今日も元気でいましょうね^^

返事の中までKUONです。

本物には嘘が無い

宮内庁が「お気持ち」を表明しておられます。


「FRIDAY」(平成28年8月19・26日合併号)の記事について
平成28年9月6日
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taio/taio-h28-0906.html


「FRIDAY」(平成28年8月19・26日合併号)に掲載された「生前退位「天皇の意向」を受けとめた秋篠宮の覚悟」と題する記事の中で,秋篠宮殿下に関わる以下の誤った記載がありましたので,その点をお伝えいたします。

「宮内庁の内情に詳しい人物が明かす。「陛下は皇太子殿下,秋篠宮さまと定期的に食事の機会を持ち,生前退位についても話されていましたが,陛下の意向を汲んだ秋篠宮さまがA氏を媒介に,NHKと接触したんです。NHKの記者は宮邸で,宮さまに直接面談取材した。」,「事の重大さに,記者は後日上層部を伴って再度宮邸に赴き,最終確認も行った」」,「秋篠宮は覚悟を秘めた表情で,「お上のご内意をいただいて申し上げることですがー」と切り出したという」と記載しています。

秋篠宮殿下には,これまでも情報の取扱いについては極めて慎重な対応をしておられるところであり,また,入門や参邸の記録を確認しても,NHK記者や上層部の人が取材のために宮邸に伺ったという記録はなく,記事のような事実は一切ありません。

なお,記事の中で「A氏」とされている宮内庁幹部にも確認しましたが,そのような事実は全くありませんでした。

国民の皆さんに不要な心配をかけないためにも,宮内庁ホームページを通じ,お伝えすることにいたしました。


私は、不要な心配というより、不要な大きな不快感、を、覚えていました。

あの宮内庁ですが。

たまには、氾濫するさまざまな記事の内容に対して、今回のような「宮内庁のお気持ち」を表明されることも、あります。



「週刊文春」(平成26年11月13日号)の記事について

平成26年11月13日

「週刊文春11月13日号」に掲載された「雅子さま“復活の笑顔”「晩餐会」直前に掛けた一本の電話」と題する友納尚子氏の記事についての事実関係及び宮内庁としての対応は下記の通りです。



同記事は,「十一年前の「衝撃的な出来事」」との小見出しの下に,2003年10月,メキシコ大統領を迎えた宮中晩餐の前席で,大統領に対する天皇陛下の皇族御紹介が,「雅子妃を飛ばして,秋篠宮殿下に移ってしまった」ことから,「雅子妃が妃殿下としての自己の存在について,決定的に自信を喪失した」との趣旨のことを記しています。

しかしながら,以下に記すように,これまで踏襲されてきた皇族方の国賓に対する御紹介の段取りからして,「皇太子妃殿下を飛ばして」というようなことは到底起こり得ないことです。

宮中晩餐御出席のために宮殿南車寄に到着された国賓御夫妻をお出迎えになった両陛下は,国賓とご一緒に松風の間に入られます。間内では,皇太子同妃両殿下始め皇族方が,御身位の順に列立してお待ちになっておられ,天皇陛下は皇太子殿下から順番にお一人ずつ国賓御夫妻に御紹介になり,すぐその後に続き皇后陛下が同様にして国賓夫人に次々と皇族方を御紹介になります。そして御紹介が完了すると飲み物が供され,国賓御夫妻と皇族方の御懇談が始まります。このようにして進められる国賓御夫妻と皇族方のお出会いは,通例15分程度で終了し,次いで両陛下と国賓御夫妻お四方が松風の間を出,その日の晩餐会の招待者一人一人から挨拶をお受けになるレシービング・ラインに立たれるため,石橋の間に向かわれます。この石橋の間での行事の完了後,両陛下は国賓御夫妻とご一緒に,そして皇族方がその後を進まれ,晩餐が供される豊明殿にお入りになります。

以上のように,国賓御夫妻への皇族方の御紹介及びそれに続く行事は,毎回全く同じ段取りで取り進められており,その第一段階で,秋篠宮殿下以下全員の皇族が見守られる中で,天皇陛下が,皇太子妃殿下を賓客に御紹介になることなく,秋篠宮殿下を御紹介になるというようなことは到底起こり得ません。念の為2003年10月にメキシコ大統領を国賓としてお迎えした際の宮中晩餐での御紹介の状況につき,当時皇太子妃殿下の次に控えておられた秋篠宮殿下に伺ったところ,自分(殿下)は,行事などの際に,何か手順通りに進められなかった場合は,直ちに気が付く方だし,また,再発を防ぐためにもかなりの長きにわたりそれを記憶しているつもりだが,これまで国賓をお迎えした際の陛下の皇族御紹介で何か手順と異なることを陛下がなさったという記憶は全くなく,皇太子妃殿下を飛ばして自分が紹介されたということは決してないと思う。また,万一にも自分が先に紹介されそうになったら,自分は必ずその場で陛下に申し上げ,皇太子妃殿下の紹介が先になるように取り計らったと思うとの御返事を頂きました。

国賓を迎えるという晴れの席で,天皇陛下がそのようなことをなさるという事実に反することが手記として掲載されたことは,陛下に対する礼を失する誠に遺憾なことであり,本日付で週刊文春編集長及び友納尚子氏に速やかに訂正することを要求しました。


秋篠宮殿下に伺ったところ,自分(殿下)は,行事などの際に,何か手順通りに進められなかった場合は,直ちに気が付く方だし,また,再発を防ぐためにもかなりの長きにわたりそれを記憶しているつもりだが,これまで国賓をお迎えした際の陛下の皇族御紹介で何か手順と異なることを陛下がなさったという記憶は全くなく,皇太子妃殿下を飛ばして自分が紹介されたということは決してないと思う。また,万一にも自分が先に紹介されそうになったら,自分は必ずその場で陛下に申し上げ,皇太子妃殿下の紹介が先になるように取り計らったと思うとの御返事を頂きました。

言うまでもない、あったりまえのことと、考えますが、友納が書いていた「雅子さまはめっちゃ素晴らしい、愛子さまもたまらんくらいご優秀で素晴らしい」を主な内容としていた(KUONの解釈ですわよ)買い上げページ上の記事です。

大胆にも、雅子さまがそのせいでビョーキになった、ひどくなったと嘘こくために、今上陛下も秋篠宮殿下も、ワルモノにしようとした、友納と雇い主。おっそろしいこと、しやはりますねえ。

以上のようなクレームは宮内庁から出されたといえ、回答は、無い訳なのです。無くてもやはり、出すべきだよなあと、今回も考えた次第です。



その他にも、「美智子さまが雅子さまを別室に呼んで。お叱りあそばした」。

などという記事にも、宮内庁はモノ申しておられた。

そんな事実は無かったと。

私も、無かったと思う。想う根拠は、

美智子さんは、雅子さんを、叱ったり、するはずが無い。

これです。笑いたくなりますが。

今まで20年以上も、やりたい放題させて来て、なにをいまさら、と、笑っちゃう(笑)(笑)。

あの時は確か(間違っていたら確かめた時点で謝ります)、

「皇室と小和田家では文化が違う」

などの文言があって・・・ミテコがマタコに、そー言った、と。他の時でしたかね? 確かにそういうのも、あったのでした。

皇室と小和田家とは文化が違う。

これ、他の場合、場所で発された言葉で、ホントなら、随分、言われた方は傷つく言葉ですね。

傷つくか、いや、あるいは、もしくは、雅子さんなら

「ワタクシの周囲に、そーゆーことを言う人はいません」

とか言って、その場を蹴立てて帰って来る、でしょうか。そっちの方が描きやすいです。

腹いせに手近にいるご亭主を殴るとか・・・とまでは、申せませんが。

美智子さんは、底の浅いひと。



「ミテコの関わっている程度の皇室にも、おわだ家とやらにも、

文化、なんぞという上等なもんは、ありません!」


文化伝統美風、ありとあらゆるすべてのものの破壊者・美智子さんに、そんな言葉、よく言えるもんだわ。


秋篠宮殿下を、たまたま自分の息子だからといって。

たまたま腐れ夫の弟だからと言って。

美智子さんにしろまさこにせよ。

いいかげんに扱って来た、そのことの、恐ろしさ。

こわくないんだろうか。わかっていないなら、恐くは無いでしょうね。

それがオソロシイと、第三者・KUONは身震いしますが。

誰が何を言おうがしようが。

秋篠宮文仁親王殿下は。

神道の、長になられるお方であらせられます。

真の天皇になって下さる皇子さまでいらっしゃいますのに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大好きなお写真を、少し・・・。


1459933563126.jpg

1473236330394.jpg


1472905675664.jpg


1459747805310.jpg


1459932683668.jpg


1473173811239.jpg


スポンサーサイト

コメント

こんばんは

紀子さまのお写真
とてもきれいで、でも少しやつれた感じがして
なぜだか、いたたまれなくなりました。内面のうつくしさと気苦労がでていて、それでも息を呑むほど美しいです。皇后陛下とお呼びしたいです。初めて見るお写真でした。
ありがとうございます。

お住まいは奈良のままで少しホッとしました。引き続き勝手にときめいております。お許しを〜〜笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

清々しい

秋篠宮殿下、紀子妃殿下
悠仁親王殿下、眞子さま佳子さま
のお写真を見ると清々しい風が
吹き渡るように感じます。
テンコウナルマタアイの写真は
何とも不気味な気持ち悪さを感じます。
言われていることを除いて見てもですから相当です。
テンノーとの地位にだけ固執し、
見ることの出来ないご本人及び
国民。哀れです。
テンノーであろうが良き者悪しき者がいるのてす。
まず何を以ってしても祭祀に身を入れられないテンノーはグテンです。
祭祀はテンノーがテンノーである為のキーポイント!
時の武士にも侵されなかったのは
日本の為に祈る方皇統を継なぐ方
と言う大義名分があったからです。

ご公務とは国事行為をされること。
出歩きではありません。
ミテコのタテバヤシコウゴーが
生み出した悪業で、コーシツには
なかったものです。
陛下が宮中からお出ましになるなど
滅多にないことだったのです。
海外などましてやです。
ですから、国民にも海外でも
天皇皇后がいらしたと歓待されたのです。
その歓待にマヤクズケのようになったミテコは、出て行きたくてしょうがないのです。
でも、歓待が段々ブーイングになっていますが。ねえ。
公務でないコームですからね。

美しい秋篠宮殿下

「お上のご意向で」と言いながら生前退位をリークされたのは秋篠宮さまであったとの報道に激しい違和感を持ちましたのでこの宮内庁の発表は納得のいくものでした。
宮さまの御発言は常に皇族に相応しいものでしたので、この醜悪な謀略とも言えるようなことに加担されるなどありえません。


あのメキシコ事件?では

秋篠宮さんは欠席していたのに
出席してその場にいてそんな事はなかったって言ってるんですよね
秋篠宮さんの記憶力ってそんなもんだってこともちゃんと書いてくださいね

宮内庁の良心を確認し、ほっとしました。
上のさしすせそ さんとやら、
松の間かなんたらの間か、
全然違う部屋の話を捏造して、
雅子さんの適応障害の理由を
でっち上げたという噂の、
友納さんのお友達ですか?

さしすせそ

言ってごらんあそばせ?
さしすせその発音です。
ガー人では綺麗な発音は
出来ませんよ。
秋篠宮殿下を貶めようとする人は
日本人の良さを知らない人か
敵意を抱いている人です。
汚わだ関係者かあの有名な会の
ま、何とかさん?
まあ、大した御仁ではないので
BBさまがおっしゃるように
馬鹿はスルーして相手にしない
方がいいです。
やがて消えて行く身でしょう。

No title

こんにちは。



・カムバックさん



この紀子妃殿下、お美しいですよね。

透明感があって。知的で。そして、何も感じておられないってことはあるはずはないけど、じっと胸の中に秘めておられる、強さ、おいたわしいです。

紀子さまでなければ無理。そう、思ってしまいます。選ばれたお方、そのお方が、神さまの思し召しで、親王さまをあげられた。

感謝してもしきれないはずなのに・・と。ここでは、ここまでにしておきましょう。

ときめいていて下さるの?v-300。グレられませんね私(笑)。




・ヒミツの〇さん


早くご紹介したいです、楽しみですよ。




・硬質憂子さん


ごめんなさい、同感しながら笑いながら読ませていただきましたよ。

祭祀しない天皇。

うたを忘れたカナリヤは、お山に捨てましょか、と、うたわれたものですが。

祭祀に遠いてんのー、祭祀ならざるとーぐー、おつむが帽子の台でしか無いとは、憐れなもんです。憐れでは済まない、のいてもらわないと、です。

>でも、歓待が段々ブーイングになっていますが。ねえ。


これですね。初めは目につかない、声も上がらない。みんなみんな、優しいから、騙されやすいから、まさか皇族が、悪いことするなんて、フツーは浮かばないから。それが日本人。

でも、見えて来たらもう、隠しようの無い大きな声になって来る。歴史が教えてくれる・・あのかたたち、学んでおられないみたいですものね。



・葉山さん



宮内庁は、初めから、大変おかしかったと思います。

できれば、秋篠宮殿下のせいになってくれればいい、くらいの悪辣さだった、と。

しかし、そんなことは通る訳がない、常にまっとうにおられる方の、まっとうさの強さを、そうでない、嘘や捏造にまみれたヤカラにはわからない。

通らない話でした、殿下のリークだなどという茶番は。

不遜不敬不逞の極みでした、でも、宮内庁の内部も、なにせあの強引な女性がいるんだから・・大変だったと想像します、このこと自体、大変おかしいですが。

いつだって、自分たちの上に「責任」や「批判」が落ちて来ないように動くのが、あの役所でしょう。

出さざるを得なくなったと、KUONは思います、誰でも思うでしょう。

クーデターは失敗。ふざけた言い方になりますか、そういうことです。

たとえ老天皇がどんなになられようと。ミテコその他の汚濁した野望は、天に届かない。

秋篠宮殿下は、ご立派です。

弥栄。



・さしすせそ さん




>そんなもんだってこともちゃんと書いてくださいね

誰に向かってこう書いてるの、あなたは。

宮内庁に向かって言えばいいでしょ、うっとおしいなあ。






No title

・鈴蘭さん



宮内庁も、出さないでいられなかったのでしょうか。

基本、天皇たる身位の方の(企画はご自身か否かは知らず)、意志、願望、恫喝(と私は感じ続けています)、それが、一番この際弱い立場、なすりつけておけ、とされるようなお立場の(それが大間違い、でしたが)秋篠宮殿下のせいにされるごとき事態。

宮内庁に対しては、ミジンコなりに不信感ばかりを募らせていますが、これは出してくれてよかったとホッとした気分も。

ガラの悪い言葉で申しますと、

「何をさらしてけつかんねん、われ~、どこのどいつがこんなこと考えつきくさったんや~、ドアホウ、宮さまに謝ってこんかい、わかっとるんやろ」以下、省略。

秋篠宮親王殿下。妃殿下。

弥栄。



・腹の虫さん



BBさん仰るように、

ばかは来なくていいです。とばかり、

華麗にスルーしようとも考えましたが。

思いましたが。ね。

紀子様の横顔、ドキッとしました。
研鑽って、こうゆうことなのかしら。。。

悠仁様の片足ベビー靴の話は有名ですよね。
親王様、両殿下に失礼で、縁起悪くて、、、と思っていたのですが、

ミテコの事だから、、、
意外と、
アタクシ流、フラワーアレンジメントを凝りすぎて、
「あらっ、靴が一つしか載せられないわ。」
みたいな感じだったのかも。。。

紀子様(紀子様の御親族)、国民の気持ちより、アタクシのデザイン優先なミテコさん。

陛下の「お気持ち」も、ミテコがデザインしたもの。。。

いつの間にか、皇室が、ヘンテコになってきました。

Kuon様、皆様、
豪雨は、大丈夫でしたでしょうか。
私の知っている人が、大変な被害にあっているのでは…と気になって情報収集していました。
東北の浸水、冠水などの後片付け、津波を思い出したとか…テレビで見ました。
水の被害は、命は助かっても、生活の復旧
、復元が本当に大変ですね。

もう…どうしよう(困)

連日の 地震、台風、水害、土砂崩れ、北朝鮮のミサイル(これはちょっと違いますが)。
日本 ヤバいです。
天皇陛下、誰が書いたか分からん原稿よむより、やる事やって下さい!
って思います。



ステキな写真ありがとうございます(^^)

No title

お返事遅くなりました



・華さん


そーゆーこと、美智子さんは、ご自分の気持ち(その時の)だけを大切と来られたのでしょう。

あの片足靴にも、リクツつけてましたね、一歳になる時にもう片方を、とか。外国のやり方だとか。詳しく調べ直す気にもならない、くだらな過ぎて。

本当に、底の浅い方。つくづく、思います。


お知り合いは、北から南まで、けっこうおられます。何かあると不安になり、気になり、です。

誘導しているわけではありませんが、どの地の方も、たくさん税金使ってニコニコ笑って来てくれなくていい。きっぱり仰っておられます。内廷さんは来るな。これです。



・まみ さん


ミサイルだって、全くカンケイなくはないでしょ。

自然界のものは、弱っているもの、病んでいる者を、瞬時にも悟って襲い掛かる面もある。

まあ、あの髪型のアホボンは、単に・・・なんですが。大勢の人が、あそこでは飢えてますね。

祭祀を忘れた天皇陛下。後ろの山に捨てましょか、という訳にも行かず。

写真は、あちこちから、頂いてます。

美しいものは美しく、きちゃないものは、キチャナイですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kuonnokuon.blog.fc2.com/tb.php/3440-d93062ed

 | HOME | 

文字サイズの変更

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

悲しいこと (67)
福島事故 (37)
未分類 (361)
ことばのたのしみ (64)
ゆれ・ふら・とーく (132)
怒っていること (33)
嬉しいこと (42)
ノンタイトル (61)
今の思い (237)
呆然となること (51)
旅のこと、とか (5)
おそれながら、なことこと (3)
あほらしいこと (89)
残念なこと (33)
虚しいこと (52)
おそれながら、なこと (70)
わははなこと (39)
茶番じゃ。なこと。 (28)
実録 (14)
美しいこと (29)
厚かましい話 (56)
おそろしいこと。 (54)
「美智子さまの恋文」より (6)
たのしいこと。 (1)
うた日記 (17)
実は実話?。 (0)
実話ぢゃないのよ実は。 (1)
戯文 (1)
戯文 ジャムのかなしみ (2)
こういうこと。 (31)
御製 (9)
ミテ子さま・考 一 (1)
ミテコさま・考 (10)
みんなのうた (8)

ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
・・・・・

五月雨の露もまだひぬ奥山の真木の葉がくれ鳴くほととぎす

さみだれの つゆもまだひぬ おくやまの まきのはがくれ なくほととぎす
   
金槐和歌集 源実朝


真木は「高野槇」ともいいます


・・・・・・・・・・・・・・・


やはり赤い口紅が好き。


ものすごく唐突ですが、私、口紅(だけ)はシャネルよ。(笑)。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん