FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

13兆円ですが、何か?

労働省の諮問を受け、食品の放射性セシウムの新基準値案を審議していた文部科学省の放射線審議会(会長・丹羽太貫京都大名誉教授)は2日、乳児用食品と牛乳について、1キロあたり50ベクレルを100ベクレルに緩めてもよいとする答申案をまとめた。次回に最終案を厚労省に答申する。

 審議会では「乳児も含めどの年齢層でも、1キロあたり100ベクレルの食品を摂取し続けても、年間被ばく限度の1ミリシーベルト以内に収まる」との意見が大勢を占め、子供の健康は十分に守られるとの見解で一致した。新基準値案は農漁業生産者に厳しすぎ、被災地の復興にも影響を与える可能性があるとの意見も出た。答申案には「基準値の決定にさまざまな関係者が関与すべきだ」と記された。

 厚労省は昨年12月、穀類500ベクレルなど今の暫定規制値を見直し、乳児用食品50ベクレル▽牛乳50ベクレル▽一般食品100ベクレルなどの新基準値案を発表。放射線審議会の答申や国民の意見募集を経て新基準値を決め、4月から施行する。【小島正美】


毎日新聞 2012年2月2日 23時10分


どっかの誰かが何を言うても実は「ふううん」が基本のわたくしですが(ココロの中で、アーホーとは呟いておりますよ)、最近のニュースは、追っかける脚がもつれて、転んでしまうくらい、早くてひどいことが多すぎる。

みんな、不感症になっていると判断して、じゃんじゃん出すのか? 隠しておけないのですね、おそらく。

不感症も困るが、無関心、である気もする。

どこそこのしいたけから、基準値の50倍、2000ベクレルとか。

どこそこの村のミミズを捕まえたら、ミミズ1キロから20000ベクレルとか。沢山の生き物が、ミミズ、食べますよね。食物連鎖でどんどん濃縮されます。

セシウムは、ナトリウムに似た、つまり生物に欠かせないものとしての性質を持つので、生き物の近くに、存在してしまうのですね。

辛いのは、この、ミミズの村が、いちばん早くに、村民の帰村を決められたというニュースに、まだ、湯気が出ているようなところだからです。これ以上、このことには触れられません。

初めから全部、わかっていること。認めなかっただけのこと。

sarahさん。

読ませていただきましたよ、膨大な記事。まだ自分の中でまとめきれないので、もう少し時間をかけて、理解(の糸口、くらいでも)できる頃に、ご紹介したいと思います。

お返事の順不同、お許しいただきたいですが、えまさんが下さったコメントとかぶる部分があります。

sarahさんは、かなり初めの頃から、原子力マネーについて発言してくださっていましたね。

微妙な問題なので、スパッとものを言い切れない感じですが(ワタシにもそれくらいの迷いはありますのよ)、簡単に例をあげると、六ヶ所村の方がたの平均年収が、1000万円を超えている、という話。

平均です。個人にも自治体にも、膨大なお金が流れて来ました。これを書くと、辛い方がおられるかも知れませんが。いつもその点がジレンマです。

ジレンマ、と書いてしまえば既に、ジレンマでなく、己への言い訳になってしまうのですが。

・・・えまさん、東電の元・社長の「お詫び」行について・・・。

当日、奥様と秘書さんを連れて、平日でしたが「視察」をなさるため、つまりお仕事で奈良においでになっていた、当時の社長さん。平城宮跡を「視察」されていたのです。あそこ、電線通っていません・・・。

地震の知らせに驚いて、神戸へタクシーを飛ばし(という説が有力)、名古屋で自衛隊に「飛んでくれと要請したが断られ(という説が有力)、翌日、どうにかこうにか、帰京された。

ショックだったのでしょうね、入院されましたね。エアコン快調、食べ物飲み物不自由なく、毛布など、望めば100枚でも1000枚でも調達可能な入院生活であられたとか。薬だって、何でもあって、トイレのご不自由など、あろうはずも無かったとのこと。

日本を代表する巨大企業の社長さん。

せんえつながら、私ならこう思っただろうな・・・。

「なんで、オレの時に、こんなことになってしまったんだ」。

皆様、社長を責められますが、法的には、社長個人が責められるおとは、無いのだそうですよ。

ご本人は当然、それを知っておられた。

知っていたが、やっぱりこれはしておかないと、と、思われたかどうか、避難所に出向かれたのですね。

寒いざわざわした、固い床の体育館に、やっとのことに毛布くらいを敷いて、体調を崩して寝ている方の枕元を、玩具も絵本も(もっと大きな、肉親と言うそんざいを)失った子どもたちが走り回る体育館。

そこへ、土足のまま、入ろうとして、そこにいた人に制されたそうです。で、靴を脱がれたそうです。

・・・伝える、ということ。

同じ現場を撮っても、どういう方向に持ってゆきたいかで、使う映像も、流すコメントも、メディアの側の自由自在。

えまさんがご覧になった「リンチみたい」「気の毒」という言葉の出て来たやり方があれば、ただただ、何もかもをもぎ取られて、怒るしかない人の表情を、延々と撮り続けるやり方もある。

テレビに映っているものは、テレビカメラがその時向いていた方向を、真実らしくまとめて行っているだけで、それだけが「事実」や「真実」ではありません。

上に、六ヶ所村の住人の「年収」の話など、日本人好みでないことを書きましたが、原子力に関するお金の話は、何かを言う時、避けて通れないことなんです。

東電の当時の社長さんは、遂に、土下座をされました。まさか自分がそんな目に遭う(という実感ではないでしょうか)など、考えたことも無かったでしょう。でも、日本では、選挙に通りたい人、何かを責められる人は「土下座」ということを、することになっているようです。

私個人は、土下座を見たいとは思わない。

その姿を「おいたわしい」「お気の毒」「見るに耐えない」と、思う人も、沢山おられた。土下座している方に、恩義や、その他、感じておられれば、そういう言葉が出るとも思う。

・・・・まだ、皆さん、いろいろ、わかっておられなかった、ということもあると、私は、思います。

こんなに大きなこと、将来に、こんな大きな禍根を残すこと、と、思い至らなければ、自分の親類の誰かやあそこの息子や、が勤めさせてもらっている会社の社長の土下座に対しては、その人なりの感慨や怒りや、その時点では、悲しみ、なんてものもあったかも知れないな~、と、私は、考えます。

元・社長さんは土下座はした(させられた)し、吊るし上げみたいな目にも遭われたし、でも、ほどなく、満額の退職金を受け取り、お辞めになって、今はどうしておられるのか、日本の司法があのお方をどうこうするとは、考えにくいので(チョウチョやトンボは、待ってましたと捕まえるけどね)、じっとしていれば、悠々自適のお暮らしぶりかと思われます。

私は、皮肉だって言えます。「一土下座八億円」。下品ですか。あの社長さん、何かを失われたとは思えない。せいぜい、天下り先をミスしたくらいではないですか。あ。それも、大きい損失なのか。

そんなこと、知らん!。

あの時点で、庇う、いたわる気持ちでおられた方々の、失われたものは、どんなだったかと、考え込んでしまいます。あの後に、失われたものは、膨らんでいったのではないか・・・。

sarahさん、えまさん。

悔しいですね。だ~れも、どんな責任も、取らないんですよ。

事故炉、フタもしていないんですよ。

yuutaさん。

ここで書くのもナンですが・・・。

記録は、しっかり残しておかれるのがいいと思います。

二つの課の医師の言い方、言い分の違いも。

会社の決算のことで税理士さんのところへ行ったりしていて、そのせいもあって眠かったりしただけで。

元気でっせ。

ありがとうございます。あなた様も、元気でいてくださいね、すこ~し、ほんの~り、酔いにあやされたりしながらね。

山イチゴさん。

わたしごときに会うのに、そんなにドキドキせんでもよか、ですよ。

中原中也も、そうですね、山口県の人ですね。中也の


●また来ん春

また来ん春と人は云う
しかし私は辛いのだ
春が来たって何になろ
あの子が帰って来るぢやない

思えば今年の5月には
お前を抱いて動物園
象を見せても猫(にゃあ)といい
鳥を見せても猫(にゃあ)だった

最後に見せた鹿だけは
角によっぽど惹かれてか
何とも云わず 眺めてた

ほんにお前もあの時は
この世の光の只中に
立って眺めていたっけか…


この詩の、象を見せても猫(にゃあ)といい 鳥を見せても猫(にゃあ)だったという部分が、たまりません。初めての子を失ったのですね。

切符も用意できましたよ。


今夜も動画を貼らせていただきます。

福島みずほさんは、まあいいのですが、答に立っておられる東京電力の事故当時の社長であられた方の、動画です。

動画のタイトルは「総資産13兆円ですが、何か?」というのです。グッド・タイトルやわ~。



↓は、わたしの悪趣味です。わたしが、下品です。






スポンサーサイト





  1. 2012.02.07 (火) 21:18
  2. URL
  3. えま
  4. [ edit ]

kuonさん 皆さん こんばんわ


そうですね、震災当時の元・社長でした。
kuonさん、↓の方の動画、
ブラックユーモアってやつですが、ふんふん言いながら笑っちゃいました。

皮肉の一つや5つや10個言ったって
気が収まりませんもん。

でもどんなに皮肉言っても、どこ吹く風でしょう・・・あの方達。
地震が、津波が悪いんだから、しょうがないって本気で思っているのでしょうから。
許せん!!!

kuonさんこの場をお借りします。
山イチゴさんお隣ですもんね~。
いつか、きっと会えますよね。
実は弟は茨城で。福島は私達兄弟の生まれ故郷です。
そして、中原中也は憧れの詩人です・・・
金子みすずも・・・
いよいよ、来週ですね、私までドキドキしてどうするの~~!!!







 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・