今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

ノン・プライド。

abc54124_2016101315342208f.jpg

この雅子さんの写真を見て、わたしの気持ちのどこかが、へなへな、となりました。

ベルギー王は、すべてを知っておられるでしょう。

結婚して数年の日本の皇太子妃が、自分の国ベルギーへ来て、帰国後すぐに第一子を流産したこと。

妊娠の初期だったまさこさんが、外国へ行きたいあまりだったのでしょう(外国へ行けないことに馴染むのに努力が要ったと公式発言した ばか 、いや、ヒトだから)、医師が知っていたら止めたであろう時期に飛行機に乗ってベルギーまで飛び、ハイヒールをはいて歩き回り、ワインをがぶ飲みしていたこと。

老舗レストランで、足を組んでぶらぶらさせながら夫婦、差し向かいの食事をし、その途中では、皿を交換し合って、というマナーを示していたこと、VIPを迎え入れたことを示す店のプレートに、

「皇太子と皇太子妃」

でなく、

「皇太子と妻であるおわだまさこ」

と記されたこと。

それらが、もし、貴賤婚の当事者である妃に対する蔭口の類であったとしても、フィリップ殿下は、自ら訪日された際の、この皇太子妃のアバズレぶりを、身をもって体験された。

やはり訪日の際、この妃が、王弟であるロラン殿下の腰に、スーツの内側から手を入れて腰周りに手をまわして、にまにま笑っていたことを。弟殿下から、聞き及んでおられたと思います。

親戚でもあるオランダ王家のウィレム国王が、来日した時に、出迎えたこのまさこさんが、王妃のオレンジ色の衣装と同じ色のスーツで現れたこと。あちら側では慣例として「このような服装で」と、あらかじめ知らせて来ているのです、それなのに、堂々の衣装ストーカーぶりで。

日本の国内以上に、知れわたったまさこの所業でした。ヨーロッパの王室は、ほぼすべて、親戚関係であるし、皆さま、9時ー5時で労働しているのではない方々、国内外のお付き合いは、国境を接していてイサカイを避けるためにも、情報は細かく行き来していて、、そして何より、皆さま、ゴシップ話は大好きでいらっしゃる。

ゴシップはお好きとしても。

このご夫妻は、まさこが自国へ来た後で流産したと知って、

一年間、ご自分たちのお子さんをもうけるのを、控えられた。

ベルギーのせいではなかったのですが。

いまでは、4人のお子様をお持ちです。



オランダへは。まさこさんの病気の静養のためと称して、幼かった愛子さんと親子三人、王家の世話になったことがありました。

女王の城を貸してくださったし、ヨットに乗れるよう、段取りもして下さいました。

ナルヒトとマサコは、借りている城に、まさこの実家の両親、妹家族を招き入れ…連れ込み・・・夜更けまで饗宴を張った。どんちゃん騒ぎをなさいましたそうで。本当にそうだったんです。

当時の女王陛下のマイ・ヨットへの誘いには、朝起きて、皇太子一人が代表して応じた。

あれやこれやと勝手なことをし放題された、

その後いくらかの後、現・国王の戴冠式の時の迷惑のかけっぷり、雑巾ドレスとかマット・ドレスとかで厳粛な式に出た無礼っぷり。

今回来日の国王ご夫妻は、日本人より詳しくご存じでしょう。

でも、王様だから。

まさこの、こんなカティシーも、平然と受ける・・・

平然には見えません。

お慈悲で、受けてあげておられると、見えます。これは、日本人特有の自虐ではないつもり。

だって。オランダ王ウィレムの時にも、お尻突出して手足は逆に出して・・・これじゃ、よーい、ドン、だよ、なんぼ白人の男性が好きでも(まさこは白人しか相手にしたくない、自分が見えていない、時々いるタイプのオンナ、でも、現実に付きあったり同棲した相手は。まさこの方を向いてくれたから、の相手だったと。)、王さまに向かって、ヨー・ドン、そないでよオキサキさん、はなから相手にされません。

ウィレムの時にはまだ(ウィレムと呼び捨てなのは、彼が晩餐会に招かれて、席上、ものすごく失礼なスピーチをしたからです。日本のメデイアは、その内容を話題にはしなかったけど)、まだその時には、ヨードン・カティシーでも、アタマは上げていた。

アタマ上げて、顔を合わせることはできていたまさこ。

今回、フィリップ国王には、アタマをあげるさえ、できていないまさこ。

体は垂直に屈めて、目を合わせてにこやkに握手するのが、カティシー。

だと。どこにも解説されています。

まさこのこれでは、訪問を受けた国の皇太子妃の挨拶・・・カティシーではないです。

まさこは、奴隷の挨拶をしている。註:イメージ的に言っています。

皇太子妃は、こんなぶざまな挨拶してはいけないんだよ、まさこさん。あなたが本当に「皇太子妃」なのなら。

情けないばかりではありませんか、これ。

この態勢では、体を起こすときも、うんこらしょ、の勢いが必要だったでしょう。

写真で見る限りでも、ベルギー国王は、握手、という以上の力を、必要としておられると思います。



最悪の一枚です・・・と言いかけて、いや違う、違う。


1476224940911_20161013201518984.jpg

わたしの目には。

おでこと髪の境界のラインも。

むかしみたいに弓形になが~い眉毛も。受け口でなく前歯が出ている加減の意地わるそうな口元も。表情全体も。

???眉間の、あの特徴的な・・・???

な美智子さんですが。

バッグを左腕にひっかけて、その手を振って、国賓にバイバイと手を振っていた。

http://livedoor.blogimg.jp/remmikki/imgs/b/5/b53127ed.jpg

どんだけ失礼で行儀の悪い「こうごう」さんなのか。

宮中晩餐会に、ティアラもサッシュも勲章も無しで、出て来た。

後でしった話。

ナルも。勲章つけずサッシュ無しだったとか?

こういう内廷。

著しく国の「何か」を、損なっています。

と、わたしKUONは考えます。

1476319348783.jpg

国賓である妃殿下を、茨城へ、ご案内。

とか言うのですが。

ご案内?

貴賓のおからだに、みだりに、こうして触れるのはマナー違反です、こーごーさん

いや、マナー云々ぢゃない、そんなヌルイ(ぬるくないけど)話でなく

1476276139928.jpg

陛下の腕を両手でつかまえてる。

身なりは、このお方の普段着以下の、辛気臭い色の服です。貧相な〇〇〇。

もういいかげんにして欲しいと、心の底からイヤ気がさす。

若いもんにさせればいい。

のに。

若いモン(次代のこと、この場合は)、は、度を越して使えない、人前に出せないのが現状。

ご高齢なのも、認知に歪みが出て来るのも、自然現象、仕方が無い。一般の人なら、責めも笑いもできにくい。

公人でいらっしゃいますから、このお方。

じっさいはでも、美智子さん自身が、引きたくないんです。出ていたいんです。

あくまで「わたくし」が、最上のホステスでいたい、そうでなきゃ気が済まない。迷惑以外の何でもない。

ちほうとは、失礼で言えません。

が。老害です。


こんなことばかり書くの、いやになって来ました。

イヤなのなら書かなきゃいい、見なきゃいい。

その通りなんです、知ってます。

最悪の速度、増しているんだろうなあ・・・こういうとき「遠い目」とか、書いてた時期も、ありましたわね・・・遠い目・・笑。


お返事は、いましばらくお待ちくださいませ。


スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
王妃につかまって、仲良しアピールでしょうか?
王妃の身長が高いのでぶら下がっているようでみっともないです。
なんか、この映像を見て美智子さんも陛下と同じ症状ではないかと思ってしまいました。
もう、引っ込んでいて欲しいです。

タイの国王がお亡くなりました。
あちらもバカ皇太子です。
王女大丈夫でしょうか?不安ですね。

ありました

バックを持っている方の手を
振る写真がありました。

http://livedoor.blogimg.jp/remmikki/imgs/b/5/b53127ed.jpg

No title

イヤなら見なきゃいい・・・そのお気持ちとてもよく分かります。
見れば見るほど腹が立つのに、見ずにはいられません。
皇后にも雅子にも(かろうじてつけていた「さん」もつけたくない)ほとんど生理的嫌悪感を覚えます。

でも、でも、でも、最近何かが起きているような気がしませんか?

天皇陛下のビデオの件、KUON様はご批判ですが、わたしはあれを逆の意味に捉えています。
皇太子に向けて「健康に不安のある者は天皇になれないよ」と、国民に向けて「天皇は死ぬまで天皇」と、だからどこにも「生前」に「退位」したいなんておっしゃってないと思いました。

必死でホラを振りまいているのはNHKをはじめとするマスコミと中国。
頭の悪い雅子はまんま信じて「病気」も治ったように浮かれ出ていますが、だめでしょう。

もう少しの辛抱ですべてが解決する気がします。
それまで頑張りましょう!

どちらを見ても内廷の品格を疑うばかり。皇太子は相変わらずで、違う意味で育ちは大事だと感じます。
問題なのは雅子さんの品格の無さで、前でバッグブラブラはご成婚の映像にもあり変わっていません。現皇后がお好きになさるから気楽に皇后になれます。皇后になればカーテーシもしなくてよいので、あと少しだから練習もしないヮ!かもしれませんよ。

恥を知らない内廷

KUON様 おはようございます。
いつも楽しみに読ませて頂いています。

美智子さんのベタベタした気持ちの悪さ、鬱陶しさ、雅子さんの目を背けたくなる無様さ。あまりにも酷すぎる。
多くの日本人が少しでも多く気付いて欲しいと思います。

朝、眞子様の素晴らしいカティシーのお写真が出ていました。
お着物も美しく、王妃様も喜ばれている様でした。

溜め息

こんにちは。
初めまして。
いつも拝読させて頂いてます。
皇后と皇太子妃は反日隣国の出自なのですよね。
さまざまのブログにて、検証暴露されてきましたね。
テレビしか見ない人達は今だ目が覚めない状態でしょうが。
で、
その視点から、この二人の有り様を見るようにしています。
すると、
納得のあれやこれや…
皇室毀損、日本毀損のオンパレードです。
日本には、この二人の出自勢力が幅を効かせていますからね。厚顔無恥のノサバリが通っているのでしょうね。
現実の日本の姿は、乗っ取られた姿かと。
皇后…あの年齢の日本人女性の当然の素養、華道茶道が出来ず、お辞儀の作法が出来ず、人前で夫婦ベタベタも「日本人」から遠いですね。
非日本人と思われても仕方ない。
皇太子妃に至っては、口にするのもおぞましい数々の非日本人的有り様。
釜山の灯りが恋しい万里の長城の空気がおいしいでしょうか?皇后サマ。
金ニッセイの花が最高ですか?皇太子妃サマ?
大切な視点追加…この人達を日本人が税金で養っています。
溜め息…

言いたかかりませんよ

言いたかね〜。
でもね、日本人して言わずにおれないのですよ。
恥ずかしくてね。
こんなもんコーゾクではありませんよ。
本人が思ってても周りは認めませんでしょう?
日本人として育った方ならばね。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1476403056989.jpg

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1476401219219.png

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1476390852191.jpg

********

あ〜何て清らかな秋篠宮の方々。
国王さまの最高のお土産話と
なりますわね〜。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1476401246649.jpg

皇室の俗化

自分のブログに書くと中国公安に捕まりそうで怖いので、ここに吐き出させてください。

美智子のふるまい、全て計算ずくなのではないかなと。
美智子は中国のスパイ説が某ブログでありましたよね。
だとしたら、今までの美智子のふるまいは「皇室の品格を著しく下げさせる」という目的を達成しているのではないかと。
雅子に注意しないのも、何もかも全て、日本国民にとって神の領域だった皇室を俗化させるために仕組んだものなのかなあと。
中国共産党、大成功してるじゃないですか。

と、思ったりしています。

No title

こんばんは^^
お忙しい日々をお過ごしのここと思います。

魅痴子さま
お見苦しい と誰も言えません。
本当に見苦しい。品もなく、只の老婆ですね。
彼女が天皇陛下を退位させる方向に持っていたことは明らか!女帝の古米(笑)
彼女の為に税金が使われることに苛立ち!
シスターのような洋装・・・見たくない。
日本国民の気持ちを暗くさせる為の古米(笑)

マサ子さんは相変わらずですが
気持ち悪い、下品、汚い・・・

皇室に穢れを持って入った女性が
日本を貶めている

秋篠宮家の方々の汚れなきお姿で救われる
日本が日本人の国であることを示しておられると思う


No title

マサ子さんのカティシー
他のショットでみてきました

こけはったんやと思われます(笑)

No title

お返事大変遅くなりました。



・まりりん さん


よその国の王妃に、はばかりなくぶら下がる皇后。

その母の「おもひ子」の長男は、よその国の王妃にくっつき歩き、胸元をガン見し。

何度も繰り返しますが、これが日本の皇室メンバーだなんて、失礼なんて言葉では、どもこもなりませんよね!

