FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

春みたいな日でしたね

春のように陽射しの優しい一日でした。

怒りっぽい己を鑑み(かんがみ)、反省しつつ・・・な訳のない、業の深いKUONでございますが、うらうらの窓辺で、手のひらの中にうごめくハムスターと睦んでおれば、荒れ果てたココロもいささか和みます。

本気の怒りを忘れず、どーでもいことは、春の小川のごとく流してゆこうと、アタマの中を平らにしていた午後でした。


今朝の毎日新聞の、鎌田 實先生の記事の中にみつけた言葉。

「幸せホルモン」。簡単に紹介させていただきます。

<人間には幸せホルモンと言われるものが二つある。一つはセロトニン。おいしいものを食べたり、いい景色を見見たり、温泉に入って気持ちよかったり、自分が幸せを感じたときに分泌される>。

<もう一つは、人を幸せにしようとするときに分泌されるオキシトシンである。オキシトシンはストレスを緩和し、感染症を予防し、生きる力を与えてくれるといわれている。
だれかのために一生懸命やさしくしようとすると、自分の脳内にオキシトシンが分泌され、自分の命を守ってくれるということだ>。

そうなのか~、と、読ませていただきました。この医師である作家である方は、言うだけでなく、チャルノブイリの子どもさんたちのことも、福島の子どもさんたちのことも、親身にされている方です(ご存知ですよね、失礼ハムニダ)。

また記事中には

<放射線は酸化作用の強いフリーラジカルの一種である。フリーラジカルは老化や動脈硬化、がんの発生に間接的に関係している。たばこ等もフリーラジカルだあ。フリーラジカルが暴れないように、抗酸化力の高い、色のついた野菜や魚、発酵食品などをとるとよいのだ>。

<ところが、今の日本では、話がそう単純にいかなくなった。(略)放射能を気にしなければならなくなってしまった。しかし、ここが大事なところだ。むやみに野菜や魚を恐れ敬遠してしまうと、フリーラジカルから身を守れなくなってしまう>。

<食品が汚れるということは、本当に罪なことだと思う。それだけに、放射能の見える化を図らなければならない>。

本当にそうだと、感じました。

そこんとこ、しっかりやって下さ~~~い。


不安感やストレスはがんによくない、と言われても、知っていても、不安でストレスの溜まり易い現実があるのだから、そういう力をお持ちの方に、どうぞどうぞ、お願い申し上げたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソナチネさん。


ありがとう

滲みて言います ありがとう

さりげなさげに しっとりと

心を伝えて下さった


もうすぐ来ると いう春は

あなたの影に似ているか

そっと静かに近寄って

そっとほのかに温かい


まみえたことさえ無い人の

声さえ知らぬ その人の

けれど確かな存在感


嬉しいと言えば軽くなる

ただ目を閉じて もう一度

あなたに告げる「ありがとう」

・・・へへへ。ソナチネさんに捧げるソナチネ(十四行詩)。

ちょっと昭和っぽい匂いになりました・・・少し、恥ずかしいけど・・・羅針盤なんて、ものすご~く、申し訳ないお言葉をいただいて・・・励みます。


sarahさん。

一緒に、やったろうかい!。

もろ肌脱いで、純白の足袋もきっぱりと。

空気を切り裂く光るドス。蒼い畳に突き立てて。

ドジョウもフグも、訳のわからんおっちゃんたち、ずらっと並べて、気分(だけ)は鬼龍院花子。

・・・なめたら。

なめたらあかんぜよ!。

言えたら気持ち、よかですかろう。いいえ、流血騒ぎにはなりません。

ドジョウ料理、できませんもん、私ら。

ドジョウは、収束宣言、言ったも言わされたも、なーんにも、解ってない、その一言と思います~。

勉強するヒマもおありにならないでしょうし。

今日は、同窓会に出席されて

<国会でクイズみたいな質問されていいじめられてる>

と、泣き言か愚痴かはしらねど、こぼされたそうな。

中野翠さんという、私の大好きなコラムニストさんが、野田氏を「熟女顔」と書いておられた。なるほど、この頃引っ込んでおられる、野、なんとかサチヨさん系のお顔かしら。

ヒトの顔のこと、あげつらう余裕など、一切、きっぱり所有していません私ですが、熟女顔・・・なるほど。

今の熟女さんがた、もっと真摯に生きている方も、多いと思う。

一国の首相が、甘ったれた泣き言、人前で垂れ流すな。情けないわ。

あなた様のおっしゃる「クイズみたいな」質問の裏、実態のとこで、どんだけの人々が、困り果てていると思うんじゃ。

・・・先日の「この国と原発:第4部・抜け出せない構図 政官業学結ぶ原子力マネー」。

やっと、なんとか、読めるくらいになったのですが・・・。

よく解ること。

数十年の、絡みに絡んでほぐせなくなっている、政官業学の「利権」構造。一年ごとに首相の首がすげ変わる、そんな中では、どーしようも無いのでしょうか。

事故のあった去年と、今年・12年。

「原子力関係の予算」、ほとんど変わっていないのですね。

去年が4236億円で、今年が4188億円。48億円しか減額されていない。48億円って、軽く言ってるな~、笑(うしかない)。

内容的に、交布金が少し減って、研究開発費が少し減って、安全・事故対策費が若干増えている。

まだ研究・開発する気なんですね。

これについてはまた、きちんとお聞きして、あらためて。

一緒に、叫べたらいいですね。

なめたら・・・なめたら、あかんぜよ!。


ディランさん。

インフルエンザですか。しんどいのでしょうね。ここからで、届きにくいと確信しつつ、お見舞い申し上げます。

ディランちゃん、がんばれ。

がんばれって言われても、と、仰りたいか。

あのね。

まだ、未確認の情報の、シッポのその先ですけど。

人類は、いろんな敵(ウィルスとか)と戦って、地球上の「勝者」のように生きて来ているでしょ。

それは、下らないやつがいても、ものすごく優秀な個体もいて、非常時には力以上のパワーを発揮する、というケースだって沢山あって、私のように、現在60歳を超えている年代は、何が原因かわからない「死」を、そのうち迎えて行く。

それは自然なことです。

自分に関して言えば、自分なりに楽しいこともいっぱいあって、多分、そんなに思い残すことも無いと思うが、気になるのは、自分の後のことです。おそらく、多くの方も。

今のところ、雑談中の雑談の中の話、としか言えませんし、想像も出来ないが、私の周囲の科学者さんの一人が、こう言っていた。

マヤの予言だとか、地球も滅びに近い、とかの説を、信ずるのは、いま、とても容易いけどね、と。

20年、30年後に、放射能に抵抗できる何かができていない保障は無い。

とにかく、生き延びていれば、なんとかなる、みたいな感じで、毎日、みんな、生きて・・できるだけ、楽しみも感じ、幸せも追求しながら・・・人、らしく・・・。そう、ならないと、言いきれる根拠は無いからね。

と、にこきら(にこにこ、きらきら、の略)顔で、のたまっておりました。

私は、たまに、こういう話も聞きたい、また、もっとしてね、と言うたら、負けてへんよ~、と、ビンボーな科学者は、返してくれた。こういう人、いいなぁ~。

鎌田せんせいも、気持ちの問題はとても大きい、と。

「きききりん」さんも、クールに、静かに、乳癌と付き合っておられると、ききました。











スポンサーサイト





  1. 2012.02.12 (日) 08:35
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん おはよう

原子炉の高温状態は油断できませんね
芯が溶けたら放射能が吹き上げるのね

インフルエンザが流行しているので、皆さん予防にマスクをしてますね


登校する児童たちの殆どがマスクをかけている
インフルエンザ流行前の数日前は10人中一人か二人くらいだったかな
最近は放射能に対する感覚が鈍ってきてるなあと感じていました
まだまだ降っているのですね
昨日のラジオニュースで千葉県柏市のある公園の樹木からかなりの数値が検出されたとか
対策を検討中とありました テルテル達が良く遊びに行く公園です リハビリのためにサッカーも始めた所だしね

メイコは先週の金曜日時点で 少しずつ本来の感覚が戻って来てると言っていました 炎症反応も大分下がってきているとのこと あのグダグダ泣き虫は病気がさせていたのかしら

医師の言った事も日誌にしっかり記録するように姉に伝えました
いつもありがとうございます

昨日から小樽の近くの温泉に来ています
ケータイからお邪魔しています

こんもりとよく泡立てた生クリームをのせたみたいに家があります 静かです

又明日から現実ですわ
  1. 2012.02.12 (日) 22:50
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

暖かな一日でした~。

でも・・・。

ふと、ラジオから聞こえてきた
「お~わりな~きよの めでた~さを~」の歌。

「終わりなき世」ではないかもしれない・・・。

ふと、テレビに映った
「不入山」といわれる山で大切に育てられて、伊勢の遷宮に使われる樹齢何千年というヒノキ。

何千年も掛けて育てたものでも一瞬で・・・。


きょうはすばらしい青空でしたが、青空ほどなぜか悲しくなってしまいます。
こんなきれいな空を穢すなんて、人間は恐ろしいです。

日本の政府は信じられません。
近隣にあるアメリカ軍の動向に気を付けるようになりました。
情けないですけど、涙。


むむ・・・、最初から最後までネガなコメント・・・、すみません。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・