KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. ゆれ・ふら・とーく
  2. tb: 0
  3. cm: 15
  4. [ edit ]

ハマギクを鑑賞・・・

2016年9月28日12時20分

天皇、皇后両陛下は28日昼、羽田発の特別機で岩手県に到着した。第71回国民体育大会の総合開会式に出席するほか、東日本大震災の復興状況を視察する。10月2日に帰京する。

東日本大震災の被災地訪問は、生前退位の意向をにじませた天皇陛下のお気持ち表明後初めて。震災後初めて、津波の被害が大きかった大槌町や山田町を訪れる。大槌町では19年前に泊まり、被災後に営業再開したゆかりのホテルに宿泊し、ハマギクを鑑賞する。


計5日間、ご滞在のようです。お元気で何よりです。

お元気はまあいいですが。この間の警備費はすべて、来られてしまった該当県がかぶらなければなりません。

被災の地には、まだまだお金がいっぱい、要るのです。

私の知人たち、言ってます。

自分らの退屈しのぎに、来んといて欲しい、と。

・・・この、「公務」ではないお出かけ。公務でなくても、お金は税金から出ますから。

領収書要らないんです、この方たち。

1475059291655.jpg

「ハマギクを鑑賞する」

これ、何かの暗号なのでしょうか?。



スポンサーサイト


  1. 2016.09.28 (水) 22:24
  2. URL
  3. lavinia
  4. [ edit ]

もうすぐ10月なのに

KUONさまこんばんは。

ヘイカの上着とネクタイ無しは定着したようですね。
遊びに行かれるようにしか見えないんですよね、もう9月も終わりですし、一般人でも上着着てますけど。
ありがたみもヘチマもなくなったことには慣れてきましたが、背後の正装した奥様の姿にはいつまでも違和感があります。

あれでしょうかね、「生前退位されるなら、支給される お か ね も減りますよ?」とか
「今と同じ待遇でのお出かけはできませんよ?」とか、そういうデメリットを説明されて、「やっぱ続けるわ」と動いておられるようにしか見えないんですけど。

動かれれば動かれるほど、妄想ですけど、天災が増えてる気がするんですが。
今週も、沖縄と北海道で地震がありました。
せめてじっとしていていただきたい、と電波な私は祈るばかりです。

KUONさま。
数日前の、皇室関係でない記事。(あぶが出てくる記事です)
KUONさまの、日常を書かれた文章が私は大好きです。
本当は皇室の話題だけじゃなくて、ほっこりするブログもっと読みたいです。
お暇なときに。よろしくお願いします♪
  1. 2016.09.29 (木) 00:38
  2. URL
  3. [ edit ]

陛下の服装、
最近までは、侍従さんとかの怠慢と思ってたのですが、、、
違います。

ワザと。ミテコの指示でしょうね。

天皇陛下らしくない服装をさせて、

「ダーリンは 天皇陛下に相応しくないでしょう?!
だから、早く、退位させてー、
ナルちゃんの即位した姿が見たいのー
キッ、キッ 、キィーッ」

ミテコよ、あんたは、鬼、鬼畜やな。

kuon様の最後の言葉が、なんとも、不気味な予感、、、

地方の有力、有識者もどき…に念押し、ハッパ掛けに行ったのかも。。。

やはり、地方では、両陛下は、ありがたい存在で、近くに行けるのは、名誉で自慢な事。ミテコも、まだまだオーラもある。

声を掛けられると、両陛下の為に命を削ってでも、働きたいと思う人がいるのでしょうね。

ナルが公務を「足慣らし」
ミテコは公務を「足固め」みたいな感じかしら。
  1. 2016.09.29 (木) 06:43
  2. URL
  3. 硬質憂子
  4. [ edit ]

ドウショモナイ2人

kuonさま、おはようございます。
スーツ姿にアクセサリー付けて
手には手袋持ち公式皇族を装おって
ます。
ご趣味だかのお帽子とも言えない
見っともない飾りは、額を隠してる
というよりずり落ちてると見えます。
目のすぐ上にこんなものがあると
鬱陶しいではありませんか。
見せつけられる人も鬱陶しいです。
靴下の色も不気味な色ですから、
正に妖怪婆ですね。
ヘイカは下着姿と同じノータイ、
ノーベルト、ジャケット無し。
ホテルのレストランにも入れない
姿で国民にお手ふり?
こんなミスマッチな2人がテンノーコーゴーですかね。
ミテコは自分のが偉いと誇示してるのですかしら。
民間から上がったからcomplexで、
ヘイカを貶めコーシツを貶めている
のが、わかりますね。
だから、トーグー馬鹿負債を放って置くのでしょう。
ガニ股風味?

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1475069748507.jpg
  1. 2016.09.29 (木) 11:13
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016.09.29 (木) 11:58
  2. URL
  3. [ edit ]

硬質憂子さんの貼って下さった写真、、、
改めて、見ると、
夫婦の服装の格差に愕然
((((;゚Д゚)))))))

漫才コンビでも、
こんな格好しない!
  1. 2016.09.29 (木) 18:43
  2. URL
  3. アイリス@
  4. [ edit ]

洗脳が解けた目で見ると、、。

kuon様、今晩は。いつもありがとうございます。

改めてミテ子さんの服装を見て思った事。
この人狂ってるわ。
こんな変な物額にくっつけて。

何故早く気付かなかったのか、
今となっては
それが不思議です。
  1. 2016.09.29 (木) 19:19
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016.09.30 (金) 20:59
  2. URL
  3. さと子
  4. [ edit ]

ほぼグレー

なんなのでしょうね。
ゴムで止めた髪飾りにこだわる理由。

それに、この皇后。
殆どの場で靴下はグレーなんです。

濃いグレーなので目立ちます。
拘り強い。

皇室の品格が落ちたものです。

エリザベス女王は、90歳になっても
綺麗な色を着られますし
香淳皇后は、白いコートがお年を召しても
上品でお似合いでした。

美智子さんのあの数々の、肩出しドレス
高かったでしょうに、今どこに・・・
  1. 2016.10.01 (土) 12:59
  2. URL
  3. さるこ
  4. [ edit ]

「ふるさと納税」ではないけれど、

新しい記事でKUONさまが引用されている
BB様と宮内庁電話担当者のやりとり、
とてもかたはらいたいのですが(◎_◎;)・・・

BB様ブログの該当記事のコメント欄で
やはり宮内庁に電話したかたのコメントから、


>皇室のお宝は、ヤフーオークションで買えるの?「買えませんし、出ません。」
>出てたんでしょ?「出てません。皇族を離れた方が出す分には、どうの言えませんが」
>なぜ、被災地に行くの?「要請があったり、被災地を視察、大正とか、明治から行ってます。」
>復興の邪魔だと思うし、ここですって案内して、頑張ってって言うだけ?お気持ちがあったら、お金持ちなんだし寄付したら?皇族は寄付したらいけないの?「皇族も寄付は出来ます。」

貴重な証言ですね!

「皇族も寄付は出来ます。」

代議員なら、寄付は(賄賂とみなされるので)できない規定になっていますが。

おんみずから
寄付されるかなさらないかにかかわらず、

被災地に皇室関係者が赴かれる場合にかぎり
現地に経済寄与される特例とか、
立法化できないでしょうか。
  1. 2016.10.01 (土) 13:02
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016.10.02 (日) 08:37
  2. URL
  3. さるこ
  4. [ edit ]

追加です。かたじけない

remmikkiさまのブログから

美智子さんと岩手在住末盛千枝子さんとの関係
http://blog.livedoor.jp/remmikki/archives/5112109.html#comments

BBさまブログにも

皇后陛下の”カトリック”の影響? 天皇陛下、平成の森管理者が元GHQの牧師という不可解
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/e91a8b320cf0e2db420182864a1a4124#comment-list

昭和の皇太子妃時代から、
海外ふくめ
異様に美智子さまのおでかけが多いな
と思っていましたが
(マスコミは『皇室外交』『過剰公務』ともちあげた)、
検証されればまだまだ膨大な
恐るべき隠された真実がでてきそうですね。
  1. 2016.10.02 (日) 23:49
  2. URL
  3. [ edit ]

さるこさん、貼って下さったブログを拝見しました。
ありがとうございました。

写真の中のブロンズ像が、
ミテコの好きな、ケープ姿ですね。

ブログ主さんや、皆様のお陰で、
「点と点が、線となり繋がっていく」ように、ミテコや皇室、雅子さんのことが、少しずつわかってきました。
  1. 2016.10.07 (金) 22:55
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

・laviniaさん



ジャック・ニコルソンという俳優の「恋愛小説家」って映画を、何度も観てます。味のある俳優。

その中で、カジュアル過ぎてレストランへ入るの拒否されて、あわてて身なりを整える買い物をして現れるニコルソン、お洒落でとても素敵でした。

残念ながら昨今のお出かけ陛下は、カジュアルダウンなんて言葉にも無縁、どなたか曰くの「草むしりファッション」?

下着姿の天皇を、見せられたくありませんね。

・・・わたしも、他の文章も書きたい気分はモリモリ。です。



・華さん


仰るように、みっともない姿を晒しものにされているようでもあり。

言い訳はならないですからね、こちらから察しても、公人が、何につけ「実はこうなので」とは、言えない、言ってもらったら困りますね。

っでも、ああなんですね、事実。

パラオの時からすでに、ああです。

天皇と夫人の服装の格差だけでも、皇室毀損なし得たり~、とか、聞こえて来そうです。

相変わらず少女趣味(の押しつけ美談」がお好きなミテコさま。

  1. 2016.10.09 (日) 20:02
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

お返事遅くなりました




・華さん



「はまぎく」は、美談の中心にいるのが大好きな美智子さんの、その花に託したなんちゃら、なのだったのですね。

白けるにも慣らされました・・




・硬質憂子さん


まこと仰る通りで、みっともなく貧相で、

どうしょもない・・・

宮内庁だか東宮職だかは、プライドはあくまで高く誇りは鈍く。

使える方だってあるのでしょうが(と、一応書いておこう)、など、前向きの気持ちを奮起させない力に満ちた、内廷周辺。

迷惑ですわ。




・ヒミツの〇さん


よろしかったですね。



・アイリス@さん



>何故早く気付かなかったのか、


これ、多くの方々の胸にこびりついている感覚ですよね。

ホントに、変。服だけじゃない、すべて、変。

うたの世界の方々も、ずううっと、沈黙しておられた思いが・・でも、おトシの方が多くて、思いは墓までもって行く、など、聞きます。

言うて下さいよ~と、おねだりもするのですが。



・ヒミツの〇さん


また、ゆっくりと・・・



・さと子さん


色覚に何かあると聞いていましたが。そうなのかと思ってしまいます・・・女性に出るのはあまりなくて、男子に出やすいというのが、通説と記憶します・・ストッキングのあの色とあのバッグと、基地外帽子と、後ろから見るととんでもなく変なフォルムの服。

見るのもうんざり、肩出し・・・半〇ち出しドレス・・お着物も、若い時のは、上品とは言えません、どんだけどこへ、と、う~~~ん。



・さるこ さん


BB様の追及、でなく素朴なご質問への、宮内庁・氏の答えの中、ひどいです。

青少年に伝えて、

「何かぺちっても、すぐに返せば罪にされないよ~」

とか、人生くるわせるつもりか。

ヘーカのシャツ姿を「さあ、暑いんじゃないですか」

と言い捨て。昔なら、手打ちにされる態度、傲岸、陛下をバカにした返事でした。


あのブロンズ像の前の「大親友」二人の画像、わたし、なぜか、ブログに貼れない(泣く)。

地図にピン押してないとこを求めて偏った訪問するのは、もう、止められたい。

天皇は、皇居にいて、おかしな言い方ですが、すべてまとめて、ぜんぶのために、祈られたい。

特別機飛ばすのに、いっかい幾ら要るか。

ちなみに、あのお二人が何かの折に出されるのは、数万円単位、と、聞いています。


かたじけない、と仰らず、またどんどんいらして下さいね。











  1. 2016.10.09 (日) 20:08
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

お返事遅くなりました



・ヒミツのDさん


そうらしいですね。

ご自宅広いし、大親友ならウエルカムだろうし、何より、不要なお金使って飛ぶ必要も無く。

「ミテコさまのお友達」でいることが、すっごく光栄な方って、いるんですよね。

それはご勝手ですが、公私ごっちゃは迷惑です、と、どうしようもないけど、ここへ書いちゃおう(笑)。


・華さん


そうです、松本清張のあの「点と線」ですよね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・