KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. おそろしいこと。
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

モドキの話。追加有ります。モドキの動画です。

       二人の愛子さん


20151203215916_201608261545272d5.jpg

bf2283f4.jpg

両親を出迎えるために、御所の玄関でお辞儀をして待っていた、愛子さん。

bd6c44fe.jpg

あっという間にこの「愛子さん」

9169d17c.jpg


・・・・・。

去年でしたか、国内外どこからも「おいで下さい」のお呼びのかからない皇太子夫婦が、トンガ王国の戴冠式に出かけた。

幾らお包みを持参したとか言われ、皇太子は自分の座るべき場所がわからずウロウロし、まさこは、体格だけはかの国の王族女性たちに混じって遜色ないという、珍しい話でした、が、もちろん気品などは皆無で、恥ずかしい皇族の姿をさらして来ました。


その、ご両親を、御所の玄関でお迎えしたのが、一人娘の愛子さんでした。

リアルタイムにテレビで見ました。

初めに、車の到着時間のタイミングが合わなかったのか、愛子さんは、深々と、一所懸命のお辞儀を、長い間、しておられました。

腰から折っての深いお辞儀で、アタマに血が下がるんじゃないかと、気になるような必死のお辞儀を、愛子さんはmしておられました。

長い髪がバッサと顔の前方に垂れ下がり・・・「貞子のようだとも言われ」・・・でも愛子さんは、するべきことを、していたのでした。


車の中から、お辞儀から覚めた愛子さんに、笑え笑えと、自分の頬に手を当てて「指導=命令」していたとされる、母親のまさこさんは、やがて降り立ちました。父親の皇太子も。

まだテレビは、初めの・・・ここでは左側の愛子さんを、映し出していました。

当時中学2年生だったはずの愛子さんが、どういうことなのか、きちんとした下着を身につけていないで、二つの小さな胸のぽっちが、目視できました。

あ、と、何とも言えない気持ちになりました。


流れは、どうだったかな・・・その後が、向かって右側にまさこさん、真ん中に皇太子、左に愛子さん(らしい)が並んだ、右側の写真です。

この一家は多くの場合、夫婦の間に愛子さんをはさむ形になることが多いのです。

多かったのでした。

・・・この変則的ともいえる位置に、三人が落ち着く前に、皇太子が、立って撮られるのを忘れたのか何だったのか、右の写真の愛子さん(らしい)の方へ、つまりまさこに背を向けるように、自宅の奥へ行こうとしてしまい、その時に、愛子さん(らしい)が、軽快な足さばきというか、ステップと呼んで問題ないくらいに身軽に、皇太子に立ち位置を思い出させた。

??と、愛子さんの動作と思えない身軽さに、疑問を感じた気がします。あの時。髪もふわりと揺れました。

そして、この右側写真は撮影されたようでした。


二人の愛子さん。

同じ日の同じ時、同じ場所で。

左側の、髪は膨らんでおり、ワンピースの胸元には、隠しきれなくポッチが見えており、申し訳ない表現ではあるが、はっきりと「もっさい」愛子さんと。

向かって右の写真で、同じ(多分)ワンピースをまとい、髪は・・・一本に見えます・・・胸元もさらっと問題なく、澄まして「愛子さん」として、東宮夫婦と一緒に写真に写っている、愛子さん(だという)若い女性。


当時はまだ、もうひとつピンと来ていませんでした。しかし疑問を感じてはいました。そして。

もっと言えば、この右側の、最近はこの女性に固定されている場面の多い愛子さんモドキ。

今年の新年用の皇室一家の「勢ぞろい写真」にも。

このモドキが写されています。

留学からお帰りになった眞子さまも、この勢揃いには加わっておられ、やたら愛想のいい、この「モドキ」と、話をしておられました。

佳子さまは、眞子さまが間におられた故か、モドキの方に視線は向けておられたが、話はしておられなかった記憶。

このモドキは、暗愚夫婦と映画に行ったり絵画を鑑賞したり、のみでない。

皇室一家の写真にも、入りこんでいます。↓ モドキがいます。



・・・後に、画像など追加するかもしれません。


1471779968714.jpg

あげつらって笑う気はありません。

ただ。愛子さんの指は、拘縮していました。

今のように、バッグに手を添えるにも自由自在な愛子さんでは、なかったです。

一時期まで。今の、顎が長くて鼻の下が短くて、側頭部の長さが愛子さんより短くて、特徴ある髪型の分け目の線が、薄くなりかかっている、今のとうぐう夫婦が内親王として連れ歩いている愛子さんのようでは、なかったです。

歯も、申し訳ない言い方ですが、ぴかぴかと磨かれてはいなかった。

今のお子のように。



スポンサーサイト


  1. 2016.08.26 (金) 22:29
  2. URL
  3. えこ
  4. [ edit ]

No title

愛子さんの件


最初に気づいたのは

参内するときの車に乗ったご家族の比較写真でした。


いつもと同じように後部座席中央に

もう随分と大きくなられているはずのお子さん

が座っているものでした。


もう中学生なのに なぜ このように車に乗られるのか・・・

ずっと 極めて不自然、不愉快でございましたが。


さらに このようなことがあってもよいのか??

心がふるえる思いがいたしました。



明らかに違う その目の輝き 鼻の形 意志のある表情 顔の大きさ


その事にも愕然といたしましたが

私が心底恐ろしいと感じたのは

その隣に座っている その子の母といわれる女性の表情でした。


いつもと同じおぞましい笑顔。



それができなければ意味の無いことですが。




多くの脳内お花畑の住人 擁護派のいわれる言葉

「 おかわいそう 」

と言うキャッチフレーズが このような意味で嘘ではないのでございます。



  1. 2016.08.27 (土) 06:29
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016.08.27 (土) 21:25
  2. [ edit ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016.08.30 (火) 00:13
  2. URL
  3. まみ
  4. [ edit ]

平気でこんな事してる 東宮夫婦が気持ち悪いです。
秋篠宮家も絶対に気付いてるはずですよね?いつか 真実を暴いて欲しいです。
  1. 2016.09.02 (金) 10:39
  2. URL
  3. KUON
  4. [ edit ]

No title

お返事遅くなりました



・えこ さん



あれこれと、不可解なことはございました。

トーグー御所の玄関前で、手を掴んでいないとどうもおできになられない様子で、夫婦で娘さんの手ををひっつかんでおられた。

パパ、と呼べども実態はどんなフヤケでも、皇太子。それを見送るのに、くにゃくにゃとあらぬ方を見ておられた内親王。ニヘニヘと笑ってるだけのパパ、目玉をぐるぐる回してるキサキ。

仰る通り、セダンとはいえ狭い後部に、三つ並んでぎゅうぎゅうに座って・・


偽物のせて、下品を絵に描いたらああだ、と納得のゆく笑顔で、でかい分厚い手を振ってた偽の母親。

あれこれ。

>さらに このようなことがあってもよいのか??

>心がふるえる思いがいたしました。


私も、確実に「ホンとだ」と確信した時は、全身が震える思いでした。

でも、得心行けば、すべてが、ああ、そうだったんだ、と、腑に落ちました。

若い人たちの間で、愛子さん影武者、の話は広まっています。ほとんどは都市伝説のごとく、ごく一部は、嫌悪感に裏打ちされて。

まだ、バレないと、舐めている。

なぜ皇后が、と不思議でしたが、元凶はアレでした。

秋篠宮ご一家は、もちろん、ご存じでしょう、大きな方々は。

あのご一家に、でも、何が、おできになられるでしょうか・・・・・。


・ヒミツのRさん。

なんとかしてみました。ありがとうございます。


・ヒミツの〇さん。

えっへへ。ストレス解消は大切。



・まみ さん


平気でこんな事してる 東宮夫婦が気持ち悪いです。
秋篠宮家も絶対に気付いてるはずですよね?いつか 真実を暴いて欲しいです。

2016/08/30 00:13 by まみ URL 編集




名前



タイトル



メールアドレス



URL



パスワード



非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する


本文





お返事遅くなりました



・えこ さん



あれこれと、不可解なことはございました。

トーグー御所の玄関前で、手を掴んでいないとどうもおできになられない様子で、夫婦で娘さんの手ををひっつかんでおられた。

パパ、と呼べども実態はどんなフヤケでも、皇太子。それを見送るのに、くにゃくにゃとあらぬ方を見ておられた内親王。ニヘニヘと笑ってるだけのパパ、目玉をぐるぐる回してるキサキ。

仰る通り、セダンとはいえ狭い後部に、三つ並んでぎゅうぎゅうに座って・・


偽物のせて、下品を絵に描いたらああだ、と納得のゆく笑顔で、でかい分厚い手を振ってた偽の母親。

あれこれ。

>さらに このようなことがあってもよいのか??

>心がふるえる思いがいたしました。


私も、確実に「ホンとだ」と確信した時は、全身が震える思いでした。

でも、得心行けば、すべてが、ああ、そうだったんだ、と、腑に落ちました。

若い人たちの間で、愛子さん影武者、の話は広まっています。ほとんどは都市伝説のごとく、ごく一部は、嫌悪感に裏打ちされて。

まだ、バレないと、舐めている。

なぜ皇后が、と不思議でしたが、元凶はアレでした。

秋篠宮ご一家は、もちろん、ご存じでしょう、大きな方々は。

あのご一家に、でも、何が、おできになられるでしょうか・・・・・。


・ヒミツのRさん。

なんとかしてみました。ありがとうございます。


・ヒミツの〇さん。

えっへへ。ストレス解消は大切。



・まみ さん


平気でこんな事してる 東宮夫婦が気持ち悪いです。
秋篠宮家も絶対に気付いてるはずですよね?いつか 真実を暴いて欲しいです。

2016/08/30 00:13 by まみ URL 編集




名前



タイトル



メールアドレス



URL



パスワード



非公開コメント

管理者にだけ表示を許可する


本文





お返事遅くなりました



・えこ さん



あれこれと、不可解なことはございました。

トーグー御所の玄関前で、手を掴んでいないとどうもおできになられない様子で、夫婦で娘さんの手ををひっつかんでおられた。

パパ、と呼べども実態はどんなフヤケでも、皇太子。それを見送るのに、くにゃくにゃとあらぬ方を見ておられた内親王。ニヘニヘと笑ってるだけのパパ、目玉をぐるぐる回してるキサキ。

仰る通り、セダンとはいえ狭い後部に、三つ並んでぎゅうぎゅうに座って・・


偽物のせて、下品を絵に描いたらああだ、と納得のゆく笑顔で、でかい分厚い手を振ってた偽の母親。

あれこれ。

>さらに このようなことがあってもよいのか??

>心がふるえる思いがいたしました。


私も、確実に「ホンとだ」と確信した時は、全身が震える思いでした。

でも、得心行けば、すべてが、ああ、そうだったんだ、と、腑に落ちました。

若い人たちの間で、愛子さん影武者、の話は広まっています。ほとんどは都市伝説のごとく、ごく一部は、嫌悪感に裏打ちされて。

まだ、バレないと、舐めている。

なぜ皇后が、と不思議でしたが、元凶はアレでした。

秋篠宮ご一家は、もちろん、ご存じでしょう、大きな方々は。

あのご一家に、でも、何が、おできになられるでしょうか・・・・・。


・ヒミツのRさん。

なんとかしてみました。ありがとうございます。


・ヒミツの〇さん。

えっへへ。ストレス解消は大切。



・まみ さん


ホントに、神をもおそれぬ所業、という言葉がありますが、そのアレが、神さまなど全く関係ない振る舞いをしてるのですからね。

ただで済ませてもらっては困る、と、正直に書きましょう。

秋篠宮ご一家は、もちろん、ご存じでしょう、大きな方々は。

あのご一家に、でも、何が、おできになられるでしょうか。殿下はまだ、心の納め方もおありでしょうが、紀子さまは。眞子さまは。佳子さまは、心の底から、大嫌いでしょうね、あれたちのこと。

紀子さまは大変と思います・・・・・。


  1. 2016.09.02 (金) 23:13
  2. URL
  3. こぶ
  4. [ edit ]

初めてコメントいたします。
いつも、更新を楽しみにしております。

私は愛子様と1つ違いの子供がいて、妊娠期間も重なっておりましたので、ご誕生から愛子様の成長をなんとなく我が子と重ねるように見ておりました。

今のように「影子」などと言われるずっと前、まだ小学校にあがる以前だったと思いますが、何かの外出の歳、車に乗った愛子様になんとなく違和感をいだきました。
人間として、フォルムというかシルエットがまるで違うように思えました。

その時はまさか、我が子を取り替えるなどとは思いもよりませんでしたが、この「モドキ」と言われる愛子様を見るたび、私の感じた違和感は間違いではなかったのだと思います。

中学入学の時、一生懸命お話された愛子様はどこなのか、そして今、両親とされる二人に挟まれてお出ましになるモドキ、とされる女の子のことを考え始めると、闇の深さに目をそらしてしまいたい気持ちになります。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・