KUONのブログへようこそ。

ブログタイトル変えました。中身は変わらずKUONです。

半世紀後も、おぞましい。


この写真。

1473743484349_20160914124744e84.jpg


小学生だったころ。母と暮らしていた12歳までの記憶は、それ以後の記憶と区分されているのですが。

「へいみんからお妃にあがられた美智子さま」の、大ファンだった母。

白けるくらい、夢中でした、そういう女性は多かったと思います。

その母が、「なんだの、これは~」と悲鳴のような声をあげた写真。

私に、見たらいかんよ、と、禁じた写真・・・すでに一瞥していました・・・。週刊誌を見ての、母の反応だったかとおもいます。

子どもながらにイヤ~な匂いを感じてしまった。知らない言葉でしたが、淫靡な。

このたび、半世紀ぶりに、目にすることになりました(全般画像掲示板さまから)。

「結婚間もないころ」の、皇太子と、その妃。

絶句します、今でも。今だから。

そしてこの写真を、今年、展示会鑑賞、とあるので、ご覧になったのですね。ググ。

絶句します




1473743484349_20160914124744e84.jpg


公衆の面前で。

さいきん云われること多い・・・

ばか、なんでしょうか、この人たち。



1473752765642.jpg

テニスボールが、当たってしまったらしいのです。

周囲の方々の視線は、ボールほどには、痛くなかったのかなあ。


1460946982764.jpg

そうなんだ・・・

思い込んでしまわれたのね、先代のとーぐーさま。も。

どなたかが、代わりに、考えてさしあげなくては、ならなかっ・・・


0acd65795a4652ba73990787580d23ec_20160914155152214.jpg



8146d560.jpg

 見られる 見せちゃう時には、胸元ふかくカットして。

だってわたくしは、見て、みて、の、ミ・テ・コ さまなのよ。


1472300596826.jpg

昔はよかったわ。

軽井沢の、あの、縁が深いと言うか・・・まあそれはそれ、プリンスでね、ホテルよ、あの。

8月15日にだってお構いなく、気にしたり、いったん帰ってあげんくたってよくて、毎日ほしいままにテニスしたの、他のこともしたの、有名な話ですわね、おっとが、いつだってワタクシを・・・うほほ、一か月は、夏の休みが取れたのですものね・・

今やこーしつも、世知辛くなったと申しますか。

あ。わたくしは、スコート派。おっともそれを好みますの。

子どもたち?そんなの知りませんわ、夫婦は夫婦単位ですわよ、なにごとも。

長男はわたくしの言うがまま、思うがまま。わたしたちのようにいれば、無問題。未来の天皇よ。望月のキワミよ。

次男は・・・何考えてるのかしら、あまり愛情もてないわね、ま、長男の後から、黙ってなんでも後始末していればいい子ですから。無問題。

長女。何の言うこともあるものですか。せいぜい親のために尽くすことね、それが何より、で、無問題。



え?  おかしい? こっけい?  何のことでしょうかぁ?。


1460440064655_2016091413044588f.jpg

もちろん今も、

ひゃっほー、な、アタクシ。


明日は十五夜、ワタクシの来し方のような、真ん丸の月を仰ぎましょうか。

おほほほほ。

・・・ん? ヒタヒタと、遠くから、忍び寄ってくる、あの足音は、なあに?

聞こえない、聞かないわ、あんな、何なのかしら、不穏な足音・・・

聞きませんわ、聞きたくないものなんて!。



スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは~

生前退位、疲れたから~とお言葉を発表なさったあの会見から一か月位?
来春にベトナム訪問を調整中ですって?

政府は生前退位については前向きに検討するという見解?でしたが?

お歳だから可哀そう~多くに国民の声っていってなかったかな?
それで生前退位も仕方ないか~~って国民が賛同してるとマスゴミは煽っていたようですが?

で、来春、ベトナム訪問??
何で~~~~?


パラグァイでの真子様の歓迎ぶり!
に嫉妬?
私を差し置いて!!許せない!!

悔しくて悔しくてじっとしておられないんでしょうか?
と、妄想が~~~!








庶民でも…

紳士的なマナーのあるクラブハウス
で、こんな見っともないことを
したら親や周り顰蹙をかいますよ。
テニスウエアーの時、アキがミチの
腰を抱えている見っとも写真も
ありましたね。
どこでもシンシツ気分な2人なのでしょうかしら?
随分と緩いご家庭に育った方々なの
ですね〜。
え?日本の象徴の?
まさかねえ。
恥を知っていますよ。
日本人は…。

No title

私の母も見て子さんのファンでした。私達親子は、膝から下の足を観察するのが好きで 笑
母が絶賛してたのは、巷で囁かれる見て子2号でした。ある時期から母は、見て子のミの字も言いませんでした。
私も思春期になり皇室より、ヒロミゴウのことばかり 笑
いま思えば何かしら感ずいたのだと思います。母が亡くなって10年、今なら聞けるのにと思います。昭和から違和感持ってた国民はいたと思います。
恥知らずが皇室にいる。恐ろしいですね。

脚を組むと骨盤ゆがみますよ。

KUONさま こんばんは。

コウタイシ時代の陛下。
脚を組んでいる写真が多い印象です。
なんとなく、昭和天皇の人間宣言を、思いっきり誤解された挙句のポーズかと推察します。
ワイルドにカッコつけてみた風。
もしくは、当時人気であったであろう石原裕次郎の真似なのかしら、と。


ミテコさま。
胸元が開いたブラウスでも、大丈夫、見えません。
子供の頃見ていた、久米明がナレーターをしていた「素晴らしい世界旅行」。
あれに出てきたアマゾンの原住民の女性。
若くても全員もれなく胸が下垂して、胸元が広々しておりました。
ミテコさま、下着を付ける習慣がおありでなかったようなので、同じような有様かと思われます。

「やんごとなき方」というフィルターを外して改めて写真を見てみると、実は 
庶 民 以 下 なのでは?というようなお振る舞い、身支度が目につきます。
嫌ですね。



視線が。。。

2番目の写真、前に見たときは気がつきませんでしたが、

周りの方々の視線、冷ややかですよね。
初々しい皇太子さまご夫妻を眺める目じゃありませんよね。

ミテコさまブームだったと言われる頃もちゃんと、見た人は分かったんだな〜と、感じました。

だから、やらせ歓迎部隊が投入されるようになったのかしら。

ただのボンだった。。。

世間では、「三代目のボン」とか、よく言います。

二代目までは、親の苦労を見ているが、
三代目になると、ゆとりのある中で育つの
で、ボンボンな雰囲気に育つという例え。
(でも、昭和天皇の御姿をみてこられましたよね。。。)

町の社長だと会社が傾く。

天皇だと国が傾く。

ミテコは、本当に恐ろしい女ですね。

昔の中国の宮廷の物語で、
皇帝を美貌や妖艶な踊りで〜
(テニスもお尻や太ももを見せるので、天皇にとっては艶かしいダンスのように感じたかもしれません)

骨抜きにしてみたり、なんと恐ろしや〜と思っていたら、
現代日本の皇室の話だったのだ(驚愕)(汗)
嫁の父親(小和田)が好き勝手に振舞ったり、それを許したり、
一人の妃には、産児制限したり、、、


足音の続きが気になる(笑)

平成の庶民でさえ、このような。。。

しかし、吉報がございます!
今日発売の週刊新潮の後ろのグラビアページに
先日の御用列車の写真が載っています。

ん?なんだか余計なものが写ってなくてとってもすっきりして良い写真・・・
なんと、二人背中合わせで手を振っている時に撮影したものなので、
陛下しか映っていないのです!!!
何と素敵な写真なんでしょう!
清々しく本来の皇室を見ているような安心感。
陛下のみというのが信じられなくて、思わず真剣に見入ってしまいました。
新潮さんいい仕事してくれたけど、どうしたんでしょう?www
こうなる予告ってことでしょうか???
良い方にとらえておきます♪

取り急ぎご報告まで。

さすがに

さすがに、これはないわぁ~です。
百聞は一見に如かず。

あられもないお姿ですね。
羞恥心というとっても大切なお心がない。

陛下は、骨抜き状態ですね。

深窓の令嬢からはほど遠い。
皇室には気品が必要かと存じますけど、
無くても良かったんですね。

胸元の開き・・ないわぁ~です。

No title

こんにちは。




とんこ さん


ベトナムへ夫婦で行くのは。

「何で~」?の理由は。KUONが言う訳ではないです、近くにおられら方が言うてることによれば。

「両陛下が行くとこ探してる」

から。行ったこと無いとこ、探して、二人で、地図にピン、ぶっさすの。そのためです。

政府が勧めた、なんて、は。(笑)。



・皇室憂子さん


「シンシツ気分」。言い得て妙ですね。

テニス以外の他のこともした、と、ちょっと書いたら、くおんさん下品、と、おこらえてしまいました。

私も気持ち悪くてヤな話ですが、お二人が、いつもどこでも「シンシツ気分」、気分だけでなく、即・実行してたって、ヒソカに有名な話で。

キショク悪いだけです、ミテコさんの「くねくね」ぶりの、せいかしら。そんな、かまととぢゃないですのにね、KUON。

ヘーカは、目つきもシンシツ・チックの多かったですな。



・カムバックさん


>膝から下。(笑)。


みごとに心身ともに、くねってはりましたやんなぁ。


途中から「ヒロミ・GO」に。賢い選択だったと思われます。彼は、プロの芸能人、プロの郷ひろみ、りっぱと思います。私は、実態はだらけた、だっさい、でへへへ~のヒトですが、プロや一流のものが好き、と、思い込むことに欠けては、局部的に一流だとじふしています。

紀子さまのようなタイプの方は、どっちかといえば、苦手、完璧すぎて。でも、紀子妃殿下は、プロの皇族、プロの妃殿下と思う、ので、仰がせていただいております。

内廷には、一人も、ひとかけらも、プロはいませんわ。今からも、無理。無理。無理じゃよ。



・lavinisさん。


そう。今上は、やたら、足を組んだ写真の多いお方。主に右足が上です。

昭和の両陛下とご一緒の時も、足組み姿。ま。現・皇太子には、組みたくても組めない、ご事情が・・・今上さん、おみ足は、お長い。

裕次郎さんには、憧れがあったかも。ルックスエトセテラではいかんとしても、オイラの方が・・・だもんね、みたいな気分は、あおりだったかも。裕ちゃんは、男女問わず、放っておいてもモテたひとだったけどね。

裕ちゃんみたいにくわえ煙草してる写真も、見たような気が・・・銃も撃ってたし。好き放題な東宮ちゃんでいらしたのよ、今上は。高価なアメ車、買ってきちゃったり。

ゆがまなかったけど、体の中身、乗っ取られておしまいになったと思います。



・yunoさん


びっくりするくらい、冷たい視線ですね。

お二人には撮られるパターンがありましてね。

生まれつき「遠慮」云々に無縁の皇太子が、ぶしつけにも好色そうにも、ツマを、目で、眺めた♂。

ツマは、ややうつむいて、まるで俗念にかかわりございませんごとく、しおらしげに、オットの視線に気づかない振りで、作った横顔その他を、撮らせる。

パターンと言うか、法則。

で。その嘘っこさに、庶民は敏感に反応して、あのごとき

「あ~あ」な表情になる・・・これ、あちこちにいっぱい、ございますのよ。

見過ぎてアレルギー起こしそうです(笑)。

判る方は、解っておられたのでしょうね、でも、上から降ってくる情報以外に無かったし、でも、そんな中でも、感じる方は、ですね。



・華さん



昭和の天皇さまは、ブラウニング夫人に、仰ったとか。

「自分は、戦争を止められなかった。皇太子に、厳しく当たることができなかった」

と。今上の思春期も、激動ではありましたものね。

奈良にも、お店や茶華道のお家や、古いお家が沢山あります。感心して見させてもらっているのは、お子の育て方。

何百年も続いているある老舗の、若さんは、雪が降ると真っ先にほうき持って飛び出して、道路の雪かき、自分のとこだけでなく。後で他の人たちが出て来る。

年中無休の朝は一番に店を開けに出て、最後に店を締めて帰る。ずっと、そうでした。今、代が代わっても、次代のぼっちゃんも、同じやり方。

かつて「若」さんだった ↑ の知人は、芝居がやりたくて、頑張っていて、25歳になったらぷっつり止めて帰って、上に書いたように。

そんな生き方が、どうなのか、他人には何も言えないですが、家を守ることを第一義に、そうやって続いているお家も、ありますよね、という感じですね。

天皇家は、とりあえず、125代。

殿下と紀子妃殿下への産児制限は、問答無用の大罪でした。美智子さん。大罪人です美智子さん。











No title

・cynarさん

買って来ました、今週も新潮。

仰る通り、なんとも清々しい、陛下がお手をお振りの写真。

どうした新潮。来週は、違う向きに、振れなければなりませんか?。

いやいや。たった一冊でも、こうしてフレーフレーと応援する読者がおります。

ネタは膨大にお持ちでしょう、あのことも今のことも、出して下さい新潮さん。

あ。

文春さんも、ご遠慮は無用、楽しみにお待ちしています、美智子さんの耳元に、

ヒタヒタと、

国民を騙しあざむき、皇室の権威を、地べたまで引きずり落とした長の歳月への、ブーメランが、飛んで来ますよの音ですよ。

ヒタヒタ・・・あら、ブーメランなら、

ひゅる~んんん、でせうか?



・さと子さん


あられもない、お品も無い、びっくら仰天のお姿です。

人目のあるクラブハウスで、結婚間もない妃殿下が、東宮さんのテニスずぼんを、たくし上げて、おみ足を、マッサージして差し上げておる。

これを「あられもない」と見るか「ほほえまし・・」と見るか。

あられもない、はしたない、と、見てしまいました、私は。ご夫婦です、何するにしても、お二人の場と時になされませ。

んんっとに、とんでもない深窓の令嬢だこと、と、今更ながら、事実を知って、なんともかとも。

「ないわぁ~」

それですね!。と。ミテコさんの姿勢が、明るさも快活さも無い、イヤだな、私は。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3467-de2d272d

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・


としどしに わがかなしみは ふかくして 

いよよはなやぐ いのちなりけり


      岡本かの子

             


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん