FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

閉店休業

yuutaさん、山イチゴさん、コメントありがとうございます。

正直に書きますと、今夜は、早く寝ます。ご心配は無用です、脱力していて眠いだけですよ~~~。


雪が降ります

真っ白い雪です

山も田んぼも家々の屋根も川の表も真っ白

幼い女の子の頬は真っ赤

小さなかじかんだ手で

大切そうに作ります

雪のうさぎを

丸い赤い南天の実のお目目


雪は

何もかもを覆いつくして  白い

春になったら

春になったら 

また

溶け出してくるのでしょう 放射能が

雪解けの清らかな水と共にさらさらと流れるのでしょう

放射能も

・・・神様

......................................................................................................................................................................


汚れっちまった悲しみに……

中原中也

『山羊の歌』より

汚れっちまった悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れっちまった悲しみに
今日も風さえ吹きすぎる

汚れっちまった悲しみは
たとえば狐の革裘かわごろも*1
汚れっちまった悲しみは
小雪のかかってちぢこまる

汚れっちまった悲しみは
なにのぞむなくねがうなく
汚れっちまった悲しみは
懈怠けだい*2のうちに死を夢ゆめむ*3

汚れっちまった悲しみに
いたいたしくも怖気おじけづき
汚れっちまった悲しみに
なすところもなく日は暮れる……

*1 革裘かわごろも:皮衣。毛皮で作った防寒用の衣。
*2 懈怠けだい:なまけ、おこたること。怠慢。「けたい」、または「げたい」とも読む。
*3 夢ゆめむ:[自上二]「夢見る」に同じ。


食べ疲れで、今夜はおせんちKUONさん。

明日は絶対元気でしょう。
スポンサーサイト





  1. 2012.02.06 (月) 09:05
  2. URL
  3. yuuta
  4. [ edit ]

KUONさん おはよう

ぐっすり眠れましたか
雪の朝ですか 静かな時は天からの贈り物
堪能してください


雪国ではこんな悠長なことは言ってられないでしょう
お見舞い申し上げます

  1. 2012.02.06 (月) 19:45
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

お姉さん、「私鉄沿線」ありがとうね。昨日、午後は1人カラオケしてました
PCはノートパソコンで、見る時は誰かに持って来てと頼むので、たまに見れない日もあるんですよ
は毎日見れるけど
歌は、見だすとあれもこれもハマるんです。PCにイヤホンだから周りを無視して歌う
大きな声出すとストレス解消になって気持ちいい
でもね、居間だから子供がテレビ見る時はされるの
子供がいない時間…たまに

中原中也記念館、山口の湯田温泉です。上2人は山口日赤病院で産んだ。記念館ができた頃近くに住んでた。中原中也をこよなく愛した友達は、開館して毎日通ってた。電動車椅子で…。彼もこの詩が好きだったなぁ〜。彼は詩集を自費出版した。彼も若くして他界しました。
私は、子育て落ち着いたらと思ってて引っ越したので
金子みすず記念館もまだ行けてない。
「金子みすず号」毎日見れますよ…窓を開けると山陰線時計代わりになります
「貨物列車が通ると揺れた〜〜」かぐや姫「赤ちょうちん」そのままな昭和な我が家です

ここお借りします
yuutaさんへ
姪っ子さん落ち着かれましたか?
心配ですね。良くなられますように遠くからお祈りしてます。
日曜日近づいてKUONさんと初めて逢うのでドキドキ
楽しく過ごしたいです

えまさんへ
お隣ですものね〜〜いつか私もお会いしたい。えまさんの弟さん福島ですよね?心配ですね。お姉さんだから。
私の妹は富山県に住んでて今回の大雪さすがに心配。
溶けるので放射能とは比べられないけど、妹夫は仕事が大型。事故のニュース見ると。私も長く妹と連絡してないけど、気になりますよ

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・