Welcome to my blog

今日も元気でいましょうね^^

ARTICLE PAGE

今日は「聞け子」なのよ


台風のため、静養を一日繰り上げて、30日まで滞在の予定を、今日、帰京したらしい、天皇夫婦。

国民がその内部を想像することも出来ない豪壮な[御所」にいて、好きなだけ好きなことをする暮らしの中、あちこちへ何の「静養」なのやら。

一日静養が縮まったって。あまり無かったことですね。

おとなしく静養先を離れた・・・まさか、国民の、国土の安全を、祈るために? とは思えません。

自分たちが危ないから。30日だと帰れなくなるかも・・・だから。ビンゴやろ、これきっと。

でも、ミテコさんの日程がくるわされた。

ふと、何かを感じた、考え過ぎのKUON。

いつまでも、野放図に、自分たち主体の放恣な暮らしは許されない。

腐った林檎は必ず落ちる、とか。



あちこちで読ませていただいた、あれこれです。文字の色などはKUONが変えたりしてしまいました、お許しを。

>皇后さま:ワークショップでピアノ演奏 Name 名無し 16/08/28(日)22:12 ID:Gpv1v9l2 No.1742666

皇后さまは、会場の草津音楽の森国際コンサートホール近くのセミナーハウスでワークショップに参加。

著名な外国のチェリストやバイオリニストとともにシューベルト作曲

「セレナード」(リスト編)など5曲のピアノ演奏を楽しまれた。

両陛下は、20日から長野県軽井沢町で静養、27日から30日までは草津町に滞在し、

コンサート鑑賞のほか、陛下は草津周辺の樹林帯などを散策、皇后さまはワークショップに参加する。




>皇后さま、草津でピアノ披露 海外の音楽家とワークショップ

ピアノを演奏される皇后さま
海外の音楽家とのワークショップでピアノを演奏される皇后さま=27日、群馬県草津町
Photo By 代表撮影=共同

 長野県軽井沢町で20日から静養中だった天皇、皇后両陛下は27日、群馬県草津町に移り、引き続き静養された。

 皇后さまは同町で開催中の音楽祭「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」に参加するため来日した海外の音楽家とワークショップに臨み、ピアノの演奏を披露した。

 皇后さまはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で首席チェロ奏者を務めたウォルフガング・ベッチャーさんらと共演し、「まだ弾き方を理解できていない部分があるので教えてくださいね」などと英語で話しながら、約1時間20分にわたり練習に励んだ。

[ 2016年8月28日 05:30 ]


1472402068125.jpg

1472401873110.jpg

1472314745020.jpg


この、草津のピアノのワークショップとは、

「一般の才能ある苦学生に一流の指導を受ける機会を作って上げたい、を趣旨に、日本の音楽界の更なる発展を願って始まったアカデミー」なのだそうです。

なんで、皇后が出しゃばる? 毎年? 毎年です。

5曲も。

「まだ弾き方を理解できていない部分があるので教えてくださいね」などと英語で話しながら、約1時間20分にわたり練習に励んだ。

「まだわからないところがあるから教えて欲しい」と。若い方々に譲る気など、ミテコさんには、無いですよね。

ヒマ、有り余っているあの方が。

1j時間20分、けっこうな時間です。皆さまは、この日は「ミテコ」ならぬ「聞いて」さんに会場・時間ジャックをされてしまわれた。のか。



すっごい量の頬紅効果なのか、若々しいお肌の、おでこの平たい、お口はシャベルカーというより、カラスのお口、タイプの横顔のミテコ・・・いや、聞いて、さん、聞け子さん、に見えます。

私感ですよ~。



コメントをありがとうございます。

明日、ゆっくり、一言ずつでも書かせていただきたいです。
スポンサーサイト

9 Comments

硬質憂子  

🤔うーん

一流のプロと競演する程のものでは
ないでしょう。
フニャフニャで伴奏とは言え
音の響き輝きがないですね。
皇后特権でのごり押しです。
誰の迷惑顧みず。
あら?ワタクシの人生の夢だった
『ミテコゴーゴーは、一流の演奏家
と競演する程のピアノの腕前を持つ
前代未聞のゴーゴーだった』
と語り継がせる為にね。
勿論、親戚のきょどー通信も世界に
発信するのでしょう。
成り上がりの粉屋、ハクサン館林を
そんなんで払拭出来ると考える
浅はかさ。
アナタのしている
所作、顔付き、頭の中、心得が
出自を丸出しにしているのにね。

2016/08/30 (Tue) 07:12 | EDIT | REPLY |   

-  

No title

おはようございます。

静養・・・
病気や疲労の回復などのために、心身をゆったりと休めること(国語辞書)

いいなぁ〜 漫遊〜

指先を動かしてたら呆けないと言います
まだまだ しっかりしはります(笑)


手先が震え、細かい文字も見えない
ボケてきた私(爆笑)
パパリンに聞いて思い出しました。
校歌を書いた歌人は
佐佐木信綱でした。


ゆく秋の 大和の国の薬師寺の 
塔の上なる ひとひらの雲

2016/08/30 (Tue) 11:34 | EDIT | REPLY |   

ちりぬるを  

特権で弾く

皇后特権ですね。
完全にピアノの伴奏に奏者の方々が
合わせています。
ご愛嬌に一曲位ならよろしいでしょうが、何でリサイタルでもないのに
そんなに弾きますかしら?
この方は、出ることしか頭にないの
でしょう。
他の方に譲ると言う謙虚さがありませんね。
老境の身にしてなおも目立ちたがり、佳子さまフィバーには嫉妬して
目立つなと釘を刺す。
真っ赤な頬紅も気持ち悪いです。
お若いつもりなんでしょうね。

2016/08/30 (Tue) 19:26 | EDIT | REPLY |   

Cynar  

どけ!子

KUONさま

これ、見るからにヘタですよ。できないのに必死。聞かなくてもわかります。
いや、むしろ耳に入れたくない。
その場のみなさま、イヤ~な雑音聞かされて大変でしたね。
是非念入りにお清めしてください。
しかし、ヒドイ顔。なんかのコントですかこれ?
正体不明の徘徊老人が紛れ込んで、全員途方に暮れるっていう設定???


>ふと、何かを感じた、考え過ぎのKUON。

ニヤニヤワクワクしてしまいました(笑)

2016/08/30 (Tue) 23:21 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/30 (Tue) 23:29 | EDIT | REPLY |   

長野県人  

どこかで聴いたような

皇后さまの演奏を聴いていて、あれ!!と思いました。
どこかでこのような弾き方聴いたことがある。

で、思い出しました。

映画「アマデウス」の中で皇帝が、モーツァルトのためにサリエリの作曲した行進曲を弾く場面。

自身が音痴だと判っていない皇帝が、得意になって今回の皇后さまの演奏のようにぎこちなく弾いて、お付きの者たちが絶賛する。

哀れ!!

2016/08/31 (Wed) 03:52 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/31 (Wed) 14:09 | EDIT | REPLY |   

きく・かおる  

KUONさま、ごきげんいかがでしょうか?もう八月も終わりですね。
今年の三分の二を慌ただしく過ごしたことに、私は驚きつつ慌てております。残りの三分の一をいかに暮らして行こうか、気を引き締めている所です。


さて毎年恒例のピアノ演奏ですが、このイベントは本来若い才能へチャンスを与えるワークショップだったような?
お年寄りがしゃしゃり出て、いつまでもそのポストや枠にしがみつく姿は、長男の嫁の父親が八十歳を迎えても職を辞さないのとモロにかぶります。
やはり同じく三代前がさかのぼれない身分で、意地汚い感性の持ち主なんでしょうね。税金を使って暮らしている自覚がまるでない奥様方には本当に呆れます。

昭和天皇はかなりストイックにお暮らしでしたし、皇太后さまもお出ましが減ってからは、勧めても何も新調なさらなかったと伺っております。
そのお気持ちに寄り添うように、秋篠宮家は質素にお住まいですが、ご予算上限界があってのことも。将来の天皇陛下のご養育に充てて、もっと用立てるべきだと思うのですが。

あのお宅には私たちの思いとはかけ離れたお金の使途がありますが、こういう意味が分からないニュースから、発覚して行ってもらいたいです。

2016/08/31 (Wed) 19:12 | EDIT | REPLY |   

KUON  

No title

お返事遅くなりました



美智子さんのうんざりする所業は多々あります。

あの、震災被災の地での、手話もどき。見ると最近、SATUIさえ涌くほど。

ふざけるな、被災された方々を自分のために利用するな、と。

水仙も。花に罪は無いが、あの時のうたは、なぜか、なにゆえか、紀宮さまのお作として、紀宮の歌集に。

このピアノも。

真剣ごかしに弾いておる横顔のゲスなこと。

もう出したらアカン人と思いますが。




・名無しのNちゃんさん

手先が震える・・まだアカンです、それ。どなたでも、それ、アカンけど・・・

佐佐木信綱ですか。

何代も続いているうたの家のボスですね。

ここにうたわれた「薬師寺」は、ほん近くです。いま、食道(じきどう)などの工事中ですが。

薬師寺は秋、と、そのイメージにぴたり。

薬師寺や唐招提寺、今年は訪れてみたい。近すぎてなかなか行けません(笑)。



・ちりぬるを さん


引くを知らない人。

ゆうべ、お気に入りの、それだけは見ている番組で、自分は大物と思い込んでいるげの大物歌手・W・A子が、和食の盛りつけ「ダメ」査定で。

引くを知らない、と評されていました。それを、思い出します。

前へ前へ出ることしか知らない浅ましい姿。

5曲も弾いた、それ、本人は、何とも思っていませんね。どんな目で見られているかも。

老醜に加えて(もう書きたいように書きます)、特権階級のごり押しの醜態。

誰にも止めることできない無惨さは、本人の業ですね。

まこと、まことに、みにくいお姿です。

横顔が悲惨です。真っ赤な頬紅。あれ。



・cynarさん


>正体不明の徘徊老人が紛れ込んで、
>全員途方に暮れるっていう設定???


いや。いやいやいや。正体不明でも、本物の徘徊老人なら、皆さま、それなりに優しい中に、解っていただけるよう、その方の尊厳を傷つけないよう、お引き願うのでは。

アレをそのまま通したのは、実はミテコさんへの人権侵害。ヒト扱いしていない、しょうこ。

ちゃいますかしらん?

どけ!子。マジやで。



ヒミツの〇さん


ありがとうございました、いただきました!。



・長野県人さん



>映画「アマデウス」の中で皇帝が、
>モーツァルトのためにサリエリの作曲した行進曲を弾く場面。

>自身が音痴だと判っていない皇帝が、
>得意になって今回の皇后さまの演奏のように>ぎこちなく弾いて、お付きの者たちが絶賛する。

でへ~。あの映画、ご覧になって、記憶しておられる方、多いのですね。強烈な映画でした。

私、これ読ませていただいて、ああ、そうやそうやと、膝を打つ思い…古いですか・・(笑)。

裸の王様、そのもの。

身近に、はだかのミテ子さま。

・・勘弁していただきたいです・・・恥ずかしいことです・・・。醜悪な自己顕示欲が、剝き出し、ハダカで、露出しています・・・



・ヒミツのNさん。

納得のコメントを、ありがとうございます。

そうですね、口元が特徴ですね。

とんがり口の時はシワガ深く、横にイーっと開く口の時は、眉が一本、とか。

しかし無様な横顔、そして、演奏中でない時の、だらけた開きかたの脚。

左足で、鍵盤に触れていない時に、ペダルを踏んでおられる。・・ことに、疑問を持たれていました。

自宅でなんか、聴く人もいないし、弾いておられないのでは。



・きく・かおる さん


ごきげんは・・・そうですね、けっこういつも、ヘラヘラとしているKUONです。

誰とでも、争うとパワーが減るので、めんどくさいので、怒らない。てへへ、です。

まさこみてこには、怒っております。せめて人並みになれや~、とか。


>お年寄りがしゃしゃり出て、いつまでもその>ポストや枠にしがみつく姿は、長男の嫁の父>親が八十歳を迎えても職を辞さないのとモロ>にかぶります。
>やはり同じく三代前がさかのぼれない
>身分で、意地汚い感性の持ち主なんでしょう>ね。税金を使って暮らしている自覚がまるで>ない奥様方には本当に呆れます。

呆れるどころじゃないですよね。

特権を持つ人間が、特権を振りかざして恥じない浅ましさ。

天までのぼったあげくの醜態です。

もう上がれません。

できれば今年、来年中に、すっきり青空になっていただきたい・・・

2016/09/02 (Fri) 20:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment