FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

春の雪ですぞ~。

ぼたん雪が降って来ました。

庭の隅の匂い椿の、かちりと引き締まった沢山の蕾。椿は私の愛する花です。その椿の、つぼみが、雪の降りかかるなか、静かにじっと身を固くしています。

今日は家にいて、本を読んだり片付けをしたり、自分だけのためにパスタを茹でたり、のんびりしていました。

あちこちであれこれ、読みました。少し引用させていただきます。

3件あります。今日は、この青い文字が、ワタシの「ぶつぶつ」であり、注釈となります。

ご一読くだされば・・・。



<以下はピザレストランの店主のブログより転載です>

いろいろな立場からの見解はあると思いますが、私は自分の信じている、自分が生きていく上で大切にしている事の筋を最初から最後まで一貫して通しているつもりです。
身体にも心にも栄養を与えること。それが外食を提供する自分の役目だと考えています。
そして、外食という行為はお客様とお店との誠意ある信頼関係でもって成り立っています。
その信頼関係を更に築くための証明への追求がこのような予期せぬ形となって明らかになりました。
今後どのような形でお店に影響していくのか分かりませんが、無関心という名のもとに発覚さえされず流通し続けこれ以上拡大しなかった事を私は良かったと考えています。
本当は当たり前であるはずの食の安全がおびやかされている今、自分のとった行動に何の後悔もありません。
またこういう事例は曖昧で矛盾した流通のほんの一片でしょう。
では法的な矛盾はないのでしょうか。
私は基準値を設定している林野庁の参照Q7(http://www.rinya.maff.go.jp/j/tokuyou/shintan4.html)についても、このような流通の事態を招く一助となっているのではないかと考えます。
業者への法的な罰則もなく、曖昧な基準の抜け穴から今回のような被害は今後も増加していくように思えてなりません。
そういった、法で、ある意味守られた矛盾の上ではどんな倫理も無力なのではないかと思いさえもします。
ただそういう力に飲み込まれる事なく、今までと変わらない同様のスタンスで食の安全のみならず、食の美味しさ、食の楽しさを提供し続けていきたいと思っております。

このピザ屋さんが石焼ピザを焼く際に使った薪の、灰。

その灰を譲り受けて、沖縄ソバを打つ際に使われたソバやさんがおられ、沖縄のある店のソバが、高いベクレルを示した。

調べるうちに、薪の産地が高線量の場所だった、ということで、はじめは理由の不明だった「ベクレルの高い」ソバの理由がわかった。すでにお客さんに供されていた。一度食べたくらいでどうということは全く無いのですが。

ピザ屋さんもソバ屋さんも、全く、判らないし想像のつかないことだったと考えます。

それに関して自身のブログに上記のように書かれたピザ屋のご主人に、打たれるものを感じまして。

<法で、ある意味守られた矛盾の上ではどんな倫理も無力なのではないかと思いさえもします>



コンクリートが汚染されたのは、双葉砕石工業が計画的避難区域内の浪江町にもつ砕石場の石が使われていたからだ。同社は福島第一原発の事故後も石を屋外に積み上げ、避難区域に指定される昨年4月22日まで出荷を続けていた。経済産業省などによると、汚染の恐れがある砕石5725トンが県内19社に出荷され、福島市内の民家や二本松市内の2小学校、同県本宮市内の川の護岸工事など1千カ所以上で使われた可能性があるという。

同社の猪狩満社長(50)は震災直後に家族と千葉県内に避難したが、全国から復旧のために大勢の人が駆けつけるのを見て福島へ戻ってきた。道路補修に追われる建設業者からの注文がひっきりなしに入り、「少しでも復旧の役に立てば」という思いから出荷した。石が汚染されているとは思いもしなかったという。

猪狩社長は言う。

「金もうけではなく、福島県人がやらなくてどうするんだという思いで、昨年の3月22日から必死で働いてきました。ただ、マンションの住民の方々には本当に申し訳ない気持ちです」

こうした事情を踏まえ、枝野幸男経産相は1月20日、「砕石業者に責任があるとは言えない」として、速やかに賠償手続きに入るよう東京電力に指示する考えを示したが、その国も胸を張れる立場にはない。昨年5月以来、福島県が再三、砕石などに対する放射線量の基準を作るよう求めてきたのに、先送りしてきた事実があるのだ。

〈資材等の使用、搬出及び搬入時の移動に伴う放射線量の基準が無く判断できない状況にあり、復旧工事で支障が出ております。今後、復旧工事が継続不可能になることが懸念されるため、資材の使用及び移動に伴う放射線量の判断基準及び対応方法について早急に御提示願います〉

◇「経産省の担当に何度も催促した」 

金属スクラップや紙くず、ガラスくず、砕石、土砂など23の原材料名を列挙し、県が土木部長名の文書で国にこう依頼したのは昨年5月26日のことだった。以来、問い合わせを重ねてきたが、いまだに回答はないという。

県土木部の担当者は言う。

「経産省の担当者には何度も回答を催促しました。でも、『検討中です』という返事ばかりで、回答はもらえませんでした」

コンクリートはセメントに水や砕石、砂利などを混ぜて作る。国は昨年6月、セメントについては1キロあたり100ベクレル以下という基準値を設けたのに、県の訴えはなぜ放置したのか。

これについても、前記と同じ感じ方を、私はしています。

このマンションには、高線量のあたりから避難して来られた方が、半数以上、入居しておられたのだとか。

やっと落ち着いた、とホッとされたでしょうに、そこにも、住み難い。

これだけでは済まない、済むはずの無いことに、慄然とせざるを得ません。。

去年、稲わらとモーさんたちのみ、スケープ・牛にして、あとは口を鎖した責任ある人たち。

枝野さんほかは、いかにも責任を感じているような口ぶりですが、疑い深いヒトになっている自分には、言葉通りに取れません。

東電の責任に、しようとしているに他ありません。

東電にももちろん、責任あります。だからといって、政府が、えらそうな口きけないよな~、と、私は再び、自分のシッポを追いかける犬、と化しておりますのです。



1.件名
平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)

2.事業目的
ツイッター、ブログなどインターネット上に掲載される原子力等に関する不正確な情報又は不適切な情報を常時モニタリングし、それに対して速やかに正確な情報を提供し、又は正確な情報へ導くことで、原子力発電所の事故等に対する風評被害を防止する。

3.事業内容
ツイッター、ブログなどインターネット上の原子力や放射線等に関する情報を常時モニタリングし、風評被害を招くおそれのある正確ではない情報又は不適切な情報を調査・分析すること。モニタリングの対象とする情報媒体及びモニタリングの方法については、具体的な提案をすること。


上記①のモニタリングの結果、風評被害を招くおそれのある正確ではない情報又は不適切な情報及び当庁から指示する情報に対して、速やかに正確な情報を伝えるためにQ&A集作成し、資源エネルギー庁ホームページやツイッター等に掲載し、当庁に報告する。

Q&A集の作成に際して、必要に応じて、原子力関係の専門家や技術者等の専門的知見を有する者(有識者)からアドバイス等を受けること。また、原子力関係の専門家や有識者からアドバイス等を受ける場合には、それらの者について具体的な提案をすること。

事業開始から1ヶ月程度で30問以上、事業終了時までには100問以上のQ&A集を作成すること。

【提案事項】
① モニタリングの対象とする情報媒体(ツイッターは必須)
② モニタリングの具体的な方法と体制
③ Q&A集を作成後、速やかに周知するための具体的な方法
④ 想定される専門家や有識者
⑤ これらを活用した新規提案
【留意事項】
・受託者は、不正確な情報又は不適切と思われる情報媒体や抽出するキーワードについては、資源エネルギー庁担当者と十分に調整すること。
・Q&A集の作成にあたっては、十分な調査・分析を行い、その結果を反映すること。また、Q&A集の最終的な問数については、実態に合わせて資源エネルギー庁担当官と調整すること。
・原則として、正確な情報提供は即座に行うとともに、その結果については、翌営業日以内に資源エネルギー庁担当者に報告すること。
・常時モニタリングするために十分な人員を確保すること。

4.事業期間
委託契約締結日から平成24年3月30日まで

5.納入物
・不正確な情報及び不適切と思われる情報並びにそれらに対する正確な情報等をとりまとめた報告書の電子媒体(CD-R)一式

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恐ろしくなりました
背筋が寒くなりました
風評被害ってなんでしょう?
汚染されたものを食べろとか、汚染された地域に住んでも直ちに影響がないという
政府の報告の方が風評ではありませんか?

いろんな情報がある中で自分で正しいと思う情報を選ぶことが出来るから民主主義だとおもう

表現の自由と言論の自由を
経済産業省は国民から奪うのですか?

原発が廃止になりそうでよほど焦っていると見受けられます

けれど、これはこのままほおっておいたら大変なことになると思います

大日本帝国に逆戻りですね・・・・サイテー!!

それから・・・
これに支払うお金は私達の税金ですよね
こんなところに税金使わないで一刻も早く被災地で苦しんでいる方に回して下さい

昨日、古賀氏が
自分達は原子力というものに依存して、老後の生活を含めた生活設計をしているんですね。天下りも含めてですね。
それが、「これじゃ、全部変えなくちゃいけないよ」と「どうするんだろう」というのが
だんだん頭の中に広がってくる様な状況
って言っていたけど・・・

経済産業省が、仕事をする人を募集した話です。

仕事の内容は、これ、何と言うのでしょう、いろんな人がしている「ブログ」や「ツイッター」などインターネットに出てくる中の「原子力に関する不正確な情報、不適切な情報を、モニタリングして、正しい情報に導く、と。そういうことのようです。

実際に、この仕事をしている人がいます。始まっていて、継続しています。

この記事は「いつも笑顔でhappyがいい」というブログから頂いたのですが、風評という言葉の意味についてなど、このブログ主さんが書いておられるように、私も、そう思います。

最も不快に思うのは。

不正確な情報、不適切な情報と、経産省は言うが、では、正確な、適切な情報を、きちんと示したことが、おありになるのか。

モニタリングときれいな言葉で言うが、つまり「検閲」でしょう。

どれだけの数の人が、経産省の微禄を食むか・・・食んでおられるかは知らないが、普通の人は、自分が広報する側の論理に馴染んでゆく傾向があると、考えています。つまり、自分の仕事に従順な精紳傾向になって行くのです。その目で、公平なものの見方は、望みにくかろう。そう思います。

経産省が望まない方向のブログやツイートをしてる人間の、絶対数は、そうでない人より絶対に少ない。断言が好ましくないなら付け加えます。そうだと思う。

だから、別に、わたしなんぞが、鼻息荒くしてワンワン、わめくことも無いのですけれど。

この「モニタリング」は今年の三月までが、任期だとか。

何か見つけたら、面白いだろうか。私のこの、ふらふらブログなんぞは、検閲にかかることも無いでしょうが。

ふざけるな。

原子力等、なんか言っていないで、今のこの、人人が困って苦しんで迷っている、現状をしっかり踏まえた、正確な、適切な、情報を、きちんと、示して下さい。

スポンサーサイト





  1. 2012.02.10 (金) 00:17
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

雪の命日です

お姉さんこんばんは
9日は母の命日です。12年が過ぎたと思えない。
今でもひょっこりしてきて「ねえ~聞いてよ~~」とアナタは確か親でございますが?なお話しをする気がします
母は私を成人後〇子さんと呼んだ。仮名3文字中下2文字で。
私達は母を名前か「チェリー」(アニメ「うる星やつら」のキャラ末妹名付け)と
母はパチンコ大好きで、ヘタなお経より供養になるとパチンコ屋へ
喜んだのかなぁ~夕ご飯代くらいプラスに
だからしみじみはありません。
母も周囲から「みっちゃん」と呼ばれてたんですよ
母は「平安時代に生まれたら私は日本一美人…時代を間違ったわ~」なんて言うておりました。
この人が親でなかったら、個性的で面白いキャラとして見られたのに残念です。

今日の「検閲」もどき無関係と思うけどここ数日からでもこのブログに入れないことが多く焦った今まで無かったからね…。
たまたまでも、何度か続くと要らぬ不安感に
これまた何を基準にするのやら???なお話しがあり過ぎて頭の中でいろいろがぐるぐる回ってる
  1. 2012.02.10 (金) 08:29
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん

なんか この国の方向が恐い方に向かっているように思えます

一日でも早く故郷に戻りたい、、
そう思っておられる方々に対して あまりにも安直なやりかたをしている

国が本当の意味でしっかりひっぱっていってくれれば
安易に汚染された石を使う業者も未然に防ぐ事ができたしょうね、、と思うの
なにやってんだろう

昨日テレビの放送見ました ご覧になられた方もいらっしゃるでしょう
南相馬町の二つの幼稚園の事
片や放射線数値を重く受けとめて休園
園児の家庭を訪問して理由を説明する園長
園児の祖父に子供を受け入れるところがなくなれば困る
みたいなことを言われていた

もう一つの園は自分達で掃除をして
放射線量を測り公開して子供達を受け入れている
部屋の外に置いたホワイトボードにはその日の線量値が書いてある
0.19とか0.18 以前の三分の一くらいの園児が通っているとか

どちらの園長さんも悩んでの決断だろうことがうかがえた
もし、自分だったらどうしただろうか
園長の、親の 祖母の 立場だったら、、、


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・