今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

あ~あ、よく言うよ~、って感じ~不遜な美智子さん

国民の前に出る時には・・・被災地をご訪問、とやらの、思ひ出つくり旅ですよ・・・ネクタイ無しジャケット着用せずのご夫君、奥方の誕生日用の写真では、ポケットチーフまで。

1476973880366.jpg

ミテコさま、お喋りの過ぎる文章内容と、この写真の「実効的支配の図」の様子、みごとなコラボレーションですこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皇后さまの文書回答 全文

NHKNews 10月20日 5時30分

皇后さまは、20日に82歳の誕生日を迎えられました。誕生日にあたり、記者の質問に対して、皇后さまが寄せられた回答の全文です。

(問)この1年も自然災害や五輪・パラリンピックなど様々な出来事がありました。8月には、天皇陛下が「象徴としての務め」についてのお気持ちを表明されました。この1年を振り返って感じられたことをお聞かせください。


(皇后さま)
昨年の誕生日以降、この1年も熊本の地震を始め各地における大雨、洪水等、自然災害は後を絶たず、これを記している今朝も、早朝のニュースで阿蘇山の噴火が報じられており、被害の規模を心配しています。
8月末には、台風10号がこれまでにない進路をとり、東北と北海道を襲いました。この地方を始め、これから降灰の続くであろう阿蘇周辺の人々―とりわけ今収穫期を迎えている農家の人々の悲しみを深く察しています。

自然の歴史の中には、ある周期で平穏期と活性期が交互に来るといわれますが、今私どもは疑いもなくその活性期に生きており、誰もが災害に遭遇する可能性を持って生活していると思われます。
皆が防災の意識を共有すると共に、皆してその時々に被災した人々を支え、決して孤独の中に取り残したり、置き去りにすることのない社会を作っていかなければならないと感じています。

今年1月にはフィリピンの公式訪問がありました。アキノ大統領の手厚いおもてなしを受け、この機会に先の大戦におけるフィリピン、日本両国の戦没者の慰霊が出来たことを、心から感謝しています。
戦時、小学生であった私にも、モンテンルパという言葉は強く印象に残るものでしたが、この度の訪問を機に、戦後キリノ大統領が、筆舌に尽くし難い戦時中の自身の経験にもかかわらず、憎しみの連鎖を断ち切るためにと、当時モンテンルパに収容されていた日本人戦犯105名を釈放し、家族のもとに帰した行為に、改めて思いを致しました。

夏にはリオで、ブラジルらしい明るさと楽しさをもってオリンピック、パラリンピックが開催され、大勢の日本選手が、強い心で戦い、スポーツのもつ好ましい面を様々に見せてくれました。
競技中の選手を写した写真が折々に新聞の紙面を飾りましたが、健常者、障害者を問わず、優れた運動選手が会心の瞬間に見せる姿の美しさには胸を打つものがあり、そうした写真の幾つもを切り抜いて持っています。
前回の東京オリンピックに続き、小規模ながら織田フィールドで開かれた世界で2回目のパラリンピックの終了後、陛下は、リハビリテーションとしてのスポーツの重要性は勿論のことながら、パラリンピックがより深く社会との接点を持つためには、障害者スポーツが、健常者のスポーツと同様、真にスポーツとして、する人と共に観る人をも引きつけるものとして育ってほしいとの願いを関係者に述べられました。
今回のリオパラリンピックは、そうした夢の実現であったように思います。

今年の嬉しいニュースの1つに、日本の研究者により、新しい元素が発見され、ニホニウムと名付けられたことがありました。
また、この10月には、大隅良典博士がオートファジーの優れたご研究により生理学・医学部門でノーベル賞を受けられました。

50年以上にわたり世界の発展途上国で地道な社会貢献を続けて来た日本の青年海外協力隊が、本年フィリピンでマグサイサイ賞を受けたことも嬉しいことでした。この運動は、今ではシニア海外ボランティア、日系社会青年ボランティア及び日系社会シニアボランティアと、更にその活動の幅を広げています。

ごく個人的なことですが、いつか一度川の源流から河口までを歩いてみたいと思っていました。今年の7月、その夢がかない、陛下と御一緒に神奈川県小網代の森で、浦の川のほぼ源流から海までを歩くことが出来ました。
流域の植物の変化、昆虫の食草等の説明を受け、大層暑い日でしたが、よい思い出になりました。

最近心にかかることの1つに、視覚障害者の駅での転落事故が引き続き多い事があります。目が不自由なため、過去に駅から転落した人の統計は信じられぬ程多く、今年8月にも残念な事故死が報じられました。
ホーム・ドアの設置が各駅に及ぶ事が理想ですが、同時に事故の原因をホーム・ドアの有無のみに帰せず、更に様々な観点から考察し、これ以上悲しい事例の増えぬよう、皆して努力していくことも大切に思われます。

この1年間にも、長年皇室を支えてくれた藤森昭一元宮内庁長官や金澤一郎元皇室医務主管、「名もなく貧しく美しく」をはじめ数々の懐かしい映画を撮られた松山善三氏等、沢山の人々との別れがありました。

国外では、この9日、文化の力でポーランドの民主化に計り知れぬ貢献をされたアンジェイ・ワイダ氏が亡くなりました。長年にわたり、日本のよき友であり、この恵まれた友情の記憶を大切にしたいと思います。

日本のみならず、世界の各地でも自然災害が多く、温暖化の問題も年毎に深刻さを増しています。

各地でのテロに加え、内戦の結果発生した多くの難民の集団的移動とその受け入れも、世界が真向かわねばならぬ大きな課題になっています。

そのような中で、この夏のリオ五輪では難民による一チームが編成され、注目を集めました。
4年後の東京では、この中の1人でも多くが、母国の選手として出場出来ることを願わずにはいられません。

世界の少なからぬ地域で対立が続く中、長年にわたり国内の和平に勇気と忍耐をもって取り組んで来られたコロンビアのサントス大統領が、今年のノーベル平和賞を授与された事は感慨深いことでした。

8月に陛下の御放送があり、現在のお気持ちのにじむ内容のお話が伝えられました。
私は以前より、皇室の重大な決断が行われる場合、これに関わられるのは皇位の継承に連なる方々であり、その配偶者や親族であってはならないとの思いをずっと持ち続けておりましたので、皇太子や秋篠宮ともよく御相談の上でなされたこの度の陛下の御表明も、謹んでこれを承りました。
ただ、新聞の1面に「生前退位」という大きな活字を見た時の衝撃は大きなものでした。それまで私は、歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが一度もなかったので、一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません。私の感じ過ぎであったかもしれません。

この1年、身内の全員がつつがなく過ごせたことは幸いなことでした。
1月には、秋篠宮の長女の眞子が、無事留学生活を終え、本格的に成年皇族としての働きを始めました。真面目に、謙虚に、1つ1つの仕事に当たっており、愛おしく思います。

この回答を書き終えた13日夜、タイ国国王陛下の崩御という悲しい報せを受けました。私より6つ7つ程お上で、20代の若い頃より兄のような優しさで接して下さっており、御病気と伺いながらも、今一度お会いできる機会をと望んでおりました。王妃陛下、王室の皆様方、タイ国民の悲しみに思いを致しております。



・・・・・かんそうぶんは、あしたのよるです。

                                 くおん・・・・・
スポンサーサイト

コメント

No title

KUON様
楽しみに待っております。
ばっさり、やって下さい。

長い言い訳

あんな事、こんな事まで知っていてよ、私
有り難いでしょ、が押しつけがましい。
平成に頻発する天災を「活性期」と言い切るのは祭祀王の妻としてどうなんでしょう。
少しは「祈りが足りないのでは」と顧みるよすがとしてほしいものです。
生前退位クーデターの立役者と巷間囁かれるのを知った上での長い言い訳のように聞こえます。
誕生日コメント文も年毎に長くなっているような気がします。
眞子様の公務に「愛おしく・・」とか鼻につくんですよ。
自ら金粉で飾り立てた手で秋篠宮家に触らないでいただきたい。



No title

おはようございます。いつもありがとうございます。

ひろのみやさんがまだお小さい頃というか、お生まれになってすぐのころの記者会見で、あきひとさんが「(赤ん坊は)まだ何言っているか、わかりませんね(笑)」と、お話されたとき、それにかぶせるように、すぐに「(何と言っているか)わかりますよ」と厳しい口調でみちこさんが出しゃばったときの、あの空気が一気に冷え込むような雰囲気は忘れられません。

陛下のお話よりも、あたくしのほうが文章力あるわ、当然だけど。どうやったら、どう書いたら、読者が感動するかなんて、ツボはちゃんと知ってるし。

という、もう本当に浅ましい限りの出しゃばり精神が、今もまだ健在なんだなあ。だから、結婚以来、いざこざが絶えないんだなと。

それと、歩くときに、他人からひじをがっつりと掴まれるなんて、本当に嫌な気分になると思うけれど、ましてや、外国の王妃さまたちは、普段、自分の身体を気楽には触られることなんてほとんどないでしょうから。

みちこさんが天皇や、外国の王妃さまたちのひじをつかんでいるときの、あのにんまりとした表情が、なんとも形容しがたい気持ちになりますよね・・・。

そのくせに、ピアノ弾いたり、長い長い文章書いたり。。。

いったいどうなってるんでしょう。

先日は秋篠宮家の予算がこの程度でいいのか、という話題をだしていたワイドショーありましたけれど。




腹話術

KUONさま
お引っ越しやご旅行でお忙しい中に、いろいろ綴って下さりありがとうございます。いつもありがたく拝読しております。

美智子さんがガッチリ抱え込んで、時折顔を近づけて会話中の陛下は、本当に腹話術の人形にしか見えなくなりました。実際に美智子さんの思う通りの話しかしないあたりも、まるっきり腹話術なんですよね。
何だか情けなくなります。だったらもう二人揃って引退していただきたいような気持ちにも傾きますが、それは次の天皇が現在の皇太子でない場合に限ります。
体調の悪い東宮家も三人揃って療養に専念していただき、申し訳ないのですが心身ともに健やかな秋篠宮家に、ご公務をお願いいたします。

急に冷え込んでまいりましたので、お身体お大事に。

毎回毎回頭に来ますが、

KUONさま

誕生日迎えて一段と図体大きくなって???

痛みを覚えた私の感じ過ぎであったかも
→老婆のキモチ悪いポエム。胸痛いなら医者に診てもらえば?!

関わるのは皇位の継承に連なる方々であり,配偶者や親族であってはならない
→カメラに向かってベラベラ喋る奴が真犯人パターンを彷彿とさせる言い訳。

思いを致す→そのような日本語はありません!

他にも、戦犯発言や写真の切り抜き嘘ぽい話や難民問題口出しとか色々ありますが、一点気になったのは、7月の小網代の森にて源流散歩の件。
地味過ぎるエピソード、今まで散々森を処分してきたにしては不自然すぎる行動と思ったら、7月13日生前退位クーデターの前日、葉山静養中の12日にこの森で目撃されていたのでした。
そりゃあ、特別な徘徊打ち消しの文散歩だったでしょうねー
成程、誕生日文章に入れたくなりますよねー

このヒト(複数?)っていちいち余計な事言って馬脚を現すんですよねー

No title

お返事が大変遅くなりました



・まりりん さん


自分で自分に出した「課題」が思うように行かず、ありゃまあ、と。また書けるときに書こうと、眠ってしまったあの夜でした・・・とほほ。



・葉山さん


仕切り屋ミテコさん。

言行にほころびが目立ち始めて、なんとかせねば、と、この「長い言い訳」でしょうか。

くどくて上から目線で、押しつけがましくて辟易します。あなた何者、と、誰も言わないハダカの女帝さま。うげ。失礼、コホン。

>少しは「祈りが足りないのでは」と顧みるよすがとしてほしいものです。

ですよね。以前はヨスガ、ヨスガと言うてはったのにね。

気の無いコトバの見本みたいです。

>眞子様の公務に「愛おしく・・」とか鼻につくんですよ。

同感。ゾゾッとしました。汚さないで、とまで。眞子さまのことも、ご自分の粉飾のために利用して来たとは、知れていますのに。ホントにイヤだ。

>自ら金粉で飾り立てた手で秋篠宮家に触らないでいただきたい。

そうです、ここです。バレテているのですから、ミテコさま。あのご一家に「慈愛」が向いたことなど無いと。確信しています。


・あかときのゆめ さん

何度いただいても、このHN、美しくて素敵ですね。

ミテコさんの文章のクサさ、いっそうパワーアップして(笑)。

自分で自分がわからない恐ろしさの中に、どっぷり、もう、抜けて来るのは無理でしょうか。

かえりみるよすが、の気持でもあれば別でしょうが。


>もう本当に浅ましい限りの出しゃばり精神が、今もまだ健在なんだなあ。
>だから、結婚以来、いざこざが絶えないんだなと。

私は何となく、美智子さんは歩き方もおしとやかなのかと、子どもの頃から思っていました。皆さまと同じく、わかっていませんでした。

チャールズ王子の結婚式、白いヴェールをなびかせて(客なのに)バサバサっと歩いて、ざばっと坐った動画を見た時は、びっくりしました。

あえが、気取っていない時のあの人の「素」ですよね。迷惑な方です。



・きく かおる

もうすぐ重陽の節句ですね。今日も秋の美しい日でした。

仰るように、東宮家のお三方は、中途半端にちょりちょろしないで、「腰を落ち着けて治療に専念されればいいと。何をしなくても、病気なら通りますよ。あの夫婦でなければならない何も無い。

中途半端に出て来たら、周囲が混乱します。50代の夫婦はともかく、内親王は、きちんと、お育ちにならなければ。で、降嫁されるか。

ずっと、静かにおられてもいいんです、それは愛子さんの「特権」なので、使われればいい、でも、お一人限定で。と、願います。

いつもご訪問ありがとうございます、お互いに、気をつけて、これからの季節の移ろいを、楽しみたいものですね。

日本の、美しい、秋を。



・cynarさん


この方の脳内には、ポエマーのわたくし、が、現存しているのは確実、でも、今は望まれないタイプの、一人うっとりの、ポエム(のはず)なのに、ねちゃこい。

自我愛の行き着いた果て、とか、言いたい放題のくおん。謝らないからね!。


>関わるのは皇位の継承に連なる方々であり,配偶者や親族であってはならない
>→カメラに向かってベラベラ喋る奴が真犯人パターンを彷彿とさせる言い訳。

ここ。

意味不明、かつ、強烈NGワードですよ。

ここのとこだけでも、一度きちんと書きたいです。



No title

あわわわ、のお詫びです。

コメントを下さった

きく かおる さん。

↑ のお返事させていただいていますが。

「重陽の節句」の部分は、お願い、忘れて下さい。

おかしなことを書きました、ごめんなさい!。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3568-dc346c2b

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (137)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (62)
今の思い (241)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (15)
美しいこと (30)
厚かましい話 (57)
おそろしいこと。 (55)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (37)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (11)
みんなのうた (12)
くおんの万葉集 (6)
くおんの万葉集・番外もあり。 (1)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


しんしんと肺碧きまで海の旅

             篠原鳳作


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん