続き、小規模ながら織田フィールドで開かれた世界で2回目のパラリンピックの終了後、陛下は、リハビリテーションとしてのスポーツの重要性は勿論のことながら、パラリンピックがより深く社会との接点を持つためには、障害者スポーツが、健常者のスポーツと同様、真にスポーツとして、する人と共に観る人をも引きつけるものとして育ってほしいとの願いを関係者に述べられました。
今回のリオパラリンピックは、そうした夢の実現であったように思います。

・・・寡聞にしてわたしKUONは、陛下が、そんなに熱っぽい「願い」を持たれ、関係者に述べられた、なんてことを、全く知りませんでした。

陛下の役割って、そういうのもある?

宮家の中には、そういったことに熱心に関わっている方々もおられる、互いにうまいこと、そこにはもちろん、利権も生じたり、ね、
大丈夫ですか、みちこさま。


今年の嬉しいニュースの1つに、日本の研究者により、新しい元素が発見され、ニホニウムと名付けられたことがありました。
また、この10月には、大隅良典博士がオートファジーの優れたご研究により生理学・医学部門でノーベル賞を受けられました。

50年以上にわたり世界の発展途上国で地道な社会貢献を続けて来た日本の青年海外協力隊が、本年フィリピンでマグサイサイ賞を受けたことも嬉しいことでした。この運動は、今ではシニア海外ボランティア、日系社会青年ボランティア及び日系社会シニアボランティアと、更にその活動の幅を広げています。

誇らしいことに対しては、その国の皇后であること、それは、嬉しいでしょうね。

ごく個人的なことですが、いつか一度川の源流から河口までを歩いてみたいと思っていました。今年の7月、その夢がかない、陛下と御一緒に神奈川県小網代の森で、浦の川のほぼ源流から海までを歩くことが出来ました。
流域の植物の変化、昆虫の食草等の説明を受け、大層暑い日でしたが、よい思い出になりました。

・・・これね。

後付けのアリバイみたいに囁かれていること、ご存じで、あえて、仰っておられるんですよね。

ごく個人的なこと、って。

これ以外は、個人的なことではないみたいな仰りようですね。

ものすごくお元気、健脚でいらっしゃいますね、たぶん間違ってはいないと思う、3キロ以上、歩かれた。

お元気ですね~。いや、すばらしいことです。よね?。


最近心にかかることの1つに、視覚障害者の駅での転落事故が引き続き多い事があります。目が不自由なため、過去に駅から転落した人の統計は信じられぬ程多く、今年8月にも残念な事故死が報じられました。
ホーム・ドアの設置が各駅に及ぶ事が理想ですが、同時に事故の原因をホーム・ドアの有無のみに帰せず、更に様々な観点から考察し、これ以上悲しい事例の増えぬよう、皆して努力していくことも大切に思われます。

全く同感です、仰っておられること、いささかの疑問もありません、でも、

個人的にですが(ワタシは個人以外の何でもないです~(笑))

ものすっごく、とってつけた感が。否めないのです。


この1年間にも、長年皇室を支えてくれた藤森昭一元宮内庁長官や金澤一郎元皇室医務主管、「名もなく貧しく美しく」をはじめ数々の懐かしい映画を撮られた松山善三氏等、沢山の人々との別れがありました。

国外では、この9日、文化の力でポーランドの民主化に計り知れぬ貢献をされたアンジェイ・ワイダ氏が亡くなりました。長年にわたり、日本のよき友であり、この恵まれた友情の記憶を大切にしたいと思います。

「その人を知るには付き合う相手を見よ」

と、言われますね。松山善三。ワイダ。成金趣味の左よりの、文化人と呼ばれるのが憧れの(皇后だから、文化人、とは、呼んでもらえない)ホントのビンボーはとってもイヤで、でも、ビンボーぽいのは素晴らしいわ、とか中途半端にプッシュしてみたりしたい、、言ってみれば日本一の「せれぶ」なマダムらしい天皇の夫人に似つかわしい・・・と思えない発言。

アンジェイ・ワイダを「いい」と思っているところが、この方らしいな、と。


日本のみならず、世界の各地でも自然災害が多く、温暖化の問題も年毎に深刻さを増しています。

各地でのテロに加え、内戦の結果発生した多くの難民の集団的移動とその受け入れも、世界が真向かわねばならぬ大きな課題になっています。

これは、天皇の夫人が言うことではないですよ。言い方が薄っぺらい、しかも。

そのような中で、この夏のリオ五輪では難民による一チームが編成され、注目を集めました。
4年後の東京では、この中の1人でも多くが、母国の選手として出場出来ることを願わずにはいられません。

世界の少なからぬ地域で対立が続く中、長年にわたり国内の和平に勇気と忍耐をもって取り組んで来られたコロンビアのサントス大統領が、今年のノーベル平和賞を授与された事は感慨深いことでした。

そういえばサントス大統領氏は、ノーベル賞の賞金を、ご自分のものにしないで吐き出されるとか。

そんな点にも、感慨、お深い? みちこさま。

目だって派手な話題が、ホントに好きな方。ミーハーなミテコさん。


8月に陛下の御放送があり、現在のお気持ちのにじむ内容のお話が伝えられました。
私は以前より、皇室の重大な決断が行われる場合、これに関わられるのは皇位の継承に連なる方々であり、その配偶者や親族であってはならないとの思いをずっと持ち続けておりましたので、皇太子や秋篠宮ともよく御相談の上でなされたこの度の陛下の御表明も、謹んでこれを承りました。

この部分に関しては、数行で片付くことでないとの思いを持ち続けております、ミテコさま。

あんたが口出しすることではない、今はこれだけ書いておきましょう。

「謹んでこれを承りました」

意味不明。これだけでも意味不明。


ただ、新聞の1面に「生前退位」という大きな活字を見た時の衝撃は大きなものでした。それまで私は、歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが一度もなかったので、一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません。私の感じ過ぎであったかもしれません。

・・・衝撃。

痛み。

・・・かもしれません。

あの方らしい言いぶりです。

もっとここは書きたいです。


この1年、身内の全員がつつがなく過ごせたことは幸いなことでした。
1月には、秋篠宮の長女の眞子が、無事留学生活を終え、本格的に成年皇族としての働きを始めました。真面目に、謙虚に、1つ1つの仕事に当たっており、愛おしく思います。

ここでの「身内」という言葉の使い方に嫌悪感。

これは、皇后の文書であって、個人の(美智子さん」の気持ちや事情を聞きたいのではありません。

眞子さまを「秋篠宮の長女の眞子」と呼ぶのも、イヤらしい。

眞子さまは、天皇の皇子さまの内親王。

美智子さんの「孫」の位置で、こんな場合に語るなと申し上げたい。

真面目に、謙虚に、ですと。

そんな言葉も状態も、ご存じなのですか、へええええええ。

軽々しく「眞子」と呼ばないでいただきたい。

愛おしい、などと、断れない相手に無理やりハグして頬を擦りつけるような距離感で、語らないで欲しい。

わたしKUONは一国民、個人的な思いではございます。

もっと言わせてもらいます。

身内の全員、つつがなくって、何の冗談でいらっしゃいますか。

東宮家の三人、つつがなくないです。

ナルさんまさこ愛子さん。みなさま、まったく、つつがなくないです。

身内なんぞと仰いますな。

美智子さんの「身内話」を聞きたいのではない、これ書くの二度目ですが。

あなた一体、何ですか、どんな方ですか。

皇后? そうだったんですか?

もう、そうは、思っていないです。わたし。そしておそらく、多くの皆さまが。


この回答を書き終えた13日夜、タイ国国王陛下の崩御という悲しい報せを受けました。私より6つ7つ程お上で、20代の若い頃より兄のような優しさで接して下さっており、御病気と伺いながらも、今一度お会いできる機会をと望んでおりました。王妃陛下、王室の皆様方、タイ国民の悲しみに思いを致しております。

本当にバカな人ですね、天皇の妻だとか妾だとか、このところ明確になって来つつある、この方。

タイの王様は、ご立派な方でいらしたでしょう。

ご立派でなくても、王さまは王さま。

「兄のような優しさで」と。

こういうべたっとした物言いは、この女性のやり方、公衆の面前で、公人中の公人であるご夫君に、ベッチョリくっついたり腕掴んだりしてその世を渡って来た、このひとの。

タイの王さまは、王であるから、日本の皇太子の妃に、王として接しられたのです。

自分は勝手に「兄のように」とか言ってるが、王さまは、殊に、王として接する時は、王以外のなにでもないでしょ。

逆に。

先日来日されて、まさことかいう下賤のおんなに、おそらく経験したことの無いきしょくのよろしくない「こうしつがいこう」をされてしまわれた、ベルギー国王ご夫妻。

あの方々だって、精いっぱい王さまと王妃さまらしく、日本で、振舞っておられた。

王さまだから。

あんな悲惨な息子夫婦を、平気で出して来てしたいよううにさせて恥じない、懲りない、へいちゃらな「皇后陛下」、わからないんでしょうね。

喜んでお帰りになられた、とか、思っているのかな。

あ~。

タイ国民の悲しみに思いをいたす、ですか。

日本国民の、あなたみたいな(上の息子もね、妻もね)皇室メンバーを抱えさせられていることへの「悲しみ」は、いいんですね。

「衝撃」。「痛み」。

お気楽で、およろしいですわね。

「~かもしれません」とか、繰り返して使う、お上手でいらっしゃいます。

謙虚に見せつつ、ワタクシにこんな思いをさせるモノに怒りつつ、まあ、許して差し上げますけどね、と、あべのハルカスの最上階から投げ下ろすがごとく、赦しを与えてあげる「ワタクシ=皇后美智子」。

イヤだイヤだ、大嫌いこいつ。と。

ブログの終わりに、つい思いそのまま。

いや、大嫌いとかそーゆーことでなく。

皇后と、呼ばれているんですよね、この基地の外のお方。

スポンサーサイト

23 Comments

ひらりんこ  

保身に必死。
皇太子と雅子が駆逐される時にも一人だけ
「わたしは知らなかった
わたしは傷ついた
わたしは純粋」
と逃げおおせるんでしょうね。

2016/10/25 (Tue) 07:56 | EDIT | REPLY |   

諒  

エリザベス女王でもあるまいに…

しかしまあ長々と…明仁さんの「お気持ち」とやらも、長々と、というか間延びしたテープで聞く講釈みたいでしたが…(汗)


良子さまは、自らの誕生日に例え今回のような問いを受けたとしても、ここまで話を続けはしませんね!!絶対に!!




美智子さん、やっちゃいましたね!!

2016/10/25 (Tue) 08:07 | EDIT | REPLY |   

鈴蘭  

美智子氏、長く書けば書くほど、
正体がバレるのに。
kuon様、よくぞコメントして下さいました。目がすべるので、kuon様のお言葉のみ、拝読致しました。
ありがとうございます。

2016/10/25 (Tue) 08:46 | EDIT | REPLY |   

なんなん  

No title

 ちと違うかもですが…
 よく事件が起きたときに、被害者の知人という人がマスコミの取材に答えて、自分に酔ってるみたいにペラペラ饒舌に語ってる映像がありますよね。 それであとであのペラペラしゃべってたひとが犯人だった!というのが。
 
 美智子さんの誕生日談話ってそれとそっくりと思いました。こんなにだらだら不必要に飾り立てて要旨は何?と。頭のいい人ってこういう述べ方しませんよね。(戦犯発言は言うに及ばず)人って何か誤魔化したいことがあるときほど、やたら話が長くなるの典型です。話せば話すほど墓穴掘ってるの気がつかないのかな。

2016/10/25 (Tue) 09:01 | EDIT | REPLY |   

かぼちゃ  

No title

kuon様のおっしゃることにうんうんとうなずきすぎて首が痛いくらいです。

そもそもなぜ皇后がここまで一年を振り返りその感想を書くのでしょうか。
こんな固有名詞たくさん出してしまって、そこから漏れた人がいたらどうするの?と変なところを心配してしまったり。

