FC2ブログ

KUONのブログへようこそ。

返事の中までKUONです。

  1. 未分類
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

ついつい長い



(朝・動画・追加しました。)

たくさんのコメント、ありがとうございます。

晩ご飯用のお味噌溶きながら、返事書きたくてうずうずしていました。

脱線したり、うにゅ~ん、とか言ったりしながら、今日の思いをつづらせて下さい。

sarahさん。

甲状腺の手術跡のあの、右から左へノドをずうっと切り裂いた跡を、チェルノブイリの首輪、と呼ぶそうです。おおよその病はそうですが、早く見つければ、手立てもある。

たとえば、ふっと見上げた空が青く美しかった、ということだけで、ああ、空がこんなに美しい。生きていたい、と。そうやって、生きていて欲しいです、若くして深い傷を負ってしまっている人々に。一切れのケーキ、一枚のポートレート、一枚の新しいハンカチ、美味しいカレー・スープ・・・。

・・・あの日セントレアで、私は、群集の中の一人でした。それは当たり前のことでした。倒れたりして迷惑かけないように、脚を踏ん張っていた。押されて必死でもありました。

・・・こんなに好きなのに、自分は、群集の中の一人でしかない、ことが、とても鋭い寂しさになってしまうことも、わかりますが、私は、一瞬カシャッと、一瞬の、永遠の、表情を自分の中に焼き付けることが出来たので、見た、もういい、みたいな感じになりました。

きれいごと言っているみたいですが、よ~く、自分に関して理解したことがあります。

私の、人への「思い」というものは、ほとんどが「妄想」なのです。

言い始めると長くなります。この「妄想」が満たされていれば、ひもじくなくいられる・・・作品で見たいな。

作品を見たいです。

一瞬で彼は、私の血肉の中へ入り込んだ。そんな笑顔を、一瞬、僥倖のように授かりました。


やさいさん。

おや~の~血を~ひ~く~きょうだい~い より~も~。

か~た~い~いい~ちぎ~り~の~

おれ~の~目を~見~ろ~なんん~に~も~言う~な~~~

どうしようもないでしょ、山下俊一。

責任のとりようなど無い、とか言ってます。他の場で。

100と10と間違えた、とか。数字おんちの素人のワタシならともかくね。ふざけたこと言ってます。

動画でくっきり発言の残っているこの人が、何度も言いますが、福島県の医科大学の副学長です。あの発言の後に、その椅子に座った。

この人に委ねられている・・・としか言いようがない、子どもたちが、気になってなって仕方が無い。

検査って、何かあるものを見つけ出すためにあるのに、結果を軽く、低く、するために、中途半端なことをしているとしか、考えようが無いもの。

ネットをしないお母さんなどは、こんなこと、ぜんぜん、全く知らないでいる。

ワタシも、消化不良で、熱が出そうです(あ、ホントには出ないので心配はっご無用です)。


yuutaさん。

今だって、広島・長崎のこと、終わってないですものね。

水俣病、イタイタイ病、今は石綿ですか。

認めないのね。認めると、お金を「取られる」と思っているから。

福島の原発事故現場に、フランスのアレマ社が乗り込んで来て、やったことないから出切るはずのないことを「できる、してあげましょう、友である日本のために」とか言っちゃって、ツカエン機械やあれこれ、支払額は億の単位でない、兆、です。ケタ、もっと上かも。そんなこと、どこにも出ていないでしょう。そんなお金は出して、腫瘍の恐れをはかるのに、初歩のエコーだけで済ませてる。エコーに影が映って、それだけで「良性」だと言い切るなんて、信じられない話でしょう。現実なんです。それも、そんなに頻繁にはからなくてもい、なんて言って。

言い始めると止まらなくなるの。

確かに、放射能は体に悪くなんか無い、と主張する人は、沢山いるのです。

本当にその考えなら、まだ、ですが、自分の都合で、お金をくれるスポンサーの都合で、そういうヤカラが沢山いるのは、なにかな~。

覚えていますか。

去年、まだ今みたいにいろんなことが判っていなかった頃。

「涙の辞任」とか、けっこうニュースのネタになっていたこがありました。

管内閣の、内閣府・参与、という立場に、首相に招かれてなっておられた、東京大学の小佐古先生、という方が、泣きながらの会見で「やめる」と。

小佐古氏は、どちらかと言うと、政府に重用されるくらいだから、いつも引き合いに出させてもらう小出裕章先生とは逆、反対向き、の考えの方でおられたそうです。。

だから「大丈夫です」と言う側、「無知なる国民」に「大丈夫です、こわくない」と教えてあげたりするために、参与になられたのに。

「涙の辞任」泣き崩れる感じで、会見された。

緊急時であるので、それまで年間1ミリシーベルト、と定められていた被曝量を、20ミリに上げる話が決まって、その後です。

ついでと言ってはナンですが書かせてもらうと、先日ここへも書かせてもらった、50ミリシーベルト以下(以下、です)の地域は、二年かけて除染を行って、戻っていただけるようにしたい、と、細野大臣が発表した、あれ。

小出先生がおっしゃるには、50ミリを20ミリに下げることは、不可能ではない、と。

三月が最盛だった放射能の量は、落ち着いてきているのは確かだ、と。何処へ行ったかはともかく。

大気中のものは鎮まって来ている。自然にそうなって来ている、何らかの除染を行えば、50ミリシーベルトが20ミリシーベルトに、ならないことはない。

しかし。年間20ミリというのは、自分のように特殊な職業の人間にあてはめられた線量であって、普通の人がそこで暮らせる・・・暮らしていい量ではない、と、言いきっておられるのです。

チェルノブイリでは、住民を、どうしても避難させないといけない、と定められた量は、5ミリシーベルト。20ミリの半分です。決して国民に優しくなかったはずの、当時のかの国においてさえ、それです。

話がどんどん長くなります。

で、細野大臣・40歳が言うように、50ミリを20ミリまで下げたとする。汚染水はどこへ、とは、今は言いません、その、20ミリになったところへ、人が、住めるか。

住まわせようとするのは、ひとごろし、です。はっきり言うよ。そうだよ。

年間20ミリシーベルトの被曝量というのは。

原発作業員が、白血病を発病したとして、労災の認定が受けられるレベルの量です。

小佐古氏は、いろいろ、それまでは、自分の役割を果たすかのごとく、小出先生とケンカするような側から発言、提案されていたのが、この「20ミリシーベルト」で、違う人になられました。保身だとか言われたが、真意など他人はわからなくて当たり前。20ミリ、を、幼い子に許していいなら。

「もし自分の子や孫が、この量を」

ということは、耐えられない。それが「涙の辞任」の理由だと、いうことです。

後で、動画を貼ります。今見ると、いろんなことが、本当によくわかるので、ご覧になっていただければ。

もし自分の子や孫が、というのは、他のどんな理由より判り易いと思うのですが。

50ミリの場所は、どれだけ除染しても、1ミリにはならないそうです。数百年かかる。

そんなところへ「戻っていただくために」と言う。


わ~~~~~てわめきたい。


ディランさん。

どうしておられるかな~、と、気になっていました。

しんどい思いでいるのかな~、そうだろうな~、と。

今日も、恐ろしいこと、書いてしまいました。ほんとに、ネットしていないと、情報が偏りますね。ネットだけが○、とは言いませんが。

ここ見るの勇気がいるって。ごめんね、、とは言わないが、そうだろうな~、と、思う。おっしゃていうことは自分なりにわかる。読んでくださってありがとう。

・・・ご注文は、承りました。送らせていただきますね。

4号機の写真、すごいですね~。

忍び込んで撮ったカメラマンが、格納容器がむき出し、と書いていました。

大気中に出て来る量は、随分少なくなっているようです。でも、はっきり書けば三号機は水素爆発でなく核爆発だったし、四号機は、今度激しく揺れたら、ヤバイ、のですね。目隠しするって、あほか。もっと根本的なこと考えて下さい。

コンクリと鉛で固めず、水棺にしているのは、まだあの設備に未練があったこと、発電所を作り、中身を入れた大企業が、壊れてしまった今、壊れた設備をどうにかするビッグビジネスを始めていること、それは、先、数十年、途切れることの無い仕事であること。

IAEAが、日本のストレス・テストを評価しているのは、まだ原発を続けてゆくこと、国際なんとか言ったって、反、でないのだから、お互い、原発を廃止する、なんか、考えていませんね。

ごめんね、ディランさん、お久、なのに、ぷんぷん、気持ちを出してしまいました。

原発の跡地にあるものは全て、放射性物質になっています。ほんとに、もうすぐ、北風の吹く季節だ。

お嬢ちゃん、インフルエンザだったのですね。インフル、熱もきつかっただろうが、治る病気だものなあ。

最近、そんなことばかり、考えてしまいます。

パンダ。ノーコメントです。ねえ。

また来てね、KUONさん、ぷんぷん、が多いけど、けど・・・女子会も好き・・・。


山イチゴさん。

よくわからないけど「放射能つけちゃうぞ」の大臣がクビになったのに。あの発言は、実は違って、被災地寄りの心情を正直に出す人だったので、はめられて、ひきずりおろされた、という説が、ほんとらしいって言われていますよ。

その人どころでない、無茶苦茶な人間が、大事なところにいるって。変ですね、つくずく。

運動機能障害の権威・・・ひどいことしますね。

ワタシは、違うの見ましたよ。ロボトミー。

脳の手術して、おとなしく、と言えば聞こえはいいが、その人らしい感情の動きなども奪って、まことロボトミー、ロボットみたいな、管理し易い廃人を作る手術。

噂を聞いて、ナースとして就職して、見た。

ひどい医者もいたな~。あまり開くと、気の弱い方に障りそうなのでやめる・・・山イチゴsん、拒否してよかったですね。

ノーの言えない人間は、ひどい目にあってしまうことがありますね・・・自分も、ノーと言って嫌われるのがこわくて、言えないところがありました。

今は言います。ノー。

山イチゴさんは、平日と週末と、どちらの都合がおよろしいですか。周りの方も・・・。



(↑5は20の4分の1です。計算間違い・すみません)。

動画を追加します。ナマな感情が苦手な方は、どうでしょうか。

私は辛い思いで見ました。母ちゃんの叫びに。責められてなす術ない、坊やたち。去年のです。

スポンサーサイト





  1. 2012.02.01 (水) 10:32
  2. URL
  3. 山イチゴ
  4. [ edit ]

お姉さん、おはようございます
今日はカン夫が歯医者で早く起こされましたよ〜
こっちに来るんですね
私はヒマですから、どちらでいいです。でも、せっかくならチラッとでも我が子を見てもらいたいので土・日曜日がいいかな。
平日でも、お姉さんの都合の良い日を知らせてもらえたらいいかと
行きたい見たい所もリクエストしてください!

お姉さん、ロボトミー知ってたんですね!!あれをやられた友達学校へ帰って来なかった
療育施設に入れられてしまった。手術前は勉強も寮生活も普通にできたんですよ。当時は車椅子の子供は寮へ入れなかった。設備不十分だったから身の回り自分達で出来なきゃ
通常もスクールバスです。電動式は不可だったからね。うちの学校は私が居なくなった後、エレベーターやらトイレやら改造し重度の子供をどんどん入れたんです。
お姉さんが見た手術した医師も私の友達を手術した医師も、戦時中、中国で中国人らを無理やり連れてきて人体実験した部隊に所属し細菌兵器を密かに開発した事が戦後暴露されました。でも、何の罪にも問われず、教授や医学界で権威者として居座ったんです!
日本はその事も「不幸な過去の歴史」で片付けてる。
私の知る限り84年までは確実にロボトミーはやってた。知り合いが医師から薦められ、私らは反対したけど少しでも可能性あるならと…。その後1度偶然会ったら別人のようになってた。医学界は怖いです。真面目に患者と向き合う医師もいるけど、その人らは表になかなか出ませんからね!!

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


ブログカウンター

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・

プロフィール

KUONの久遠

Author:KUONの久遠
     ・・・・・・・・・・・・・・

四十年以上住み慣れた奈良の地を離れ、海の近くへ越してまいりました。

海の見ゆる高層の部屋に耳遠き
夫(つま)とふたりの暮らし始むる

明確に、残生を意識します。余分なあれこれはもう要りません。
シャネルの赤いルージュは変わらず。生意気なままの私でいたい、いようと願っております。

    ・・・・・・・・・・