FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

よれふらブログで~す。

こんばんは。

木下黄太さんのブログから引用させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 わたしは個人的には雨が降らない状態の関東のこの地での昨夜からの雨には警戒していました。孫の親である息子が放射能に対して警戒心がない現段階では、せめて孫が学校へ行く時間帯前に雨が降り出してくれることを念じて昨夜は床につきました。今日は周囲の人たちに、今日の雨にはこの間の放射能物質が空気中に漂っていた分が雨になって地上に落ちてくるから雨に濡れないでねと伝えました。


【緊急】都内の雪で、セシウムやヨウ素の検出情報。関東圏は最大限の注意をしてください。危険です。
2012-01-20 12:57:34 | 福島第一原発 

 アメリカ製のCaptus3000Wというベクレルモニターでの計測です。ほかの検査会社とも話しましたが、この機械の精度で間違う可能性があるのは、おそらくヨウ素の方で、セシウムは一定程度検出されていることは間違いないと思います。ヨウ素の量が多すぎる気がしているので、多少の誤差はあるかもしれませんが、予防原則の観点から考えるとヨウ素も出ていると仮定すべきと判断します。さらに機械特性から数値がやや高めに出ているかもしれません。いずれにしても、このところ、警戒を呼びかけていた事象が現実化しています。福島第一原発、おそらく四号機に、元旦以降トラブルが生じている可能性が極めて高いと判断しています。絶対に雪にぬれたり、雪遊びは厳禁。屋外に出ない。目張りもすべきです。マスクはN95もしくは、普通のマスクを二重にして、マスクとマスクの間に濡れたガーゼを入れてください。帰宅後は、上着は洗濯、必ずすぐシャワーを浴びてください。これ以上、被曝を増やしたくないです。警戒してください。

セシウム137:15.3Bq/kg

セシウム134:14.9Bq/kg

ヨウ素131:20.0Bq/kg

この検査データは次のブログからの引用です。

http://ameblo.jp/bq-tokyo/entry-11140771497.html

予防原則を理解しない「専門家」は専門家の名に値しない人間です。2012-01-20 16:41:04 |

福島第一原発

 セシウムの降下は元旦からの変動以降、千葉の日本分析センターでも確認しています。数ヶ月出ていなかったものです。しかも、三月下旬の都内降下と変わりません。異変はおきています。

そして、一ヶ月ぶりに東京は、雨や雪が降っています。この状況は警戒するしかありません。

しかも、ベクレルモニターとはいえ、セシウム134、セシウム137、ヨウ素が出ている兆候が報告されています。

勿論、機械誤差はありえます。ベクレルモニターですから、そんなことはわかっている上で言っています。他の検査会社とも話して、書ける範囲内で書いています。

ヨウ素は特にもともと留保をつけています。

また、僕はそもそも、きょう未明の記事から、雪や雨のレインアウトによる被曝の警戒は呼びかけています。

この状況で、機械精度を強く主張して、おきうる可能性がある危険を、言わないことは根幹からおかしい。

リスクコントロールは「予防原則」が原則です。

予防できなければ意味がない。御用学者が何の役にも立たなかったのは、去年の三月ではっきりしています。

彼らは人間の屑です。

 僕は予防原則観点で、警戒を呼びかけています。これは、当然のこと。リスクを理解せずに、他人の足を引っ張る人間を心のそこから軽蔑しますし、そのような人間たちは専門家の名に値しません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、誰かを人間の屑だとか軽蔑する、とか、言い切る勇気を持っていないので、そして多分これからもそうだと思うので、木下さんのブログを読むと、いつもドキドキするのです。

普通に考えて、この時期に、ヨウ素が出ている、モニターされている、というのは、信じたくない話です。すでに知られているように、去年の春に爆発的に放出された放射性ヨウ素は、およそ八日ほどの短い半減期であることからも「残っていない」感じがあるからです。調べているのかいないのか、全く、最近は特にヨウ素に関しては話題が出ない。

私や私の周囲では、フタの無い原子炉から、ごく少なくなってはいるにせよ、継続的に、放射能を持つ物質が出続けている。ごく少なくなっているにせよ。だから、セシウムだけでなくヨウ素が「あって」不思議ではない。うんと少なくはなってるでしょう。

それにしては、一月や今月に、上記の量のヨウ素が・・・ということは、理解しがたいことです。

理解しようとすれば、これは、新たに出て来ているもの、以外に、考え難いことです。

計れば出る。見つかる。
計らなければ、それは、ある意味、無いことといっしょです。


「無い」ということで、政府の方がたみたいに色んな重大と思われることをスルーして行かれるように、本当に無いことになり得るなら、それは幸せなことと思います。

雨や雪に濡れないように、目の細かいマスク、手袋もレイン・ブーツも。

二号機の水温について、新聞には出ていませんが、未だに70度を越えているとの情報もあります。

収束はしていません。

脅えながら暮らすことは困難でも、もし何かあったら、と考えておくことは、意味があると思います。

風の向きに逆らって行動なさって下さい。私がこんなことを言うのは僭越と、承知しています。

・・・新たな防災指針と言うものが示され、簡略に記せば、炉心溶融などの重大な原発事故が起きた場合、放射性物質の大量放出前に、圏内の住民を優先的に避難させなければならない。

予防防護措置区域と称されるものが「PAZ]といい、半径5キロ圏を言うそうです。

半径30キロ圏が緊急防護措置区域「UPZ」というのだとか。

その、5キロ圏内を示す「PAZ」圏内で、炉心溶融(今回の、今の福島一の状態)が起こって、避難せずとどまった場合の全身被曝線量は、確実に健康被害が出る1日1シーベルトの達する恐れがあると・・・

・・・される、のだそうです。

なんや、これ。わたし不思議。

つまり、今回の原発事故で、半径5キロ圏内におられた方は、確実に健康被害が出る1日1シーベルト、の被曝を、しておられるという意味でないのでしょうか。

いまその方たちに、どんな対応をしてられるのか、すごく知りたいです。



山イチゴさん。

お返事を、どう書こうか、考えたのですよ。

ああか、こうか、考えて、そうだ、書けないなら書かないでおこう、と、思いついた次第です。

パチンコがどうとか、するとかしないとか、それは、個人の自由で、何を言うこともありませんが、私には触れようの無い世界であり、正直な気持ちとして「どうして、この返事をするのに、ワタシはこんなにしんどいのだろう」とソボクに思いました、という、それだけのことです。
好きだった方の供養にパチンコする人もいるのね、と、読むだけなら、流せるし。

何を書いてもいい、と言ったのは私ですので、どうぞ、なんでも書いて下さい。返事のしょうの無いことには、できませんと、正直に言いましょう、今後。

検閲、なんてのも、もし、あるとしても、それに触れた昨日あたりで、ブログに入りにくくなるとか、そういうものでないと、私は、考えます。国家は、そんな判り易いやり方をしません。他の理由だったのではないかと思います。

原子力について「不正確、不適格なこと」を、私は、書いていないと思います。

遅れたニュースでも、ハデでなくても、未熟な知識のありようであっても、自分で知り得たことを、基本的に「私はこう思う」と記述しているはずです。

思い付きでは書いていないと思います。

国であろうが個人であろうが、知られたりモニタリングされたりして、困ることはありません。


一日に数十人の方が、本当にありがたいことに、読んで下さっている。本当に嬉しいです。数としては、とても少ないのかも知れませんが、私には十分ありがたい。

私はそれでいいのです。自分のしたいように、出来ているから、いい。

そこで「私は」「こう思う」と書いていて、何を怖れることがあるでしょう。

わかってくれとは言わないが、自分の、本気を出したいだけです。自分のブログを「よれよれ」とか「ふらふら」とか称するのは、書くことも返事も「強制」「義務」になるのが、イヤだから。

書くときは、一所懸命、パソに向かいたい。それだけなのです。

よれよれ、ふらふら、なのだから、アタマぐるぐるしても、ぜんぜん、いいじゃないかと思いますよ。


yuutaさん。

本当に、この先、どこへ行くのでしょうね。

二つの園の対応を知らせてもらうと、うーん、としか言えず。

線量が高い、危険だ。と言われても、誰もが皆、家族ぐるみでどこかへ行く、なんてことは、容易でないだろうし。

自分は今、借りている家に暮らしているので、もし、いざ、の時は、決断し易いと思う。そういうことくらいは、判ります。

いろんなものを、持ってしまっていると、考えをまとめることもし難いでしょうね。

持つことは、罪でも悪でもない。

一生懸命働いて、ローンを組んで、安心して暮らせるマイホームを持てた、それ自体は、すばらしいことなのに。

一時的に待ってくれていたローンや,各種の支払が、さまざまな方を直撃しますね。

・・・国は、何もしてくれないです。

何か、最低限のことを、決めて、実施してくれる部分もあると思いますが、何もしてくれない、というのが、本当ではないのかな。

いつもありがとう。

姪御さん、お大事に。

また。

好きなんです「アランフェス」










スポンサーサイト





  1. 2012.02.11 (土) 01:45
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

こんばんは
私がぐるぐるしてるのは、お姉さんが思いつきで書いてるとか、押しつけてとかじゃない。
誤解させるような書き方したなら申し訳ないです。
個人的な事は読み流してもいいですよ!!
国の怠慢、震災発生後、今まで情報や現状に適切な対応せずの事実が後からマスコミやネットで明らかになる。今も終わってない、この先どんな事態が生じても不思議ない(起きてはいけないが)続いてる事「無い」にするしたい国の中心にいる人達にぐるぐるしてるのです。
半減期が短いものが今も高数値で出る事やヨウ素に触れないのは何故?
自然界で存在しないものを出してる所はひとつ。そこの状態が落ち着いてない事直感できます…でも隠す「大丈夫」繰り返してる人達。
震災発生後、子供達に最悪の事態が起きた時の覚悟をさせた自分。可能性を捨てないが、妻を諦めても子供達を!と夫に宣言した自分…。
有り得ない事が突然起こる事を何度も経験した故の過剰反応だと思うけど。
仕方ないです。私は自力でがどこまで減るのか専門医もわからんと言われたからね…。
国は何もしてくれない!支援もどこまでどの位までかは行政から教えに来てくれない!こちらが何回も役所へ出向く。無理FAXかもダメ。文章が残るからだと言われてる。そう文章が残るのはダメなんです。
小さな街の役所でも。
毎年のように細かい部分が変わる。その度に繰り返される、言われるの暮らしです…疲れても止められません。
  1. 2012.02.11 (土) 10:01
  2. URL
  3. ソナチネ
  4. [ edit ]

KUONさん おはようございます。

ここ、、、このおへや

私の、羅針盤 に させてもらっています。

いつからか~~

テレビなんて・・・みたくない、、、

新聞だって、、、隅々まで斜め読み

じゃぁー

諦めるのか

妥協するのか

知らなくていいのか


今は、

この場所 KUONさんの書いて下さるのを、一生懸命読ませていただき、こころのバランスをたもっています。


これからも よろしくおねがいします。。。。



アランフェス協奏曲

ナルシソ・イエペス(頭 禿げてたから来日の時、最後かもしれないとおもって出かけたら、なんと、当時39歳だった)随分前のことです。

  1. 2012.02.11 (土) 10:52
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

おはようございます。

収束宣言を言った(言わされた?)ドジョウ総理や、
日本史上サイテー&サイアク会社のトンデモ電のナントカ社長や、
マスゴミ、じゃなかったマスコミや、
真理を探究するプライドを売ってしまった学者たち。

この人たちを座らせて、
「なめたらいかんぜよ!!」
と、ドス(まちがっています?)を畳に突き立ててやりたいです!


モルダウ川のそばに建つプラハ城には旗が掲げられていて、その旗には、
「真実は勝つ」
との言葉が書かれているとのこと。

真実は負けない・・・、信じたいです・・・。
  1. 2012.02.11 (土) 13:00
  2. URL
  3. ディラン
  4. [ edit ]

御姉様ありがとうございます。

御連絡が遅くなってスイマセンm(._.)m

インフルエンザでダウン中ですf^_^;)

宝石さんたち、嬉しかったです♫
いつも、ありがとうm(._.)m


また、熱が上がりそうな記事ですが

なんとかせねば…したい…でも
どうにもならない…

モンモンとイライラと
しかし何も変わりなく情けなく
日々暮らしている…

そんな自分に腹が立つやら
哀しいやら…

就活中の息子に、九州で職探ししたら?と困惑させ

高校の娘に転校は嫌?
なんて聞いて煙たがられたり

弱っちい、困った母です( i _ i )

ヨン活以外、ほとんど遊んだこと
なかったけど(それだけで充分だって…子供たち)

芝居をみたり、アーティストのコンサートに行ったり

なんでもかんでも
やれるうちに、やっておこう…

子供たちにも…
悔いのないように、
好きなことをしておきなね!
…できる範囲で…と。

なんだか、とっ散らかってすいません( ̄▽ ̄)

また熱が上がったかな…
寝ますf^_^;)




 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・