皇后はそこまで偉いのかな、天皇御一人のはずなのに???と思いました。

皇后という立場にあるお人が戦犯と書いてしまうということこそ国民は痛みを感じてしまいます。

2016/10/25 (Tue) 09:48 | EDIT | REPLY |   

私も口紅はシャネルです  

なんというこでしょう

お忙しい中ブログ更新 ありがとうございます。
皆のなかでは もっと簡潔明瞭にと上司から書き直しをと指摘されますね。あの方には上司がいらっしゃないんでした。
衝撃??何が?してやったりでしょうに。垂廉の奥から口出す気満々なのに。

2016/10/25 (Tue) 12:09 | EDIT | REPLY |   

黒猫アビ  

No title

KUON様

今晩は。

KUON様の赤字で書かれたお言葉に同意いたします。
今回も「戦犯」の言葉に激しい怒りを感じます。
また、多くの国民が災害に苦しんでいるのに
「身内」の言葉に唖然としました。
内延皇族みないらない!!

2016/10/25 (Tue) 17:14 | EDIT | REPLY |   

-  

No title

うーん、管理人さんの怒りの気持ちはわかるけどちょっと冗長だわ。
攻撃する的はポイント絞った方がいいとおも。
あの戦犯発言、あれだけで(立場上)万死に値するわよ。
後は一々美智子ちゃんの気持ち悪さ全開だけど万死に値するほどじゃないから。

>それであとであのペラペラしゃべってたひとが犯人だった!
首の骨が折れる勢いで同意。

2016/10/25 (Tue) 20:35 | EDIT | REPLY |   

Cynar  

身内発言するとは国母にあらず

5月 三笠宮さま肺炎のため入院 
6月 同妃百合子さま帯状疱疹のため入院
7月 常陸宮妃華子さま股関節手術のため入院

へ~こちらの御方々は身内ではない宣言ですか!
義妹なのに?100歳の肺炎も全く気にならない?!
ジアイは嘘っぱちって証明してますよ?

尿漏れと不治の精神病と一ヶ月不登校中学三年
の悲惨な一家は?おぞましくて見るに堪えないのですが?

そもそも陛下の健康状態もよいとは言えないのでは?
一体誰がつつがなきだと???

ひょっとして、身内とは自分に顔が似てるヒトたちのことですかねー


言うほどに 馬脚現し 墓穴掘り 今日もどこかで 民は目覚める
(誕生日文書に寄せて詠める歌)

2016/10/25 (Tue) 21:16 | EDIT | REPLY |   

華  

悲しい

怒り、
憤り、
そして、あきれた。
もちろん、ミテコに対して。

そして、ミテコの旦那、テン ノー に対しても。

この女の暴走、そして、戦死した人に対して、戦犯。
戦犯って、戦争犯罪者のことですよね。
犯罪者扱いですか?!( 怒 )
暴言ですよ。

もう、誰も、止められないの??

東宮御所だけでなく、皇居も伏魔殿ですね。

2016/10/25 (Tue) 21:27 | EDIT | REPLY |   

misaki  

もう日本人じゃない

美智子は、中国人です。
明治生まれの祖父はそう言った。祖父の兄は貿易商でその後大学で英語を教えていた。子供も産んだのは一人だけだとも、その当時は誰も何?変なこと言うな?と思ってました。

でも、最近やっぱり中国人なら納得だと思うことが多い。まず、戦犯発言、慰安婦問題を取り上げて嬉しかった発言、9条の会のお友達、人の身体に触る件、日本人感覚とは違う墓石ファッション、お付きの方を威嚇、身内のみ大切発言、自分は幸せ、孫が立派に公務した。
もう、これ全部普通の常識がある日本人は言わないししないでしょ。(中国、韓国人は手を握ったり、肩を抱いたりハグして友を確認します。侵略された経験から)呉善花さんが言ってる。
国民が災害にあって大変なのに。
真面目に公務とか、国民の殆どは一生懸命働いて税金まで納めてます。一々言いません。
違和感、不信感、スパイ疑惑、憲法違反、政治介入、恐ろしいことです。
国民はバカではない。安倍総理頑張って下さい。KUON様有難うございます。
記事楽しみにしてます。

2016/10/25 (Tue) 22:51 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/26 (Wed) 04:41 | EDIT | REPLY |   

白萩  

お邪魔致します。

「女の優しさには一抹の自己陶酔がある」とは、確か向田邦子さんのエッセイで読んだ言葉でしたが、ミテコさんの「優しさ」にはコテコテの自己陶酔が見え隠れ致します。言葉も服装も足し算ばかり。引き算ができない方のようですね。
KUON様の「愛おしい、などと、断れない相手に無理やりハグして頬を擦りつけるような距離感で、語らないで欲しい」という表現に深く同意致しました。

最も愛おしいであろう東宮のお孫さんは既に欠席が1ヶ月とか。どこが「つつがなく」でしょう?
一般の家庭ならば大事件ですよ、孫が大した病気でもなく、疲れで学校を休むなど。しかも1ヶ月も…ああ、既にお嫁さんが休んでおられましたね、10年以上も……

2016/10/26 (Wed) 07:22 | EDIT | REPLY |   

ひろおんぷ  

少しご無沙汰していました。

会見の内容を聞いて、ゾッとしました。このかたは何様なのでしょうか。

いつも気になるのが「みちこさまと交流がある」とか「みちこさまと親交が深い」とかいう「方々」がいらっしゃるということ。百歩譲ってもそういうお友達がいたとしても、おおやけに見せびらかせる、ということをすべきではないですよね。どうせならひっそりとお会いするとか。それなのに、おおっぴらに特定の方との交流を報道させますよね。公人である、ということ、はなから頭にない。

あの作文もみちこさんがこだわっていることを発表したに過ぎない。国民の母であるべきお方が、偏ったお考えをおっしゃるというのは皇室はもうおしまいということですね。

へいかも、まるでいっこく堂が連れている腹話術の人形にしか見えなくなってきました。

2016/10/26 (Wed) 10:01 | EDIT | REPLY |   

にょり  

ありがとうございます

KUON様渾身の記事更新ありがとうございます

>眞子さまを「秋篠宮の長女の眞子」と呼ぶのも、イヤらしい。

ここ盲点でした。
「戦犯」発言で怒りがそこに集中してたので、すっ飛ばしてましたが単純に「キモい」だけでは済まない無礼な話ですね
いよいよ本格的に国家元首になった風での文章に図々しさ満載で気持ち悪くなりました
「あんた一体何様のつもり?」です

KUON様のストレートな感想(突っ込み)にそうそう!と大きく頷き最後も同じ
「大っ嫌い!」です

再び発した「戦犯」の文言にもう容赦しません
日本人の怒りをとくと見やがれ
といったカンジです。絶対に許さない

2016/10/26 (Wed) 11:08 | EDIT | REPLY |   

今出川  

No title

こんにちは^^

ヘリコプターでの書き込みは止めようと思っていましたが、無理でした!!!
この3日間、移動の度に上空にヘリコプター。
今もバリバリ パリパリと煩い。
御所をでるのでしょう。

上賀茂も下賀茂神社には
25日 13時まで通り抜け禁止の看板が
でていました。

警護、警備にかかる費用。
これからもどんどん平気で使われることでしょう。

大人しくお住まいにひっそりと
お過ごしなんか暫くできそうも
ありませんね、外がお好きな様子。

どうして誰も止めないのでしょう。
御身体が大切です と嘘で結構ですので
止めさせてほしいです。見たくありません。

せめて陛下おひとりでしたら許せますけど・・・

マサ子さんの行いに対してこの20年間なにも
言わなかったマスコミが世の中の常識まで
変えてしまった、
マサ子さんを許す皇后の常識が
皇室に対する価値観まで変えてしまった。

残念です。

2016/10/26 (Wed) 11:58 | EDIT | REPLY |   

抹茶おれ  

違和感・・・

相変わらず慈愛に満ちた皇后を演出してる印象を受けました(笑) マスコミが激しく取り上げた事に食い付き、『私はこんなにも国民の事を考えてるのよ(笑)』と。今回の文章全体には、違和感しか覚えません。皇后と言う身分の女性の文章ではなく、玉の輿に乗って浮かれているミーハー女性の姿を背後から感じました(笑)

2016/10/26 (Wed) 12:59 | EDIT | REPLY |   

sara  

役割の考え方

最近、個人的には、「役割に忠実」って大事なこと、善いことだなあと思っています。ワタシの役割は、普通の家族の一員で少し仕事を持って、、、超平凡ですけど、平凡でも役割に忠実でありたいと思うと、なんか崇高な気分になるんですワ。
それで皇后様。ものを申せるなら、役割に忠実であってください、と申したい。伝統的で現代に即した機能的皇后の役割ですよ。たぶんそれほどバリエーションはない。というかバリエ部分は敢えて明かさないのがよいのです。穏やかに淡々と語り、行動する人がこの位置にいたらよかったのになあ。
「役割を創造的に生きる」のが本望で、実践して80年余り。創造的皇后を評価する方もいますが、大半の人はげんなりですよ。あなたの創造的は、私どもからすれば、チンドン屋的だったり、マイホーム主義的だったり、ブサヨ的だったり、偽善的だったり…いわゆる創造的でさえないのです。もし本物の創造性を備えていたとしても、それは片鱗を見せるに留めてこそです。
「一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません。私の感じ過ぎであったかもしれません。」
あなた様は自分の役割をなんと心得ているのでしょうか。姑息すぎ。

2016/10/26 (Wed) 15:38 | EDIT | REPLY |   

今出川  

書き間違い 訂正です

大変失礼いたしました。
下鴨神社(賀茂御祖神社)
上賀茂神社です。

それにしてもお二方の体力
車の乗り降り、見学、移動 と
今日だけでも大変なことです。

陛下はおひとりでは心許ないご様子
囁きミチコさまが必要なのでしょう・・・



2016/10/27 (Thu) 00:42 | EDIT | REPLY |   

硬質憂子  

文に為人が

出てしまうのですねえ。
ねっとりした感じがあの手つなぎや
人を触る感性、肘掴み、テリトリー
の無さを物語ってますね。
気色悪いですね。
こう言う女、大嫌いです。
陰でペロリと舌を出したり
ヒスを起こして罵倒するタイプ。
人前ではジアイジアイをアピール。
単なる出歩き好き女と見ますわ。

2016/10/27 (Thu) 19:01 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

お返事大変遅くなりました



・ひらりんこ さん


まことにあの方は「自分だけ」とよくわかる。

ご指摘の、かわいいナルちゃんとナルのツマがどうとかなる時にも、自分可愛い、でしょうか。

あの方の「愛」ってもんは、どっち向いてるか。答え、アタクシの方。


・諒さん


エリザベス女王は、ミテコさんが大嫌い、と言う以前に、意識の中に置いておくことを避けられるでしょうね。変なかっこして会っておられるし。見るさえ拒否したいかも。

それが解れば、いたたまれないと思うのですが。甘やかされて付け上がっててっぺんまでのぼっちゃって、わからないんだ~、恥。



・鈴蘭さん


そうですね。

正体バレる。でも、あの方の脳内は、自分賛美の思考しかとどまらない具合なので、自分に、バレちゃならない「正体」あるとは、思っちゃいないかも。。。こわ。


・なんなん さん

インタビューに応じる「知人」。あなるほど、そういう趣もある。

>人って何か誤魔化したいことがあるときほど、やたら話が長くなるの典型です。
>話せば話すほど墓穴掘ってるの気がつかないのかな。

はい、気がついてない、あのヒトは。自分だけはタダシイから。はたから見ていると、

あのヒト、なんなん? って感じ(笑)。関西弁で、ね。



かぼちゃ さん


首のお加減いかがでらっしゃいますか、

お見まい申し上げなくては(笑)。
>皇后はそこまで偉いのかな、
>天皇御一人のはずなのに???と思いました。

私もいつも、そう思っています。でも、手慣れていますよね、あの方、自分が中心だ、と、思い込むことに。

聞かされる方はストレスたまる、みてこ劇場、ただでも行きたくない三流講演だ~。


・私も口紅はシャネルです さん

ううむ、ミテコさんには上司はいない。全くですね。

普通なら(何が普通かは不問として)婚家先のメンバーに対して気遣いがあって当然、でも、気遣い以前に、気に入らないすべては「いじめを受けている自分」として、完全拒否、だったのですね、妃さん。おヒスだし。アメリカさんを背後に、出て、出て、そんな自分を定着させて、今に至る。

宮内庁はマトモな機能していない。

勝手に自滅していただきたいのですが。ひどいですよね。


・黒猫アビさん


私も、この「身内」という言葉に戦慄しました。この一言で、この人の思考が見えます。

戦犯発言を、今まで注目しされて来て、意に介さない神経。ご存じないはずが無いのに。

皇后と言う身位の資格ないと思うのですが。

内廷、みな、要らない、同感です。


・HNの無い方。


コメントをありがとうございます。

冗長ですか。私のブログです、ご放念くださいね。

ポイントしぼって、ですか。わたし、指図されるのキライなんです。

タメ口で対されるのも、好きでないですね。

以上、お返事させていただきました。

2016/11/08 (Tue) 12:28 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

お返事大変遅くなっています



・cynarさん


>言うほどに 馬脚現し 墓穴掘り 今日もど>こかで 民は目覚める
(誕生日文書に寄せて詠める歌)

GJですわね!

ほんまに、今日も、どこかで、民は目覚め・・・て、欲しいです。

日本の民はしかし、まあ、それがいいとこなのか、目覚めるに難しい・・・気が、します、やや遠慮して民を評してみました。


・華さん


どんな罪を犯しても、刑に服して出て来れば「氏」と呼ばれて人並みの暮らしを取り戻せる。どんな大罪も、償えば、もう罪人とは呼ばれない。

国のために、国によって召集され、戦闘によるより飢えや渇きに倒れて行かれたのが、兵隊さん方。

美智子さんが「戦犯」と呼ぶ方々も、自分のために「戦犯」扱いされることを為したのではない、そして何より、絞首刑によって死を賜って・・書きはじめると長くなりますが、戦犯など、存在しないんです。美智子は、このひとことを何度も言うことで、皇后の資格は無いと私は考えています。


それから。コメントの一部分を削除することは、不可能ですと、ここで質問やご要望を下さる皆さまに、申し上げます、お気持ちは縷々、わかるつもりです、私も間違えます(とほほ)細かいことは、お互い、「よろしいのよ」で、参りませう!。



・misakiさん


お祖父さま、そんな風に仰っておられた・・でも、信じてもらえずおられたのですね。

大方、そうだったのだろうと、今では思います、なんとなく、ごめんなさいと、アタマが下がってしまいます。


>真面目に公務とか、国民の殆どは一生懸命働いて
>税金まで納めてます。一々言いません。
>違和感、不信感、スパイ疑惑、憲法違反、政治介入、恐ろしいことです。

ホントにそうですね。予算を決めておりる予算にしても。全部つかわなくちゃ、で、無駄に使っていただきたくない。

いっぱんの国の人びと(ミテコの言う「民」は、自分の最後の〆のためのお金を、慎ましく生きて、用意しようとする。そうでないヒトもいるのでしょうが。

結婚の費用、葬式の費用、当たり前に出してもらって、当たり前の顔・・まあ、それが、悪い方で言われる時の「お公家さん」のやり方。

それなら、お公家さんらしく、さすが雅であらしゃることよ、と、思わせてくれるくらいの姿、見せていただきたい。と、本気で思います。

いいとこ取りはゲスのわざ、です。



・白萩さん


足し算ばかり、引き算ができない。

このお言葉、そのまま、隣国の気風を言い表しているなあと感じました。

足りないところに、情緒も雅も粋も宿るのではないか、と。

向田邦子さんは、よおく、ものの見えている方でしたね。今、おられれば、どんな目で皇室を見られるかな、と。怖いですよ、きっとみられる方は、気づかないか、何よ、と、お鼻フンガーされるか(笑)。

眞子さまについて、自分の都合で言って欲しくないと、養蚕のお手伝いの手紙に感じました。

祖母なら、あんな風に公開する手紙に「愛おしい孫」を、利用する気にはならないと、思います。殊に、公人のお立場で。あー、ヤですわ。


・ひろおんぷ さん

少しだけご無沙汰・・・(笑)。

ですよね。これも同感。偏った交友関係、それも、妙に個性的な面々。

髪をきりっとまとめておられる感じの方、の、真逆方向がお好きみたいですね。

よく言われる、相撲をお好きでいらした昭和の陛下が、ご贔屓力士の名を挙げられなかった、という逸話。

あの話とも真逆ですね、反・皇室のリーダー、美智子皇后と呼ばれるお方。










真面目に公務とか、国民の殆どは一生懸命働いて税金まで納めてます。一々言いません。
違和感、不信感、スパイ疑惑、憲法違反、政治介入、恐ろしいことです。

2016/11/08 (Tue) 13:48 | EDIT | REPLY |   

-  

No title

お返事大変遅くなりました



・にょり さん


>いよいよ本格的に国家元首になった風での文章に図々しさ満載で気持ち悪くなりました
>「あんた一体何様のつもり?」です


そうですよね。

でも、国家元首になるにせよ、真っカッカ党の旗持ちにせよ、とりあえず、選ばれる、ところから始める必要があります。選ばれても、降ろされることも。

あのお方は(息子の代のツマも)イヤよイヤよの振りで入り込んで、リコール無し、却下もされず、終生ここにおりますよ、のややこしさ。

定年退職するならするで、いっさい前職カンケー無し、ただのヒト、ともなる気は、無いですよね。ややこしいこと。


ホーキで掃きだせないしね。


・今出川さん


>マサ子さんの行いに対してこの20年間なにも
>言わなかったマスコミが世の中の常識まで
変えてしまった、
>マサ子さんを許す皇后の常識が
>皇室に対する価値観まで変えてしまった。

うなずきたくないですが、そういうことでしょうか。

今上たちの代から、何でもかでもダダ漏れになりました。

皇室に財産があった頃から、と云う人もいますが、戦後没収されたものも確かにありますが、お葬式にせよ、天皇であっても亡骸を打ち捨てられた時代、何人もまとめて祀られていた時代(今もそのままで)皇室は時々の権力者の意向で、いろんな形に変化しつつ、続いて来たと思うのです。蚊帳まとって寝ておられた天皇とか。

戦後お気の毒になられた、みたいな言い方、納得しません私は。

今は、ある意味のみ不自由は不自由であっても(特権の裏側だから仕方ない)ミテコなどはやりたい放題。

優遇されているあの人たちに、お金の事などわからないです。何が「おいたわしい陛下」だか。

祭祀のみつとめて、後はしない出来ないと、ひいている道もあるはず。

出て来たいだけなんですよ、言葉通り、徘徊。そういうことでしょう。

膨大なムダ金(と言います)遣って。


・・・神社名のことは、お気になさいませんよう・・とか言って、部分的に訂正、削除は無理ですので、お気になさいませんよう・・・わたしも時々、やってます。(笑)。


・抹茶おれ さん


役割を、素直に生きる。私も自分に沿う、言い聞かせています。だいじなこと。


ミーハー・ミテコさん。

ミーハーでも、可愛げのあるそれならいいのですが。

自己肯定、自己陶酔まっしぐら、筋金入りですからあの方。おつむのカモジは「針金」とも呼ばれ。服は着捨て、靴とバッグは賓客迎える時もどこへも同じ、変わった方ですね。


・saraさん


>「一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません。

>私の感じ過ぎであったかもしれません。」

>あなた様は自分の役割をなんと心得ているのでしょうか。姑息すぎ。

・・・こういう言い方が、なんとなく憂い深そう、*犠牲になってあげてるミテコたま、と思わせて、世の多くをだまくらかして来られたのでしょうね。

で、ここに及んで、こんなとこで「韻を踏んだつもり。「あえて言いきらないで控えてみた」つもり。

クラシカル、というより、今ではもう、ダサい、姑息、見えてしまっているから。

フリばっかりで真の無いあの方の底が、見えてしまいます。そう、思っています、ワタシも。









「一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません。私の感じ過ぎであったかもしれません。」
あなた様は自分の役割をなんと心得ているのでしょうか。姑息すぎ。



・硬質憂子さん




2016/11/10 (Thu) 16:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment