今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

ぐわしゃっと、手を。追加画像あります・モア。追加


兵庫県の多可町。

「敬老の日」の発祥の地だというそこで、敬老の日制定50周年、の、行事にお出ましになられた、秋篠宮両殿下。

殿下の優しい豊かなお顔。慈顔、と申しあげていいのでしょうか。

紀子妃殿下も、もちろん、紀子さまのお顔。

いつもの、まっすぐに相手に向かう、優しい微笑み。

1474023011977.jpg




1473528417399.jpg

眞子さまも、地球の裏側で、皇族のおつとめを果たして下さいました。

遠い祖国からおいで下さった内親王様に、双の手で手を包んでいただいて、このお方は、どんなにか、お嬉しかったでしょう。




1473561331156_201609181824489c4.jpg

両側の関節の手術を同時にお受けになった、常陸宮妃殿下華子さま。

ご公務に復帰なさいました。

すきっと、しゃっきりと、身だしなみはいつもの華子妃殿下のまま。

杖を用いてのご公務です。

妃殿下をお迎えしての、周囲の空気に、安定感を感じます。

少し前の画像ですが。



1474049802584.jpg


日本人移住80周年記念の南米、パラグアイに、お一人で親善訪問をして下さっていた、眞子さまがお帰りになられました。



ありがとうございました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この画像を、探しておったのでございます。

記事冒頭の、皇族の皆さま方の醸し出される清澄な雰囲気を、もしや損なうかと、いささかのためらいを覚えつつ。

2行上の・・・・・・・・(・・・、のことです)は、界を別する・・・・・・・・・・です、本物のご皇族とは別、って感じで。

ともかく。

この若き皇太子夫婦のおんありよう。

ま。

皇室の方々の最大級に重要なおシゴトは、つなぐこと。といわれております。具体的にはお子を、なすことですね。

こうしょく、けっこう。そうでなければ、草食男子、とか呼ばれるタグイの皆皆さまでは、たいへんなこと。絶やすなどは許されないこと。

で。けっこうなのではございますが。

けっこうでも、やっぱり恥ずかしいな。と言うことは、往々にして、ございますこと。

1474099520880_2016091819325092d.jpg

この場面での皇太子。現・今上陛下のお目遣いは、はたの者には「恥ずかしい」。少なくともKUONは恥ずかしい。

で。こういった写真は、他にも散見されたのでございます。

先日、わがへたれブログに対してコメントを下さいましたお方に、ちょこっと、お返事の態にて書かせていただいたことなのではごぜいますが。

この目で見られる時、奥方ミテコさまは、全く気付かない。

否。

気付いているけど気づいてない。

知らないもんね、とばかり、お顔を伏せ気味に、口元には微笑を。

イヤになるほど、ミテコさんカップルを見て来ますと、やり方が分かってきます。あ~あ、わかっちゃった。

芸が無いのがいっそおかしい、いっつも同じパターン、撮られる時の皇太子妃。

お顔はあれこれ、あれこれなんですけどさ。



人は彼女を「お美し過ぎる」美智子さま。と呼ぶ(向きも存在する)。

お美しくなくはない。

美しいと申し上げて過言ではありません。

が。んんんんんんホントに言いたいことが、なかなか口に出て参りません。

やっぱり「正妃」に見えない。

とか。

上つ方の殿方用に呼び寄せられた、そういう世界の、つまり、こんぱにおん。だとか。

あの声で、だったか、あの顔で、だったか。「とかげ食ふかよホトトギス」、こういう感じ横溢。

いつも申しますように、私感。私見にてがございますれど。

とっても下品、このお二方。

今更言うても仕方ないが、言いたくございました。


で。

今はお休み中で淋しいこと限りなし、の、ナス子さまが、決めゼリフのように繰り返しておられました、

何をしても・・・だけど。だけど、些細だと言えば言えるいろんなことなんかでなく。

「秋篠宮ご夫妻に産児制限さえしてなければね」

この一言。

・・・ご自分たちは、堂々とこんな写真を出させておいて。

個人的な思い感情で、皇統の神聖に、ぐわしゃっと手を突っ込んだヒトです、この

澄まして下向いて(ウフフ、わたくしは勝利者よ、勝利者なのですわよ)なんぞと、胸うちで、ひゃっほーしている、美智子さま、ってヒト。

美智子さま、ですよね、この女性、ね?



1474259179874.jpg

も一丁!。あら・・・

ただちに下さった画像、ただちにいただいてアップしました。ありがとうございました。

おっとさんの熱い(んが?)視線を、頬で楽しんでいるワタクシ、の図。ですか。

情けない写真・・・何かを覚えた猿・・・あら。


最後の画像 ↑ の「見て」子さんは、

↓ この、お鼻の先の垂れておられる「みちこさま」なのでしょうか。

1471693852921_201609201024211f0.jpg




スポンサーサイト

コメント

いつも、記事をありがとうございます。

ミテコの母親も、そうですね。

不自然な伏目をしていましたね。

「伏し目がち美人」を意識しているのかしら。。。

服や帽子にアレだけ拘る方だから、顔の角度も意識、研究。。。

恥ずかしい~

いつもありがとうございます。

なんと下品な写真です事!
勿論、KUONさんのお書きの通り、妻は十分わかってます(プロだわ~)

この写真を見て思いましたが、お嫁入りの頃の写真とお鼻が違いますね。
絶対違う~
額も随分と狭くおなりですね~

テレビで見て、男性なら○○ら、女優なら○○けい・・
見つけるのが私の楽しみです。。。(ハイ、下品な楽しみでございます)

女優さんはキレイがなんぼの世界ですが、
様のつくお方が、なんと言ってお医者様を呼んだのでしょうか
思っただけで、恥ずかしいです。

エゲツナイこと!!

こんにちは~

一番下の写真、同伴出勤の○○テスさんみたいです~やっと口説き落としたお気に入りのホス○○をデートにこぎ着けたモテない男そのもの!気持ち悪い目つき~~~
これが今の天皇かと思うと・・・・・

こんな写真ばかりじゃないですか?
天皇夫婦!
下品です!
盛りのついた猫のような目つきや仕草のオンパレードの写真ばかり~~
この頃は一般国民でさえ、こんなフシダラなシャッターチャンスしてない時代でしたよ!

この頃から思考停止状態の天皇だったのですね!

思うのですが、お美しいミテ子さんとその夫、このような写真を集めた写真集発売されないかしら??
殿方とのツーショットとか最高!!
なんとか女優顔負けですわ。

ホント!エゲツナイですね!



この写真もですよねー。

http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1474259179874.jpg

アノコトしか頭にない男。
それを知りぬいてそっけなく
振る舞う女。
あの脚をさする女が蛹から
成虫になり、男を焦らせ
ご褒美をあげる女となったのね。
ミテコ。
銀座の女も負ける程に、
そうねえ、御徒町のミッチーで
鍛え抜いたんだもんね。

キエー!

テニスコートかなんかのところですかね。ボケーとミテコを見ている
アキシトさん。
ボーシで何かを隠してるの?
他のコメ欄にあって、よくよく見れば。。。
お昼間公衆の面前で。
でも昔アキシトさんのそんな行為は
言われていましたけどね。
その時はまさかあ〜と思いましたが
今はマジ、わかりましたよ。
ノー天はその事しかないんでしょう
ネ。なら祭祀なんて無理だわ。

No title

KUON様、はじめまして
いつも勝手に拝読させて頂き、ツイッターにて紹介させて頂いております。

ミテコ(さんも言いたくない)はいつも視線をわざと外していますが、視線の先に誰かいるんですか?
私は絶対に誰とも目が合っていないと思います。
瞳が(誰かと)何かを語ってる感の目じゃないですから。

誰とも目が合ってないくせに、さもそこで目を合わせてる人がいるかのようなわざとらしい視線外しが本当に気色悪いです。
あの人のジト目も… きしょい!

失礼致しました。

さすがに

KUONさんは、和歌に造詣が深いので
写真の洞察、表現も巧みでいらっしゃいます。

皇室とは、本来下品という言葉とは相反する
存在であると思いますが・・

天皇の目のいやらしさとそういう男性の心を
もてあそぶ術を知り抜いていらっしゃる女帝。
流石に、15歳から婚活パーティーに参加され
ていた方は違うなと思います。

妻の言いなり。
皇太子家も一緒です。

秋篠宮様の自然な穏やかな品のある笑顔が
ありがたく、この方が天皇なら日本も又
穏やかに千代に八千代にと思わずには
おれれません。

記事、お写真ありがとうございます。

No title

こんばんは。


・華さん


ミテコさんの実家のお母さん、不思議な方でしたね。

皇室からの使者に会った後、

「あちらさんにはずいぶん云わせていただいた」

「皇室を敬う教育はして来なかった」

他。その不遜はそのまま、娘さんに受け継がれ、伏し目になってれば女は世の中わたれるのよ、だったのかと考えます。

受け入れざるを得なかった方の方々のお気持ちを、今更ながら、想ってしまいます。

すさまじいものを、押しつけられたのですね。

それまでの皇室は、当然、失われたのですね、一概にああ、こうとは言い切れませんが。



・ねこやま さん

>テレビで見て、男性なら○○ら、女優なら○○けい・・
>見つけるのが私の楽しみです。。。
>(ハイ、下品な楽しみでございます)

(笑)。下品なことも、楽しみの範疇で、と、思います。わたしも、ものすっごく下品な人間です。

男性の〇〇ら、笑ったりできませんが(皆さま真剣ですもの)、ナルさんのそれには、腹を立てています。

なんであんなバレバレの、ひどいモノを、使っているかと。腐っても(腐ってる)公人ですから。

女優さんのお直しも、別に関心ない・・けど、私も、よく、見つけちゃいます。うまくしておられたらオーケー。どんどんひどくなってる方には、・・・。

皇室にいる人が、お顔を直す。これは、女優さんとは話が違いますね。

すっごく素朴に思います。

なんで、ミテコさんは、今のようなお顔になっちゃったのか? 日替わりで10歳も15歳も、年齢が代わっちゃうのか?

どうして、こんなにも(今も。ずうううっと)、お品がおありにならないの?

あのクネクネが、たまらなくイヤです。ぜんぜん自分がわかってないことも。

色々、いやなんだなあ、これが。イヤ、のプロですか?と、思ったりします(笑)。

鼻、比べてみてくださいね。



・とんこ さん


やっと口説き落として連れ出して、くらいならマシでしたか。

クネクネされて、お預けされて、なんでもどんだけでも好きにさせて、どんどんじゃんじゃん売り飛ばされて。

気が付いて見れば、お蔵はぜ~んぶ、もぬけの空でした~、って。


こんな間抜けづらの猿もどき(書いちゃった(笑))が、なんとなんと。

アホ写真集は、この国の象徴でなくなってから、にしていただきたいです。

いっぱいあるはずですよね、納税者が失神しそうなふざけた写真がね。

この数枚でも、いいかげん。

情けない。
















私、私達が、こうしている間にも、
ベトナム行き決定??
Fさんブログ見てビックリ。

アレらが、ベトナム云々って、それに多くの官僚や役人、職員、何より、血税も使われる。現代日本、そんなに、ゆとりがあるの?

来てもらっても、ベトナム側も、大変でしょう。
謝罪?何の?外遊とは、言わないないよねぇ。。。

同じ血税、人手を使うなら、未来に繋がる外交をして下さる、秋篠宮両殿下、眞子様にお願いしたい。

きっと、ベトナム側も同じ思いでしょう。

「 まだ、行ってない所、探してる 」←本当に、そうだったのですね。

ドア トゥ ドア 、しかも、警備有り、至る所で、最高級、極上のもてなし。
そりゃ、世界中、旅したくなるわ!

みればみるほど・・・

こんにちは。

なぜか近年、ラッシュで出版されている
「おうつくしい美智子さま」関連本、
こんど図書館で借りてこようかなあ
と思います(^^;)。

昔から
うすうす感じていた違和感、
ロイヤルファミリーのお写真のなかに美智子さまがいらっしゃるだけで、
なんだかしっくりこないんですね。

高貴なかたがたのなかに、ただひとり女優さん、芸能人がまじっているような、浮いた感じ。

あまりに美智子さまが美しすぎるせいか
と思っていましたが、
今となってはそのものずばり、
「本物(日本の象徴たる皇室)のなかに唯一
まがいもの、フェイクが加わっている」不協和音だったのかも。

そしていまや、美智子さまの手引き?
でフェイク
が増殖して
本当に高貴な本物が希少になり
根絶、背のり寸前にまで追いつめられているような、そんな怖さ。
そんじょそこらの怪奇作品
どころの比ではありません(◎_◎;)。

怖いよお(*_*;。

美醜

美容整形は、単に「流れ」に、逆らうだけでなく、肝心の美そのものでも裏切られることが多い。
確かに遠くから見ると美しくなったように見えるが、近くでみると、デッサンが狂ったようなバランスの悪さに気がつくことも多い。
10年も経つとそのデッサンの狂いがますます酷くなり、とてもみっともない顔になっていく。
造形美に関しては、人間がいくら努力しても自然にかなうものではない。しかも、自然は、老いも含めてバランスよく造形してくれるのに対して、美容整形は、いっときのバランスでしかない。

…と天外伺朗さんは、書いていました。

内廷の愚妃がたの顔面崩壊は、全部造りモノだから。
顔に始まり、全てが、ニセモノ。
鍍金が、剥げてしまいましたから。

秋篠宮妃が、お美しいのは、自然美そのもの。
眞子様、佳子様が、神々しいのは、自然美と宮妃のご教育の賜物。

自然美は、そのままで、充分、美しい。
本物だから、お直しや整形なんて、必要ないのです。

下卑た今上でも、お直ししていないところは、多少也とも、評価できそうです。
女房と嫁よりは、幾らかは、マシ。
でも、ホント、下卑た男ですね。ヘイカ。

No title

お返事遅くなりました



・硬質憂子さん



下さった画像、欲しかったものなので、即、いただきました。ありがとうございました。

初めて見たとき。びっくりして愕然、当時はブログに画像を貼ることを、ようしなかった危機でした。

滅多にない写真。この「オトコ」と、この「おんな」の、ヤラシイこと。

笑うためでなく。こんな、公衆の面前でこんな顔をする、こんな。

それを操り、鼻づら引き回すツマ、の、凄まじいこと。

今後、何度も引っ張り出して来たい画像です。



ミテコの夫さんが、が柱を抱いて煙草吸ってる写真も、あったのですが・・。タバコはいい。あまりにも、バカそうなお顔の写真だったのです。



・腹の虫さん。


キエ―。(笑)。ほんまに、キエ―、ですわ。

何やってんの、あんたはーって。

子どもの頃、近所のばあちゃんが、夢中になってる犬に、水をぶっかけていました。

画像を貼りはしましたが、それには気づかずいたの、教えていただいて、え、そうなの?と見直して。帽子の位置やら、その意味やら。

エラい写真を、撮られておられたのですね、陛下。

聞いてはおりました、時も場所も選ばず東宮ご夫妻(当時の)が、とか。まさかと普通に重い、逆に、そんなことまで言われてしまうのね~と、ミテコさんに同情めいた思いも持ちました。

>その時はまさかあ〜と思いましたが
今はマジ、わかりましたよ。
>ノー天はその事しかないんでしょう
ネ。なら祭祀なんて無理だわ。

こう、言い捨てたい気持ちも、同じです。

私はカマトトではないつもりですが。

汚いものは、大嫌い、この人たち汚いです。



・にょり さん



初めまして。

どんどん、広めちゃってくださいね、本当のことを。嘘つきばっかりが跋扈する世です。

ミテコさんが「見て」いるのは、自分が想定している「自分」だけ。

夫はもちろん、わが子だって孫たちだって、本当には見ていません。自分だけ。

厚紙をはぐように、あの人の実像が見えてしまいました。

残念ながら・・・。またいらして下さいね。



・さと子さん


うたは、とても好きですが「造詣が深い」と仰っていただくと、面映ゆいです。

でも、ありがとうございます。

言霊のさきはう国にうまれて生きて。言葉はとても、気になります。嫌い、と言うより、好きでない、など、言ってしまいます。

嫌いという言葉を使う時は、ホントにストレートに大嫌い、な時に、使う・・・内廷の、どなたもこなたも、

大嫌いだ~。退け、去れ、いいかげんになさいませ~、とか、むにゅむにゅ、考えています。

>皇室とは、本来下品という言葉とは相反する存在であると思いますが・・

その通りと、私も思います。そうであって欲しい、そうでなければならない、など、望むことすら、本来はないはずの、特別な世界。

秋篠宮さまご一家のお姿が、近代の、と言う枕詞を添えての「真のご皇族」と感じています。


汚濁の極みのあれこれが、すっきりと払われますように、と。

諦めないで願い続けると思います・・・。




No title

お返事遅くなりました



・華さん


ベトナムへは、両陛下が行かれんでよろしい。と思います。

ベルギーへのことも。

ベルギー。ウチの国の内廷さんがたが、現・国王ご一家にどんな姿晒して来たか。

ここでズラっと並べてやりたい。

まさこは妊娠告げずに行ってワインがぶ飲みしてあげく流産。妃殿下扱いされていないセレブ・メンバー・プレート、王さまがいらした時は、うっふんうっふんの横目にじり寄り、ご挨拶の頬へのキスに目、本気で閉じてたし。

王弟殿下のサイドベンツの中に手、つっこんでいたし。

ミテコさんは弾丸ご葬儀ツアーで嘲笑われて来たし。

秋篠宮ご一家に、任せなさい、ミテコもまさこも、出てこんでいい、と、きっぱり申し上げる。

そう、メールもしました。ミジンコの思い。


・さる子さん



>「本物(日本の象徴たる皇室)のなかに唯一
まがいもの、
>フェイクが加わっている」不協和音だったのかも。

こういうことだったのですね、わかってみればね。

ミテコさんはお行儀悪いですよ。

ロイヤル・ファミリー、写っている写真でも、前屈みに、ソファの背もたれに両手しっかりついてたり。

昭和の両陛下と一緒の時にも、すでに変な服着てた。シナばっかし作ってた。

今になってわかる。それを、恥ともしない、ますます増長されるばかりなのが、わたしも、

「怖いよお(*_*;。」

です。こっちも「オトシマエ」つけていただきたい。ね。



・よみびとしらず さん



>内廷の愚妃がたの顔面崩壊は、全部造りモノだから。
>顔に始まり、全てが、ニセモノ。
鍍金が、剥げてしまいましたから。


こわいですね。

ご自分の全身を練習台に、くまなく整形を施して来られたドクター・高須。大切な恋人である西原さんには、何もしてくれないと書かれていました。

ヒアルロン酸くらいはしてくれてもね。

意志的な顔の恋人のバランスが崩れるのがイヤなんでしょうね。体重は、100キロまでならオーケー、とか(笑)。

皇室は髪も染めないと、まことしやかに伝わっていました。確かに染めてない。で、汚いオグシです。

お顔は、なんでこうなるの、の状態です。何か話される時、瞼あたりの筋肉と言うか皮下脂肪の動きがぎごちなくて。

ほんまに整形なんだなー、と、認識しました。

御所へ呼んで受けていたと言う、小顔への造顔マッサージは、なぜか、施術者が急に亡くなられて・・・なんだかなあ。

変な人。まったく敬意を持てません。どんどん。

あの女房に骨抜きにされて、

「あちらはどう言ってるの?」

で来られたと言う、ヘーカにも、もう。もう。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3482-4e1069f5

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

  けふまでの日はけふ捨てて初桜

            千代女



やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

  けふまでの日はけふ捨てて初桜

            千代女



やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん