KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 12
  4. [ edit ]

未完成ですが 追加ありです

     慌ててアップしましたので未完成です、後で書き足すと思います。



 政府は15日、ベルギーのフィリップ国王夫妻を10月11~14日に国賓として招くと発表した。日本とベルギーの外交関係樹立から150年を迎えるのに合わせた招待で、天皇、皇后両陛下との会見や安倍晋三首相夫妻との懇談などが予定されている。国王は2013年7月、父のアルベール2世から高齢などを理由に王位を譲られた。



1474342421167_2016100809324811d.jpg


この、右端におられるのが、ベルギーの前・前国王、ボードゥワン陛下です。

??ミテコさんに、もたれかかられてしまっておられる?? 微妙な笑顔に見えます。

今上の左側におられるのが、当時のファビオラ王妃。2年ほど前、14年12月、亡くなられて、ミテコさんが、政府専用機を出させて葬儀に駆け付けた、その、元・王妃さまです。

ピヤノを弾いているのは、当時の浩宮。

皇帝を弾いているとか他の曲だとか、うたいあげられていました。

いまでは、楽譜を読める方によって、これは「アラベスク」だと判明しています。わたしはピアノは弾けませんが、けっこうシンプルな譜面だわねとは感じていました。

アラベスクは、この年代のナルくんが、お客さまにご披露するような曲では無いようです。

それ以前に。

アーヤさまは左手の指を、無心に動かしておられる様子。正しい音をわかっておられるのか?なのでしょうね。

サーヤさまは、お気に入りなのか、お人形さんと一緒で、お顔つきもあどけなくて、お可愛らしい・・・

とはいえ。

ヨーロッパの王家などでもそうであろうし、日本でも、見識のあるお家では、子どもたちは、せいぜい挨拶には出しても、こういう形で

「ウチの子のピアノ演奏、お聞かせしますわ、おほほのほ」

などは、しないと考えます。

国王ご夫妻は、イヤな様子はもちろん、お見せになってはおられませんが。

ミテコさんの足元もダランとしていて、カジュアル過ぎる。

こういうお付き合いを「よし」とされたのか、こうしてファビオラ元妃は、美智子さんの「親友」認定されていたのか。

皇后さんが、弾丸葬儀ツアーをした。

おかしな服着て帽子かぶって、日本の皇后が、葬式を司る(格下、とも言えない程度の)司祭に、深々と頭を下げて、奇異な目で見られていた・・・

みなさん、あのお葬式ですよ、つまり笑われただけの、あの。

cbd6e10868c3d94566a9e986b34c510d.jpg



ベルギー王室との国交150年。

はじめに王家に対されたのは、昭和の皇后さまでいらっしゃいました。

青海波のみごとなお召し物で、お会いになられたのでした。

次の代が、この、ミテコさんでした。

ボードゥアン国王ご夫妻には、お子さまがいらっしゃらなかったので、王弟でいらしたアルベール殿下が国王となられ、王妃には、ヨーロッパで一番美しいと称えられたパオラ妃が就かれました。

わたしKUONの若い頃に、アダモという歌手がいて「雪が降る」など、ヒットさせていました(こういうことも書きたいワタシ・(笑))、そのアダモは「愛しのパオラ」なる歌も唄っていた。

自国の王妃を唄っていたのでした。

現在のフィリップ国王は、父王の生前に譲位されました。


・・・たいへん見苦しいものを、あえて晒しまするが。


caff366c228bb6b6d1f5c6ac4bae3bfa_20161005083314cd5.jpg

またこたま陶酔、ナルたま焦りまくり、ボクどうしよう、悲しいよお、の、この画像。

左側の写真の男性は、同じフィリップ(フェリペ9でも、スペインの王様。当時は王子さまでした

フェリペと日本のとーぐー夫婦には、さまざまなインネンがありまして・・・

今は、しかし、右側の、プラチナ・ブロンドに見えるブロンド・ヘアの男性の話、この後ろアタマの持ち主こそが、もう幾つ寝ると来日される、ベルギー国王、フイリップ陛下であらせられます。

以前よりわたしKUONは、またこというオンナは、他のあらゆることに対して、努力して身につける、という態度を見せたことが無い(断言)のですが、上から降ってくる異性のくちびるを、どんな顔して受け止めるか、については、おそろしく熱心な研鑽を重ねた。そうに違いない。と、確信しております。

どーでもいい確信ではあります。認めます。が、それを言うなら、またこのこの、研鑽の結果の現れたがごとき、作り顔のアホらしさを、何と仰います。

アホか、このおんなは!。

そう、申し上げたい、ということであります。

挨拶なんです、この場面。

この王様には、弟殿下もいらっしゃるのですが、その殿下のスーツの、サイドベンツの切れているあたりkら腰に手を差し入れて、にこやかな雅子さま、の写真も、あります。

よう、探せないでおりますが。

またこはまた、この、フイリップとハグに至る少し前には、横目でちらちら王太子(当時は王子さんでした)を見ながら、うふんうふんの笑みを、口元に浮かべておられた。

617c5443.jpg


ま、ともかく。

皇室を一手に牛耳る女帝(誰も認めてはいませんが)

美智子さん。

晩餐会です。

和服姿にティアラなさるほど、宝冠をいただくワタクシ、がお好きなら。

国賓を招いての晩餐会には、どうぞ、皇后の戴くべきティアラをつけて、お出まし下さるものと期待します。

もちろん、次期こうごうさんも。

そうなのですよね?

髪ははみ出さないようにセットして(いうのもアホらしいことですが)、またこたまも、宝石に彩られた皇室のティアラ、のっけて来なさいよ、こーごーになる方なんですから。

娘さんが2週間もガッコ休んでる。

そっちに、手も気も取られて、欠席?

どこの、どの子が学校へ行けないくらいお疲れで、どの子について病院へ?

何しに?

どの愛子さん?



1474315306394_20161008154411387.jpg


美智子さんの頭上に煌めくティアラは、皇太子妃の第二ティアラ。

美智子さんからまさこに、伝わった。と言われています。

が。バット。

この宝冠も、両M子さんが結婚の際に頭上に戴いて成婚パレードのヒロインとなった時の、第一ティアラも。

両方。表に出て来ていません。

12年くらい、この第二ティアラも陽の目を見ていない。

・・・右、まさこがつけているのは、2年前の秋、オランダ国王夫妻が公式来日された折りの、晩餐会に、何年振だかに、テイアラの台・・・と共に、出て来たものです。

イミテーション・ティアラとか、ブリキのティアラとか、さんざんに云われたもんでした。

またこたまは、平気でした。

まったく煌めかないこれをアタマにのっけて、のっけている台である、おつむの髪は、やっつけでどなたかにまとめさせたk、画像にもはっきりわかる、はみ出した毛・・・アホ毛、などと呼ぶ人もあるようですが、ぴよよ~^ん、と、本体の中身の凄まじさを象徴しているかのごとく、飛び出ているのでありました。

晩餐会ご出席の紳士淑女中の紳士淑女のお歴々。さすがどなたも笑わず気付かず噴き出さず。

この晩餐会に、ミテコさんも、ティアラはなさっておられず。

お子さまをお持ちでなかった宮妃の、豪華なティアラも、堂々とつけておられたのに、どうして無冠で出て来られるのか。

とても不思議なお話この、月半ばの晩餐会や、いかに。

同じものなんですよ、この、右左。

違うでしょって言っても、公式の晩餐会につけて来るんですもの、、アチラが。


違うよね。


825e3fe5.png

上段の二人M子さんのテイァラが、第一ティアラというもんです。

これが、まったく表に出て来ておりません。

下段の(上記の)第二ティアラも、本来の、オリジナルの、太陽ののぼるような、とか称された、元々の、宝石とプラチナでつくられた・・・それは、出て来ません。

ブリキのティアラと嗤われた宝冠つけて、まさこは、11年ぶり、ぶり、エライ賢いと、褒めあげられて、出て来た。

で。あれこれ・・・

晩餐会にティアラをつけてこないなら、何のためにあるのでしょうか。

美しいティアラ、見たいものでございます。
スポンサーサイト


  1. 2016.10.08 (土) 23:34
  2. URL
  3. [ edit ]

そりゃ、ないわ!

オホホ ならぬ、 トホホな 内容。

気が付いたら、まがい物だらけな皇室。

あぁ、あの譜面だったら、
ナルより、五歳下のアーヤ様、
いや、サーヤ様の方が、、、

kuonさんが、アーヤ様の手の動きに、ふっと目を留められて、

この兄弟のさだめなのでしょうか。。。

事あるごとに「なるちゃん、なるちゃん」だったのかな。

国王の微妙な表情が、、、
「変な家族だなぁ。困った人達だなぁ」←もう、この頃から、ヨーロッパ王族の中では、囁かれていたかもしれない。


ナルさんだと、ピアノも、
私みたいに、自転車漕いでピアノ教室行ったりしない。

一流の先生が来て、、、
それで、あの歳で、あのシンプル譜面、しかも国賓の方に、そして、写真を公開。アレレな感覚。。。


雅子のティアラ、
ダイヤモンド特有の
キラッ、キラッ、チラ、チラッな
輝きがない。。。

スワロフスキーのビーズ以下か?

だって、ライトや、カメラ撮影のフラッシュを浴びて、あの輝き方。

そりゃ、ないわ!!

  1. 2016.10.09 (日) 01:08
  2. URL
  3. sarah
  4. [ edit ]

またこたま

いまさらですが、発見しました!
「またこたま」って逆から読んでも「またこたま」なのですね~

またこたまがおつむにお乗せのティアラですけど
この世にマットなティアラがあるなんて~、と驚きました

おでんかが京都訪問とかで写真が出回っています
あの物体から放たれる腐臭のようなもの、何なのでしょう
  1. 2016.10.09 (日) 05:09
  2. URL
  3. [ edit ]

あっ、そうですね。
コメントを拝見して、初めて気付きました。

一時は、
「か わ し ま き こ
お わ だ ま さ こ 」

クロス読み?が話題になりましたよね。

やはり、宿命のお二人か?みたいな…

やはり、そうかもしれません。

神様が、「国母に相応しい女性 と、皇室の歴史を覆しかねない女性」が、選ばれた。
不思議な縁なのかもしれません。

「またこたま」で、ふと、思い出しました。

それにしても、災害が多いですね。

阿蘇は、大阪からだと飛行機で一時間で行けて、雄大な自然、掛け流しの温泉、何度も旅行した土地でした。
また、行きたいと話していた矢先でした。




  1. 2016.10.09 (日) 05:14
  2. URL
  3. [ edit ]

すみません

送信したら「 」の中がズレて、

読み難くなってしまいました。

何度も投稿、失礼しました。
  1. 2016.10.09 (日) 07:38
  2. URL
  3. 硬質憂子
  4. [ edit ]

あらまぁ!

うそうそ、出鱈目硬質に
天がお怒りですね。
アキヒトさんも
災害が多過ぎて自分に祈りの力が
無くなった。
祭祀は体力的にもきついもの。
ナルにも無理だし、それを支える
マタコも病気。アイコは精神的に
無理があるので、
一家安定している秋篠宮に
譲位したいと思う。

と宣旨すれば、国民は一部を除き
賛成と喜びに歓喜するでしょう。

ミテコが許さない?
そう既得権益の権化さまだから。
でも、もう化けの皮が剥がれて
ますけどね〜。
  1. 2016.10.09 (日) 08:01
  2. URL
  3. ひなぎく
  4. [ edit ]

才能が…

KUONさん、おはようございます。

子供たちにピアノなどなんだのの習い事をさせていると、だんだんわかって来るのですが、小さい頃からさせているから、上手になるわけではないんですよね。

いくら先生が良くてもこればっかりはどうしようもない…。


ベルギー国王ご夫妻に披露している親ばか丸出しの写真。
確かに大きな音符とスカスカの楽譜で、賓客に披露するにはかなり恥ずかしいですね。

洗脳が解けると、今まで騙されていた自分も情けなくなります。

優雅な本物の皇室を見たい…と心から思います。
  1. 2016.10.09 (日) 15:43
  2. URL
  3. ちりぬるを
  4. [ edit ]

かくせども外にでにけり?

あーら、
ファビオラ王妃はアーヤちゃまの
お指の動きを目を細めて
ご覧になってますわ。
きっとナルが弾く音より、綺麗に
お指が動いていたのでしょうね。
ブルグミュラーなどはアーヤちゃまかサーヤが当時弾く位の曲ですよ。
それを西欧の王家の方に聴かせる
なんて。
お琴やお三味線の初級を西欧王室
の方が皇室の方に態々お聴かせしま
すかしら?
よくよく恥を知らないのですね。
ミテコってマタコと同じに自分で
気が利いていると思っている
鈍感さが鼻につきます。
やっぱり相応しくないのですね。
素地からして無なのでしょう。
日本の仕来りや家風を大事にする
ご家庭ならばあり得ませんね。
  1. 2016.10.09 (日) 23:28
  2. URL
  3. まみ
  4. [ edit ]

雅子さん下品。
愛子さん もしかして絶賛整形週間だったりして?
…あくまで 私の勝手な想像です( ̄ー ̄)
  1. 2016.10.11 (火) 00:08
  2. URL
  3. 結花
  4. [ edit ]

色んなお写真

お写真、ご紹介ありがとうございました。

ピアノのお写真
アラベスク、浩宮さま、別の曲を弾かれて「ま、アラベスク、私が弾きますよ」(自分のもう少し難しい曲を上手く弾けなかった??)で、本来あーやさまが、お客様の為に一生懸命練習された用意の曲を盗って、弾いてしまわれたのでは???

あーやさま、泣きそうな少し抗議している様な、お顔とお手です。
さーやさまも、口をとがらせている。
「あーやおにいちゃまの曲なのに」みたいに。

ベルギー前国王、やれやれの困った表情。
歓待の為、年齢にしてかなり優しい曲を稚拙に弾いても、この表情にならないのでは?
前国王夫人も、いたわる様に優しくあーやさまを見つめていらっしゃるし・・

ミス無い様、技量より余裕を持って弾けて・・アラベスクは、軽快でリズミカルな明るい曲。
あーやさまが好んで選ばれる曲に思えます。
みなさま書かれていらっしゃいますが、浩宮さまの曲としては、違和感があるんですよね。

と、推理してみました。
如何でしょうか?

そして雅子さま、こんな表情なさるのですね。
徳仁殿下は、雅子さまがすごーくお好きなんですねぇという、お写真ですね。
  1. 2016.10.15 (土) 20:47
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

お返事遅くなりました



・華さん


>「変な家族だなぁ。困った人達だなぁ」←もう、この頃から、
>ヨーロッパ王族の中では、囁かれていたかもしれない。



美智子さんの入内時は、まだ、敗戦の匂いが色濃く残っていて・・ヨーロッパでも王家が消えたりもして…イギリスの女王さまは、美智子さんを、ずっと、認めておられず・・・日本人がマスコミに騙されていた時代にも、事情あったとはいえ、貴賤婚に神経質な人々は、あれこれ、ウワサしたでしょうね。

じっさいあれこれ、やらかしていましたね、アキミチお二人。

ファビオラ元王妃も、晩節を汚されました。

・・・お詫びいただいたこと、全くおーけーですが(笑)。

お気になさらないで下さいね!。



・sarah さん


とにかく雅子さんは、ひとくちに言って、美しくない。外見や髪のことだけでないです。


>またこたまがおつむにお乗せのティアラですけど
>この世にマットなティアラがあるなんて~、と驚きました

まず爆笑、のち、ほんまにそうや~、と、首をブンブン縦に振ってしまいました。

これは、2年前のオランダ王の晩餐会の時でしたが。

このたび、オランダ王よりはうんと知的でエレガントなベルギーの国王ご夫妻の前に出て来たまたこたまは、どう仕舞い込んでいたのか、なんか・・マットで、かつ、歪んじゃっている気がしたのですが。

こんな茶番、欺瞞が、いつまで続くのでしょうか。



・硬質憂子さん



せめて、まさか、と、陛下だけは最後まで、信じていたかったのでしたが。

・・あれこれ、難しく。

ベルギー王に招かれた形のコンサートで、愛妻の作ったうたを披露させ(2回目でっせ~)

なかんずく。

しかも。

ヘーカは促してツマを立たせ。

すたんでんぐ・ええと、なんでしたっけ、やんやと拍手させる・・・それを、なさったと。

アホ、間抜け、と、腹の底から悔しく腹が立ち、もうあかん、と、

でも、

あのご一家がいて下さるので・・・と、みずからをなだめ、という、情緒不安定のKUONちゃんです。自分に「ちゃん」をつけて労わってみました(笑)。



・ひなぎく さん


こういう親バカって、普通の社会ではまっすぐに「ばかにされる」ことですよね?

自分の子や孫が「可愛い」のは、基本的には身内だけ。私は、そういう風に考えています。それ以外の方からの優しいお気持ちは、慎んで、心から、感謝する。

公人である天皇家がこれ、とってもおかしい、情けない、言ってさしあげたい、

バッカじゃないの~・・・もう遅いですね。

わが子の本質を、きちんと見る目なんか無いバカ親夫婦。

ねえ・・・。

  1. 2016.10.27 (木) 15:08
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

お返事が、大変遅くなりました。



・ちりぬるを さん


ミテコさんをあらわすキーワードは、コメントのお言葉の中から

「恥」(知らん、ね)「鈍感」(力、とは続かない本物のドンカン)「素地」(どーしよーもない)、そして。

「しきたり」なんて日本語は、ご存じなのか、どうか・・・



・まみ さん


ううう。絶賛整形中。

それにしても違うにしても、おそろしい話ですね。もう、出て来ようがないと、うちらの感覚では思ってしまひますよね・・・。
  1. 2016.10.27 (木) 15:14
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

・結花さん


前回は、あの方のあの映画のことかと尋ねて下さったのに、きちんとお答えできず、ごめんなさいでした。

ごめんだけど・・・違うのでした。(笑)。ごめんなさいともう一度。

ナルさんのこの「あ~~~~」の悲鳴の笑顔。

こんな顔、ツマは、ボクには見せてくれないって感じですか。

お気の毒なトーグーさんです。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・