タイの王室は、五つの家の競合(変な言い方ですが)なので、今の王室がどうなるか・・あの王女さまは、素敵な方ですけどね・・・



・硬質憂子さん


画像をありがとうございます。

沢山の方が見て下さったと思います、ワタシも保存させていただきました。


・ひらりんこ さん


そうかも知れない、と、希望を抱きますか・・・

正面切って諭せないアホ息子に、心得を伝えるなんてやり方、全ての無駄と、くおんは思ってしまいます。

天皇の思い、言葉ではないと、私は考えていますし・・・ごめんなさいね、私の気持ちは、そうです。ただ、なんらかの形で変化は来る、待ちましょうね、の思いは、同じかも。

待ちましょうかね(笑)。



・きのくに さん


育ちは大切・・・そう思います・・・私は、まったく大した「育ち」ではありませんが。あまりヒドくはいたくないな、とか、思って来ました。

自覚と客観性。それの無い公人は、無理だと、ばっさり思うに至りました。

本当の意味のプライドがあれば、とも、ひとの可能性についても感じています。あ~、あまりにひどい皇室、悪夢のようです。

No title

お返事大変遅くなっております



・ハナさん


眞子さまのカティシー。

一見、浮かんだのは「どんなもんじゃい」

という、大ばか者(くおんが、です)のコトバ。

美しく自然でにこやかに。自慢しまくりたい、みごとなご挨拶でした。嬉しかったです。

ご夫妻も、優しい眼差しで。

ね。どんなもんだい、わが国の内親王様ですよ!、と。自慢したかったです。



・もみじ さん


天候不順で、今年の紅葉は色がよろしくないわ、と、そんなことまで、徘徊夫婦のせいにしてしまいたいような。

わが家に近い公園、小さな公園ですが、皆で草むしりして掃除をして、の公園、紅葉が素晴らしいんです。


毎年、やっつけのうたを歌会始に出して本人はカウチ・タバコを決め込んでいる(と想像)またこたま。御所のお庭も美しいでしょうに、葉っぱの色などどーでもいいか。

娘さんと、きれいね、などと、ゆったりの時を持っておいでたか。

皇室はグチャグチャ、内廷は。希望はかすかです。

>大切な視点追加…この人達を日本人が税金で養っています。
>溜め息…

でも、この醜状の終わりは来ると信じています。



・ちりぬるを さん


そうです、あ~、なんて清らかな秋篠宮のご一家。

無理な無茶な「アゲ」をする気はありませんが、画像の中から、この方々には、特別の風が吹き渡って来ますものね!。

驚きも多くおありになられたでしょうが。

ベルギーの、エレガントな王さまご夫妻。

きちんとわかって下さったでしょう、日本の皇室には、秋篠宮ご一家や。信子妃殿下が、いらした、ということを。



・竹知Yさん


おいで下さりありがとうございます。

確かにその公安は存在していて。私のここも、ある時期(留学生の保証人をさせてもらってた時)から以後(彼女が帰国して時効の挨拶など続けてくれてた頃)、メールが半年もたってから届いたり。幾つか、ありました。

今はあちらの都合で交流は途絶えました。元気ならいいのです。

でも、気になさらず、ここで書いて下さいよ。大丈夫です、このブログは、そちら方面には、オーケーですよ。


・今出川さん


ほんまに、見苦しいてかないまへん、ミテコはん。

服も靴も帽子もピンも変てこなツートーンの真珠の首輪もストッキングも、ピアスの穴隠しのイヤリングも、がさつな身のこなしも(これ、ほんまどすねわ)したり顔も、ますます密着度を増して来やはったヘーカへのくっつきも。

これみいんな、かないまへんなあ。

・・・よく言われることですが、あの方があのまま通用する「社会」など、ありませんね。

通用するのは皇室だけって、ものすっごいブラックなジョーク。でもホント。


・・・まさこの、どっこいしー。

対・オランダ夫妻の時に、あんなに笑われたのに、びっくりでした。

恥じてない、懲りてない、もう、出して来たげんの罪悪みたいな気分になり・・・しかし、王さまに顔を近づけて行く写真を見て、早く放り出せ~の気分になり。


>こけはったんやと思われます(笑)

ははは。乾いた笑いを共鳴させていただきましたぁ~~~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3552-8db90742

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん